戻る

アルジェとアルファ


著 大田康湖

 それは、春のうららかな昼下がりだった。朝日ヶ丘小学校の裏山で、アルマイトは休息という名目の昼寝をしていた。放課後ならいざ知らず、こんな時間には誰も来ない。
 目を覚ましたときには、すでに日は傾いていた。円盤にもたれかかっていたアルマイトは、あわてて立ち上がる。
「まずい! 又寝過ごした!」
 円盤に乗り込もうとした時だ。足下で何かが動いた。目を向けると、一匹の犬が丸まっていた。まだ子供らしい。しきりにアルマイトのブーツを舐めている。
「なんだ? 腹でも減ってるのか? 犬って、何を食べるんだっけ?」
 アルマイトは子犬を抱え上げた。どうやら野良らしく、首輪も付けていない。しばらく考えた後、アルマイトは子犬を抱いたまま、円盤に乗り込んだ。
「帰って、調べてみるか」

 42星区には、恒久的な前線基地はない。いずれは地球がその役割を担うことになるのだろうが、パード星から近いこともあり、現在はパトロール艇を兼ねた母艦が星区内を巡回している。母艦では数人のバードマンが常時滞在しており、船内の仕事や星区のパトロール、機器の手入れなどを行っている。
 戻ってきたアルマイトが、子犬を抱えて入ってくると、いきなり男性の声が飛んだ。
「アルジェ、何持ってるんだ!」
呼び止めたのは、白衣を羽織った緑色のマスクのパードマンだ。
「インガ、ちょうどいいところに来た」
アルマイトの言葉をインガは遮った。
「地球の動物を検疫なしで連れ込むなんて、医者として許せないな。ちょっと貸せ」
 インガは有無を言わせず子犬をもぎ取ろうとする。アルマイトは抵抗する。そこに、第三の声が飛んだ。
「まあ、かわいい!」
 駆け込んできたのは、橙のマスクに、紺色のマントの女性だった。アルマイトの初めて見る顔だ。
「君は?」
 尋ねるアルマイトに、彼女は一礼した。
「失礼しました。私、養成学校から研修に来た、ミナ・ヘブルです。ミナって呼んで下さい」
「ああ、もうそういう時期か」
 アルマイトはつぶやいた。養成学校に通った人間なら誰もが経験する、実務研修というやつだ。パーマン制度が普及すれば、この状況も変わるのだろうが、現状では各地の情勢を見聞するため、養成学校時代に数ヶ月の実務研修を経て希望地に赴任するのが通例だ。
「これは地球の犬って動物なんだけど、腹ぺこみたいなんで、ちょっと食べ物でもと思ってな」
「ここで飼うんじゃなくて?」
 残念そうな顔をするミナ。
「ここは生き物を飼うようにはできてない。まず検疫だ」
「分かったよ、インガ」
 アルマイトは渋々犬をインガに引き渡した。

 翌日。アルマイトが犬を持ち込んだという話は、船内に広まっていた。「レーザー口」と呼ばれるインガに知られてしまったのが致命的だった。評判の良さに、アレイ隊長も黙認状態である。
 犬の名前は「アルファ」。名付け親のアルマイト曰く、「本部のある星のこと、地球じゃアルファ・ケンタウリって言うだろう、だからアルファ」。
 検疫の時に体も洗ったので、見栄えもずいぶん良くなった。日本風に言えば、柴犬型の雑種である。
「おい、いつまでも犬と戯れている場合じゃないだろ。パトロールはどうしたんだ」
 ミナの教育担当である、エクタルがやってきた。青いマスクに白いマントといういでたちの男性だ。
「行くぞ、ミナ。アルジェも適当にしろよ」
ミナは、未練たっぷりに部屋を出ていった。
「本当に、どうすればいいんかな……そうだ!」
アルマイトは格納庫へ歩き出した。

 アルマイトは地球に下りると、3号の居場所を探した。珍しく自室にいるようだ。アルマイトは、まっすぐマンションに向かった。屋上に円盤を置くと、スミレの部屋の玄関にテレポートする。
「あら、バードマン」
 スミレは宿題のノートを閉じると立ち上がった。
「珍しいな。今日は仕事はないのか」
「毎日仕事じゃ体が持たないわよ。私だって小学生なんだし、宿題もしないとね」
(くくぅ。1号にも見習って欲しいもんだ)
心で嘆くアルマイト。
「で、今日は何の用?」
「いやね。確か3号、ペットで犬を飼ってたよな」
「あ、ロングのこと?」
 スミレはダイニングに向かいながら話し続ける。
「実は、最近仕事が忙しくなったでしょ。あんまりかまってあげられなくて可哀想だから、この間ニューヨークの両親に預けてきたの。寂しがってなきゃいいけど」
「3号はそれでいいのか?」
スミレはティーカップにティーパックを入れ、お湯を注ぐ。
「実はね、ロングは私が寂しがらないように、両親がプレゼントしてくれたの。でも、今はコピーが話し相手になってくれるでしょ。それに、パー子になれば、パーマン仲間がいるし。両親には、『パー子さんと仲良くしてる』って話したけど」
「そうか」
「私、バードマンには感謝してるのよ。毎日楽しくてしょうがないもの。そりゃあ、お芝居も歌もダンスも好きだけど、アイドルの『星野スミレ』はあまり好きじゃないの。これって贅沢かな。……もういいわね」
 スミレはティーパックを引き上げた。
「バードマン、お茶を入れたから、一休みしましょ」

 ティーカップの紅茶に砂糖をかき混ぜなから、アルマイトは話を続けた。
「実はね、犬の首輪が欲しいんだ。ロングのお古でいいからさ」
「そうね……。たぶんあったと思うけど」
 スミレはチェストを探し始めた。それを見ながら、アルマイトは一人思いを巡らしていた。
(正直に言うべきかな? アルファを見せてくれなんて言われたらかなわんしな……)
考えた結果、アルマイトはごまかすことにしたのだった。

 首輪を1号の家に忘れてくるというアクシデントはあったが、首輪は無事アルファの首に付けられた。とりあえず、アルファは倉庫の一角に住まいを与えられた。あくまで仮の住まいだが。
 数日後、アルマイトは再びスミレのマンションを訪れた。辺りには夜の帳が下りている。スミレはドラマの台本読みの最中だった。ソファーに座ると、アルマイトは言った。
「この間はすまなかったな」
「それは1号に言ってあげたほうが良くなくて?」
 スミレはいたずらっぽく答えた。
「1号は幸いふっ切ったようよ。カバオさんは待ちくたびれて風邪ひいて、翌日は殴る気力もなかったそうだし」
「それは良かった。……ま、あいつにとっては、ずっとつきあうことになるだろう問題だ。いずれは折り合い付けなくちゃならないがな」
 アルマイトはつぶやいた。スミレが尋ねる。
「で、ペットは元気にしてる?」
「あ、ああ。ちゃんと首輪使ってるよ」
「それは良かったわ。でもね、バードマン嘘ついてるでしょ」
「何?」
 スミレの言葉に戸惑うアルマイト。
「バード星で野良犬拾ったって言うのは嘘でしょ。だったら、私のところに来るわけないもんね」
「ハハハッ」
 アルマイトは照れ笑いをするしかなかった。
【完】


【参考資料】
パーマン289話「バードマンの忘れ物」
 1号がパーマン稼業にも出ずに落ち込んでいることを3号から聞いたバードマンは、ミツ夫を励ましに行くが、けんもほろろに追い返されてしまう。その時置き忘れた犬の首輪を、ミツ夫はバードマンのパワーアップアイテムだと思いこむ。偶然のいたずらもあって、自分はパーマンにならなくても強いと思いこんだミツ夫は、カバオと決闘の約束までしてしまう。そこに真相を告げるバードマンが……。パーマンたちもバードマンもあてにはならず、待ちぼうけのカバオとの対決を助けてくれる者は誰もいなかった。

★ イラストについては、『朝日ヶ丘スミレ団』内の空想世界のパーマン 〜大田 康湖さんの世界〜 を参考にして下さい。管理人はおっけっ!!さんです。

上に戻る上へ戻る