戻る

わたしを助けて!回答02


A16. 「コロちゃんパック」付属の絵本について、えりかさんから情報をいただきました。
 酸素ボンベ=1かげつぶんのさんそがはいっている。ちいさいがすごい。
 だそうです。

A17. まず、パーマンパワーの初期設定は現在と違っています。飛行速度は91キロ、力は6584(小学三年生版第一話)6582(小学四年生版第一話)の2パターンありました。この二話は、マスクの形などが違う没設定版で、現在単行本に収録されているのは少年サンデー版の第一話です。このサンデー版の際に、おそらく下二桁を切り上げて6600倍にしたものと思われます。
 数字の元ネタですが、当時の両先生のお住まいの電話番号を拝借したと思われます。91が市外局番ですね。83年のリメイクの際に、時速は119キロにアップしてますが、これは救急番号と昔の速度をひっくり返しただけでしょう。
 なお、現在は引っ越してますので、くれぐれも詮索は無用ということで。
 「1967年のパーマン」内の「パーマンのひみつ50」にもこの設定への言及があります。

A18.  1983年以前の文献では、「パーマン」のスペルは「PARMAN」と書かれることが多かったようです(例・『月刊スーパーマン4号』掲載「スーパーマンと、パーマン」)。「正体がばれるとパーになる」という設定とも対応しています。しかし、1983年のリメイク以降、「PERMAN」が徐々に台頭し、2003年のリメイクでは「PERMAN」で統一されました。本家「SUPERMAN」のスペルに合わせたものと推測されます。
 なお、当サイトのアドレスが「parman」なのは、オールドファンのこだわりということで。


(藤子不二雄atRANDOMより転記)
【Q36】『パーマン』の「カバオくんのお父さんの入れ歯」は、結局めっかったのか?

サブ「カバオくん、お父さんの入れ歯めっかった?」 カバオ「いや、まだ」
…というのはお馴染み、アニメ『パーマン』のサブとカバオの定番会話ですが、で結局この「カバオくんのお父さんの入れ歯」は見つかったのか?

 この会話が初めて登場したのは第29話。 その後この会話はたびたび登場し、その中で何度か「入れ歯が見つかった」展開が見られます。しかしそのたびに無くしているようで、以下にカバオの父の入れ歯の歴史を記します。

【カバオの父の入れ歯の歴史】
●第80話→「入れ歯も見つかっちゃったし」とサブの台詞。
●第96話→入れ歯は一度見つかったが、タマが持っていったらしい。
●第119話→入れ歯、口の中で見つかる。
●第121話→入れ歯は見つかったがまた無くしたらしい。
●第156話→入れ歯は見つかったが今度は落としたらしい。
●第167話→昨日の晩見つかったらしい。
●第184話→入れ歯は見つかったが、向かいの犬のタロウとジロウが持っていったらしい。
●第191話→ミツ夫が一日一善する話だが、そんな日に限って入れ歯は見つかったらしい。
●第270話→ついに入れ歯を新調する。

ということで入れ歯を新調しますが、しかしこれもまた第297話で無くしてしまい、これにて「入れ歯会話」シリーズは幕を閉じたそうです。
 ということで、「何度か見つかってはいるが、その度に無くしてしまい最後には入れ歯を新調してしまうが、これも無くしてしまう(つまり、無くなったまま)」が答えのようです。
※当質問の回答作成にあたっては『パーマニアの指定席』に全面的に協力頂きました。感謝。
上に戻る上に戻る