戻る

さよならバードマン?


「あーっ、何で僕にばかり難しい宿題が来るんだーっ!」
 というわけで、昼下がりの須羽家では、ミツ夫が宿題の処理に追われていた。そこにバッジの呼び出し音が響く。
「はい、こちら1号 」
「あたしだ。大至急いつもの場所に来てくれ」
 バードマンの声だ。ミツ夫は早速パー着にかかる。
「コピー、宿題の続き頼むぞ」
「まーたそうやって逃げるんだから」
 コピーは目ざとく宿題のノートを見つけ、抗議する。
「言いがかりつけるなよ。バードマンの呼び出しなんだぞ。遅れたら何言われるか分かったもんじゃないだろ? パワッチ!」
 1号は飛び立った。

 バードマン用語の「いつもの場所」とは、空き地のことだ。そこでは既に、他のパーマン三人が待っていた。しかし、肝心のバードマンがいない。
「珍しいことも、あるもんやな」
 4号のぼやきに1号が答える。
「またなんか企んでんじゃないの?」
「そんなこと言ってていいの? どこかで聞いてるかもよ」
3号の注意は届かない。かえって反論が飛んだ。
「パー子はいいよな。バードマンに気に入られてるもん」
「何よ!」
 3号が言い返したその時だ。一度も聞いたことがない声が、いきなり聞こえたのだ。
「やあ、遅れてごめん」
 立っていたのは、バードマンと色違いのセットを身に付けた、男だった。男は、パーマンたちを一わたり見回すと、言葉を継いだ。
「あれ、アルジェは?」

 そのころ、いつものバードマンは……。
「ったく、何でいつも間の悪いときに壊れるかな……」
円盤の修理にいそしんでいた。

「アルジェって誰のこと?」
「それより、おっさん何者や?」
 3号と4号が、相次いで尋ねる。
「どうやら、最初から説明したほうがよさそうだな」
 バードマンが話し出した。
「わたしの名前はイムールという。赴任する前に、地球のパーマンたちの様子を見にやってきたんだ。アルジェというのは、今の君たちのリーダーの名前さ」
 パーマンたちが驚きの表情をするのを見たイムールは、さらに話し続けた。
「やれやれ、バッジが鳴ってたから来たのに、相変わらず段取りが悪いな。もう一回呼んでみようか」
「大丈夫。すぐ来ますよ。それより、イムールさんはバ、いやアルジェさんと知り合いなんですか? 詳しく聞きたいな」
「ウイウイー、アキャキャキャ」
 1号と2号のねだる眼差しに負けたイムールは、腰に手を当てた。
「分かった。君たちにつき合うよ」

「やれやれ、やっと良くなった。あいつらちゃんと待っててくれてるかな」
 ようやく修理が終わった円盤に乗って、アルジェが現れたときには、事態は最悪の方向に転んでいた。
「……何でイムールがいるんだ?」
 いぶかしがるアルジェ。その目に映ったのは、イムールがパーマンたちと仲よく語らっている姿だった。中心にいたイムールが明るく手をあげる。
「何だアルジェ、遅かったじゃないか」
「イムール! こんなに早く来るなんて聞いてないぞ!」
 アルジェは血相変えて怒鳴った。が、1号は陽気に答えた。
「あ、大丈夫大丈夫。僕たち全然困ってないから」
「イムールさんって素敵な人ね。わたしあこがれちゃう」
 3号にまでこう言われては、もう立場がない。アルジェはイムールに噛みついた。
「イムール! 訳をとっくりと聞かせてもらおうか」
「アルジェ、ちょっと待て」
 イムールはなだめるのに懸命になった。
「で、バードマンの用事というのは」
恐る恐る4号が口を開いたが、アルジェの答えはこうだった。
「もう用はない! とっとと帰れ!」
「やれやれ」
 4号は肩をすくめて答えた。
「ほな、失礼しまっさ」

 再び須羽家。パーマン四人が話に花を咲かせていた。
「何だよ、あのバードマンの態度」
ごねる1号を3号がなだめる。
「嫉妬よ、嫉妬」
4号が続ける。
「ついにパワーバランスが崩れたもんやから、あせっとるんや」
「でも、このままじゃまずいわね」
「それよりも、イムールさん『赴任する』って言ってたでしょ。ってことは、交代するってことかな」
 一号が呈した疑問に思い当たると、皆は考え込んだ。
「まずいわね。絶対にイムールさんのほうが有能そうだもの」
「きっと『パーやん運送』も見のがしてくれんやろな」
「うーん」
 考えこんでいる四人の輪の中の頭上から、コピーの声が降る。
「パーマン、そんなこと考える頭があったら、宿題やってよ」
「何言ってるんだよ! バードマンが替わったら、君の立場も変わってくるんだぞ」
「僕はその方がいいな。だってコピー扱いが良くなるだろ?」
「ヘコーッ!」
1号がこけたその時。四人のバッジが鳴った。
「イムールだ。話したいことがある。至急来てくれ」

 夜の公園は静かだ。アルジェとイムールが、ベンチに腰を下ろしている。
「すまないアルジェ。君の部下たちを混乱させることになってしまって」
「もういいよ。優秀な君に出てこられたら、かないっこないもんな」
「何言ってるんだ」
 イムールは、いつになく真剣な顔のアルジェに苦笑を隠せない。
「でも、パーマンたちには受けが良かったじゃないか。もう大丈夫だよ」
「誤解だ」
 イムールは真顔になった。
「それは誤解だよ。僕が来たのは、新しい星に赴任する前に、君の仕事ぶりを見たかったからさ」
 アルジェはほっとため息をついた。イムールは話し続ける。
「君も知っての通り、実務実習で事故に巻き込まれなかったら、すんなりここに来てたはずだった。お陰で、すっかり出遅れてしまった。悔しかったよ」
「それで、あたしが代理で地球に行ったんだしな」
「そうだったな。本当に助かったよ。心配だったけど、アルジェが代役を引き受けて、パーマンたちを立派に育てているのを見て、安心したんだ。僕もアルジェに負けずに、赴任先で自分のグループを作るつもりさ」
 (準備に手間どって、寝不足のまま地球に来たと言たことを言わなくて良かった)
アルジェは胸をなでおろした。
「しかし、さんざん引っかき回しておさらばか? そりゃないだろ」
「と、言うと思ってね」
 イムールは立ち上がると、ベンチ前方の茂みに手を差し伸べる。すると、わらわらとパーマンたちが姿を現した。
「バードマン、これからも僕たちのリーダーでいてください!」
「確かに『イムールさんは素敵だ』って言ったけど、バードマンと比べたわけじゃないの。ごめんなさい」
3号が言えば、4号も負けてはいない。
「なんだかんだ言うてもやな、一番わいらのこと分かっとるのは、バードマンはんや。言い過ぎたことはあやまりますよって、堪忍してえな」
 しかしアルジェは疑っていた。
 (今までだってあいつらの言葉にさんざん騙されたんだ。もう絶対に騙されないぞ)
「イムールさんと会って、あらためて分かったんだ。バードマンだから僕たち、安心してパーマンやってられるんだって。本当だよ」
「アルジェ、やせ我慢しないで許してやれよ」
 イムールに肩を小突かれ、ついにアルジェの意地は折れた。
「ン、コホン。……ま、謝っていることだし、今回はなかったことにしてやろう」
「やったー!」
 喜ぶパーマンたち。かくして、騒動は収まった。

 翌朝。東京上空には二機の円盤が浮かんでいた。
「いい朝日だ。バード星で見たのと変わらない」
イムールは朝焼けの空に見入っていた。
「もう、発つのか」
アルジェが尋ねる。無言でうなずくイムール。
「これで心残りはない。僕の分まで地球を頼むよ」
「待て。そろそろやつらのパトロールの時間だ」
 アルジェは円盤のモニターをつけた。案の定、須羽家から4人が飛び出すのが映った。3号と4号の声が聞こえる。
「しっかし、あれほどうまくいくとは思わなかったわね」
「ま、長い目で見れば、しっかり者のイムールはんより、いい加減なバードマンはんの方が、仕事がしやすいってことやな」
「1号なんか絶対パーマンに選んでもらえないものね」
 3号の物言いに1号が悲鳴を上げた。
「ひどいよパー子! ……え、なんだいブービー」
 1号が2号の言葉を翻訳する。
「選ばれたとしても、すぐ動物にされちゃう、だって?」
「その通りね。アハハ……」
「おのれあいつら……」
 3号の笑い声が響く円盤内で、アルジェは拳を震わせていた。そしてイムールは心に誓うのだった。
 (僕は部下になめられないようにしよう……)

【完】

【同人誌 『パーマンはそこにいる!』(1995) 所収】

上に戻る上へ戻る