戻る

聖なる夜に


著 大田康湖


 1984年12月25日。クリスマスに湧くニューヨークの街を、2つの円盤が見下ろしていた。イルミネーションがあちこちに煌めいている。
「どうだい、にぎやかなもんだろ」
アルマイトの声が、もう一つの円盤に響く。
「ほんと。まるでバード本星にいるみたい」
 興奮しているのは、女性バードマンのミナ・ヘブル。以前、実務研修としてパトロール母艦「ヤミ」に乗りくんでいたが、この度正式に42星区バードマン2号として配属された。今日はアルマイトに連れられての地球見学である。
「まあ、街の規模ではまだまだ及ばないが、これでも地球一番の都市だ。最初はここがパーマン計画の候補地に上がっていたんだが、凶悪犯罪率が高すぎるということで敬遠したんだよ」
「やっぱり、銀河連邦未加盟惑星は危険が一杯なんですね」
「なにぶんパーマンたちはバードマンのように防護服を着ていないからね。普通に暮らしていれば、それほど危険ではないさ」
「それなら、私も街を歩いて大丈夫ってことですね。地球用の検疫も受けてきましたし」
 ミナは身を乗り出すように下界を見つめている。アルマイトは声をかけた。
「じゃあ、行ってみるかい」
「いいんですか?」
ミナの顔が輝く。
「付いてきなさい」
アルマイトは円盤のレバーを傾けると、下界に降下した。ミナの円盤も後を追う。

 アルマイトは、林立する高層ビルの一つに狙いを定め、隣のビルの影になる位置に円盤を着陸させた。ステルスモードにしているため、マスクを被っていない者には見えないはずだ。
「顔は記憶妨害クリーム(*1)でいいが、さすがにこの格好では街は歩けないからな」
アルマイトはセットを外すと立体映像を投射し、ダークグレーのスーツに革靴姿になる。
「顔は隠さなくていいんですか」
「君の顔立ちなら、地球人として十分通用するからね。これも訓練のうちさ」
ミナは金髪に近い黄色の髪、黒眼、小麦色の肌をしている。地球ではラテン系に近い雰囲気だ。自分の円盤の立体映像を使うと、ベージュ色のスーツ姿になった。
「小型翻訳機を着けるのを忘れずにな。そうそう」
アルマイトは円盤から紙袋を取り出すと、おもむろにミナへ差し出した。
「メリー・クリスマス!」
紙袋には、ワイン色のコートが入っていた。目をぱちくりさせるミナ。アルマイトは得意げに説明する。
「今日は、地球ではクリスマスといってだな、えらい神様の誕生日なんだ。それで、神様が誕生日プレゼントをもらったのにあやかって、親しい人に贈り物をする風習があるんだ。これは、あたしたち「ヤミ」乗務員からのバードマン就任プレゼントだ」
「ありがとうございます!」
ミナは早速セットを外すと、コートを羽織った。白いブーツと手袋によく似合っている。
アルマイトも円盤から黒いロングコートを取り出して羽織る。
「立体映像じゃポケットが使えないからね。じゃ、下に降りる前に注意点を少し。私との会話は基本的にテレパシーで行う。地球の精神能力者は確認されていないが、念のため精神防護すること」
「分かりました、アルマイト先輩」
ミナはピアス形に偽装している翻訳機を確かめた。アルマイトも同じものを付けているが、耳の裏側に隠してあるので表からは分からない。
「ここではいいが、任務遂行中は『1号』と呼んでくれ。パーマンたちには名前は明かしてないしな。では、腕につかまりなさい」
ミナがアルマイトの手首を掴むと、2人の姿は屋上から消えた。

 最初に2人が訪れたのは、マンハッタンの国連本部ビルだ。幅広の高層ビルの前に、各国の国旗が翻っている。
(ここが国際連合本部。地球国家の代表が集まる場所だ)
(銀河連邦のようなものですね)
(ただし、まだまだ国家間の意思統一までには至っていない。地球が銀河連邦未加盟惑星である原因の一つだ。星間航行を確立していないとか、核兵器等、危険な兵器の制御ができてないとか、他にも原因はあるんだが)
アルマイトは腕を組む。
(パーマンたちは、その状況を打破する力になるのでしょうか)
(そうなってもらいたいと思っている。もちろん、君にも協力してもらうぞ)
(分かっています)
決意を新たにするミナだった。アルマイトが時計を見る。
「待ち合わせまではしばらく時間がある。街を見ていこっか」
 ずっと無言では怪しまれると思ったアルマイトは、あえてミナに話しかけた。
「待ち合わせって?」
「その時までのお楽しみさ」
アルマイトは歩き出した。

 初めての街歩きに、ミナは少し緊張していた。アスファルトに2人の靴音だけが響く。
(あまり出歩いてる人がいませんね。お店も閉まっているし)
(クリスマスは家族でゆっくり過ごすのが、この辺りのしきたりだそうだ。日本はちょっと違うけどな)
(家族か。両親や妹は元気にしているかな)
 ミナは懐かしそうにつぶやくが、アルマイトは無言だった。自分にとって家族と呼べる存在は、強いて言えばハガンだけだ。しかし同じバードマンになった以上、けじめは付けなければならない。
(我々がバードマンであることは、家族にも秘密だ。その代わり、同じ志を持った仲間がいる。それを忘れるんじゃないぞ)
(はい、アルマイト先輩)
 ミナはアルマイトの言葉に、暖かいものを感じた。

 日が落ちたので、街角のツリーやイルミネーションが輝きを増している。
(少し寒くなってきましたね)
(ああ)
 2人はとある教会の前にやってきた。どうやらミサが始まるところらしく、人々が建物に入っていく。開け放たれた扉の向こうには、十字架に懸けられたキリスト像と燭台が見える。その燭台を見たアルマイトの足が止まった。
(どうしたんですか?)
心配気にミナが尋ねたので、アルマイトは我に返った。
(すまん。ちょっとテイチェン祭のことを思い出してな)
(今日は解放しているようですし、折角ですから入ってみましょうよ)
(そうだな。ここなら黙っていても怪しまれなさそうだし)
アルマイトはミナと共に階段を上った。入口に献金箱が置いてある。
(お金なんて、私持ってないですよ)
(大丈夫。これは寄付だから、出すも出さないも自由だよ)
そう伝えながらも、アルマイトはコートのポケットに入れてあった財布を取り出し、コインを入れた。
(君のコートを買ったおつりだ。役に立って良かったよ)
 2人は教会の一番奥の座席に腰掛けた。初めて見る教会の内部に、ミナは興味津々だ。
(あの神様って、磔にされているんですよね。どうしてあんな苦しそうなところを像にしてるんでしょうか)
(あれは、人間の罪を代わりに受けてくれている姿だそうだ)
(親切な神様なんですね。でも、何でも神様に代わってもらってたら、将来困るのは人間なんじゃ)
(世の中には、神様にでも代わってもらいたいことがあるんだよ)
その時、牧師が入ってきたので、会話は途切れた。
 オルガンが鳴り、聖歌隊が賛美歌を歌う。賛美歌が歌えないアルマイトは、歌声の中でかつてのテイチェン祭のことを思い出していた。

 テイチェン祭は、バード星のエリシャ教の聖人を称える祭りだ。テイチェンの加護により、天国の死者への思いが通じるという。「フラナの家」の子供たちは、この日になるとケープを付け、銀の燭台に点したロウソクを持って教会に集まった。しかし、子供たちは式典よりも、その後のちょっと豪華な夕食の方が楽しみだった。
 アルマイト10歳のテイチェン祭の時、引率役のコルエン園長先生が式典に遅れたことがあった。アルマイトは様子を見るため、テレポートで直接園の中に飛び込んだ。だが、園長室にはコルエンの姿はない。テレパシーで意識を探った時、聞こえてきたのはコルエンが運命の神アルバに祈る声だった。
(アルバ様、あの子たちにどうしてこのような運命をお与えになったのですか。もし、これが我々の争いの罰だというのなら、あまりにむごすぎます)
 アルマイトは2階の「お祈りの間」へテレポートした。祭壇の前でコルエンが膝を付き、祈りを捧げていた。それは、今まで見たことがないほど弱々しい姿だった。ためらいながらも呼びかける。
「園長先生、みんなが待ってるよ」
コルエンは顔を上げると、悲しそうな表情をした。
「ごめんなさい。つい、声が聞こえてしまって」
「いや、君は悪くない。悪いのは私たちだ。君は大人になっても、私たちのような過ちは犯さないでくれ」
コルエンはアルマイトの頭に手を置くと、部屋を出て行った。残されたアルマイトは、アルバの像の立つ祭壇に向かい合った。
(アルバ様、何を考えているんですか。僕のママやパパも、悪いことをしたんですか)
もちろん答えはない。アルマイトはやりきれない思いを抱えて部屋を出た。

 賛美歌が終わり、牧師の説教が始まったが、アルマイトはまだ思い出を引きずっていた。
(もし、アルバ様の目的が戦争を止めるような人間を作ることだったら、少なくとも僕については成功したわけだ。しかし、先はまだまだだな)
 ミナは、隣のアルマイトが何か考えているのは分かったが、ガードをしているため、中身までは探れなかった。おそるおそる呼びかける。
(時間、大丈夫なんですか)
我に返るアルマイト。
(ああ、頃合いを見て抜けだそう)

 ニューヨークの中心部。ロックフェラー・センターのクリスマス・ツリーの前に2人は立っていた。さすがに観光地だけあり、ここは観光客で賑わっている。ツリーももちろんだが、ミナは大勢の観光客に見とれていた。
(色々な肌や髪の人がいるのね。これなら私たちが紛れてても気付かないわ)
(ここは地球でも特別な地域だからね。パーマンたちがいる日本なんて、ほとんど同じ人種だよ)
(私たち、皆にどう見えているのかしら。もしかして……)
(なあに、みんな自分たちのことで精一杯さ)
ミナの胸の高鳴りを、アルマイトは軽くいなした。そっと腕時計に目をやる。
(遅いな。そろそろなんだが)
(何が?)
 ミナが尋ねたときだ。二人の肩に手が置かれた。驚いて振り向いたミナの目に、金髪と青瞳の男性が飛び込んできた。とっさに身構えるミナと違い、アルマイトは落ち着いて呼びかける。
(エクタル、何やってたんだ)
(円盤の回収に手間取ってな)
「エクタル先輩?!」
思わずミナは声をあげた。へコるアルマイト。男性は困り顔でたしなめる。
「おいおい、私はベン・カールソー。アルの友人だ」
「さあさ、パーティー会場にレッツゴーだ」
アルマイトはミナの肩に手を置き、回れ右させる。そのまま二人は歩き出した。ミナも慌てて後を追う。

 3人は人気のない路地に入った。アルマイトが周辺を感知する。
「誰も見ていない。ここは頼むよ」
「分かった」
アルマイトがテレポートしてもいいのだが、エクタルはテレポーターとして際だった精神能力を持っている。次の瞬間、3人はどこかの玄関に立っていた。
「ようこそ。ここが私たちの家だ」
 エクタルは室内に二人を招き入れる。どうやら郊外の一軒家らしい。窓際にはアルマイトたちの姿を隠すように、クリスマスツリーが飾られている。テーブルには小さな電飾ツリーと、七面鳥のローストをメインに据えた食事が準備されていた。
「みんなと同じことをしないと、かえって怪しまれるからね。今日は友人を招いてのクリスマスパーティーってわけだ」
窓のブラインドを閉めながら、エクタルが説明する。アルマイトが話を次ぐ。
「ここは滞在調査員用の基地で、地下に円盤の収納庫や通信機がある。もちろん、表向きは普通の住居だ」
「滞在調査員って、エクタル先輩はパトロール船勤務じゃないですか?」
ミナの疑問にエクタルが答える。
「アレイ隊長に無理を言って、3ヶ月前に滞在調査員に配置換えしてもらったんだ。新人の君を一人で行かせるのは心配でね。ルメゲナ系の紫毛は地球では目立ちすぎるから、金髪に染めてるんだよ」
「立体映像じゃないんですか」
「抜け毛の色が違っていたら怪しまれるだろ。面倒だけど、可愛い部下のためだ」
「私のこと、そこまで心配してくださるなんて、感激です!」
ラブラブモードに移行している二人を見ていると、アルマイトはどんどん肩身が狭くなる。つい嫌味の一つも言いたくなった。
「ミナ君。君の直属上司はあたしだって事を忘れないで欲しいな」
「そうそう、アルジェにはいろいろ骨を折ってもらったんだ。そのコートを選んでくれたのも彼だし」
エクタルが慌ててフォローする。
「それより、もっと大事なことがあるでしょ。地球人としてのアリバイとか」
「すまんすまん。ミナ、これが君の身分証明書だ」
 ミナはエクタルから身分証明書を受け取った。
「話は聞いていると思うが、国連本部のツアーガイドとして登録されている。名前はヘレン・ミッチェル。英語とフランス語、イタリア語が使えることになっている」
「はい、仕事内容のレクチャーと、人物モデルからの記憶のコピーは受けています。観光客の案内が主な仕事ですね」
 さすがに何の知識もなく地球人になりきるのは難しいので、コピーロボットを使って何人かの地球人の記憶をブレンドし、人物モデルを作り上げ、その記憶をおでこタッチで移すという作業を行っているのだ。もちろんそのコピーは、ミナが留守の時には本来の役目を果たすことになっている。
「住所はここで登録しているけど、不都合があったら別の住居を用意する。アルジェは地球生活では先輩だから、色々サポートしてもらえるだろう。私も国連職員だから、各地の事情を勉強するのに世話になった」
「じゃ、私と同じ職場なんですね」
「ああ。これからもよろしく頼むよ」
 エクタルはミナの手を握った。ミナの頬が赤らむ。
「じゃ、あたしはパトロールの続きがあるから、失礼するよ。明日また来るから、エクタル、それまでミナを頼む」
アルマイトはきびすを返した。
「そんな、せめて食事だけでも」
ミナは引き留めるが、アルマイトは動じない。
「パーマンたちのことも気がかりだし、母艦にも人手がないからな。君の分のパトロールもやらなくちゃいけないし」
「すまないな。せめてこれでも土産にしてくれ」
エクタルは冷蔵庫から、クリスマスケーキの箱を持ってきた。
「ほほう、イチゴが載ってる。ではありがたく頂戴するよ」
 アルマイトは箱を持つと、台所の脇にある地下室への階段を開いた。軽く手を振り、階段を降りていく。姿が消えたのを見て、エクタルは口を開いた。
「アルジェはイチゴの載ったケーキに目がない。覚えておくといい」
「はい、先輩」
「先輩じゃなくて、ここではベンって呼んでくれ」
「はい、ベンさん」
「『さん』は……まあいいか」
エクタルは苦笑した。

 元の姿に戻ったアルマイトはセットを付けると、地下室に移動させてあった円盤のステルス装置を起動してから、瞬間移動装置で上空に転移させた。眼下には規則的に明かりの点る家々が見える。そして視線の先には高層ビルの煌めく街。円盤が上昇すると、光の点は一塊の繋がりになっていく。その光を見ながら、アルマイトはつぶやいた。
(アルバ様、この星を守る手助けをさせていただけたことを、感謝しています)
聖夜の空を、目に見えない光が駆け抜けていった。日本へ向かって。

【完】

(*1)原作「みた!パー子の正体」に登場。アニメでは登場していない。記憶妨害性放射物質が含まれており、これを塗った顔は覚えることができないという便利すぎるアイテム。

【あとがき】
 「Reus est mortis」管理人、schurenさんのクリスマス企画に便乗して書いた作品です。テイチェン祭の元ネタはクリスマスだったのと、コルエン園長の話を書きたかったのがきっかけです。ミナやエクタルの初出は「アルジェとアルファ」という短編ですが、裏方に徹しているので、『続・パーマン』本編への登場はかなり先になりそうです。
 ちなみに、アルマイトがイチゴケーキ好きなのはアニメ331話「消えた円盤」からです。
上に戻る上へ戻る