戻る
闘士ゴーディアン1〜4話


スタッフ・キャスト
#01 「荒野のナイスガイ」 1979/10/07

 ダイゴ大滝       :安原義人
 ピーチィ        :井上瑶
 バリーホーク      :納谷六朗
 ダルフ         :鈴木清信
 アンノンジー      :増岡弘
 サオリ         :高島雅羅
 ロゼ          :吉田理保子
 チョコマ        :鈴木れい子
 ドグマ大帝       :村松康雄
 サクシダー       :北村弘      →北村弘一
 バルバダス       :たてかべ和也
 エリアス        :加川三起      →鳳芳野
 クロリアス       :黒部鉄
 ミスターX       :西村知道
 隊員          :福士秀樹

【キャスト補足】
 ドグマ大帝→ドクマ大帝

【その他】
 タイトルコール:安原義人(ダイゴ)
 次回予告NA :安原義人(ダイゴ)/ 30秒
 決め台詞   :安原義人(ダイゴ)
         「また会おうな」
 脚本     :山本優
 演出     :落合正宗
 作画監督   :宇田川一彦
-----
あらすじ 解 説
 時は未来。世界はマドクター組織によって荒廃し、ならず者達がはびこるアメリカ西部。メカ黒豹クリントと共に、ビクトールタウンを守るメカ・コン第18連隊に一人の少年がやってきた。彼の名はダイゴ。タウンに向かう途中、泉で一休みしようと立ち寄ったところ、水浴びしている少女に出くわしてしまう。裸を見られた少女は猛抗議。彼女がメカ・コン仲間のピーチィだと知るのは、後の話である。
 メカ・コンでは連隊長のバリー・ホーク青年や、同室で編み物好きの巨漢ダルフと仲良くなる。その夜、ダイゴは胸の十字架ペンダントの飾りが点滅するのに気づく。だが、全く心当たりがない。その時、マドクターの襲撃が始まった。ダイゴも早速出撃するが、敵の奇襲攻撃の前に連隊は大ピンチ。その時、敵メカを踏みつぶしながら謎の巨大ロボットが現れた。恐れをなしたマドクターたちは退却していく。取り残されたダイゴは、巨大ロボットの手に捕まれ、気を失った。
 敵マドクターの組織は声のみで指令する「ドクマ大帝」(脚本では毒魔大帝統)の下に、数人の幹部がいる。出撃の指示は、『ドクマ黙示録』という予言書(サクシダーが持っている)に基づき出撃する。既にこの時点で、重要な伏線である「太陽のすかし」の名が出ている。
 ダイゴは登場シーンこそかっこいいものの、ピーチィとのケンカシーンなど、バードマン系の声全開である。
 襲撃シーンは闇夜の設定のため、モノクロにカラーの閃光が交差する凝った作りになっている。
 
#02 「出撃・かくし砦」 1979/10/14

 ダイゴ大滝       :安原義人
 ピーチィ        :井上瑶
 バリーホーク      :納谷六朗
 ダルフ         :鈴木清信
 アンノンジー      :増岡弘
 サオリ         :高島雅羅
 ロゼ          :吉田理保子
 チョコマ        :鈴木れい子
 ドグマ大帝       :村松康雄
 サクシダー       :北村弘      →北村弘一
 バルバダス       :たてかべ和也
 エリアス        :加川三起      →鳳芳野
 クロリアス       :黒部鉄
 隊員          :福士秀樹

【その他】
 タイトルコール:安原義人(ダイゴ)
 次回予告NA :安原義人(ダイゴ)/ 30秒
 決め台詞   :安原義人(ダイゴ)
         「また会おうな」
 脚本     :山本優
 演出     :落合正宗
 作画監督   :宇田川一彦
-----
 気がつくと、ダイゴは見知らぬ部屋で、見知らぬ人々に囲まれていた。包帯姿の女性と、ダイゴと同じ年頃の少女、6歳くらいの少年だ。ここはシティ郊外のサン・トーレという秘密基地、女性はサオリと名乗り、ダイゴは自分の弟だという。天涯孤独の身の上だと思っていたダイゴはサオリの言葉が信じられず、部屋を出ていく。
 その頃メカ・コンでは、行方不明になったダイゴを皆が心配していた。ケンカしていたピーチィも、いつになくしおらしい。そこにダイゴがひょっこり帰ってきた。おみやげの食用蛙をめぐって、またケンカが始まってしまう。
 いざ帰ってきたものの、ダイゴはサオリのことが気になって仕方ない。泉で考え込んでいると、さっきの少女ロゼと少年チョコマがやってきた。ダイゴは二人に、自分のペンダントがサン・トーレの通信機に反応して光ったこと、ゴーディアンで出撃したサオリが、メカに適応できず大やけどをおったことを聞かされた。ダイゴはサン・トーレに行き、父の意識が移植されたコンピュータと対話する。ゴーディアンが、自分が操縦するために父によって開発されことを知ったダイゴは、ゴーディアンで戦う決意をする。
 折しも、メカ・コンがマドクターの襲撃を受けていた。初出撃したダイゴは見事ゴーディアンでマドクターを撃退する。バリーたちは、ロボットが残していった「GOUDEAN」というサインを見て、首を傾げるばかりだった。
 予告時点のタイトルは「出撃!かくし砦」。
 ますます三枚目の雰囲気漂うダイゴ。当時のアニメ誌で戸惑う読者がいたのもうなずける。
 ダイゴの初変身シーン、掛け声にまだまだ安原さんが慣れてないのがよく分かる。
 1、2話とも、EDはレコード盤の児童コーラスとは違い、男性の声。歌手の塩見大治郎でもないし、安原さんでもない気がする。真相はいずこ。
 今回の名言「ダイゴ・ダイゴって気安く呼ばないでくれよ。ダイゴのバーゲンやってるわけじゃないんだ」(ダイゴ)
#03 「絶叫・赤い砂漠」 1979/10/21

 ダイゴ大滝       :安原義人
 ピーチィ        :井上瑶
 バリーホーク      :納谷六朗
 ダルフ         :鈴木清信
 アンノンジー      :増岡弘
 サオリ         :高島雅羅
 ロゼ          :吉田理保子
 チョコマ        :鈴木れい子
 ドグマ大帝       :村松康雄
 サクシダー       :北村弘       →北村弘一
 バルバダス       :たてかべ和也
 エリアス        :加川三起      →鳳芳野
 クロリアス       :黒部鉄
 トロスクルス      :伊武雅之      →伊武雅刀
 隊員          :福士秀樹

【その他】
 タイトルコール:安原義人(ダイゴ)
 次回予告NA :安原義人(ダイゴ)/ 30秒
 決め台詞   :安原義人(ダイゴ)
         「また会おうな」
 脚本     :山本優
 演出     :寺田憲史
 作画監督   :小野茂
-----
 郊外のパトロールに出かけたピーチィは、酒場でクリントにオイルを飲ませているダイゴに出くわした。その時、店の外で決闘が始まった。流れ者のガンマン、トロス・クルスと渡りあえる者はおらず、相手はあっという間に倒されてしまう。あっけにとられるダイゴたちを後目に、トロスは酒場に入っていった。
 パトロールの片割れのダルフは、ガールフレンドのキャシーの住む牧場にいるという。牧場に向かった二人が見たのは、マドクターの襲撃の跡だった。キャシーの父が大事にしていたビクトールタウンの設計図を、マドクターに奪われたというのだ。負傷したダルフに頼まれ、ダイゴは赤い砂漠に向かう。
 途中合流したロゼたちの情報で、ロボット・ヘリアルゴンが向かっていることを知らされたダイゴは、早速ゴーディアンになって対決する。だが、ヘリアルゴンはあり地獄を作り、応援のメカ・コンたちを呑み込もうとする。そこにゴーディアンが到着。マドクターはドグマ黙示録13−Aに書かれた作戦で対抗する。ムチで体の自由を奪い、砂の中に引きずり込もうというのだ。ダイゴの苦闘を見ていられないサオリは、コンピューターの父に問いかける。しかし父は、ダイゴの使命を語り、「ダイゴは我が子であって我が子ではない」と冷たく言い放つのだった。
 ダイゴが「チェンジアタック、デリンガー」と叫ぶと、体内からデリンガーが分離し、剣でヘリアルゴンを倒すことができた。その直後、ロボットに電流が走り、ダイゴは強制排出されてしまう。無理な戦闘にゴーディアンが拒否反応を示したらしい。ダルフの頼みを忘れていなかったダイゴは、再びマドクターの行方を追う。その途中、トロスクロスに出くわした。マドクターたちを退治した後だったのだ。彼は「縁があったらまた会おう」と行って走り去った。そこにダルフとキャシーがやってきた。残念ながら設計図は燃えかすになっていたが、キャシーは秘密を守ったことに納得していた。
 その頃、設計図を入手し損ない、プロジェクトXの秘密を解読できなかったバルバダスは、総統にお仕置きされていた。
 父と話すシーン、サオリは包帯姿ではない。単純ミス?
 トロス・クルス初登場。彼との因縁はまだ明かされてない。あらすじではカットしたが、ダルフがダイゴを心配して、ケガを押して向かうシーンが印象深い。プロジェクトXの単語も初登場。まさか別の意味でメジャーになろうとは。
 今回の名言「マスター、アイスミルク、ダブル」(トロスクルス)
 脚本では「ガム抜きのアイスミルク」。これもこれで変。
#04 「よみがえれ生命」 1979/10/28

 ダイゴ大滝       :安原義人
 ピーチィ        :井上瑶
 バリーホーク      :納谷六朗
 ダルフ         :鈴木清信
 アンノンジー      :増岡弘
 サオリ         :高島雅羅
 ロゼ          :吉田理保子
 チョコマ        :鈴木れい子
 ドグマ大帝       :村松康雄
 サクシダー       :北村弘一
 バルバダス       :たてかべ和也
 エリアス        :加川三起      →鳳芳野
 クロリアス       :黒部鉄
×トロスクルス      :伊武雅之      →伊武雅刀
 隊員          :福士秀樹

【その他】
 挿入歌    :「闘士ゴーディアン / 塩見大治郎 」
 タイトルコール:安原義人(ダイゴ)
 次回予告NA :安原義人(ダイゴ)/ 30秒
 決め台詞   :安原義人(ダイゴ)
         「また会おうな」
 脚本     :曽田博久
 演出     :落合正宗
 作画監督   :宇田川一彦
-----
 ダイゴを助けたときの傷が元で、サオリは今や瀕死の状態だ。だが、サン・トーレの秘密を守るため、医者は呼べないと言うサオリに、ダイゴはいらだつ。コンピュータの父親に直談判に行くが、相変わらずつれない返事しかもらえない。それでもサン・トーレの地底に、万病を治す「奇跡の泉」があると聞かされ、ダイゴはサオリを連れプロテッサーで向かう。
 その頃、マドクターはドグマ黙示録96ページに載ったサソリアームを使い、ソーラー発電地区を襲っていた。指揮はクロリアスだ。連絡をうけたダイゴは、サオリに懇願され、仕方なく戦闘に向かう。
 またも体の自由を奪われ、ピンチに陥るゴーディアン。サオリの姿を思い浮かべたダイゴはゴーディアンとの同調に成功し、デリンガーで分離して敵を倒す。あわてて戻ったダイゴが見たのは、泉につかるサオリの姿だった。留守番のクリントが泉を見つけてくれたらしい。
 自分を鍛えることがゴーディアンのパワーアップに繋がるのだと悟ったダイゴは、改めてメカ・コンに戻っていった。「姉さん」と呼ぶダイゴを初めて見たサオリたちは微笑むのだった。
 デリンガーが外にいるので、残り2体を基地から射出しての変則合体。「奇跡の泉」のエピソードは、忘れた頃に再登場する。
 脚本では冒頭、ロゼたちがメカ・コンにダイゴを呼びに来るが、本編ではカット。サオリを連れていくシーンももう少し凝っている。
今回の名言「あの人、食事と睡眠だけはしっかり取るタイプみたいだから、こんな生活嫌になっちゃったんじゃないの」(ピーチィ)
「慣れりゃいいもんなのにな」(ダルフ)
前へ 次へ
上に戻る戻る