目次へ

続・パーマン 第1話 出発はホワイトデー


1.発端

 地球最初のパーマングループができてから、二年の月日が経とうとしている。(*1)
 四人のパーマンたちは、毎日の仕事に忙しい日々を送っていた。この夜も、パトロール帰りの1.2.3号がそろって家路を急いでいる。
「ねぇ1号、ちょっと気になるんだけど」
「何が」
 3号の言葉に1号が尋ねる。
「バード星に留学したあなたのコピー、そろそろ地球に帰って来るんじゃない? バードマンは何も話してくれないの?」
「留学? ああ、そんなこともあったっけ」
すっとぼける1号にあきれ顔の3号。
「今度バードマンと会ったときにでも、聞いてみるよ。……でも、あいつちゃんとやってるのかな?」
「あなたのコピーは、本人より利口だと思うから、大丈夫」
「何だと?」
「あたしじゃないわよ、ブービーが」
 1号はにやけ顔の2号と3号を見比べ、そっぽを向いた。
「僕はリーダーとして立派に働いてきたんだ。コピーなんかに負けるもんか」
「そうね。きっと大丈夫よ。じゃあ、おやすみなさい」
 そう言い残すと、3号は飛び去った。

「ただいまー」
 二階の自室に戻ってきた1号は、ベッドの上でマンガを読んでいるコピーを見て、顔をしかめた。
「コピー、宿題は終わったのか?」
「うるさいなあ。終わったからマンガ読んでるんじゃない」
 コピーはマンガから目を離さず答える。
「やっただけじゃ困るんだよ。もうすぐ中学生なんだから。『小学校で落ちこぼれてたら、どの高校にも入れませんよ』ってママにイヤミ言われるのはご免だからね」
「自業自得じゃない」
 ぼやくコピーにかまわず、1号はマスクを外した。
「とにかく、オデコタッチして、マンガの中身を教えろ」
「ちぇっ、いつもいいとこ取りなんだから」
 1号がオデコタッチをしようとした瞬間、バッジが鳴った。仕方なくマイクをオンにする。
「はい、こちら1号」
「あたしだ。ちょっと話があるから、出てきなさい」
「……はい」
 バードマンの呼び出しである。コピーは破顔一笑、マスクを差し出した。
「はい、行ってらっしゃい」

 朝日ヶ丘小の屋上。円盤にもたれかかったバードマンと、寒そうな1号が向かい合っている。
「寒いから、手短にお願いします」
 1号の申し出に構わず、バードマンはゆっくりと話を切り出した。
「一年前、バード星に留学する事になったときのことを、覚えてるか」
「あ、グットタイミング! バードマンに聞きたかったんだ。コピー、元気にしてる?」
無邪気に尋ねる1号とは裏腹に、バードマンは複雑な表情をした。
「いや、そのことなんだがな。……実は、あのコピーは留学に行ってない」
「えーっ!」
「考えてもみろ。コピーに留学に行かせるくらいなら、始めっから1号をバード星に呼ぶわけないじゃないか。あれは、1号を安心させるための芝居だ」
「そうだったんだ」
「本部はその代わり、一年後に改めて1号を留学させることにした。そして、その期限が近づいているんだ」
 この決定は、バードマンの監督不行届による減給という大きな犠牲のもとに成立したのだが、彼はあえてそこまでは話さなかった。
「今度は一年じゃない。長期留学だ」
「いつ……までですか」
 不安げにバードマンの顔を見る1号。
「1号の出来次第だが、たぶん数年は向こうにいてもらうことになる。……いやなら、断ってもいいんだぞ。そのためにわざわざ話に来たんだから」
「そんな、突然言われたって……」
1号は戸惑ったように下を向く。
「ただ、今度断ったら、本部の心象はかなり悪くなるだろうな。それに、立派なパーマンになるつもりなら、もっと勉強しなければならないし」
「その言い方、強制してません?」
 1号に図星を指されて、言葉に詰まるバードマン。言えない愚痴を心中でつぶやいてみる。
 (こっちだって減給はもうご免だっつーの)
「とにかく、明日また来る。他のパーマンたちの前で、改めて答えを聞くから、考えておくんだ。分かったな」
「……はい」
 バードマンは円盤に乗り込むと、飛び去った。1号はそれを見送ると、自宅に進路を取った。

 コピーは、帰ってきた1号の顔が浮かないことにすぐに気づいた。セットを解く彼に呼びかける。
「また怒られたの?」
「違うよ。ほら、オデコ貸せ」
ミツ夫は面倒な説明を省くため、オデコタッチを利用する。
「えーっ!!」
 コピーは思わず声をあげた。
「どうするの? 何年も留守にしてたら、ずーっと僕がミツ夫のままってことだよ。あ、でも、そしたらユキちゃんとずっと一緒にいられるな」
「そういう事じゃなくて」
ムキになるミツ夫。コピーは肩をすくめた。
「分かってるよ。僕に君の代わりが勤まるかってことだろ。それよりも、君の気持ちはどうなの? 君が本気で留学するっていうなら、僕には止める権利はないからね」
「僕は……」
 ミツ夫はコピーと並んでベッドに腰掛けた。そのまま両手に顎を乗せる。
「僕は、一年前より成長したと思うかい?」
コピーはミツ夫の横顔を見つめた。そういえば、彼が留学を断った理由の一つには、「自分がミツ夫としてまだ立派な人間じゃないから」というのもあったのだ。
「うーん、成長したんじゃない。最近、僕をこき使うことも少なくなったし、パトロールもサボってないし」
「そう思う?」
1号は顔をコピーに向けた。
「それに、君はパーマンをずっと続けたいんだろ? だったら、僕もコピーとして精一杯応援するよ。それがコピーの役目だからね」
 ミツ夫はコピーの手を取った。
「コピー、お前はいい奴だな」
「今頃気づいたの」
コピーは澄まして答えた。

 翌日の放課後。バードマンは須羽家にパーマン四人を呼び出した。コピーも待機している。1号から事の成り行きを聞いたパーマンたちの驚きは大変なものだった。
「どうするの、1号」
 3号の問いに、1号が口を開こうとしたその時だ。
「おお、勢揃いしてるな」
 ベランダのサッシを開けて、バードマンが姿を現した。パーマンたちを一渡り見回すと、口を開く。
「話は……私から改めてしなくても良さそうだな」
「わいは聞きたいな」
 4号が異を唱えた。
「1号はんが長期留学する間、パーマン活動はどないするんや?」
バードマンは即断した。
「もちろん、君たち三人で頑張ってもらう」
「でも、何年もかかるんでしょ」
3号も不安げだ。
「状況如何によっては、仲間を増やすこともあるだろう。だが、今のところは別だ。4号も、アルバイトにうつつを抜かしてる場合ではないぞ」
「はい」
(墓穴を掘ったかいな)と思いつつ、4号は返事した。
「それで1号、決心はついたのか」
 バードマンの呼びかけに、1号は仲間の顔をちらと見た。そして話し出す。
「はい。……留学します」
誰も言葉を発しなかった。1号はさらに話し続ける。
「不安は山ほどあるけど、折角選ばれたんだもの、できるところまでやってみたいんだ。それに、他の星のパーマンやバードマンも見てみたいし。……コピーやみんなには迷惑かけるけど、地球代表として恥ずかしくないよう、精一杯頑張るよ」
「よく言ってくれた。それでこそ、私が見込んだ地球のパーマン1号だ」
バードマンは1号の肩をがしっと掴んだ。
「1号が決心したのなら、わいらには止める権利はないな」
「ウィー」
「後は僕がなんとかやるから」
 4号たちが1号に声をかける中、3号は一拍置いて呼びかけた。
「地球のことは心配しないで。あたしたちが立派に守るわ」
「みんな、ありがとう」
1号は礼を言った。その背中にバードマンが呼びかける。
「それじゃ、早速バード星に報告してこよう。1号、三日後にまた来るから、それまでに準備をしておくんだ」
「三日後?」
 1号は振り返った。
「ちょっと待ってよ。後五日で卒業式なんだ。せめてそれまでは……」
「残念だがあきらめるんだな。どのみち、後でコピーの記憶を移せばすむことだ。それと、このことは他言無用だ。わざわざ悪人に敵がいなくなることを教える必要はない」
「……はい」
 バードマンにツボを突かれて、1号は肩を落とした。

 バードマンが帰った後、1号はベッドに腰を下ろした。
「三日後か……」
 視線の先に、三月のカレンダーが映った。今日は11日。三日後は、14日。
「ホワイトデー、か」
 パーマンとして、今年も大量のチョコレートをもらった1号にとって、お返しの問題は深刻だった。
「やったー! これでお小遣いが浮くぞ!」
 歓声を上げる1号。やはり、どこか視点がずれているようだ。

 いつも通りの夕食の後、ミツ夫はガン子と一緒に居間に行った。星野スミレ主演のスペシャルドラマが放映されるのだ。
 題は、「あしながの君」。母を亡くした少女、薫が、行方不明の父を捜して一人旅をするという内容のロードムービーだ。手がかりは、父の写真が入ったロケットだけ。彼女を影で助ける男性こそが父なのだが、彼は指名手配中の逃亡犯だった。少女に姿を明かした時、彼は自首の決意をする。ラストシーン、ロケットを握りしめて薫はつぶやく。
「わたし、もう寂しくない。だって、ここにいつでもパパがいるんだもの。会える日まで、ずっと待ってるわ」
 カメラがスミレの横顔をズームアップした。頬に一筋の涙が流れる。
 (スミレちゃんのドラマも、当分見れないんだな……)
ミツ夫は画面に見入っていた。

 一方、スミレは自分のマンションでコピーとともにドラマを見ていた。
「さすがスミレちゃんね」
コピーの言葉にも、スミレは浮かない表情だ。たまらずたしなめる。
「もう、ミツ夫さんのことばかり考えててもしょうがないじゃない」
「だって、何年かかるか分からないのよ。ミツ夫さんのことだもの、向こうで何かあったらどうするの」
「だったら、『行かないで』って言えばいいじゃない」
 コピーの言葉にスミレは困ったように答えた。
「あんなに張り切ってるのに、言えるわけないわよ」
「そうね……」
コピーは小声でうなずく。
「出発は、ホワイトデーか。ミツ夫さんのお返し、期待してたのにね」
「あの鈍感男に、そんな分別あるもんですか」
 ようやく元気を取り戻したスミレの姿に、コピーは一安心した。

2.3月12日

 翌朝、朝日ヶ丘小学校六年一組。卒業式前の教室に付き物の光景、サイン帳廻しがたけなわだった。
「ミツ夫さん、遅くなったけど、これ、書いてね」
 ミチ子がサイン帳を差し出した。
「ありがとう、ミッちゃん」
感激したミツ夫は、早速サイン帳を開く。
「何で僕がカバオやサブの後なんだよ……」
 文句を言いながらも、ミツ夫は早速新しいページに書き込むため、筆箱を取り出した。
(何がいいかな……。「ミッちゃん、いつまでも僕のこと、忘れないでね」なんか月並みだな……。うーん)
 うなっているミツ夫のところに、カバオとサブ、ハル三がやってきた。
「どれ、何書いたか見せてみろよ」
 カバオがサイン帳を取り上げる。抗議するミツ夫。
「まだ何も書いてないよ」
「同じサインでも、ミツ夫とかのじゃありがたみがないよ。その点、僕なんか中学に行ったら、スミレちゃんと一緒になれるんだよ。サインももらい放題」
 ハル三は中学は私立学校の美樹学園中等部に行くことが決まっていた。地元の朝日ヶ丘中に行くことになっているミツ夫たちとは別れることになる。
「まだ同じクラスになるって決まったわけじゃないよ」
サブのイヤミも通じない。呆気にとられるミツ夫の耳に、ミチ子の声が入ってきた。女の子たちと話しているようだ。
「そういえば、昨日のスミレちゃんのドラマ、見た?」
「うん、見た見た。感動しちゃった」
「でも、私は何年も待ち続けるなんてできないな。だって寂しいじゃない」
 ミチ子の声が、ミツ夫の耳に突き刺さった。
 (ミッちゃん、僕が遠くに行くって言っても信じてくれないよな。今までだって、信じてくれたことないもん。ああ、なんとかこの気持ちを伝えることはできないものか……)
 ミツ夫の逡巡は、授業が始まっても続いていた。

 放課後。家に帰ってきたミツ夫に、ガン子が駆け寄ってきた。
「お兄ちゃん、急いで急いで。ママがデパートに行くって」
「本当か?」
ミツ夫はあわてて自室にランドセルを投げ込んだ。そして、貯金箱からお年玉の残りの5千円札を取り出すと、下りていった。

 デパートでは、ホワイトデーコーナーができていた。それを横目に見ながら、ミツ夫たちは洋服売場に向かった。ミツ夫やママの卒業式用の服を買おうというのだ。
「あたしも新しい服、買ってー」
とねだるガン子に根負けしたママは、ミツ夫にこう言い残すと去った。
「ミツ夫さん、ガン子ちゃんの服を買ってくるから、服を選んどいてちょうだいね」
「はーい」
 そう返事したミツ夫だが、二人の姿が見えなくなると、早速ホワイトデーコーナーに向かった。
 コーナーには食品を始め、アクセサリー、小物など、女の子が好みそうなプレゼントがそろっている。その一角に、昨日のドラマでスミレが着けていたようなロケットが飾られていた。思わず手に取るミツ夫。
 (三千円か……でもこれ買ったら、今度出るゲーム代が……。でも、どうせ僕はできないんだし、それならミッちゃんに……よし、決めた!)
 ミツ夫はロケットを掴むと、レジに向かった。

「お兄ちゃん、まだ服選んでなかったの」
 ガン子に嫌みたらしく言われながら、ミツ夫が買い物を終えた頃には、もう夕方になっていた。
「遅くなっちゃったわね。パパに電話して、外でご飯食べましょ」
「やったー!」
ミツ夫が歓声を上げたその時、バッジの呼びだし音がした。
「……あ、僕、トイレ」
ダッシュでその場を離れるミツ夫。階段の踊り場でバッジを取り出す。
「こちら、1号」
「何してんの? パトロールの時間でしょ」
 3号の声だ。
「今からみんなでご飯食べるんだ。後にしてくれよ」
「もう〜! 留学行くからって甘えてるんじゃ……」
1号はバッジのスイッチを切った。心の中でつぶやく。
 (悪いけど、今日はパスさせて。折角の団らんなんだから)

 デパートのレストランで夕食を終えた後、須羽一家が戻ってきたのは八時過ぎだった。
 (パー子、もうパトロール終わったかな)
そう思いながら自室のドアを開け、明かりをつけたミツ夫の足が止まった。暗闇の中に、ベッドに腰掛けた人影がいたのだ。3号だ。
「パトロール、終わってたんだ」
 努めて明るく呼びかける1号とは裏腹に、3号は静かに答えた。
「悪かったわね。一家団らんを邪魔しちゃって」
「パトロールを断って悪かったよ。明日はきっと行くから」
「もう、いいわよ。どのみち1号が留学に行ったら、あてにできないんですもの。お好きなように!」
 3号は立ち上がると、サッシを開けた。
「待てよ、パー子!」
ミツ夫の声も耳に入れず、3号は飛びたった。あわててパー着する1号。だが、時すでに遅しだ。あわててバッジを鳴らすが、いくら呼んでも応答がない。代わりに2号が答える。
「ウィー、アキャキャ」
「あー、違うよブーピー、ちょっとね」
 1号はあわててごまかした。
「全く、パー子にも参ったもんだよ。自分でできるんなら、なんで家にいたんだか」
そう言いながら、1号はポケットに入れてあったロケットのことを思い出した。
「そうだ、ミッちゃんのサイン帳書かなくちゃ」
 1号は自室に引き返した。

 ミツ夫はコピーに荷造りをさせながら、サイン帳書きにいそしんでいた。傍らには、アルバムからはがしたミツ夫の写真。
「ミッちゃんにだけお返し買ったの? ユキちゃんの分は僕が買わせてもらうからいいけど、ガン子やパー子さんの分はどうするの」
 コピーが尋ねる。
「そういえば、パー子にもチョコもらってたっけ。何か買っとくべきだったかな」
「そうだよ。しかもパー子さんは、『ミツ夫さんに』ってチョコくれたんだよ」
コピーの言うとおりだった。
「パー子さんだって、今まで毎日のように会ってたんだもの、寂しいと思うけどな」
「あのパー子に限って、そんな」
ミツ夫は笑い飛ばしたが、脳裏にはあの時の3号の顔が焼き付いていた。

3.3月13日

 翌朝。ミツ夫は4号の呼び出しにたたき起こされた。
「話はブービーはんに聞きましたで。もう、ええ加減にしとき」
「だって、パー子が勝手にすねて」
「ええか、わいは忙しいんや。これ以上世話やかさんといてぇな。今日中にパー子はんに謝るんやで」
「もう、分かったよ」
ミツ夫はやけくそ気味に通信を切った。

 登校したミツ夫は、サイン帳をミチ子に渡す。早速中を見たミチ子は、口を押さえて笑った。
「あらやだ、ミツ夫さんたら大げさなんだから」
サイン帳にはこう書かれていた。
 『ミッちゃん、君に会えなくても、僕は君のことが大好きです。だから、寂しくてもずっと忘れないでね。
                                    あしながの君 ミツ夫より』

 学校の授業は午前中で終わり、午後からは謝恩会が始まった。下級生の出し物を見ながら、ミツ夫はぼんやり考えていた。
 (「仲直り」って言われてもな……)
 ミツ夫は、自分の帰りを待っていた3号の表情を思い出していた。そしてコピーの言葉。
 (そう言えば、パー子といくらおしゃべりしてても、家族とか、友達の話とか、全然出てこないもんな。スミレちゃんとの話くらいか。正体隠してるから……だけじゃないのかもな)
「カバオくん、ミツ夫がまたボーッとしてますよ」
 サブがカバオをつつく。
「ミッちゃんに笑われたのが、そんなにショックだったんだな。そっとしとこうぜ」
「カバオくん、今日は優しいんですね」
 二人の見当違いの会話も耳に入らないミツ夫。だが、ポケットのバッジが、彼を現実へ引き戻した。
「カバオくん、ミツ夫が目、覚ましましたよ」
「ありゃ……トイレかな」
 あ然として見送るカバオとサブを残し、ミツ夫は体育館の外へ出た。

  バッジをとると、2号の声がした。かなり焦っている。
「富成町の工場で火災? パー子は? ……連絡がつかないって?」
 とにかくここで怒鳴っていてもしょうがない。ミツ夫は教室に戻ってコピーと交代し、火災現場に向かった。

 時間は少し遡る。火災現場では3号が一人で救出活動を展開していた。
「もう、逃げ遅れた人はいないわね」
作業員に確認を取る。その時、工場長が進み出た。何かを訴えるようにせっぱ詰まった表情だ。
「実は、奥の工場長室に、菫の花の絵が飾ってあるんです。娘の形見なんです。お願いです、取りに行ってもらえませんか」
 3号は工場を振り返った。消防隊が放水を開始している。
「分かったわ。待ってて」
3号はバッジをくわえると、工場の中に飛び込んだ。

 工場内には煙が立ちこめていて、見通しがきかない。3号はしゃにむに奥に進んだ。煙の向こうに、「工場長室」と書かれたドアが見えた。そのままドアを開ける。
「あった!」
 正面の壁に、菫の油絵が飾ってある。絵を外し、再びドアを開けた、その時だ。ドアの向こうから炎が勢い良く吹き出した。ドアを開けたことで、密閉された高温の空間に酸素が補給され、バックドラフト現象が起こったのだ。
「キャッ!」
 不意をつかれて、3号はくわえていたバッジを落としてしまった。炎とともに吹き込んだ煙が喉を襲う。そのまま彼女の意識は遠のいた。

 火災現場に到着した1号と2号のもとに、取り乱した工場長が駆け寄った。
「パー子さんが、まだ出てこないんです」
「何だって!」
「私が絵を取ってきて欲しいと頼んだばかりに……」
 工場長の言葉を遮って、1号は尋ねた。
「パー子はどこに向かったんですか」
「あの奥の工場長室です」
1号は工場長が指さすドアを見た。3号が飛び込んだらしい隙間から、炎や煙が吹き出している。1号はバッジを取り出すと、呼びかけた。
「パー子、パー子!」
 やはり返事はない。が、バッジのあるおおよその位置は見当がついた。
「ここからじゃ……無理だ。工場長室の窓は、どこですか」
「窓は、ないんです」
「仕方ない、屋根から行くぞ。ブービー、給水塔を」
「ウッキー!」
 1号は屋上の給水塔を持ってくるよう2号に命じた。火勢を押さえ、突入の危険を減らすため、水を使おうというのだ。
「いいか、僕が屋根を破るから、ブービーは天井から水を落とすんだ。せーの!」
掛け声とともに、1号はトタン屋根を蹴破った。2号は給水塔を破って、水をあふれさせる。目論見通りだ。
「いいぞ、ブービー!」
 降った水は、辺りに立ちこめた熱気ですぐに蒸発した。水蒸気の向こうに、人影が倒れている。
「パー子!」
 1号はトタンの破片を飛び越えた。そのまま3号を抱き起こす。絵をしっかりと抱えていたが、バッジは扉の前に落ちている。扉の隙間から、炎と煙が迫ってきていた。もはや一刻の猶予もない。1号は、右手で3号を抱え上げ、左手で3号のバッジを拾い、天井に脱出した。

 消防隊の放水がようやく功を奏してきたが、その光景は1号の目には入らなかった。3号は意識を失ったままだ。バッジをくわえさせようとしても、口元に力が入らない。
 1号は、3号の手から絵を離し、2号に託した。
「工場長に持ってってくれないか」
2号が飛び去った後、1号は3号の蒼白い顔を見た。そっと口元の煤を払うと、3号の顔に被さった。
 (パー子……ごめん)
 3号に人工呼吸をするのは初めてだった。されたことはあるのだが(*2)、彼自身は覚えていない。ふと記憶の片隅に感触がよみがえる。が、すぐにかき消された。彼女が息を吹き返したのだ。反射的に身を起こす1号。
「ゴホッ、ゴホ」
 煙を吐き出すように咳をしながら、3号は目を開けた。バッジを差し出す1号と目が合った。途切れた記憶が繋がらない。
「い、1号」
それだけ言うのがやっとだった。そして1号も。
「絵は、大丈夫だよ」

 火災は無事鎮火した。しきりに頭を下げる工場長に見送られながら、パーマンたちは飛び立った。
「あーあ、早くシャワー浴びて着替えなきゃ」
 3号はいつもの調子で話している。まるで昨日のことなどなかったように。1号は話しかける機会を伺っていたが、いざとなると言葉が出ない。2号と別れ、いつもの分かれ道付近まで行ったところで、意を決して呼びかけた。
「パー子、なんで一人で中に入ったんだよ」
 3号は初めて1号を見た。冴え冴えとした眼だ。
「あの絵、娘さんの形見だったのよ。……それに、1号がいなくなっても、ちゃんと仕事ができるって……」
「あのね、ブービーだって、パーヤンだっているんだし……」
 3号は1号の言葉に答えず、
「なによ!」
と言い残して飛び去った。それを見送る1号は、ぶ然としてつぶやく。
「なんだい、パー子を助けたのは僕なんだぞ」

4.その夜……。

 須羽家に戻ったミツ夫は、明日の出発に向けて荷造りを続けていた。コピーも手伝っている。
「折角詰めたのに、コピーするなんて」
 右手にバック、左手に卒業式用の服を持ったコピーが言う。
「仕方ないだろ。物がなくなったらママに怒られるもん」
「そうだ、いつかママが編んでくれたパーマンへのセーター(*3)、あれならコピーしなくても済むよ」
「おお、グッドアイディア。で、どこにしまったっけ」
 コピーが額を押さえて嘆息したその時だ。ベランダが開いた。ミツ夫が声をあげる。
「バードマン! 出発はまだだよね」
「ああ。明日の朝だ。その前に渡しとく物があってね」
 バードマンは手に持っていた袋から何かを取り出した。まずは小さな物体。
「電子ロック(*4)だ。出発前にこれでコピーの鼻に触っておくんだ」
続いて幅広のヘアバンド状の物体。
「記憶データ蓄積バンド(*5)という。オデコタッチができない期間は、このバンドに記憶を蓄積して交換する。それぞれ一本ずつ、渡しておくぞ」
 二人はアイテムを受け取った。荷造りを見たバードマンは、満足げにうなずいた。
「支度はできているようだな」
「そういえば、バード星って、どんな気候なの?」
ミツ夫が尋ねる。
「うーん、養成学校の場所は暖かいな。その気になれば泳げるくらいだ」
「それって、夏って言いません? コピー、セーターなんて要らないよ。あーあ、詰め直しだ」
 ミツ夫はバックの中身をぶちまけた。バードマンが呼びかける。
「1号、明日また迎えに来る。それまでに、心残りのないようにしとくんだぞ」
ミツ夫は、バードマンの最後の言葉を反すうする。そして4号の言葉。
 (心残りの、ないように……)
 (今日中にパー子はんに謝るんやで)
 ミツ夫は立ち上がると、パー着を始めた。驚くバードマンは、思わず引き留めようと手を伸ばした。
「お、おい、まだ大事な話が」
「後にして下さい!」
 1号は机の上の袋をつかむと、飛び出した。バードマンは伸ばした手のやり場に困って、自分の腰に手を置いた。
「しょうがない。話は明日にするか」

 その頃、スミレは自室のベッドの中だった。眠りにつくには早すぎる時間だが、何をする気もおきないのだ。今日の出来事が頭をぐるぐる回っている。
「1号、やっぱり何も分かってないじゃない……」
 その時、バッジが鳴った。マイクを通して1号の声がする。
「パー子、大事な話がある。来てくれ」
「了解」
スミレはマイクを切った後、つぶやくように答えた。
「何よ、いまさら」

 1号はビルの屋上に立っていた。待っている時間が、長く感じられる。やがて、上空に3号の影が見えた。3号は1号の前に立つと、尋ねた。
「話って、何よ」
 1号はポケットに手を入れたまま話し出した。
「パーヤンから言われたんだよ。今日中に謝っとけって」
3号は無言で聞いている。1号は話し続ける。
「パー子、昨日はごめん。あのさ、これ」
1号は、ポケットに入れていた袋を取り出した。
「ホワイトデーは明日だけど、出発が明日朝だっていうからさ」
「これ、見てもいいの?」
 3号の問いに1号はうなずいた。そこで、1号はあることを思い出した。
「あっ、その中は……」
が、すでに時遅し。3号は紙袋に入っていたロケットを開き、ミツ夫の写真を見つけた。思わず顔を輝かす。
「まあ、これをあたしに? ありがとう! うれしいわ!」
抱きつかれて1号は眼を白黒させた。
 (まさか、ミッちゃんに渡すつもりだったとは言えないな……)
「ま、まずいよ。ミツ夫の写真だよ。パーマンじゃなくて。まずいよやっぱ」
 1号は手をぶんぶん振るが、3号の言葉は意外なものだった。
「あら、あたしはこっちの方が嬉しいわ。だって、……ミツ夫さんがいるんですもの」
3号は丁寧にロケットを閉じた。1号の胸に暖かいものが広がる。
 (僕をミツ夫として好いてくれるなんて……。パー子って案外いいところあるんだ)
 1号は呼びかけた。
「あ、あのさ、君に一つ頼みがあるんだ」
「なあに」
「僕がいない間、コピーの事を面倒見てくれないか。あいつのことだから、色々ヘマすると思うんだ。それに、君だって、話し相手がなくなると困るだろ」
「なによ、それ」
 最後の言葉に3号は軽口で答える。1号はさらに続けた。
「パー子、君には色々ひどいこと言ったけど、君がいなかったらパーマンは続けていけなかったよ。感謝してる」
「……ありがとう、1号。じゃ、あたしからもお願い」
 3号は1号の顔をのぞき込む。
「向こうに行っても、女の子にうつつ抜かさないでね。あたし、待ってるから」
「……分かったよ」
3号の真剣な目を見ると、1号はこう答えずにはいられなかった。
「良かった」
 そっとつぶやく3号。その時、うつむいた3号の瞳から、一筋の涙が流れた。1号にはその姿が、一瞬スミレの演じた薫とタブって見えた。ふと目をこすると、3号はいつもの姿に戻っていた。
「1号、パトロールしてかない?」
「……ああ」
 二人は飛びたった。

 パトロールを終えて戻ってきたスミレは、待っていたコピーにプレゼントを見せた。
「1号も、いいところあるじゃないの」
「ええ」
コピーの言葉に顔を赤らめるスミレ。だが、すぐに真剣な表情に戻った。
「ねえコピー、私、彼に贈るもの、どうしようかと思って」
 コピーには思い当たったようだ。スミレはためらいがちに続ける。
「バードマンには何も言ってないわ。ただ、留学に行く前に、ミツ夫さんに本当の私を知っていてもらいたいのよ。卑怯かもしれないけど、今を逃したら、チャンスは来ない気がするから……」
 コピーはためらうスミレの背後に回って、肩を抱いた。
「あなたが好きになったミツ夫さんは、そんなに心の狭い人なのかしら」
「コピー……ありがとう。私、やってみせるわ。星野スミレ、一世一代の晴舞台よ」
スミレはコピーにウインクした。

5.最後の餞別

 ここは果てなき宇宙空間。いつか来た道を、1号は円盤に乗って飛んでいた。だが、心はうつろだった。頭の中には、さっきの出来事がリピートされ続けていたのだ。
 (パー子が、スミレちゃんだったなんて……スミレちゃんが……あのパー子……)
 3号が餞別として明かしたのは、自分の素顔だった。今までのパー子と過ごした日々が、頭を駆け巡る。その鎖を断ち切ったのは、バードマンの呼びかけだった。
「1号、1号」
 我に返った1号は、バードマンに呼びかけ返した。
「ねえバードマン。どうして、パー子、いやスミレちゃんをパーマンにしたの?」
「ン? それはな、1号に会いたがってたからさ」(*6)
「……まさか」
「本当さ。まさか、そこまで仲良くなるとは思わなかったがな。ハッハハハ……」
 バードマンの高笑いが響く円盤内で、1号はさらに考えていた。
 (結局、僕もスミレちゃんも、今までの自分と違う自分になりたかったのかもしれないな。僕がミツ夫として苦しんでいたことは、そのままスミレちゃんの苦しみだったんだ。なのに僕、さんざんパー子にひどいこと言って……)
「1号、もうすぐバードマン本部に到着するぞ」
 バードマンがさらに呼びかける。眼下には、いつか見た緑色の惑星が浮かんでいる。
「もう、バード星なの?」
1号は気持ちを切り替えようとした。
「正確には、バード本星じゃなくて、バード惑星連合のクラム星だけどな。ま、どうせ勉強することだから、後でじっくり教わるんだな。それよりも、大切な話があるんだ」
 バードマンの声が引き締まる。1号は身構えた。留学へのはなむけの言葉でもくれるのかと思ったからだ。だが、次の言葉はあまりにも意外なものだった。
「昨日、言いそびれた話なんだが、……あのな、あの、変身銃のことだ」
「はあ」
「実は、ありゃあ、嘘なんだ」
「え、ええーっ!!」
1号は己の耳を疑った。
「いやぁ、あんまり効き目があったんで、つい言いそびれてな。ハハハッ……」
 照れ笑いを続けるバードマンに、1号はあきれながら尋ねた。
「じゃ、動物にするっていうのも?」
「まぁ、そうなるかな。だがな、秘密をばらしたら、パーマンであった記憶は強制的に消去されるぞ。もちろん、ばらした相手もな」
 必死に取り繕おうとするバードマンだが、1号のショックはおさまらない。
「今まで、よくも僕らを脅しまくって……」
「許せ、1号」
「バードマンの、ウソつきーっ!」
 二つの円盤は、先を争うようにクラム星へと降りていった。
(了)

【補記】

あとがき

 原作『パーマン』の最終回で、3号は1号に素顔を見せる。また、『ドラえもん』の「めだちライトで人気者」では、ミツ夫の写真入りロケットを持った大人のスミレが描かれている。今回は、アニメでは描かれていないこの重要なエピソードとリンクさせることに主眼を置いた作品である。
「めだちライトで人気者」でのミツ夫の写真は子供時代のままのようなので、これを根拠に「ミツ夫とスミレは留学してから一度も会ってない」という推測をしている人もいるが、私は否定的だ。好きな人からのプレゼントなら、そのまま持っていたいものだと思うからだ。そういう主張も含まれている。

★ イラストについては、『朝日ヶ丘スミレ団』内の空想世界のパーマン 〜大田 康湖さんの世界〜 を参考にして下さい。管理人はおっけっ!!さんです。


上に戻る戻る

前へ 次へ