戻る
闘士ゴーディアン5〜8話


スタッフ・キャスト

#05 「デス・バレーの死闘」 1979/11/04

 ダイゴ大滝       :安原義人
 ピーチィ        :井上瑶
 バリーホーク      :納谷六朗
 ダルフ         :鈴木清信
 アンノンジー      :増岡弘
 サオリ         :高島雅羅
 ロゼ          :吉田理保子
 チョコマ        :鈴木れい子
 ドグマ大帝       :村松康雄
 サクシダー       :北村弘一
 バルバダス       :たてかべ和也
 エリアス        :加川三起      →鳳芳野
×クロリアス       :黒部鉄
×トロスクルス      :伊武雅之      →伊武雅刀
 隊員          :福士秀樹

【その他】
 挿入歌    :「闘士ゴーディアン / 塩見大治郎 」
 タイトルコール:安原義人(ダイゴ)
 次回予告NA :安原義人(ダイゴ)/ 30秒
 決め台詞   :安原義人(ダイゴ)
         「また会おうな」
 脚本     :山崎晴哉
 演出     :古川順康
 作画監督   :宇田川一彦
-----

あらすじ 解 説
 デス・バレーに新しい基地を建設するために向かったメカ・コン第18連隊。だが、こういう仕事は嫌いなダイゴは非協力的。ふざけて監視塔を壊してしまい、アンノンジーを怒らせてしまう。バリーは必死に庇うが、親の心子知らずなダイゴ。夜中、バルバダス率いるマドクターの襲撃に、バリーの制止を振り切って出撃してしまう。
 基地は破壊され、大勢の隊員が亡くなった。バリーはダイゴを厳しく諫めるが、ダイゴは捨てぜりふを吐いて立ち去る。
 ダイゴが向かったのはサン・トーレ。サオリに隊に戻るよう諭されていると、マドクターの再度の攻撃が。ゴーディアンで無事撃退するが、基地は崩壊し、バリーは壊れた資材の下敷きになっていた。ダイゴに助け出されたバリーは、「どこ行ってたんだ」と殴りかかる。ダイゴも受けて立ち、お互いに相手を認め合っていることを確認するのだった。
 脚本では、マドクターの襲撃シーンはBパートから。
 途中で、「トロスクルスのような一匹狼になりたい」とダイゴが言うシーンがある。ラストに、それに答えるように見守るトロスというシーンが脚本にはあるのだが、カットされている。もったいない。
 アニメ『X-MEN』ファンとしては、プロフェッサーXとガンビットの殴り合いだ、と嬉しかったりする。

#06 「ヴィクトールタウンの罠」 1979/11/11

 ダイゴ大滝       :安原義人
 ピーチィ        :井上瑶
 バリーホーク      :納谷六朗
 ダルフ         :鈴木清信
 アンノンジー      :増岡弘
 サオリ         :高島雅羅
 ロゼ          :吉田理保子
 チョコマ        :鈴木れい子
 ドグマ大帝       :村松康雄
 サクシダー       :北村弘一
 バルバダス       :たてかべ和也
 エリアス        :加川三起      →鳳芳野
 クロリアス       :黒部鉄
×トロスクルス      :伊武雅之      →伊武雅刀
 隊員          :福士秀樹

【その他】
 挿入歌    :「闘士ゴーディアン / 塩見大治郎 」
 タイトルコール:安原義人(ダイゴ)
 次回予告NA :安原義人(ダイゴ)/ 30秒
 決め台詞   :安原義人(ダイゴ)
         「また会おうな」
 脚本     :松崎健一
 演出     :寺田憲史
 作画監督   :宇田川一彦
-----

 ドグマ黙示録87ページ第4項に基づき、クロリアスが出撃した。
 その頃、ダイゴはピーチィの付き添いで、ヴィクトールタウンに買い物に向かっていた。スピード違反したりとやっぱりお騒がせなダイゴ。食堂に入った二人は、変な建物が建っていることに気づく。実は、レストランの従業員はマドクターだった。なんとか隊員を倒して脱出した二人だが、ダイゴはやってきたロゼたちと、建物の調査に向かってしまう。抜け駆けされたピーチィは大激怒。追いかけていった彼女の目の前で、ダイゴの載ったスポーツ・クラフトが大爆発。ダイゴが死んだと思ったピーチィは、初めて自分がダイゴが好きだったことに気づく。
 もちろんダイゴは生きていた。サン・トーレに戻ったダイゴは出撃。街にダメージを与えないため、プロテッサーで戦うダイゴだが、マドクターは謎の建物からデムーガ(脚本ではデムーカ)を出撃させる。ダイゴは腹が空いてるせいか満足に闘えない。ダイゴは念動力でガービンを動かし、再び合体する。ゴーガンアタックで見事デムーガを倒す。
 のんきに戻ってきたダイゴは、皆がダイゴの墓を囲んで泣いているのに出くわす。ピーチィは心とは裏腹にダイゴをはり倒した。
 二人の出会った池は「ブッシュの池」というらしい。カエルネタも2度目。
 二人とも、カーペ・ヴィレッジを「カッペ」・ヴィレッジと言っている。脚本でも「カーぺ」なのに。あ、次回予告でも「カッペ」だ。
 ダイゴが払う罰金は「75ドル50トレス」だが、脚本は「ボル」。「ボル」だと藤子先生と一緒だったのに。
 ピーチィとバリーのシーン、喋っているのに口が開いてない。線録りだな。
 脚本では、ダイゴはサン・トーレに向かうのに市民の車を拝借している。それでメカ・コンに帰ってきてるのだが、実際はエアバイクで帰ってくる。どこから乗ってきたんだろう。レストランを壊した代金を、捕まってた従業員に請求されるというオチもカット。
 ゴーガンアタックも、脚本ではちゃんと腕から射台が出て、背中からミサイル矢を発射するという仕掛けなのだが、画面ではただのロケットパンチになっている。
 メカ・コンのホバーを「イモバッタ」呼ばわりするクロリアスも脚本のみ。
 ロゼとダイゴの「あんたよくみるとイイ男だね」「やっぱ映画スターになるべきだったかな」なんて会話もカット。見たかったな。
今回の名言「ダイゴの奴、尻に敷かれるタイプですな」(ダルフ)
「一度こいつを試してみたかったぜ」(ダイゴ)

#07 「夕陽のカーペ・ヴィレッジ」 1979/11/08

 ダイゴ大滝       :安原義人
×ピーチィ        :井上瑶
×バリーホーク      :納谷六朗
×ダルフ         :鈴木清信
×アンノンジー      :増岡弘
 サオリ         :高島雅羅
 ロゼ          :吉田理保子
 チョコマ        :鈴木れい子
 ドグマ大帝       :村松康雄
 サクシダー       :北村弘一
 バルバダス       :たてかべ和也
 エリアス        :加川三起      →鳳芳野
 クロリアス       :黒部鉄
×トロスクルス      :伊武雅之      →伊武雅刀
×隊員          :福士秀樹

【その他】
 挿入歌    :「闘士ゴーディアン / 塩見大治郎 」
 タイトルコール:安原義人(ダイゴ)
 アイキャッチ :安原義人(ダイゴ)
 次回予告NA :安原義人(ダイゴ)/ 30秒
 決め台詞   :安原義人(ダイゴ)
         「また会おうな」
 脚本     :山本優
 演出     :古川順康
 作画監督   :宇田川一彦
-----

 ダイゴが無断でゴーディアンを出撃させたため、サン・トーレは大騒ぎ。ダイゴは自分が育ったカーペ・ヴィレッジに里帰りするため、ゴーディアンを使ったのだ。
 村には育ての親であるゲン爺さんが暮らしているが、買い物に出かけていて留守だった。フットボールチームのクオーターバックとして有名だったダイゴは、早速大歓迎をうけ、パーティを開く騒ぎになる。
 その頃、マドクター基地では幹部たちをさしおき、指揮官バラスがドクマ大帝の出撃命令を受けていた。噴炎翼竜メカ(脚本より)ボノラドンでカーペ・ヴィレッジに向かう。
 襲撃された街で、ダイゴは戻ってきたゲン爺さんが倒れているを見つける。ゲンはホールに預けてあったダイゴのヘルメットを取りに行き、火災に巻き込まれたのだ。ゲンを家へと運ぶ途中で、ダイゴはゴーディアンや家族の秘密をなぜ隠していたのか問いただすが、ゲンは「父さんに頼まれた」「武器が物置に隠してある、その武器をわしだと思え」と言って事切れた。
 ゲンが言い残したとおり、物置にはゴーディアンの盾兼武器、シャインシェルドがあった。怒りに燃えて出撃したダイゴは、剣状のシャインシェルドでボノラドンを貫く。
 ダイゴは、ゲンの十字架の上にヘルメットをかぶせ、悲しみにむせぶのだった。
 予告タイトルは「夕日の誓い」。相変わらず使い回しのキャスト表で、不便なことこの上ない。ゲン爺さんの声はたぶん増岡弘。回想シーンのダイゴは鈴木れい子だろう。
 脚本では、シャインシェルドの仮名は「マイティ剣」。
 ラストシーン、脚本では黒人霊歌っぽい歌詞があり、(適度に歌詞を変えて、フィールドハラー調でどうぞ)と書かれているが、 残念ながら採用されてない。本歌があるのだろうか。実際はOPのバラード調アレンジが流れているので、当たらずとも遠からずか。
 バラス初登場。アイキャッチに安原義人の声が入る。

#08 「怒りの敵中突破」 1979/11/25

 ダイゴ大滝       :安原義人
 ピーチィ        :井上瑶
 バリーホーク      :納谷六朗
 ダルフ         :鈴木清信
×アンノンジー      :増岡弘
 サオリ         :高島雅羅
 ロゼ          :吉田理保子
 チョコマ        :鈴木れい子
 ドグマ大帝       :村松康雄
 サクシダー       :北村弘一
 バルバダス       :たてかべ和也
 エリアス        :加川三起      →鳳芳野
 クロリアス       :黒部鉄
×トロスクルス      :伊武雅之      →伊武雅刀
 隊員          :福士秀樹

【その他】
 タイトルコール:安原義人(ダイゴ)
 アイキャッチ :安原義人(ダイゴ)
 次回予告NA :村松康雄(ドグマ大帝)/ 30秒
 決め台詞   :村松康雄(ドグマ大帝)
         「我がマドクターに栄光あれ」
 脚本     :曽田博久
 演出     :落合正宗
 作画監督   :杜福安
-----

 ゴーディアンの行方を追ってきたロゼたちは、マドクター隊員が倒れているのを見つけた。ついでにダイゴを追ってきたピーチィと鉢合わせしてしまう。男はカーペ・ヴィレッジの名を出すとこときれた。
 ドクマ黙示録159ページに基づき、ムカデックでクロリアスが出撃した。しかし、ダイゴはゲンの墓の前で呆然とたたずむばかり。追いかけてきたロゼたちの説得にも耳を貸そうとせず、立ち去ってしまう。逆にピーチィにあっさり捕まってしまう。手錠をはめられたダイゴは、鍵を取ろうとするが、「ブラジャーの中」と言われて手出しできない。一方ピーチィは、覇気のないダイゴの姿に失望していた。
 ダイゴに頼れないと知ったロゼたちは、サオリに頼んでゴーディアンを誘導するが、マドクターに見つかり囲まれてしまう。それを見たダイゴは、ようやく吹っ切れて飛び出す。手錠も外してもらい、早速合体。見事ムカデックを倒した。
 ピーチィ、手錠のついた方の手を振ってたぞ。
 サオリでもゴーディアンの誘導ができるとは驚きだ。これも脚本では自力で動かせず、トレーラーにゴーディアンを乗せている。そこにムカデックが攻めてきて、ダイゴがトレーラーに乗り込み脱出するという筋。後のシーンの、「女とボロ車の扱いならお任せ」というのはそこにかかるわけで、これでは意味が通じまい。
 ラストのダイゴの独白も、脚本ではサオリとの対話シーンになっている。ピーチィへのフォローもカット。
 個人的にカットされてもったいなかったのは、マドクター隊員が、カッコ悪く事切れるシーン。ピーチィの「男ならカッコ良く」をうけてのシーンなのに。  「パワーにはパワー、ガービンで勝負だ」とゴーディアン内のダイゴが叫ぶシーンで、クロリアスが映るという誤カットがあるが、入手したアフレコ台本ではガービンのカットが指定されていた。なお、所持しているシナリオでは戦闘シーンは簡潔にしか書かれていないので、絵コンテ以降の追加カットと思われる。
前へ 次へ
上に戻る戻る