目次へ

続・パーマン 第2話 もう子供じゃない


1.バードマン本部

 バード連邦の移民星クラムは、緑色の小さな惑星だ。
 地表に近づくにつれ、その緑色は海面の色であることが分かる。その中央に、緑の植物に覆われた陸地が見える。
「あれが銀河連邦直轄地域、シセル島だ。このままバードマン本部宇宙港に着陸するぞ」
 円盤のモニターから、バードマンの声がする。1号は自分の乗った円盤から身を乗り出した。島といっても、かなりの大きさだ。日本の四国程度だろうか。建物は北部と南部に集中しており、中央部は森林や荒野が広がっている。
「なんだか僕たちしかいないみたいだけど」
 1号の問いにバードマンが答える。
「外から極力見えないようにしているからね。それに、ここに来た最初の地球人だから、色々準備があるとかで、他の留学生より早く呼ばれているんだ」
 その間にも、自動操縦になっている円盤はどんどん降下していく。今まさに、地球最初のパーマンが記念すべき一歩を記そうとしていた。

 円盤は自動操縦のまま、指定された位置に着陸した。搭乗者が離れると、自動的に格納される。格納庫には様々な大きさの宇宙船が並び、1号の目を惹き付けるが、バードマンは外に出るよう急かした。
「ふあーっ」
 外に出ると、1号は伸びをした。空は地球と同じく青い。クラムの空気を胸一杯に吸い込む。地球より大気が濃いようだ。その肩をバードマンが叩く。
「1号、さっきの話だが、内密にな」
「さっきって……変身銃のこと?」
「だから、言うなって」
 バードマンはばつ悪げに天を仰いだ。土壇場で1号に秘密をうち明けたため、彼の信用はいまやどん底である。
「僕は許したわけじゃないからね。ちゃんと地球のパーマンたちにも説明してよ」
「分かった分かった」
バードマンは手を広げた。

 宇宙港から本部までは、専用の通路を通っていく。動く道路の終点にゲートがあり、入場者をチェックしている。ゲートの中央では光が点滅し、何事か話しかけてくるが、1号には理解できない。
「おっと、翻訳機をセットするんだ」
 バードマンに言われて、1号はマスクの耳当てのダイアルを回した。やがてチューニングがかかり、女性の声が聞こえてくる。
「バッジを見せて下さい」
 声の指示に従い、パーマンバッジを光にかざす。どうやら個人情報がこの中に入っているらしい。バードマンも、バッジをチェックにかけている。初めてバードマンのバッジを見た1号はちょっと驚いた。自分と同じ赤いP型のバッジなのだ。
「あれ? 僕と同じなんだ」
「当たり前だ」
軽くいなされる1号。もっとも、これからいくらでも驚くことは出てくるのだ。

 ゲートをくぐった1号を出迎えたのは、美人の受付嬢……ではなく、緑色のマスクに水色のマント、白い服を着た小柄な男性だった。青い髪と眼に、濃い褐色の膚をしている。
「ようこそ、地球最初のパーマン君。本部に入る前に、検疫をうけてもらう。あ、私は医療部のインガ・ホウ。インガと呼んでくれ」
「ケンエキ?」
おうむ返しの1号。
「地球から未知の病原菌を持ち込まれては大ごとだ。それに、君はバード星の病原菌に対して準備ができてないだろ。その対策も必要だからね」
 インガは呆気にとられる1号を後目に、バードマンに呼びかけた。
「ここまでご苦労だったな、アルジェ。検疫が済んだら呼ぶから、エベット研修部長に報告して来いよ」
「アルジェ? バードマンって、アルジェっていうの?」
1号の問いに答えたのはインガだった。
「正しくは42星区地球支局担当バードマン、アルマイト・カラコルムだ。みんなはアルジェって呼んでる」
「へーえ、”アルマイト”ねえ。なんか弁当箱みたい」
 (だから言いたくなかったんだ)
 アルマイトはインガを睨んだが、インガはさっさと1号の手を掴んで歩き出す。
「君はスワミツオというんだよな。名字はなんて言うんだ」
「スワが名字で、ミツオが名前です」
「そっか、バード星人とは逆なんだ」
 1号はすっかりインガのペースに巻き込まれていた。

 検疫も無事終わり、1号はようやく解放された。インガが色々と説明してくれたお陰で、1号はバードマン本部や、彼らが「42星区」と呼んでいる太陽系担当バードマンの事情についての知識を得ることができた。
 医療棟の入り口では、報告を終えたアルマイトが待っていた。
「インガ、1号に変なこと吹き込まなかったろうな」
「べつに」
 インガはにやにやしている。アルマイトは平静を装って話しかけた。
「養成学校の講堂で、留学生への説明会が行われるんだ。少し早いが、行くぞ」
「はい」
 1号はアルマイトの後をついて歩き出した。

 養成学校の建物は、渡り廊下の動く歩道、通称「動路」の向こうにある。窓の向こうに、今までいた建物が見える。天を突くようにそびえる三棟のビルは、本部の中心的建物で、「タワー」と呼ばれている。と、インガから説明されたのを1号は思い出した。
 辺りはすっかり暗くなっている。天に輝く星々は、彼の普段見ていた夜空と全く違い、別の世界に来たのだということを否応なく感じさせた。
 ゲートをくぐって、二人は講堂に入った。ドアを開けると、小さなコンサートホールのような空間が広がる。思わずため息をつく1号。その時、壇上から声が飛んだ。
「あら、もう来たの」
 白いマスクと水色のマントという出で立ちの女性バードマンだ。会場のセッティング中らしい。
「は、早かったかな」
 なぜかアルマイトの声がうわずる。
「後しばらくかかるわよ。とりあえず、こっちに来たら」
 彼女の手招きに応じて、二人は正面舞台の前に降りてきた。近くで見ると、マスクの上からでも美人だと1号は感じた。肩越しに流れる青い髪と白い肌は、セットに合わせたように映えている。彼女は、黒い瞳で1号を見つめて話しだした。
「初めまして。私はサライラ・ケネス。バードマン養成学校の教官で、留学生の研修担当です。長旅ご苦労さま」
 その名前に1号は聞き覚えがあった。インガが話してくれたのだ。
「アルジェの想い人だ。といっても、彼女はてんで相手にしてないけどな。美人で気だてもいいし、ずば抜けた精神能力(超能力)を持っている。今度留学生担当の教官になったそうだから、仲良くしといた方がいいぞ」
 先手必勝とばかりに、1号は頭を下げた。
「42星区パーマン1号、スワ・ミツオ、あ、スワが名字です。よろしくお願いします」
「ミツオ君、でいいかしら。よろしくね。私のことはケネスでいいわ」
 ケネスは笑顔で答える。
「じゃ、あたしはここで失礼するよ。パトロールに戻らなきゃいかん。後はケネスさんに教えてもらうんだな」
 さっきから居心地悪そうにしているアルマイトが、そそくさと暇乞いをしようとする。
「あら、もうちょっといればいいのに。ミツオ君に学校の案内でもしてあげたら」
「あんまり開けてると、アレイ隊長にどやされっちゃうよ。それじゃ」
片手を上げると、アルマイトは入り口に戻っていく。が、しばらく上りかけると振り返った。どうしても何か言いたかったらしい。
「1号、行く前に記憶バンド渡しといたよな。ちゃんと毎日記憶するんだぞ。それから、ホームシックになったからって、すぐ帰れるわけじゃない。なんかあったら、ケネスさんや、研究部のイリメンが力になってくれるはずだ。それと……」
「いちいち言わなくても大丈夫。僕もう子供じゃないんだし」
 1号は胸を張って答える。
 (あれほど頼りなかった1号が、すっかり一人前の顔になって)
思わず感慨に耽るアルマイトに、1号の容赦ない突っ込みが入る。
「ケネスさんには意識過剰なのに、僕には相変わらずなんだから」
 (インガめ、やはり余計なことを)
アルマイトは拳を握りしめる。そこに1号の声。
「バ……じゃなくてアルマイトさん、地球のみんなによろしく言っといてね」
「ああ。じゃ、落ち着いた頃また来る。しっかりな」
 アルマイトは今度こそという思いで講堂の扉を開けた。1号は無言で見送る。口ではああ言ったものの、どことなく寂しさがこみ上げてくる。それを押さえるように、1号は荷物を置いた場所に戻っていった。

2.朝日ヶ丘中1年1組

 1号が地球を離れてから3週間が過ぎた。
 ミツ夫コピーの卒業式も無事済み、明日は中学校の入学式だ。パーマン1号がいなくなったことは、まだ人々の話題にはなっていない。他のパーマンたちは、相変わらず須羽家に出入りしている。一見するといつも通りの時間が流れているが、彼らを取り巻く世界は大きく変わりつつあった。
 今日もミツ夫の部屋に、2・3・4号が遊びに来ていた。コピーはみんなにジュースを振る舞う。今までランドセルがかかっていた学習机の脇には、真新しい学生服と肩掛け鞄がかかったハンガーがある。
「バードマンもバードマンよ、変身銃がハッタリだなんて」
 3号の言葉に2号がうなずく。
「ウィーウィー」
 昨夜アルマイトが久しぶりに地球に来て、「秘密がばれたら動物になる」というのは嘘だと謝ったのだ。当然、パーマンたちはご立腹である。
「それにしても、1号に焚き付けられただけにしては、やけに正直やったな。なんでうち明ける気になったんやろ」
 4号の疑問にコピーが答える。
「僕とミツ夫君は、記憶を交換するバンドをもらってるから、ばれるのは時間の問題だと思ったんじゃないの」
「へーえ、そんな物もらってたの」
「ちょっと見せてんか」
 せっつかれたコピーは、学習机の中から小さな袋を取りだした。中から白いヘアバンド状の物が出てくる。
「こらブービー、被るなよ」
 2号とバンドの取り合いをしているコピーを後目に、3号はそっと自分の胸元を見つめる。服の下には、出発前に1号からもらったロケットペンダントがある。このお返しに、彼女は自分の素顔を1号に見せたのだ。
 (コピーのミツ夫さんにも、いずれ分かっちゃうのね。どうしよう……)
 3号は新たな問題に頭を悩ませていた。

 翌日、コピーミツ夫はカバオやサブに一緒に、朝日ヶ丘中学校に初登校した。ミチ子も誘おうとしたのだが、やんわりと断られたのだ。
「やっぱり、ミッちゃんも年頃って奴なのかな」
「だからって、あんなつれなくしなくてもいいのに」
 コピーはサブに話しかけながら横断歩道の前に立つ。ここを渡れば向かいは中学校だ。
「なあ、別のクラスになっても、オレたちは親友だよな」
 カバオの大きな手がコピーとサブをつかむ。息苦しくて足をジタバタさせるコピー。サブがあわてて話を変えた。
「ところで、最近パーマン来ないけど、なんかあった?」
「さ、さあ……あ、青だ」
 コピーはあわてて歩き出した。

 朝日ヶ丘中は、小学校の反対側の丘の上にある。2つの学区の生徒が通うため、校舎もグランドも広々としている。フェンスに沿って、桜の木が花を咲かせていた。
 入学式が行われる体育館に、クラス割を書いた模造紙が張り出してある。早速なめるように見つめるコピー。
「あった!」
 1組の名簿に「須羽満夫」の名がある。そして。
「またミツ夫と一緒だぞ!」
カバオが喜んでいる。そこにサブの声。
「カバオくーん、僕2組ですよ」
「サブー、お前と別れるのは悲しいよ」
人目もはばからず慰め合う二人に苦笑するコピー。
「たかが隣のクラスじゃない……あっ!」
 コピーの目が釘付けになる。女子の名簿に「山岸ユキ」の名があったからだ。あわてて人混みを探すが、ユキの姿はない。
 (まあいいや、すぐに会えるんだし)
 この時点で、ミチ子のことはコピーの頭から消し飛んでいた。

 体育館に入り、1組の席を探すコピーだが、すぐに見つかった。ユキが座っていたのだ。早速駆け寄る。
「ユキちゃん、おはよう」
「ミツ夫さんと同じクラスでよかった。転校した時みたいに一人だったらどうしようかと思って」
 白いスカーフのセーラー服で微笑むユキは、コピーの目にまばゆく映った。
「ミチ子さんは3組ですってね」
 ユキに言われ、コピーは3組の席を見た。セーラー服の波に包まれて、ミチ子の姿はよく分からない。
「後で挨拶に行かなくちゃ」
「そうね」
 (これからの一年、楽しい日々が送れそうだ)
コピーの胸は高まっていた。
 やがて、父母の到着を待って入学式が始まった。1組の担任は英語の来島先生。はつらつとした女性だ。

 入学式も無事終わり、家に帰ったコピーを3号が尋ねてきた。コピーはすでに私服に着替えている。早速クラス割の話に花が咲く。
「へーえ、ユキさんと同じクラスねぇ。1号がやきもきしそう」
 つけっぱなしのTVでは、ワイドショーの画面が映っている。星野スミレの美樹学園中等部入学式の映像だ。コピーはふと思いついて尋ねる。
「そういえば、パー子さんも新入学だったよね? 制服はどんなの?」
 いきなり振られてあわてる3号。
「せ、セーラー服よ、普通の」
 画面では、白い襟に紺の上衣とスカートを着こなしたスミレがインタビューされている。そして、その背後には見覚えのある顔。
「ハル三じゃないか!」
 そう、三重晴三は美樹学園中等部に入学したのだ。さりげなく目立とうとしているらしいが、バレバレだ。
「そうそう、三重くん、スミレちゃんと同じクラスになったのよ」
「さすがパー子さん、もう情報入ってるんだ」
 感心するコピー。そこに、さっきから落ち着きのなかった3号が立ち上がった。
「あの、ちょっとトイレ借りていいかしら」
「どうぞ」
 パー子が長居するときにはよくあることだ。階下に行ったパー子を見送ったコピーは、改めてTVに見入った。スミレの話題はいつの間にか終わり、キャスターの雑談に移っている。
「そういえば、最近パーマン1号が姿を見せないんですが、そのことについてパー子さんにお話を聞くことができましたので」
「そんなこと、一言も言ってなかったのに」
 いぶかしがるコピーをよそに、画面では3号が喋っている。
「1号も、最近色々忙しいんです。勉強することがたくさんあって。でもその分、あたしたちが頑張ってるから、心配しないで下さい」
 その時、階下でチャイムが鳴った。しばらくして母の声。
「ミツ夫さん、ミチ子さんが来てるわよ」
 玄関には、制服姿のミチ子が立っていた。降りてきたコピーは、彼女が思い詰めたような表情をしているのに気づく。
「上がってよ」
(パー子さんには後で説明すればいいや)と思いながら、コピーは自室へ案内した。部屋を見たミチ子が尋ねる。
「誰か来てたの」
「あ、パー子さんがね。今、ミッちゃんのジュース持ってくるよ」
 あたふたとコピーは座布団を取り出すが、ミチ子は黙ってベランダを見つめていた。やがてポツリとつぶやく。
「パーマン、今日も来ないのね」
 どう声をかけていいものか戸惑うコピーに、ミチ子の声が突き刺さる。
「私、パーマンに制服着たとこ見せたくて、ずっと待ってたの。でも、パーマンは来なかったわ。卒業式の時も、春休みも、ずーっと。それまではずっと、毎晩のようにパトロールしてたのに。ミツ夫さんなら知ってるんでしょ。パーマンに何があったの?」
「それは……」
ミチ子は振り返った。目に涙をためて訴える。
「誰にも言わないから教えて。パーマンは、もう来ないの?」
 (弱ったな……パー子さん、まだかな)
 進退窮まったコピーは、ドアの外に耳を澄ますが、誰も上がってくる気配はない。必死に取り繕うとする。
「い、1号はね、色々勉強しなきゃいけないから、当分、来られないと言ってたんだ。元気でやってると思うよ」
「本当?」
 ミチ子の頬を喜びの涙が伝う。
「ミツ夫さん、パーマンが来たら、私にすぐ教えてね。色々話したいことがあるの。きっとよ」
「もちろんだよ」
 ミチ子はコピーの手を握りしめると、ハンカチで顔をぬぐった。そして、ふと気づいたようにつぶやく。
「勉強ってことは、パーマンも中学生になったのかしら。それとも、やっぱり宇宙人で、とても難しい勉強をしてるとか……」
 なんか怪しい雲行きになってきたので、コピーはあわててミチ子に言った。
「あんまり長居すると、パー子さんに悪いから、今日はもう帰りなよ」
そのままドアを開けると、ミチ子の手を引いて促す。どうも腑に落ちない表情をしながら、ミチ子は階段を下りていった。
 ミチ子を見送った後も、パー子はいっこうにトイレから出てこない。心配になったコピーは、トイレをノックした。ややあって、ドアの向こうからせっぱ詰まったようなパー子の声が帰ってきた。
「ミツ夫さん?」
ただならぬ雰囲気だ。コピーはドアを開けようとするが、当然閉まっている。
「おばさんを呼んでほしいの。ミツ夫さんはそのまま部屋に戻ってて」
 未だ事情を飲み込めないコピー。それでも、3号の言葉に押されるように、母を呼びに行った。

3.女の子って……

「最近は、初潮も早くなってるっていうから、ガン子ちゃんにと思って準備してたのに、こんなことで役に立つなんてねぇ」
 洋間では、ミツ夫の母と3号が向かい合っていた。扉は閉められている。3号はうつ向いたままだ。ミツ夫の母の声だけが部屋に響く。
「私の頃は、まだ今ほど便利じゃなくて、ようやくナプキンなんかが出回り始めたころで、学校でじっくり教えてもくれなかったの。パー子さんはその点恵まれてるわ……といっても、いきなりでびっくりしたでしょ。大丈夫、じきに慣れるわよ。お家に帰れば、用意はしてあるわよね」
「はい」
 3号はかすかに顔を上げる。
「今着てるのはそのまま使ってちょうだい。パー子さんのは脱水が終わったら、持って帰るといいわ。お家にはお母さんもいらっしゃるでしょ」
「……ええ」
 言葉とは裏腹に、3号の頭が下がる。ミツ夫の母は察したように言った。
「困ったことがあったら、遠慮なく言ってちょうだい。女の先輩としてアドバイスするわ」
「ありがとうございます」
 3号は頭を下げた。その時だ。玄関が開く音がする。
「たっだいまー」
「あら、ガン子ちゃんだわ」
ミツ夫の母はあたふたと立ち上がった。
「そのままでいてちょうだい。洗濯物は後で私が持ってくわ」
そう言い残すと、ミツ夫の母は洋間を出ていった。

 いつまで待っても3号は上がってこない。ぬるいジュースをすすりながら、コピーはぼんやりとTVを見ていた。内容はほとんど頭に入ってこない。
 (どうすりゃいいんだ。このままミッちゃんに隠し通すなんてできないよ)
 階段を上がる音に、コピーは我に返る。振り返るのと、ドアが開くのが同時だった。
「パー子さん」
 3号はすまながる様子もなく、まっすぐベランダに向かった。左手に買い物袋を持っている。
「じゃあね」
右手を軽く上げると、ベランダのサッシを開ける。そのまま3号は出ていった。
「なんだったんだ」
始終蚊帳の外のコピーだった。

 自宅のマンションに戻ったスミレは、すぐにシャワーを浴び、パジャマに着替えた。
 (コピー、どうしてるかしら)
 ようやく落ち着きを取り戻すと、レッスンに出ているコピーのことを考える余裕が出てきた。それでも、出かけようという気にはなれない。下半身が自分のものじゃないように感じて、スムーズに動けない。
 (こんな時、ママがいてくれればいいのに)
 スミレの母はニューヨークで洋服のデザインをしていて、ブロードウェイで舞台美術の仕事をしている父と同居している。電話をかけたくても、ニューヨークは真夜中だ。
 今までも心細いことは何度もあったが、マネージャーやダックスフントのロングが慰めてくれた。スミレの仕事が増えて、世話をしにくくなったため、ロングも今ニューヨークで暮らしている。
 ベットに横たわりたくても、怖くて動けない。自分の体内に、自分の意志では制御できないものがあるというのが耐えられないのだ。そんな調子で時計が7時を回った頃、ようやくコピーが戻ってきた。いつもと変わりないように見える。記憶を交換して、その推測は確信に変わった。
「どうしてなんともなかったの?」
「どうしてって言われても……」
 困るコピー。彼女には初潮は来ていなかったのだ。
「もう一度コピーしてみたらはっきりするかもね」
「そうね。今夜は一緒に寝ましょ」
スミレは軽くうなずくと、コピーの鼻のスイッチを押した。

 須羽家ではもう夕食も終わっている。ミツ夫のコピーは自室で明日の準備をしていた。
そこに母が上がってきた。
「ミツ夫さん、ちょっといいかしら」
「どうしたの」
 心当たりのないコピーはいぶかりながらドアを開けた。母はベットに腰を下ろすと、ゆっくりと話し出した。
「昼間のパー子さんのことなんだけど」
「やっぱり、なにかあったんだ」
 手を振る3号の姿がコピーの脳裏をよぎる。
「ミツ夫さんも学校で説明受けたと思うけど、女の子っていうのは、色々とデリケートにできてるのよ。パー子さんもね、ちょうど女の子から大人の女になろうとしてるところなの。ミツ夫さんならわかるでしょ。パー子さんだけじゃなく、ミチ子さんやガン子ちゃんだって、いずれは大人になるのよ」
 ぼんやりとコピーにもわかってきた。
「パー子さん、『あの日』だったんだね」
「初めてでね、びっくりしちゃったみたい。たぶん、とっても恥ずかしかったんじゃないかしら」
「僕は、どうすれば」
「いつも通り、でいいんじゃない。しばらくは来にくいかもしれないけど」
 母はきりっとした眼差しでコピーを見つめた。
「遊びに来てるのはパーマン1号がいなくなって寂しいからだと思うの。つけ込んだりしちゃ駄目。男の子は女の子には紳士的に接してあげるものよ」
「わかってるよ」
 コピーは母の目を見ながら答える。
「ところで、パーマンって本当にもう来ないの?」
「時々は遊びに来ると言ってたよ」
「そうなの。折角縁が切れると思ったのに、残念ねえ」
母はあわてふためくコピーに笑って答えた。
「冗談よ。ミツ夫さんの親友でしょ。いつでも歓迎するわ。おやすみなさい」
 母は階段を降りていった。ため息をつくコピー。
「ママって時々、どっきりさせること言うんだもん。それにしても……」
 コピーはベッドの上に寝転がる。
「パー子さんはやっぱり、ミツ夫くんに会いたいんだろうな。しょせん僕はコピーで、ミツ夫くんの代わりをするのは無理なのかな……」
 夜は静かに更けていった。

 翌朝、スミレはコピーに変化がないことを確認して、再び憂鬱な気分になった。昨晩は何度もニューヨークに電話をかけるため起きた。家は留守にしているらしく、いっこうに電話は繋がらない。
「わたしが学校に行った方がいいかしら」
コピーの申し出に、スミレは首を振った。
「大丈夫よ。マネージャーにもこのことを相談しないといけないし。あなたのことも、バードマンに相談してみるわ」
スミレはコピーの鼻を押すと、自分に気合いを入れるように立ち上がった。

 学校での時間は長かった。5時限で授業は終わり、ようやく解放されたスミレは、迎えに来た女性マネージャーに、マンションへ車を回すよう頼んだ。部屋に入ると、すぐに電話をかける。
「……やっぱり」
 相変わらず繋がらない。スミレは仕方なく玄関に戻ると、待っていたマネージャーにきりだした。
「あの、今日のレッスン、休ませて欲しいの」
「どうしたの、具合でも悪いの?」
 スミレの顔をのぞき込むマネージャー。スミレはおずおずと切り出した。
「そうじゃなくて、あの、『あの日』なんです」
「まあ、スミレちゃんもとうとう、ね」
 マネージャーは顔をほころばせた。そして、大きな手でスミレの肩を抱く。
「心配しなくて大丈夫。今日は休んだ方がいいね。お腹は痛くない?」
「はい」
「念のため、明日生理痛のお薬を持ってくね。それと、お仕事でどうしても動かなきゃいけない時もあるから、タンポンも使えるよう、練習したほうがいいね」
「はい」
「なにかあったら、すぐ連絡するんだよ。わたしはママにスミレちゃんを頼まれてるんだから、なんでも相談してちょうだい」
「ありがとう」
 スミレはマネージャーの言葉に笑顔で答えた。

 マネージャーが帰ると、スミレは再び受話器を取った。やはり応答はない。
 (ちょっと、気分転換にパトロールしよっかな)
そして思い出す。
「そっか、バードマンに会わなくちゃ」
スミレはバッジをとりだした。
 幸い、アルマイトは地球にいたようで、すぐに連絡が取れた。スミレは着替えてパー着すると、マンションの屋上でアルマイトと落ち合った。とはいっても、なかなか言い出しにくい。
「なんの用なんだ? 私は忙しいんだぞ」
「……コピーのことなの」
 3号の言いにくそうな雰囲気を感じたアルマイトは、彼女の心を読みとって、愕然とした。無意識に顎に手が伸びる。
「うーむ……。コピーの仕組みからすると、それで正常なんだ」
アルマイトは説明を続ける。
「銀河連邦の取り決めで、アンドロイドというか、人工的生命体には、生殖機能を備えてはいけないことになっているんだ。コピーロボットも、生殖部分は機械システムになっている」
「そうだったの」
 3号は安堵の表情を見せる。
「調子が悪かったら、コピーに仕事させてもいいからな。私が許す」
「ありがとう、バードマン。でも、できるだけ頑張るわ」
「1号とは大違いだな。あいつときたらすぐサボってばっかり……って、もういないんだっけ」
 気まずい沈黙が流れる。3号が目に見えるほど落ち込んでいるのを見て、アルマイトは
あわてて言った。
「1号な、ここに来る前に会ってきたんだけど、元気だったぞ」
「ほんと!」
 目を輝かせる3号。
「ビデオレターを作ると言ってたから、今度会うときには見せられると思うよ」
「楽しみね。ところで、1号なにか言ってなかった?」
「みんなのことは心配してたぞ。『元気にやってるか』って。後、コピーの中学のこともな。だから記憶を交換しに来たんだ」
「記憶を!?」
 3号の顔色が変わる。
「あたし急用を思い出したわ。ごめんなさい」
あたふたと飛び去る3号。その姿を見送った後、アルマイトはひとりごちた。
「しっかしなぁ、地球人が大人になるのは早いんだな。我々なんて……なんて……あれ?」
 女性の体に関して疎いことを露呈してしまったアルマイトだった。

4.秘密の約束

 3号は一目散に須羽家に向かった。コピーミツ夫が1号のバンドを着けたら、自分がスミレだということがばれてしまう。頭の中がめちゃくちゃだ。
 (とにかく、ブービーやパーヤンにばれないよう、口止めしなくちゃ)
 須羽家の赤い屋根が見えてきた。計ったようにベランダに着地すると、サッシを開く。カーテンをかき分けた向こうには、学習机に座り、頭に白いバンドを載せているコピーの姿があった。
「み、ミツ夫さん」
 声を振り絞るのが精一杯の3号。一方、コピーはバンドを外すと、3号を見つめた。珍しく茶色のパンツをはいている。母の言葉が脳裏をよぎる。
「男の子は女の子には紳士的に接してあげるものよ」
 コピーは努めて紳士的に切り出した。
「あ、パー子さん。僕ぜんぜん気にしてないからね。仕方のないことだし」
 (やっぱり、あたしのこと)
軽いめまいを覚える3号。とっさにコピーの手に支えられる。
「ブービーやパーヤンには、言わないで、お願い」
思い詰めた3号のまなざしが、コピーを射抜く。コピーは3号の手を握った。
「分かってる。誰にも言わないよ」
 落ち着き払ったコピーを見ていると、本当に秘密を知ったのか不安になる。3号は勇気を振り絞って尋ねる。
「正直に答えて。本当のことを知って、どう思ったの」
「それは……」
 口ごもるコピー。こんなことを、女の子の前で話してよいものだろうか。自然と顔が上気する。それでも、3号が真剣に尋ねているのが分かる。コピーはおずおずと話しだした。
「びっくり、したよ。最初は何がなんだか分からなかったし。でも、それが事実なら、認めなきゃ。慣れるまで時間はかかると思うけど」
「……そうよね」
 3号は静かにうなずいた。コピーは笑顔で話し続ける。
「でも、いつかはブービーやパーヤンにも分かると思うけどな。いっそ話してスッキリしちゃえば」
「そんな!」
3号は思わず叫ぶ。
「私が星野スミレだと知ったら、仕事にならないわ!」
「えっ?」
 コピーが驚き、一瞬遅れて3号の顔色が変わる。
「い、今、『スミレ』って」
念を押すように尋ねるコピー。3号は窓の外に目をやる。誰も来そうな気配はない。
「だって今、バンドを……」
「これは僕のだよ。バードマンに渡すために準備してたんだ」
ようやく3号も、事の次第を理解した。一拍置いてから話し出す。
「バードマンから話聞いてたから、てっきり1号の記憶を見たんだと思ったの。それに、あなたが紛らわしいこと言うんだもん」
「だってさ、昨日のこと言ってるんだと思ったから」
頭を掻くコピー。3号の顔が赤らんだ。
「事情はママから聞いた。今度から気をつけるよ」
「いいわ、今まで通りで」
 3号は微笑する。パーマンマスクの下にあるスミレの顔を想像して、コピーは複雑な気分になった。
「私、ミツ夫さんには素顔を見せたけど、他の人にはまだ話す気になれないの。本当のこと言うと、あなたに知られるのも怖かった。やっぱり、あなたはミツ夫さんじゃないし」
黙り込む3号。コピーは彼女を励ますように、明るい声で話しかけた。
「ミツ夫くんも困ったもんだな。ミッちゃんといい、パー子さんといい、後始末は全部僕に押しつけて。ま、いつものことだけど」
 その気遣いを感じたのか、3号はコピーに顔を向けた。
「ミチ子さんはともかく、私は突然だったから。勘弁してあげてよ」
「そういうことなら仕方ないか。ここで気が楽になるのなら、いつでもどうぞ」
「やだわ、『コピーを頼む』って言われたのに、そのコピーに励まされるなんて」
 3号の顔に明るさが戻った。話しながらベッドに腰掛ける。
「そういえば僕、君のコピーとデートしたこともあったんだよね。コピーは元気にしてる?」
「ええ、元気よ。私がパーマンの仕事を続けてられるのも彼女のお陰」
「僕もそんなこと言ってもらいたかったな。ミツ夫くんも君に言うなんて卑怯だよ」
「言わなくても、ミツ夫さんは分かってると思うわ」
愚痴っていても、コピーの表情は明るい。二人は話し続けるうちに、自然なペースを取り戻していった。
「私の秘密を知っているのはミツ夫さんとあなただけ。まだ誰にも言わないで欲しいの。わがまま言ってごめんなさい」
 3号は頭を下げる。コピーは「なぜ?」と問いかけたい気持ちで一杯だったが、どういう状況で素顔を明かしたのか分からない以上、あえて自分の気持ちを抑える。
「君の決心が付くまで黙ってる。約束するよ」
「ありがとう! 本当にありがとう!」
 礼を言われながら、コピーは自分の置かれた状況に思いをはせる。
 (なんだか夢みたい。でも、本当なんだよな)
その時、コピーは3号の表情が変わったのに気づいた。
「コピーを置いてくるの忘れたわ! 帰らなきゃ」
 3号は我に返ると、あたふたと飛び出していった。

 マンションに帰ったスミレは念のため、もう一度国際電話をかけてみた。2コール目に応答がかかった。
『Hi』
 声を遮ってスミレは叫んだ。
「ママ!」
「スミレちゃん、どうしたの」
母の声を聞くと安心する。スミレは涙ぐみながら話し続けた。
「どこ行ってたの? ずっと電話してたのに」
『ごめんなさい、ショーの準備でアトリエに泊まってたの。パパも舞台のお仕事だし』
「すごく、心細かったの」
『なんなの、ママに聞かせて』
 母の暖かい呼びかけに、今までのしかかっていたものが軽くなったようにスミレは感じた。
「あのね、ママ……」
 ベランダのカーテンの向こうから、柔らかい夕日が差し込んでいた。

 翌日、スミレは晴れ晴れとした顔で目覚めた。やはり違和感は感じたが、不安はなくなっている。ベッドに入ったまま、昨日の母との会話を反すうする。
 (「これからは『スミレちゃん』じゃなくて『スミレさん』」って呼ばなくちゃね)
 (「なんか、くすぐったい感じ」)
 (「スミレさんは同じ年の頃の私よりずっとしっかりしてる。でも、時々は甘えてくれないと、ママ寂しくなっちゃうわ」)
 (「困ったことがあったら、また電話するね」)
 (「いつでも待ってるわ」)
「ママ、ありがとう」
 そっとつぶやくと、スミレは起き上がった。

5.ビデオレター

 時間は瞬く間に過ぎていった。コピーミツ夫は中学で、スミレはパーマン活動と芸能界と学業に忙しい日々を送っている。だが、1号からの連絡はいっこうにない。地球では5月終わりになっていた。
 コピーミツ夫はその日も、学校でクラブ活動をしていた。ユキと同じ園芸部だ。二人は校庭の花壇前で話している。
「見てミツ夫さん。こんなに芽が出てる」
 プランターを見て歓声を上げるユキ。コピーも上からのぞき込む。先日蒔いたコスモスの種が順調に育っている。
「あまり水をやりすぎないでね」
「分かってる」
 傍目から見ても仲むつまじい。ここにカバオやサブがいたら確実にからかわれるだろうが、幸い二人はいない。カバオは野球部、サブは体操部で汗を流している。
 花壇の世話を終えると、二人は帰宅の途についた。ユキの住んでいる団地は、須羽家とは離れているので、校門で手を振って別れる。
「じゃあまた」
「明日ね」
 満ち足りた気分で歩きだしたコピーの足が止まった。視線の端に、テニスコートが入ってきたのだ。先輩に指導を受けているミチ子がいる。真剣にラケットを握るミチ子の横顔に、コピーの胸の奥がうずく。
 (ミッちゃん、まだパーマンのこと、待ってるんだろうな)
 真実を伝えられないまま、自然と二人の間は遠のきつつあった。
 感傷に浸っているコピーの前で、見つめていたミチ子の姿がいきなり消えた。同時に足も宙に浮く。コピーはとっさにカバンを握りしめるのが精一杯だった。
 気が付くとコピーは、郊外の山中にいた。パーマンたちとアルマイトが勢揃いしている。どうやらアルマイトがテレポートしたらしい。
「諸君、お待ちかねの1号のビデオレターだ。心して見るように」
 アルマイトが手に持っているのは、8ミリビデオテープ状の物体だ。
「早く見せてちょうだい」
 待ちきれずに3号が叫ぶのを、4号が軽くいなす。
「まあそう焦らんと。ビデオは逃げまへんで」
 アルマイトは勿体ぶったポーズで、円盤の立体映像装置のスイッチを入れた。何故か最初にテロップが入る。
『機密保持のため、この映像は再生後、自動的に消去されます』
「なによそれ」
 3号のつぶやきに構わず、ビデオ本編が始まった。最初は高くそびえ立つ3本のタワーが映る。映像が切り替わると、1号の姿が映った。どうやら自分で撮影しているらしく、マスクを着けた顔が映っている。懐かしい顔に、2号が歓声を上げる。
『みんな、久しぶり。元気にしてる? 僕はこの通り、元気で留学生活を満喫している。今日は挨拶を兼ねて、僕の暮らしてる場所を案内しよう。ちなみに、ここが僕の部屋だ』
 カメラはぐるりと部屋の中を映していく。大きさはミツ夫の部屋と同じくらいだろうか。クリーム色の壁に緑色の床、箱形のベッドの脇にクローゼットがある。クローゼットには姿見が付いていて、ビデオを構える1号の姿が映っている。
『僕が着ているのは、学校の制服だ。二着あるから、普段はこの格好で過ごしている』
 茶色のジャンプスーツに黒褐色のブーツという姿を見ると、なんだか遠い世界の住人になってしまったような気がするパーマンたちだった。
 窓の下には学習机がある。学習机の上には、黒い本のような物体がある。1号は、そこにカメラを近づけた。
『これはチェルキと言って、小型のパソコンなんだ。この使い方を覚えるのに一週間くらいかかった。この中に、教科書やノートが全部入ってるんだ。すごいだろ。じゃ、今度は外に出るよ』
 次に映ったのは、テーブルと椅子がずらりと並ぶ部屋だった。
『ここが食堂。今はガランとしてるけど、食事時はすごい混雑だ。バード星を始め、銀河連邦のいろんな星のメニューが食べれるんだ。残念だけど、地球の食事はない』
「あら残念ねえ。今度お弁当つくってあげようかしら」
「下手したら腐ってまうで」
 夢見心地な3号に、4号が茶々を入れる。
 次に渡り廊下に画面は移った。中央に動く部分があり、そこに乗って移動しているようだ。窓の外には、さっき映った3本のタワーが見える。
『これから養成学校のある建物に移動する。あのタワーはバードマン本部。この通路から行けるんだけど、今日は近道しよう』
 そう言いながら、1号は分かれ道にさしかかった。左の通路に器用に乗り移る。
『この「動路」も最初のうちはかなり苦労したな』
「動路」はしばらく行くと途切れる。少し狭まったゲートを通ると、「ポン」とピアノを鳴らすような音がした。
『パーマンバッジを通してチェックしてるんだ。僕もここに来てから知ったんだけど、バッジには個人データも入ってるらしい。さあ、ここから養成学校だ』
 カメラは大きな銀色の扉を映し出す。扉の中は、大きなホールになっていた。白い空間に赤い椅子が並んでいる。
『ここが講堂。留学生の入所式をやった場所だ。全部で100人ほどが集まった。ここは本当は1000人入れるんだ』
 講堂を出ると、いよいよ教室だ。こぢんまりとした室内に、モニター付きの机が並んでいる。
『ここが、僕のクラス、1年1組だ。コピーと同じだな。クラスメイトは30人。ここのモニターを通して先生が講義する。僕たちはここで、銀河連邦付属学校の生徒と同じ授業を受けている。優秀な成績を取らないと、養成学校のプログラムに進めないんだ。バード星人には常識のことでも、僕は知らないから大変だよ。今も、毎日ガラテア語の勉強してるんだ。あ、ガラテア語ってのはバードの共通語ね。じゃ、今度は図書館に行こう』
 次の場面は、図書館の内部から始まった。本がずらりと並んでいるのではなく、小さなブースがずらりと並んでいる。
『ここの本は、みんなコンピュータの中に入っていて、あの中にあるパソコンで見れるんだ。ここで宿題をする生徒もたくさんいる』
 喋っている1号の背後で、ドアの開く音がした。カメラが振り向くと、パーマンセットを着けた男女が映っている。彼らは1号に話しかけているようだが、ガラテア語らしく、パーマンたちには理解できない。やがて交渉が成立したらしく、1号は彼らと連れだって外に出た。
 場面が切り替わると、3人はベンチに座っている。どうやらテラスになっているようだ。右端に1号が座っている。
『みんな、翻訳機を合わせてくれ。といいたいところだが、これはコピーも見てるから、僕が二人の言葉を翻訳しよう。まずは自己紹介から』
 カメラが、緑のマスクに紺色のマント姿の少年を映し出す。青い髪に藍色の目、淡い黄色の肌をしている。
『僕はトーカンタム・デュエンヌ。バード星出身で、スワ君の隣部屋だ。地球の仲間たちの話は、よく彼から聞いている。特にパー子さんの……って、なに言わすんだよ!』
 トーカンタムの言葉にくってかかる1号。そこに赤いマスクに紫色のマントの少女が割って入った。カメラもちゃっかり奪っている。じゃれてた1号は我に返った。
『と、とりあえず、次行こうか』
 カメラを奪い返すと、1号は少女に視点を合わせた。制服は紅紫色で、マスクよりも紫がかった赤毛が印象的だ。エメラルド色の瞳に白い肌をしている。
「ミッちゃんになんとなく似てるな」
 コピーの感想に3号の目が険しくなる。
『ミツオくんと同じクラスのジルダ・マーレンです。クラム出身だけど、地球のことも色々と知りたいと思ってます。よろしく』
 一礼する彼女を見ながら、4号はつぶやいた。
「コピーの言うとおりやな」
「どうかしら。女の子は見た目じゃわかんないわよ」
 3号はからかい気味な言葉とは裏腹に、画面を厳しく見つめていた。カメラをトーカンタムに渡した1号が話し始める。
『もちろん、他のクラスメイトたちとも仲良くやってる。みんな優秀なパーマンだから、正直自信無くすときもあるけど、地球で君たちが待ってると思うと、僕もやる気が出てくるんだ。今度、会うときには、見間違えるくらい立派になってると思う。それまで、みんなも元気でやってくれ。じゃあ、また今度のビデオで』
 手を振る3人という映像で、ビデオは終了した。
「これだけ?」
 3号は振り返ってアルマイトに尋ねる。彼は軽く答えた。
「ああ。ま、また来るさ」
「それにしても、バード星人ってあまりバードマンはんと似てまへんな」
4号の感想に、アルマイトは反論する。
「私みたいな人種もいるんだ。君たち地球人だっていろんな人種があるだろ」
「そらそうやけど」
 始終不満げにしていた2号が、続けて声を上げた。
「え、餞別のバナナは食べたのか、って? そんなの聞いてないぞ。たぶん食べたんじゃないか?」
 アルマイトが他愛のないやりとりをしている中、3号とコピーは自然と向かい合っていた。
「ミツ夫君、元気そうで安心したよ。」
「あたしのこと、忘れてなきゃいいけど」
「ミツ夫君はうそはつけないよ。あの調子なら大丈夫」
コピーの言葉に、3号は微笑みで返した。
「そういえば、ミツ夫君のバンドは持ってこなかったのかな?」
 コピーの言葉が聞こえたのか、アルマイトは振り返ると言った。
「そうだった、すっかり忘れてたよ」
 円盤からバンドを取り出してコピーに渡す。そのついでというように、アルマイトは3号に小さな封筒を差し出した。無言で受け取る3号。その動作はコピーにしか気づかれなかった。
「じゃ、後でバンド受け取りに行くからな」
 アルマイトは帰っていった。取り残されたコピーは怒りの声をあげる。
「じゃ……って、僕はどうすればいいんだよ!」
「しゃあない、送っていこか」
「ウッキー」
「サンキュー、パーヤン、ブービー」
 コピーは4号の背中に乗る。しかし3号は残った。
「あたしちょっと、パトロールしてくわ。先に行ってて」
 3人が行ってしまったのを確かめると、3号は手紙を開いた。中には白い紙が一枚と、一枚の写真が入っていた。あまりきれいとはいえないが、まぎれもないミツ夫の字だ。
『パー子のことだから、僕がいなくなって落ち込んでなきゃいいけど。これで少しは元気が出るかな? 本当はまずいんだけど、僕の今の姿を見て欲しいから、ビデオから印刷したんだ。
 正直言って、毎日すごいプレッシャーだよ。でも、君だってずっと大変な仕事をしてたんだもん、ここでくじけたらけちょんけちょんに言われるよな。みんなの手前もあるし、ちょっとビデオでは見栄張っちゃったよ。
 付属学校の勉強はきついけど、毎日新しいことを知るのが楽しみだ。僕が留学しているクラム星はバード本星とは別の星だ。アメリカとハワイみたいなものかな。バードマン本部の秘密を守るため、一般人には正確な場所は知らされてない。いずれ銀河系の社会見学なんかも行われるんで、楽しみにしている。
 こっちでは地球なんてど田舎の秘境ぐらいにしか思われてない。バカにする奴もいるけど、僕は負けない。絶対地球人最初のバードマンになってやる。
 コピーは今度の記憶交換で、君のことを知ってしまうはずだ。できれば今まで通りつきあってくれればいいんだけど、ユキちゃんとの仲もあるし、色々と気がかりだ。しばらくは様子を見てくれないか。
 僕の写真、気に入った? 今度、君の写真も欲しいな。それじゃ。』
 3号は写真を見つめた。ビデオに映っていたのと同じ制服で、素顔のミツ夫が映っている。少し照れているような表情がまぶしく見える。
「写真か……。ちょっとびっくりさせてあげよっかな」
 スミレは微笑むと、手紙をしまった。

 一ヶ月後、スミレは久しぶりに出した新曲のプロモーションで、歌番組に出演した。
「スミレちゃん、髪型変えたんだね。ドラマの撮影かなんか?」
スミレの髪はストレートのセミロングに近くなっている。司会の質問に、スミレは微笑みながら答えた。
「私もう中学生だし、ちょっとイメチェンしようと思ったんです」
「でも、カチューシャは相変わらずだね」
「これ外すと、誰だか分からなくなってしまいそうで」
(……ミツ夫さんにね)
 スミレは心の中で付け加えた。司会がスミレを送り出す。
「じゃあ、歌ってもらいましょう。星野スミレちゃんで、『ドリーム・パワー』」
(了)


あとがき
 スミレの家庭設定については、原作とアニメで異なっている。今回は、アニメ490話「パー子になったパーマン?! 」を参考に、オリジナルの設定になっていることをお断りしておく。もちろん、バード星やバードマン周りの設定は、私のオリジナルである。

★ イラストについては、『朝日ヶ丘スミレ団』内の空想世界のパーマン 〜大田 康湖さんの世界〜 を参考にして下さい。管理人はおっけっ!!さんです。


上に戻る戻る

前へ 次へ