目次へ

続・パーマン 序章 バードマンの代償


 バード惑星連合は、銀河連邦の主要国家を構成する、惑星連合国家の一つである。
 バード惑星連合の母星は、白鳥座61番星と地球で呼ばれている星を太陽に戴いている。そして、小犬座のプロキオンを初めとした他太陽系にも、開拓の手を伸ばしている。
 銀河連邦から委託され、宇宙の平和維持のために働いているのが、バードマンことバード連邦特別警察隊である。現在、バードマン本部は、ケンタウロス座α星と地球で呼ばれる恒星の惑星、クラムに置かれている。

 地球西暦1984年1月3日。
 その日は、地球最初のパーマン(宇宙特別警察隊の略称)がバード星に初めて足を記す、記念すべき日になるはずだった。だが、とあるアクシデントにより、そのセレモニーは幻と終わった。
 事の次第を重く見たバード連邦特別警察隊(略称バードマン)本部は、事の経緯と、今後の処置について協議するため、司法部門による審査会を開くことを決定した。事件の翌日のことである。

 クラム星は、ほとんどを海によって占められた惑星だ。小大陸が点在する惑星の赤道付近に、バードマン本部のあるシセル島がある。島の中央には「タワー」と呼ばれる広大な本部があり、周辺には宇宙港、養成学校などの付属施設が点在している。
 メインタワーの東方に位置する、一見会議室と見間違えそうな部屋が、審査室だった。
観客席のない法廷と言えば、雰囲気はおおよそ理解してもらえるだろうか。落ち着いた色調の室内に、色味を合わせたマスクとマントを着けた、数人の男女が集っていた。
 法廷の正面中央には、議長とおぼしき壮年の男性。右側には書記席を挟んで、二人のバードマンが座っている。耳あての色と、マントの留め金の色が銀色であり、本部役員の地位にあることを物語っていた。
 その向かい側にも、二人のバードマンが座っている。若い女性は本部役員のようだが、隣の男性は現場の人間なのだろう、銀色の部分が黄色に置き換わっている。
 そして、彼らと議長の真ん中に、現場の人間らしき若い男性が神妙に座っていた。法廷ならば、被告席の位置である。
「これより、282年度第20回司法審査会を開廷する」
 議長の宣言で、審査会は始まった。
「まず、今回の事件について、エベット研修部長に説明をしてもらおう」
 議長の右側に座っている、体格のいい中年の男性が立ち上がった。そして、手元の文書を見ながら話し出した。
「282年5月1日、第36期短期集中研修に参加が決まっていた、42星区地球支局日本地区1号は、入所式当日に、無断で欠席した上に、研修参加を取り消すと通告してきた。これにより、本部研修部は多大な迷惑をこうむった。我々は監督者である42星区地球支局担当バードマンのアルマイト・カラコルムの責任を問う必要があると考えたため、司法審査会への提訴へふみきった」
「今の説明に対し、異議はあるかね、カラコルム君」
 アルマイトは何か言いたそうだったが、ぐっとこらえたように答えた。
「ありません」
「次に、ハガン教育部長、この研修に42星区地球支局からの留学生受け入れを決めた経緯を説明していただきたい」
 エベットの隣に座る、ハガン教育部長が立ち上がった。エベットよりは小柄だが、厳しい雰囲気が漂っている。
 ハガンは、会議室内のモニターのリモコンスイッチを入れると、説明を始めた。モニターには、「パーマン配置計画」と題された書類が映し出される。
「承知の通り、我々は銀河各地にパーマンを増やすため、十年前から配置計画を進めてきました。42星区の場合、銀河連邦憲章において接触禁止区域に指定されているため、これまで計画から外されてきましたが、一昨年の連邦会議において、接触禁止区域を解除する方向で協議に入りました。このため、地球人の情報収集及び、パーマン計画の参考のために、日本地区を選び、第一号のパーマングループを配置したのです。そして、遠からず訪れるだろう銀河連邦との接触に備え、銀河連邦の実状を勉強してもらうために、短期留学への参加を申請したのです」
 ハガンが席に着くと同時に、モニターが消えた。議長は次に、左側の席を向いた。
「次に、アレイ42星区隊長、1号が代表に選ばれた経緯について、説明してもらおう」
 アレイは立ち上がった。中年の男性だが、口ひげさえなければもっと童顔に見えるだろう。
「参加者の選定には、小型のモニターによる極秘観察調査を行い、これまでの調査結果を基に、1号こと須羽ミツ夫が選ばれたのです。決め手となったのは、彼の地球での知名度、将来性への期待に高い数値が出たためです」
 議長は、アルマイトに向き直った。
「それではカラコルム君、君の釈明を聞かせてもらおう」
 待ってましたとばかりに、アルマイトは立ち上がった。人々の視線が彼に集まる。
「確かに、1号は選定基準を通りました。ですが、彼には心の準備ができていませんでした。彼が『自分はパーマンとして未熟なので、代表を辞退したい』と申し出たのは、バード星に着く直前で、これから代表を選び直すのは不可能でした」
「未熟なのは十分承知の上。その未熟さを鍛えるための短期留学ではないのかね」
 議長は厳しく尋ねる。
「それは、そうですが……」
口を濁すアルマイト。
「そもそも、地球地区パーマン第1グループの選定には、不透明な部分が多すぎる、そう申告されていたな、ハガン教育部長」
「はい」
 アルマイトの顔色が変わった。ハガンは一礼して立ち上がると、モニターを開いた。画面に広げられたのは、四人のパーマンの簡単なプロフィールだ。
「まず、2号の選定について、第二知性種族であることが問題視されました。マール星のような多種族惑星ならいざ知らず、明らかな第一知性種族が確定している惑星には不要なのではないかと」
「ですから、それはあくまで可能性の一つであって」
アルマイトの声がむなしく響く。
「それと、3号の素性が他のパーマン達にも明かされていないというのも、問題にされています。3号が変身前に危機に陥った場合の危機管理にもかかわる問題です」
「3号の場合、特殊な事情がありますから」
「もうよい」
 議長が話を遮った。
「事情はともかく、これまでは満足のいく結果が出ています。我々は良い結果を見せてもらえばいいのです」
 アレイの補足に、エベットが反論した。
「だが、今回の事情は違う。我々の予定を狂わせたばかりか、今後のパーマン計画にも関わる大失態ですぞ。カラコルム君、この責任、どうとってもらえるのかね?」
「また計画を立て直せばいいではないですか。1号には私から言って聞かせます」
 アルマイトは一所懸命補足する。しかし、状況はどう見ても不利だ。とどめを刺すように、今まで黙っていた、若い女性が口を開いた。
「その説得というのは、コピーロボットを使ってごまかしたということでしょうか」
「それは、1号を安心させるためで……」
 図星を指されて、戸惑うアルマイト。
「何にせよ、もう少し建設的な方法で説得して欲しかったですわね。……議長、説明してもよろしいでしょうか」
議長は、女性の言葉にうなずいた。
「話したまえ、ケネス君」
 ケネスは立ち上がると話し出した。
「1号を推薦したのは、私です。彼の経歴を調べていて、精神能力(超能力)の素質があるのに気がつき、詳しく調べてみたいと思って、彼を推薦したのです。ですが、留学が時期尚早だというのでしたら、私は無理強いはしたくありません」
「了解した。各員の意見を参考の上、協議に入る。カラコルム君は、控え室で待機するように」
 議長がそう言い渡し、アルマイトは部屋を出た。

 控え室に戻ったアルマイトだが、どうにも落ち着かない。ソファーに座ると、片肘をついて考え込む。
(本部役員勢揃いなのはともかく、何でケネスさんがいるんだ? それに、1号に精神能力の素質があるだって? そんな報告上げたか? わからん……)
 考え込むうちに、アルマイトに睡魔が忍び寄ってきた。次第に目の前が暗くなる。
 次に気が付いた時には、アレイが目の前に立っていた。ややあきれ顔で言う。
「アルジェ、結果が出たぞ」

 再び議長の前に立ったアルマイトに、判決が読み上げられた。
「42星区地球支局担当バードマン、アルマイト・カラコルムは、一ヶ月分給料の十分の一を減俸とする。
 日本地区1号の留学については、一旦白紙に戻すこととする。ただし、1号を説得の上、必ず長期研修に参加させることを要請する」
「いきなり、長期研修ですか」
 思わず尋ねるアルマイトに、エベットが答えた。
「短期集中研修の分は、地球での実地研修に振り替えることとする」
「……分かりました」
 アルマイトには、言葉を受け入れることしかできなかった。

(全く、給料はカットされるし、1号は問答無用で研修スケジュールに組み込まれるし、本部はやり方が強引なんだよ)
 翌日。アルマイトは、本部の中庭に寝転がっていた。浜風が肌に心地よいが、とても明るい気分にはなれない。どうにも納得がいかないのだ。
(1号に、なんて言えばいいんだ……)
 寝返りを打った拍子に、歩いてくるケネスの姿が視界に入った。ケネスはアルマイトの傍らに身をかがめると、あきれたように言った。
「まだ居たの」
「アレイ隊長が、一日特別休暇をくれたから、コピーと会ってきたんだ。夜には発つよ」
「なるほどね」
 アルマイトは、身を起こすと尋ねた。
「それにしても、なぜあそこにいたんだ。君は本部直属のバードマンで、教官じゃないだろ」
 ケネスはそのまま座り込む。
「精神能力開発教官として協力してくれって、ハガンさんに言われたの」
「それで、1号に精神能力の素質があるって、どういう事なんだ?」
「まだ断定はできないけど、彼には恐らく透視能力があるわ。テレパシーもあるかも。あなたのレポートによると、事件中に壁の向こう側が見えたって言うじゃない。それに、2号との意志疎通も一番できているようだし」
「それは、考え過ぎじゃないのか」
「あなたも、リーダーなんでしょ。リーダーが部下のこと信じてやれなくて、どうするのかしら」
「本部直属に現場の苦労が分かるか」
 ケネスの口調はからかっているようだったが、見つめる顔は真面目だった。つい、嫌味の一つも言いたくなる。ケネスは表情を変えずに答えた。
「地球に行ってから、だいぶだらけたようね。あなたの実力を買ったから、抜擢されたと思っていたのは間違いだったのかしら。私が同席していたもう一つの理由、話しましょうか」
 ケネスは、腕時計型の端末から何かを引き出すと、読み上げ始めた。
「『42星区地球支局パーマングループ調査報告書』」
 アルマイトの顔が引きつる。
「ちょ、ちょっと、じゃ、バード星からの調査員って、ケネスさんだったのか?」
「一部始終、見させてもらったわ。これ以上は機密だから話せないけど」
これ以上恥をかきたくなかったアルマイトは、胸をなで下ろした。
「この次も、私が調査に来ると思わないことね。それじゃ、1号に会えるのを楽しみに待ってるわ」
「あたしも行くよ。これ以上ケネスさんにいびられたくないからな」
 アルマイトは苦笑しながら立ち上がると、建物の方に歩き出した。ケネスはその後ろ姿を見送るとつぶやいた。
「アルマイト・カラコルム、あなたはやればできる人間のはずよ。地球地区のパーマン計画は、頓挫させるわけにはいかないわ。しっかりね」

 かくして、1号の留学計画はしばし延期された。彼のあずかり知らぬところで……。

(了)



【参考資料】
 パーマン122話「調査員に気をつけろ?!」
 バードマンから、変装の名人の調査員がやってくると聞かされたパーマン達は、見えない調査員の影に振り回されるが、結局誰にも知られずに調査員は帰ってしまったことをバードマンから聞かされる。

 パーマンSP2話 「バード星への道」
 原作の話とは違い、バードマンはコンピュータが1号を選んだことに猜疑心を持つ。結局、バード星直前で故郷のコピーに思いをはせた1号は、「自分はまだミツ夫としては未熟だから」といい、留学を辞退する。バードマンは1号にコピーを渡し、「コピーを代わりに留学に行かせる」といって1号を返す。

イラストはこちら
上に戻る戻る

前へ 次へ