目次へ

2, ソウルの混乱


 しのつく雨は、降り止む気配はない。
 金 和清(キム ファチョン)は、空を見上げてため息を一つ付いた。彼の傍らでは、二人の弟が乾パンを食べている。だが、もうしばらくすれば彼等も食事を終えるだろう。そうしたらどうすればいいのだろう?
 和清は、立ち上がってリュックに手をかけた。その時だ。彼の意識の中に、誰かが入ってきた。和清は、その場に彫刻のように立ちすくんだ……。

                     *          *          *

 アルマイトは気が付くと、あるくたびれたリュックに手をかけていた。雨の音がする。
 (ここはどこだ? 俺はどうしているんだ?)
 もやのようにそんな疑問が沸き上がってきた。アルマイトは、そんな時いつもするように顎に手を当てた。そしてある事に気づいた。
 (これは、俺じゃない!!)
 アルマイトは慌ててその体を見た。お世辞にも立派とは言えない格好をしている。辺りを見回した彼は、傍らで何かを口に入れようとしたまま、大きく目を見開いている二人の少年を見た。
 (ああ、この二人はこいつの弟なんだな)
 “男”の記憶を確かめると、アルマイトは言った。
 「義清(ウィチョン)、秀清(スチョン)、もう食べ終わったか?」
 すると、ほとんど同時にこんな声が返ってきた。
 「それ、僕のこと?!」
 アルマイトはゆっくりと二人に近づくと、こう囁いた。
 「法善、ミツ夫。お前達も、そうなっちまったのか」
 途端に、二人の顔が喜びと不安の入り交じったような顔になった。そして叫んだ。
 「じゃ、兄さんも!」
 「そうだ。どうやら、お前のせいで、また家族ごっこしなきゃならない羽目になっちゃったようだ」
 アルマイトは秀清を指した。
 「ねぇ、こういうの何て言うの?」
 秀清(*1)が尋ねた。
 和清が言った。
 「私には、詳しいことは分からないが……。おい、魂のエキスパート、こういうの何て言うんだ?」
 「“魂のエキスパート”って、僕のこと?」
 義清が尋ねる。和清が「当然だ」と言いたげな顔で言った。
 「お前しかおらんだろうが」
 「こういうのは“宗教”じゃなくて“霊”の世界だよ。ま、“幽体離脱”の一種(*2)じゃないの?」
 「やれやれ。ともかくこうなっちゃったからには、とりあえずこの兄弟になりきって行動した方が無難だな」
 二人は頷いた。和清は、リュックを背負うと立ち上がった。二人も乾パンを口に放り込むと、荷物を持った。
 「ともかく、彼等がどこへ行こうとしていたのかを……」
 和清はこう言いかけて叫んだ。
 「いや、それどころじゃない……。この街は大変な事になっているぞ!」
 アルマイトは、和清の記憶を一刻も早く自分の物にしようとしていた。
 そこでは、人々が南へ向かって歩いていた。雨の中を白い服の列が、うねりのように進んで行く。三人はそこから抜け出し、夕食を取ったのだった。
 「ここはソウル、東の端、年は一九五○年……」
 思わず和清は、声に出して呟いた。そして二人をふと気づいたという調子で見ると、改めて言った。
 「ここは危ない。一刻も早く安全な場所に行かなければ。行くぞ」
 二人は無言で頷いた。和清が先頭を切って、豪雨の中に足を踏み入れた。

 そこからいくらも行かない内に、三人はとある大通りらしき所に出た。すると、白い民族服の列が三人の目に飛び込んできた。
 誰からともなく手をつなぐと、三人は、その列に入って歩き出した。しかし、三人の心は虚ろだった。今、自分が入っている人間の事を知りたくてたまらないので、三人は、それぞれの体の記憶をつかみ取るのに懸命だったのだ。
 (あれ、他の二人は……?)
 三人が気づいたときには、もう遅かった。彼等は、それぞれ離ればなれになっていたのである。

 秀清は疲れ果てていた。雨は容赦なく降ってくる。その為、まるでプールにでも入っているかのように、グショ濡れになっていたのだ。足も歩き疲れて、ただ単に踏み潰されないように進むことしかできなくなってしまった。それよりももっと辛かったのは、いつの間にか兄達とはぐれてしまったことだった。
 また、大きな通りに出た。そこにも人はあふれていた。虚ろな目であちこちを見回してみると、白い中にカーキ色のような服が見えた。
 (まさか……)
 淡い期待に支えられて、秀清はその人の方へ近づいていった。しかし、その顔を見た途端、彼はその場へヘナヘナと座り込みそうになった。
 (やっぱり、違ってた……)
 その時だ。一つの手が、座り込みそうになった彼を支えた。その顔を見た瞬間、彼は反射的に腕に抱きついて叫んだ。
 「兄さん(ヒョンニム *3)! 和清兄さん!」
 しかし、いつまでもそうしているわけには行かなかった。なぜなら人の量が多くなって、立ち止まっている事は大変な迷惑になったからだ。そこで二人は今度はしっかりと手を握りしめると、歩き出した。秀清が尋ねた。
 「兄さん、義清兄さんは?」
 「駄目だ、見つからない」
 和清は、目を伏せた。
 「そう……。でも、僕等だって巡り会えたんだもの、きっと見つかるよ」
 「ああ、そうだな」
 和清は頷くと、今自分達が置かれている状況について、説明しだした。
 「秀清、私がこの男“金 和清”の記憶を辿って知ったことは、今日は一九五○年六月二十七日。いや、もうすぐ二十八日になるな。つまり、朝鮮戦争が始まったばかりのソウルに、我々は来てるんだ」
 そのくらいは、秀清も知っていた。しかし、彼は逆らわずに頷いた。
 「……となると、この人々は避難民ということになるな。みんなきっと、南へ向かっているんだろう。しかし、義清が見つからないまま、避難するなんて事は考えたくない。さぁ、そこでどうすればいいかだ」
 和清は言葉を切ると、雨雲を見上げた。雨の雫が、情け容赦なく彼の顔に当たっては砕ける。秀清が言った。
 「とにかく、この列にくっついてってみようよ」
 「それしかなさそうだな」
 和清は頷いた。

 それからどれぐらい経ったろうか? 雨の音に混じって何か別の音が聞こえてきた。しばらく歩いていくと音の正体が分かった。それは漢江(ハンガン *4)の流れる音だった。
 「どうしよう、このまま行ったら……」
 秀清が、訴えるような目で和清を見た。和清は辺りを見回しながら、あきらめ気味の声で言った。
 「駄目だ。四方は避難民でいっぱいだ。それに義清も、もしかしたら橋を渡って向こう岸へ行ったのかも知れない。行ってみよう」
 「でも、もし来てなかったら……」
 「命が惜しけりゃ、きっと来る」
 和清はそれだけ言うと、顔を前に向けた。そして、二人は黙って歩き続けた。

 どれだけ歩いただろう? 周りが込み合っているため、外の様子はほとんど見えない。しかし、その切れ目から和清は、橋桁がすぐ近くまで迫ってきているのを見た。
 そして、横からも後ろからも押されながら歩いていく内に、二人は足下が堅くなったのに気が付いた。とうとう橋にさしかかったのである。
 「兄さん、怖い!」
 秀清が和清にしがみついてきた。だが、その声は逆巻く漢江の音にかき消されてしまった。それに潰されたくなかったら、歩くしかないのだ。二人は、その手をいよいよ堅く握りしめて歩き続けた。
 その内に、ようやく向こう岸が見えてきた。二人は足を早めた。二人の足が泥の感触をまた感じた瞬間、空にオレンジ色の閃光がひらめいた。閃光弾らしかった。
 (?)
 二人は、それが打ち上げられた方向を振り向いた。その時だ、
 ドッカーン!!
 と、ものすごい爆発音がして、二人は爆風で吹っ飛んだ。
 和清は、泥まみれの地面に背中からもろに叩きつけられたが、秀清は、その和清がクッションになったような形になって、彼の上に落ちた。
 二人は、すぐに身を起こすと、何が起こったのかを見ようとした。そして、それを見定めた時、二人は体の痛みなど、忘れてしまった。
 そこには、もう橋はなかった。
 さらに、二人は見た。後ろから押してくる人の勢いによって、対岸の危うく爆発を免れた人々が、漢江に落ちていくのを……。
 「こ、この世の地獄だ……」
 和清は、呆然としたまま呟いた。
 「兄さん、あの中に義清兄さんは、いないよね……?」
 聞き取れないくらいの細い声で、秀清が尋ねた。和清は叫んだ。
 「当たり前だ、いてたまるか!」
 そして彼は、
 「行くぞ、秀清!」
 と言うなり、背中を向けて歩き出した。
 「待って! 兄さん!」
 秀清は声を上げると、彼の後を追いかけた。

*1  ここから、やむを得ない場合を除いて、朝鮮名で書かせていただきます。
*2  これは、あくまで法善の個人的な見解ですので、あしからず。
*3  ふりがなは、朝鮮語である。
*4  ソウル市街を流れる川

【作者の朝鮮ノート】
 朝鮮戦争は、一九五○年六月二十五日、午前四時に発生した。北朝鮮から仕掛けたと一般には言われているが、正確な事は未だに分かっていない。
 何はともあれ、北朝鮮軍は、五方面から三十八度線を突破し、ソウルに迫った。軍は、何とか北朝鮮軍をくい止めるために、二十八日午前二時二十八分、ないし半に、漢江人道橋を皮切りに、三本中、二本の鉄橋を爆破した。死者及び行方不明者は、五百、八百、千人などといわれる。そして、この日の午前十一時半、ソウルは陥落した。
 しかし、北朝鮮軍の進軍は止まらず、南へ南へと進んでいった。
上に戻る上へ戻る

戻る 次へ