目次へ

続・パーマン 第4話 かなえたい夢がある


著 大田康湖



1.ルーガからの便り

 ミツ夫が留学してから、半年が経った。常夏のシセル島は時の流れを感じさせないが、夜空の星は少しづつ姿を変えている。
 養成学校の選抜部教室では、モニターを通して「宇宙地理」の授業が行われていた。「地理」と名付けられてはいるが、簡単な歴史も内包している。
 担当は女性のワッケ・ミノンマ教官だ。茶色の縮れ毛に褐色の肌で、地球のアフリカ系人種に雰囲気が似ている。
「今日は、バード連合の2回目ですね。では、前回のおさらいから。バード星人は、四人種から成り立っていると言われますが、ガウハティ君」
メガラヤ・ガウハティは、指名されるのが分かっていたかのように落ち着いて答えた。
「はい、ラーゲナ・ルメゲナ・ローゲナ・オレゲナです」
「では、その四人種の混血を一般になんと言うかしら、デュエンヌ君」
右隣のミツ夫にちょっかいをかけていたトーチは慌ててモニターを向くと、自分を指さす。
「イメゲナです」
教室に密やかな笑いが広がる。
「そうですね。かつては両親の人種の頭文字を取って、『オルゲナ』などと呼ばれていましたが、最近は異星人との混血も含めて『イメゲナ』が一般的に使われています。ガラテア語で『統合』という意味の『イメムニア』からきています」
 チェルキの画面には、四人種のモデルが載った教科書が開かれている。それを見ながら、ミツ夫はぼんやりと考えていた。
(ジルダはルメゲナ、プルネラはラーゲナだよな。アルマイトさんは、肌の色が薄いけどオレゲナかな。それで、インガさんがローゲナと)
「では、バード星で一番多いのはどの人種かしら。スワ君」
「は、はい」
 ミツ夫は慌てて立ち上がった。ここに来てから半年。読み書きはまだ心許ないが、普段の会話は不自由なくできるまでになっている。
「ジルダと、アル……」
ミツ夫は斜め前の席から飛び上がりそうなジルダに気付いた。チェルキを持ち上げ、画面に目を凝らす。
「……じゃなくて、ルメゲナとオレゲナ……です」
「その通り」
 ミツ夫は席に着くと、安堵の息を吐く。ワッケの説明が始まった。
「現在の政治・経済はこの二人種がリードしていて、他の人種が不満を抱いているのが、バード星では大きな問題となっている。というところまで前回は話したわね。今日は、惑星ルーガとバード本星のつながりから始めましょう」
正面のスクリーンにモスグリーンの惑星が映し出される。
「9星区の惑星ルーガの開発は、銀河暦138年、バード星によって始まりました。初期の移民はラーゲナが中心で、中央のシャクラ大陸に移住しました。しかし、移民が進むうちに先住者との間に軋轢が進み、259年にルーガ内乱が勃発しました。内乱は3年後、銀河連邦の介入で終結しましたが、その被害は大きく、人口は10億から6億まで減り、特産のシケム鉱石の生産も減少しました……」
 ワッケの説明はミツ夫の耳を素通りしていく。モスグリーンの惑星が、いつしか紺碧の地球に見えていた。
(みんな、どうしてるかな……)

 終業のチャイムが鳴ると、生徒たちは教室を出て行く。夕食までは自由時間だが、陸の孤島のような養成学校では楽しみは限られる。上級生のサークルに参加する生徒以外は町に遊びに行くか、娯楽室で時間を潰す者が多い。
「なあ、これからどうする? 映画? それともゲーム?」
「動路」を歩くミツ夫にトーチが話しかけてくるが、ミツ夫は上の空だ。
「お前、最近いつも図書室じゃないか。つきあい悪いぞ」
「……分かった、行くよ」
 ミツ夫が面倒くさそうに答えた時だ。背後から、リーゼイたちが留学組を引き連れてやってきた。すれ違いざまによびかける。
「おい、授業中までジルダに見とれてるんじゃないぞ」
「このままだとテストが心配ですね」
「余計なお節介だ」
ヴェルの追い打ちに言い返したのはトーチだった。ミツ夫は立ち止まるとつぶやく。
「それどころじゃないよ」
前方では、リーゼイたちが留学組たちと笑い声を上げている。放課後の相談でもしているのだろう。ミツ夫には別の世界の出来事のように遠く響いた。

 結局、トーチが選んだのは娯楽室のビデオゲームだった。ジルダとプルネラも一緒だ。カーサも誘ったのだが、トレーニング室に行ってしまった。トーチとジルダがドライブゲーム用の筐体に乗り込む。残りの二人は観戦だ。ミツ夫はベンチに腰掛け、ぼんやりとモニターに目をやっていた。
「ミツオさん、もしかして、ホームシックですか?」
 隙をつかれて、ミツ夫は思わず向き直った。隣に腰掛けたプルネラが心配げに見つめている。ミツ夫は頭をかいた。
「参ったな。どうして分かったの」
「昨日図書室で、地球の映像ディスクを借りていたのを見ましたから」
言われて思いだした。確かに図書室でプルネラとすれ違ったのだ。彼女の観察力にはいつもながら舌を巻く。
「もう半年もみんなと会ってないんだ。なんだか、僕一人取り残されたみたいで」
「ミツオさんが留学していることは、パーマン仲間以外知らないんですものね。アルマイトさんに直接連絡できるよう頼んでみるのはどうかしら」
ミツ夫の顔が明るくなった。
「そういえば最近会ってないな。バッジの届く範囲にいればいいけど」
 ミツ夫がバッジをとりだしてスイッチを入れようとした瞬間、娯楽室のスピーカーから声が響いた。
『付属高校選抜一年一組、プルネラ・シンリーさん、至急学生課に来て下さい』
プルネラは慌てて立ち上がった。学生課は、寮の一階にある。見送ったミツ夫は、改めてバッジのスイッチを入れたが、応答はない。
(やっぱりな)
ミツ夫はバッジを胸に戻した。こういう時に当てにならないのが彼なのだ。分かってはいたが、淋しいものだ。

 やがて、ゲームを終えた二人が筐体から降りてきた。どうやらトーチが勝ったらしい。
「さあ、俺に挑戦するのはどっち……あれ、プルネラは?」
トーチが尋ねるのと同時に、ミツ夫のバッジが鳴った。慌ててマイクのスイッチを入れる。
「アルマイトさん?」
だが、聞こえたのはプルネラの声だった。
「ミツオさん、すぐ寮に来てほしいの」

 駆けつけたミツ夫たちが見たのは、通信機とデータカードを持ったプルネラだった。学生たちに届く通信や品物は、全て学生課に届けられ、各自の連絡箱に配達される。わざわざ呼び出しが入るということは、緊急通信だったのだろう。とりあえずエントランスのソファーに移動する。
 プルネラがカードを通信機に差し込むと、一枚の写真が表示された。ミツ夫はつぶやく。
「この間の誕生パーティの写真じゃないか」
一月ほど前、プルネラの13歳の誕生日を祝った時の写真だ。休みに合わせ、ジルダの家を会場にしたのだ。イムールやコピーアルマイトも料理を持って駆けつけ、楽しい一日だった。その料理を前にしての記念撮影だ。プルネラが一点を指す。
「アルマイトさんのことで、母から通信が来たんです」
 意外な組み合わせに、ミツ夫は首を傾げた。プルネラが説明する。
「アルマイトさんは自分の教え子で、15日にクラムに行くから、是非会いたいと言ってます」
アルマイトもプルネラも、惑星ルーガ出身だ。あり得ない話ではない。
「あと2日しかないわ。ご本人は無理だろうけど、アルジェさんに頼んでみたらどうかしら」
ジルダが言う。ミツ夫たちは、コピーと本人を区別するため、コピーのアルマイトを「アルジェ」と呼んでいた。
「それなら、なぜ本人に連絡しないんだ」
トーチが尋ねる。
「『アルマイトさんは観測船に乗っていると聞いていたので、クラムに帰っているとは知らなかった』とあります。今の住所が分からないのでしょう」
「うーん、とりあえずアルジェさんかアルマイトさんに相談しないと。本人は連絡が取れないし、家は一度しか行ってないからよく分からないし。……そうだ」
 ミツ夫たちが向かった先は、イリメンのいる第三研究室だ。中に入ると、なんとアルマイトコピーがいた。イリメンと何やら打ち合わせをしているようだ。
「君たち、いきなりどうしたんだ」
「なんだい」
 迷惑顔のイリメンとは違い、コピーはいつもと変わらぬのんきな声だ。だが、ミツ夫の話を聞くと表情が一変した。
「駄目駄目。これから仕事で留守にするんだ。帰るのは明日遅くになる。君たちが案内してやってくれないか」
「困ります。アルジェさんじゃないと」
「仕方ないだろ。帰ったら連絡するから。それじゃイリメン、アルファを頼むよ」
コピーはそそくさと引き上げていった。
「しょうがないな」
イリメンはテーブルの上のお茶をかたしはじめた。ジルダがそわそわしている。
「アルジェさん、アルファの世話を頼みに来たのね。どこにいるの?」
「僕の部屋だよ。仕事があるから、用がないなら帰ってくれ」
 ミツ夫たちは追われるように部屋を出た。トーチは未練たらたらだ。
「ちぇっ、今日はおやつはなしか」
 第三研究室を出ると、もう夕食時だ。皆は食堂に向かった。
 食堂は、人でごった返していた。トーチはデザートを多めに取って、ジルダに冷やかされている。ミツ夫は手近の食物をトレーに乗せると、席に着いた。食堂のテレビでは、地元のキャスターがニュースを伝えている。
「本日から、銀河連邦各国家の代表が続々とシセル宇宙港に到着しています。今年で第30回を迎える平和会議。今回は、『ルーガ内戦、25年目の検証』と題して、当時の著名な政治家、軍人などが証人として召喚されることが話題となっています。プライバシーを考慮して、証人の氏名は現在まで公表されておりません」
 画面には、各星の代表がシャトルから降りてくる映像が流れている。ジルダが尋ねた。
「トーチ君のお母さんの故郷はマール星よね。代表はもう来ているかしら」
「たぶん来てると思うけど、こういう映像には出ないんだよね。マール星は科法の技術漏洩を恐れてるのさ。両親が結婚するときも、母が科法の資格を放棄するのが条件だったくらいでさ。マスコミが連日取材に来て大騒ぎだったって」
 トレーのパンを取りながら、ミツ夫はプルネラに尋ねた。
「君のお母さんはいつ来るの」
「15時に空港ホテルのロビーで待ち合わせることになっています。あと、私のよく知っている方が一緒だと言ってました」
プルネラは心なしか硬い表情をしている。
「ミツオさん、私と一緒に母と会ってもらえませんか。母には事情を連絡しておきますから」
「僕で良ければ協力するよ」
ミツ夫は同意した。

 食事をすませ自室に戻ると、ミツ夫は机上から地球の映像ディスクを取り上げた。
(返す前に、もう一度見ておこう)
ディスクをチェルキに入れて再生を始めると、引き出しから大学ノートとボールペンを取り出した。地球から念のために持ってきたのだが、今では日記として使われている。
『地球は、42星区中でただ一つ、高等生物の住む惑星です』
ナレーションと共に、画面に青い地球が映し出された。ミツ夫の手が止まる。
「みんな、僕のことなんか、忘れちゃったのかな……便りも来ないし」
 自然と涙がこみあげるのをこらえ、ミツ夫は日記を付け始めた。地球にいたときもパーマン日記を付けていたが、この日記は自分の亡備録であると同時に、日本語を忘れないためでもあった。
『今日、プルネラにお母さんに会ってくれるよう頼まれた。アルマイトさんの代理だ。まったく、肝心な時にいないのは、コピーも同じだ。仕事っていったい何だろう』
 チェルキの映像は、地球各地の紹介に移っていた。
『地球で一番高い山、チョモランマです』
上空から白い雲海に浮かぶチョモランマが映る。その景色を見ているうちに、ミツ夫の意識は遠のいた。

 気がつくと、ミツ夫は空を飛んでいた。パーマンセットを付けている。視界前方にはチョモランマの山頂がある。
「1号、またパトロール中に居眠りしてたのね」
突然、右隣から聞き覚えのある声がした。
「パー子!」
パー子は1号の前方に回り込むと、立ちはだかる。
「本当に懲りない人ね。これは荒療治するしかないわ」
抵抗する隙も与えず、パー子は1号のマントとマスクを引きはがした。
「うわーっ!」
重力に引かれるまま落下するミツ夫。手を伸ばそうとするが、縛られているように身動きが取れない。雲海に視界を遮られているが、必死に目を凝らす。
 その時、胸のバッジが鳴り出した。返事をしようとするが、声が出ない。落下はどんどん早くなる。やっとの事で声を絞り出す。
「パ、パー子!」
 自分の声で目が覚めた。いつの間にかディスクは終わっている。しかしバッジは鳴り続けていた。あわててスイッチを押す。
「は、はい、こちら1号」
「打ち合わせを兼ねて、パトロールしませんか」
プルネラの呼び出しだった。

「地球では毎日のようにパトロールしてたもんな。懐かしいよ」
「気分転換になって良かったですね」
 空を飛びながら、ミツ夫は久々に開放感に浸っていた。右隣には、藤色のマスクに桃色のマント姿で飛ぶプルネラ。下方には、夕闇の宇宙港が見えている。
「僕は空を飛んでると、パーマンになって良かったと思うんだ」
「私が一番嬉しかったのは、誰にも気兼ねなく精神能力(ちから)が使えることですね」
「君の精神能力って、ケガを治すんだっけ」
実技の授業で披露してもらったことがあるのを思い出して尋ねる。
「正確に言うと、細胞の活性化ですね。小さい頃、しおれた花壇の花を元気づけていたら、母があわてて飛んできて。そのとき、初めて自分の精神能力が特別な物だと知ったの。母には人前では絶対してはいけないと、ずっと言われ続けたわ。私は何も悪いことはしていないのに」
いつも穏やかなプルネラが興奮している。パーマンセットのせいだけではないようだ。あわてて話題を変える。
「それにしても、なぜ僕を選んだの?」
「母はエリシャ教会のルーガ代表として、平和会議に来るんです。私やアルマイトさんと会う時に、あなたにも一緒にいてもらえれば安心だと思って」
「君のお母さんって、先生じゃなかったんだ」
プルネラは驚いたようだ。空中で静止すると、ミツ夫に向き直った。まるでさっきのパー子だ。
「アルマイトさんから、何も聞いてないんですか?」
「そういえば、ルーガ出身ってことしか知らないや」
プルネラはしばらく考えこむと、話し出した。
「母は長いこと、ルーガのフラナ・カリ教会で戦災孤児の家の保育師をしていたんです。おそらく、アルマイトさんはそこからクラムに来たのではないでしょうか。それを知られたくなかったとしたら……母とは会わせない方がいいのかもしれません」
「でも、君のお母さんは楽しみにしてるんだろ。アルマイトさんなら、ヘマしない限り大丈夫だよ」
(そういう時にヘマをする人だけど)と言いそうになって、ミツ夫はあわてて言葉を飲み込む。
「しかし、アルマイトさんが戦災孤児なんて、ピンと来ないな」
「それしか接点が考えられませんけど……大丈夫です。きっとアルバ様が見守っていてくださいます」
 プルネラは、左手首にはめた銀のブレスレットを右手で握りしめた。紡錘状の飾りが煌めく。
「それ、お守り?」
「ええ。母が出発前にくれたんです。普段はお仕事にかかりきりなのにね」
プルネラはすねたように笑う。その背後に光点が走った。
「なんだ!」
次の瞬間、光は実体となった。アルマイトの物よりはやや大きめの小型艇だ。人影が二人映っている。右側のハッチが開くと、現れたのはケネスだった。
「あなたたち、ここで何しているの」
「ケネスさんこそ」
ミツ夫の問いにケネスは答えない。
「スージィ教官があなたたちを探しているわ。早く戻った方がいいわよ」
その声には無言の圧力があった。
「……行こう」
ミツ夫は寮へ向かって下降した。背後で小型艇の飛び去る音がする。ずっと黙っていたプルネラが、初めて口を開いた。
「隣にバードマンがいましたね」
「アルマイトさん、なわけないか」
ミツ夫は自分に言い聞かせるように答えた。

2.お兄ちゃん

 ケネスの言うとおり、寮ではスージィの呼びだしがかかっていた。あわてて寮1階の会議室に駆けつける。
「平和会議開幕に合わせ、テロリストが潜入しているという情報が入った。そこで、明日からお前たちに会場ボランティアを兼ねて、警備にあたってもらいたい」
 スージィの言葉の意味を、生徒たちはすぐに理解した。パーマン活動の指令が下ったのだ。スクリーンに会場の地図が映し出される。
「平和会議の出席者は、銀河連邦シセル支部付属ホテルを利用する。関係者は、裏方も含めると約1万5千人。連邦軍やバードマンも警備に入っているが、正規の登録者が内通していることも十分考えられる」
「テロリストは、何を狙っているんですか」
リーゼイが尋ねる。
「それが分からない。ただ、ケネス教官の予知によると、テロリストは複数の要人を人質に取るそうだ」
(ケネスさんでもそれしか分からないのか)
ミツ夫は内心がっかりしたが、ケネスの不審な動きが理解できた。
「この登録証で会場に出入りできる。なくさないように」
スージィは登録証を配っている。
(ようし、やるぞ)
ミツ夫は久々に力がみなぎるのを感じた。ふとプルネラを見ると、ブレスレットを握りしめていた。
(あんなこと言っても、ママが心配なんだな)
「なお、警備時の服装は私服とする。以上」
スージィの言葉と共に、生徒たちは解散した。

 翌日。
 銀河連邦クラム支部は、シセル島南部の宇宙港に隣接している。宇宙港は、要人到着のために立ち入りを制限されていた。姿は見えないが、バードマンたちも警備についているはずだ。
 ミツ夫たちは登録証を見せて通過する。到着ゲートの係員を横目に見ながら、ロビーの椅子に腰掛けた。前日の指示通り、プルネラはブラウスとスカート、ミツ夫もシセルで買ったスーツを身につけている。
「似合ってますよ」
 プルネラの言葉にまんざらでもないミツ夫。
「君のママに会うんだから、それなりにしないとね。ところで、どんな人なんだい?」
「私と同じラーゲナで、白いケープを付けているからすぐ分かります」
「そういうことじゃなくて、優しいとか厳しいとかさ」
「どちらかといえば、厳しい人ですね。ここに来る時も、ずいぶん反対されたんですよ」
「そ、そうだったんだ。僕のママもうるさかったもんな」
うなずきながら、内心(悪いこと聞いちゃったな)とつぶやくミツ夫だった。
 ロビーで待つこと30分。時刻通りにルーガからのシャトルが着陸した。ゲートを通る客を見つめるが、母親らしき人はいない。その時、一人の女性がプルネラに近づいてきた。ロングの赤毛が印象的なルメゲナで、20代に見える。女性はしきりに辺りを見回していたが、意を決したように尋ねた。
「アルマイトさんはどこにいるの」
意外な質問に戸惑うミツ夫。しかし、プルネラは女性の顔に思い当たったようだ。
「もしかして、マリィさんですか」
女性は顔をほころばせた。
「きちんと会うのは2年ぶりね。それにしても」
マリィは再び辺りを見回した。
「本当にいないの? どこかに隠れてるんじゃなくて」
「ごめんなさい。まさかマリィさんが来るなんて思わなかったもので」
「謝ることはないわ。兄さんを驚かせたかったから、わざと秘密にしてもらったの」
「兄さん?」
驚くミツ夫を無視して、マリィはプルネラに話しかける。
「お母さんは、別のシャトルで来るの。北ゲートで待ってて欲しいと言ってたわ」
「分かりました」
 プルネラはうなずくと、ミツ夫に呼びかけた。
「ミツオさん、マリィさんの案内を頼みます」
「一人で大丈夫?」
プルネラはマリィに背を向けると、ポケットのバッジをのぞかせた。マイクのスイッチが入っている。
「先にホテルで待っていてください」
「気をつけて」
 ミツ夫の言葉にうなずくと、プルネラは小走りに北ゲートに向かった。後にはミツ夫とマリィが残された。
(アルマイトさんとは似てないな)
まじまじと見つめるミツ夫を誤解したのか、マリィが改めて挨拶する。
「私はマリィ・タウハウゼン。マーシアさんが平和会議で演説するんで、地元の新聞社代表として取材に来たの。よろしくね」
「プルネラさんのクラスメートのミツオ・スワです。とりあえずホテルへ案内します」
「それより、兄さんの連絡先、分からないかしら」
「分かることは分かるんですけど、今仕事で出かけてるんです。帰ったら僕の通信機に連絡をくれることになってます」
「仕事って、どんな?」
マリィが息もつかせぬ勢いで尋ねる。ミツ夫はひやひやだ。
「か、貨物船のパイロットです」
 ミツ夫の返事を聞くと、マリィは時計に目をやった。
「それじゃ、貨物ドックに行きましょ」
 他惑星からの貨物船は、惑星クラムの周回軌道上にある宇宙ステーションでシャトルに積み替え、各地の宇宙港に配送される。コピーは表向き、このシャトルのパイロットをしているのだ。もちろん、このシセル宇宙港にも貨物ドックがある。
「でも、帰ってくるのがいつか分からないし」
ミツ夫は必死に止めようとするが、マリィの勢いは止まらない。
「じゃ、入港ドックだけでも確認しないと」
マリィは歩き出した。ミツ夫はあわてて後を追う。

 貨物ドックへ向かう道路を、二人は歩いていた。トランクをホテルへ送ったため、マリィはショルダーバッグ一つの軽装だ。空港の裏通りは、ロビーの喧噪が嘘のように静まりかえっている。
「あーあ、お兄ちゃんと色々話したかったのに」
マリィが髪を整えながらつぶやく。ミツ夫はこらえきれず尋ねた。
「あの、マリィさんって、アルマイトさんの妹、なんですか」
 マリィは苦笑しながら答える。
「違うけど、私にとっては『お兄ちゃん』みたいに大切な人なの」
ミツ夫の脳裏には、昔よく遊んでくれた近所の男の子の姿が浮かんだ。
「分かります。僕にも、そういう人がいましたから。他の町に引っ越したんですけど、一度家に訪ねてきたことがあって。嬉しかったな」
「お兄ちゃんも、一度だけ帰ってきたことがあるの。それからもう10年。ひょっとしたら私たちのこと、忘れちゃってるのかも……。そういえば、ミツオさんはどこから来たの」
「ち……」
言いかけて口ごもる。表向きには地球と他の惑星国家との接触は禁じられている。まして、地球人がいるなどありえないことだ。とっさにごまかす。
「マ、マール星です」
「マール星ってあの科法の星? じゃああなたも科法が使えるの?」
マリィは興味津々だ。
「それが、だめなんです。マール星は科法の技術漏洩を恐れているんで」
昨日のトーチの受け売りだ。
「さっすが銀河連邦付属学校ね。銀河中の惑星の子供たちが集まってるなんて」
マリィは感心しきったようにうなずいた。
 しばらく歩くと、貨物ドックの裏手に出た。入口を捜してうろうろするマリィ。その時、ミツ夫の懐のバッジが震えた。あわてて建物の影に隠れ、バッジを取り出す。だが、バッチからは車の走る音しか聞こえない。
(どうしたんだ)
 明らかに何かが起こっている。しかも、その音はどんどん大きくなっていく。そしてブレーキ音。思わず振り向いたミツ夫が見たのは、空港の清掃車にひかれそうになっているマリィだった。
「危ないっ!」
 思わず飛び出したミツ夫。車はマリィをなんとか避けて止まったが、はずみで街灯にぶつかった。清掃車のボンネットが開く。そこには、3人の男たちに囲まれ、気を失っているプルネラがいた。
「プルネラちゃん!」
マリィの声で我に返った男たちは、ボンネットから飛び降り、ミツ夫とプルネラを押さえつけた。リーダー格の男が脅す。
「騒ぐとこいつを殺すぞ」
選択肢はない。次の瞬間、強烈な痺れに襲われ、ミツ夫の意識は途絶えた。

3.人質

 気がつくと、ミツ夫は冷たい床に転がされていた。
「ミツオさん」
先に気がついたらしいプルネラが、心配そうにのぞき込んでいる。起きあがろうとするが、手足が縛られていて思うようにならない。
「ごめんなさい。私のために」
プルネラの目が潤んでいる。
「だ、大丈夫だよ」
ミツ夫は体をよじって起きあがると、辺りを見回した。暗くてよく分からないが、5メートル四方ほどの空間が空いている。奧にはいくつかコンテナが積み上げてあり、その前に気を失ったままのマリィが横たわっている。
(このコンテナ、空港で見たのと同じ……壁が丸くなってる)
しばらく室内を見つめていたミツ夫は、プルネラに向き直った。
「ここはたぶん、シャトルの貨物庫だよ」
「私たち、空を飛んでいるのでしょうか」
二人は耳を澄ますが、何も聞こえない。
「とりあえず、ここから脱出しないと。ズボンの右ポケットを探ってくれ」
パーマンセットを取り出すことさえできれば、なんとかできるはずだ。プルネラが体の位置をずらして、ポケットに手を入れようとした時、ようやくマリィが目を覚ました。
「ウーン……」
二人の動きが止まる。
「みんな、無事だったのね……ここは?」
ミツ夫が説明しようとしたとき、貨物庫の奧の扉が開き、2人の覆面が近づいてきた。体格から男性のようだ。
「静かにしろ」
覆面の一人がきり出した。右手に銃を握っている。
「お前たちがおとなしくしていれば何もしない。我々はマーシア・シンリーに用があるだけだ」
 プルネラが覆面をにらみつける。
「聞こえなかったのか。生きて母親に会えなくなるぞ」
覆面に脅され、プルネラは下を向く。そこにマリィがくってかかった。
「私たちを人質にまでして、マーシアさんに何の用があるの?」
「すぐに分かる」
 覆面の部下が、ドアの脇のモニタースイッチを押すと、画面の向こうにマーシアの姿が映った。シャトルの座席に縛られているようだ。その傍にも口ひげを生やした覆面がいる。
『プルネラ!』
マーシアのせっぱ詰まった声が、貨物庫に響いた。
『こいつに生きて会いたかったら、平和会議に提出するデータの在りかを吐け』
口ひげが脅すが、マーシアは無言だ。しかし、その声を聞くマリィの顔は青ざめていた。二・三度頭を振る。
『何を言っているの』
『お前がフダイ・ワイツェルの娘だということは分かっているんだ。悪あがきするな』
「どういうことなんですか?」
プルネラが問いかける。
「学校じゃ習わなかったかな。ルーガ内乱の講和に貢献したえらい軍人だ。だが、それは表の顔」
部下は意味ありげに微笑んだ。
 皆の視線がモニターに向く中、ミツ夫はなんとかバッジのスイッチを入れようと、床にポケットを押しつけていた。だが、ポケットには何も入っていなかった。どうやら、拉致された現場に落としてきたらしい。
(ジルダかトーチが拾ってくれれば……そうだ、アルジェさんがいた。お願い、早く帰ってきて)
ミツ夫の耳に、マリィのささやきが聞こえてきた。
「きっとお兄ちゃんが、助けに来てくれるから」

 その頃、アルファを連れたジルダとトーチは貨物ドックにいた。アルマイトコピーの帰りを待つためだ。時計を見ながらトーチがつぶやく。
「そろそろプルネラから連絡が入ってくる頃だけど、遅いな」
「まさか、テロリストに」
「大丈夫。ミツオがついてるじゃないか。そうだ」
トーチはバッジをとりだした。
「プルネラがバッジ回線を開いてたんだっけ」
 しかし、聞こえてきたのは意外な会話だった。男性が女性を脅しているようだ。

『お前が持っているデータが銀河連邦に渡ったら、平和に暮らしている仲間たちが危険にさらされるんだ。お前も父親を悪人にはしたくないだろう』
『今まではそう思っていました。ですが、これ以上戦争の犠牲になった人たちに迷惑はかけられません』
『今更いい子ぶるなよ。俺たちも犠牲者じゃないか』
 そこに手下らしき声。
『少佐、荷物を調べましたが、あるのは演説原稿と、孤児院の名簿くらいです』
『どこに隠した? それとも娘に聞くか』
『プルネラは何も知らないわ。お願い、巻き込まないで』
『もう遅い。全部筒抜けさ』

 二人は顔を見合わせた。トーチがバッジのスイッチを切る。
「とにかく、ミツオに連絡してみよう」
「ええ」
ジルダがバッジを鳴らすが、返答がない。しかし、アルファがしきりにリードを引っ張る。
「どうしたの?」
「バッジの音に反応してるぞ。行ってみよう」
 アルファはドックの外に走り出し、とある街灯の下で止まった。足下にミツ夫のバッジが落ちている。ジルダがバッジを拾い上げる一方、トーチは街灯の傷を見つめていた。グレーの街灯に、白い擦り跡が残っている。
「この傷、できたばかりだ。二人はまだ近くにいる。白の塗料が付いた車を探すんだ」
「待って、シーギーと似てるなら、きっとアルファくんが役に立つわ」
 ジルダはミツ夫のバッジをアルファの鼻に近づけた。
「この匂いの跡をたどるのよ。分かる?」
アルファはしばらくバッジの臭いを嗅ぐと、「ワン」と吠えた。

4.データの在処

 一方、シャトル内。
 縛られたマーシアはさっきより具合が悪いようだ。力なくうなだれている。「少佐」は乱暴にマーシアの顔を持ち上げた。
『ようやく自白剤が効いてきたか。能力では分が悪いが、こっちには娘がいる』
「少佐」がコクピットに指示を出す。
『そろそろ予定時刻だ。シャトルを出航させろ』
 その言葉を聞いたマリィが、悲痛な声で叫んだ。
「バートンユ編集長、やめて下さい!」
「編集長?」
ミツ夫のつぶやきをかき消したのは、バートンユ「少佐」の返事だった。
『マリィ、君には感謝している。逃亡したマーシアと再会させてくれたしな。だが、もう用済みだ』
マリィは絶句する。
「そんな!」
 今度はミツ夫の声が貨物庫に響き渡った。バートンユが驚いたように尋ねる。
『そいつは誰だ』
貨物庫の覆面が答える。
「ハッ、娘と一緒にいたので、仕方なく」
『ご学友か。運がないな』
 バートンユの皮肉に、ミツ夫は拳を握りしめた。
(運がないのは、お前たちだ。ここにパーマンが二人もいるんだぞ)
 その時、轟音が格納庫を揺らした。なすすべもなく転がるミツ夫たち。マリィがバッグごとコンテナにたたきつけられ、バッグの中身が飛び出した。かまわずシャトルは上昇していく。ミツ夫の眼前には、プルネラの縛られた手首が見える。
(あれ、血が付いてる)
よく見るとブレスレットの飾りが折れ、床に落ちている。ミツ夫はとっさに足で押さえつけると、ささやいた。
「じっとしてるんだ」

 同時刻。アルファの追跡で格納庫にたどり着いたトーチとジルダが見たのは、シャトルが出航していく姿だった。ジルダはバッジを取り出す。
「スージー先生、応援要請です」
だが、呼びかけても返事がない。
「カーサ、リーゼイ、ヴェル、誰でもいいから返事して」
ジルダが呼び続ける間、トーチは格納庫に残された清掃車に、銀色のへこみを見つけていた。そして空港の正規職員パスが、フロントガラスに張られているのにも気付く。
「スパイかよ。ふざけやがって……?!」
そのパスには「アルマイト・カラコルム」と書かれていた。そこにジルダの声。
「仕方ないわ。私たちだけで追いましょう」
アルファに見送られて、二人はシャトルの飛んだ方向へ飛び出した。

 シャトルのコクピットでは、バートンユの尋問が続いていた。
「お前は逃亡時、工作部隊の能力開発プログラムを持ち出した。それがなくては、告発はできないはず。さあ、どこに隠したんだ」
マーシアは虚ろな目でつぶやく。
「……子どもたちの……ニーシャに」
「ニーシャ?」
「もし、私に何かあっても……あの子たちが気付いてくれれば」
「なるほど。そのための名簿か」
バートンユは、部下に呼びかけた。
「マリィを連れてこい」
 覆面の一人が、マリィに銃を突きつけ、もう一人が足のロープを切るため、ナイフを取り出した。完全に見張りの視線が外れた隙に、ミツ夫は飾りの欠片をつかみ、なんとかプルネラの手首に当てることに成功した。今は向かい合わせ状態である。
(お願い、もう少し気付かないで)
心で祈りながら、ミツ夫はロープを切り始めた。その間にも、シャトルはどんどん上昇していく。
 プルネラは、連れ去られるマリィの視線の先が、コンテナの隙間に向いているのが気になった。

5.逆転の合図

 ミツ夫のお陰で手が自由になったプルネラは、まずブーツから足を抜いた。次いでミツ夫のブーツも脱がす。
「よし、これで脱出できるぞ」
「待って、まだ手が」
プルネラの言葉に構わず、ミツ夫は貨物庫の奧へ走り出す。その途端、何かにつまづいた。プルネラが拾い上げたのは、猫に似た茶色のぬいぐるみだった。
「やはり、バッグから落ちたんですわ」
二人はそのまま、突き当たりの壁にあるエアロックにたどりついた。プルネラが扉を開ける。

 マリィは、部下たちに連れられて、マーシアのいるコクピットに連れて来られた。
「お前のニーシャはどこにある?」
マリィはバートンユを見つめるが、口は開かない。
「別に言いたくないなら構わない。ただし、このシャトルは8ミネガ(分)後に銀河連邦支部へ墜落することになっている。今なら救命艇に空きがあるぞ」
「アルマイト……お兄ちゃんのところ」
マリィの声は、何かを押さえるように震えていた。
「お兄ちゃんがクラムへ引っ越した時にあげたの。お願い、これ以上みんなを巻き込まないで」
「残念だが、計画は私一人の物ではない」
バートンユは、ショックガンを取りだした。
「あの子たちには、何も関係ないでしょ!」
マリィの両目から涙が流れるのにも構わず、バートンユは引き金を引いた。マリィの体がコクピットに倒れる。その時、操縦席から警報音が鳴り響いた。
「子どもがエアロックにいます!」
確かに、モニターには二人の影がある。部下の叫びにバートンユは命じた。
「構わん。外扉を開けろ」
そこにマーシアの声。
「私の上着に、メモリの入った隠しポケットがあるわ」
それは、今までとは違う、凛とした声だった。

 その頃。エアロックの中では、プルネラがミツ夫のロープをほどいていた。
「君はバッジで皆に連絡してくれ。僕はお母さんとマリィを助けに行く」
「無茶です。私も一緒に行きます」
「君がいなくなったら、お母さんに気付かれるだろ。それよりバッジを」
プルネラがバッジをポケットから出そうとした時、突然警告音が鳴り響いた。
「気付かれた!」

 バートンユがマーシアの上着に手を突っ込もうとした時、「カチチッ」という音がした。
次の瞬間、縛られていたマーシアの上に、バートンユがくずおれる。その下から、もう一人のバートンユの手がショックガンを放った。マリィの側に立つ部下は倒れたが、操縦席の部下がくずおれる直前に、エアロックの解除スイッチが押されてしまった。
「まずい!!」
 バートンユ、もとい変身したコピーが立ち上がった時、シャトルのバランスが崩れた。明らかに機首が下を向いて落ち始めている。
「くそ、シャトルが先だ」
モニターには扉にしがみつく二人の影がある。

 ミツ夫はポケットのパーマンセットを取り出そうとするが、そこに外側の扉が開き始めた。とっさに内扉のハンドルにしがみつく。隣を見ると、プルネラが片手にバッジ、片手にニーシャを持ったまま、外扉に押しつけられていた。
「プルネラ!」
ミツ夫は手を伸ばし、プルネラの体を掴もうとする。
「私より、早くセットを!」
その時、シャトルの方向が変わり、プルネラの体が内扉に押し戻された。はずみでニーシャがプルネラの手から離れる。
「待って!」
ニーシャを捕まえようとしたミツ夫は思わず両手を離してしまった。そしてニーシャごとシャトルの外に飛ばされる。
「ミツオさん!」
プルネラはパーチャクすると、後を追って飛び出した。

 ミツ夫はニーシャを右手で掴んだまではいいが、寒さと気流にあおられ全身が凍り付き、身動きが取れない。そのまま低層の雲海に落ちていく。朦朧とする意識の中で、ミツ夫の脳裏にパー子の声が響いた。
(1号! 何やってるの!)
「パー子」
ミツ夫は目を開けた。気のせいか、マントもないのに空中に浮いているようだ。
「……もう大丈夫だよ」
意識を取り戻したミツ夫は、空いている左手をポケットに入れ、セットを掴んだ。ニーシャは自分のポケットにねじ込む。セットを広げたところで、雲海の切れ目から下界を見たミツ夫は焦った。海が間近に迫っている。慌ててパーチャクすると、再び上空へ飛び立った。

 一方、飛び出したプルネラは、雲海を降下しながらミツ夫の姿を探してた。
「ミツオさーん!」
雲海を抜けると、海が広がっている。人が落ちてもまず分からないだろう。
「ミツオさーん! 返事してください!」
もちろん答えはない。だが、代わりに影が二人近づいてきた。手を振っている。
「ジルダさんにトーチさん!」
「バッジのお陰で居場所が分かったの。無事で良かった」
「でも、ミツオさんが……」
泣き崩れそうなプルネラに、トーチが呼びかけた。
「ミツオなら大丈夫さ。それよりシャトルは」
プルネラは我に返ったようにつぶやいた。
「母とマリィさんが、まだいます」
「行きましょ!」
3人はシャトルへ向かって飛び立った。

6.再会

 ミツ夫はエアロックからシャトルに戻り、まっすぐコクピットに乗り込んだ。中は静まりかえっている。慎重にドアを開けると、操縦席にバートンユの背中が見える。ミツ夫はためらわず飛びかかった。
「止めろ!」
振り返ったバートンユを羽交い締めにするミツ夫。バートンユはますます慌てる。
「おい1号、止めろ! コピーだ」
「何言ってる……って、アルジェさん?!」
あわてて手を離すミツ夫。
「今こいつを着陸させるんで忙しいんだ。お前はマリィを連れて脱出しろ」
「マーシアさんは」
「大丈夫だ。いいから早く行け!」
声は違うが、その口調は明らかにアルマイトと同じだ。
「は、はい!」
ミツ夫は気を失ったマリィを抱えると、エアロックに出た。そこにプルネラたちが戻ってきたのだ。
「ミツオさん!」
プルネラは目に涙を溜めている。
「お母さんは大丈夫。あそこにいたのは変身したアルジェさんなんだ」
「良かった」
プルネラの目から涙がこぼれる。
ジルダがバッジをミツ夫の手に握らせる。
「アルファが見つけてくれたのよ。後でご褒美あげてね」
バッジの代わりに、ミツ夫はマリィを差し出した。
「みんなはマリィさんを病院へ運んでくれ。僕はシャトルを見届ける」
「お前ばかりにいいカッコさせるかよ」
トーチがミツ夫の肩を叩く。代わりにプルネラが進み出た。
「マリィさんは私にまかせてください」
「よし、行こう」
マリィを抱いたプルネラを残して、3人はシャトルに向かっていった。

 シャトルはパーマンたちのサポートを受け、無事海岸に着陸した。気絶したままのバートンユたちをコクピットの座席に縛り付けると、操縦席からコピーが出てきた。手に覆面を持っている。
「このカッコじゃ帰りづらいな」
「それにしても、どうして先生たちに連絡が取れないのかしら」
ジルダが問いかけた時、上空に光の束が現れた。次の瞬間、それは円盤の形に変わる。
「やあ諸君、遅くなってすまん」
久しぶりに聞くアルマイトの声だ。
「遅すぎるよ」
ぼやくミツ夫にかまわず、アルマイトは話し続ける。
「テロリストは人質を乗せたシャトルで会議場に突入して陽動し、本体が動くという予定だった。コピーと君たちに協力したもらったお陰で、マーシアさんを保護し、シャトルの突入も阻止できた。今頃、会議場ではテロリストの逮捕でおおわらわのはずだ。こいつらも連れていかないとな」
「じゃ、ケネスさんが予知していたテロリストって、この人たちだったの」
ミツ夫の疑問にアルマイトは、
「それは取り調べてからだ」
と言っただけだった。トーチがやれやれという調子で言う。
「つまり俺たちは、おとり作戦に巻き込まれたってわけか」
「さ、犯人たちを連れて戻りましょ」
ジルダが手を叩いた。
「その前に、僕を元に戻してくれ」
コピーがアルマイトに懇願した。

 犯人を送り届けた後、ミツ夫たちは空港に戻った。出迎えたのはアルファと、駆けつけたイムールだ。イムールは待ちきれないという調子でコピーアルマイトに駆け寄る。
「どうだった、ダブルノーズスイッチ改の使い心地は」
「ダブルノーズスイッチ改?」
不思議そうなトーチに、ミツ夫が説明する。
「これを鼻にかぶせると、タッチしただけでその人に変身し、変身にかかる時間も従来の10分の1で済む……でいいんですよね」
「その通り。以前ミツオ君のコピーで試したときに、自我の保持力に問題があることが分かったんで、改良したんだよ」
「そんなに便利な物なら、俺たちのコピーにも付けて欲しかったよ」
トーチをイムールが諭す。
「でも勝手に他人に変身したら、困るのは君たちだよ。今回のおとり捜査のような場合に威力を発揮するんだ」
「もっと段取りよくやるつもりだったんだけどな。自白剤の芝居はうまくいったけど、まさかマリィがいるとは思わなかったよ。ハハハ……」
コピーアルマイトの言い訳で、ミツ夫はポケットにあるものを思い出した。ポケットからニーシャを取り出し、アルマイトに差し出す。
「そうだ、これ、マリィさんに渡してくれませんか」
「ありがと。いやあ、なつかしいな。クラムに来るときマリィと交換したんだよ」
ニーシャを見つめるアルマイト。
「ダメよ。それは証拠物件だから」
いつの間にか、ミツ夫の背後にケネスとセットを解いたプルネラが立っていた。
「皆さんのお陰で、テロリストの陽動作戦は失敗しました。協力に感謝するわ」
「母もマリィさんも無事です。本当にありがとうございました」
プルネラが左手を胸に当てる。さっき傷ついていた手首が治っているのに、ミツ夫は気付いた。
「ケガ、自分で治したんだ」
「これは、母が治してくれたんです」
プルネラは微笑むと、アルマイトに近づいた。
「マリィさんがシセル総合病院で待ってます。行ってあげてください」
「あっそうだ、マリィのニーを持ってこないと」
飛び立とうとするアルマイトに、ケネスが念を押した。
「証拠提出は今日中にしてね」

 マリィとアルマイトの対面後、ミツ夫はシセル総合病院上空にアルマイトを呼び出した。聞いておきたいことがあったのだ。
「マリィはあたしがバードマンの仕事をしてたから遅れたと思いこんでるよ。参ったなぁ」
アルマイトはぼやくが、まんざらでもないらしい。
「あの、昨日の20時頃、ケネスさんと一緒にいませんでしたか」
「何言ってんだ。クラムに来たのは今日だよ。いやあ、いきなりお前が浮いてるのであせったあせった。とっさにテレキネシスで押さえたけどな」
あてが外れたミツ夫だが、とりあえず自分を助けてくれたことは分かった。
「ありがとう」
「とにかく、むやみに『将来バードマンになる』なんて言うもんじゃない。ミツ夫も気をつけろよ」
「僕には関係ないよ。第一、僕がここにいることは仲間しか知らないし」
「だが、おまえもいつかは地球へ戻るんだ。コピーが地球でどんな道を選ぶか、今度帰ったときにでも相談しておきなさい」
「今度って、いつ帰れるの?」
「そうだな、学年末にはなんとかするよ」
「よーし、それまでがんばるぞ」
「そう、その意気だ。じゃ、あたしは帰るからな」
アルマイトが帰るのを見送ったミツ夫は、寮に向けて飛びたった。
(僕が大人になったら、地球が正式に銀河連邦の一員になれるよう、協力できたらいいな)
銀河連邦支部に翻る旗を見ながら、ミツ夫は自分がここにいる理由を改めてかみしめるのだった。



 平和会議は無事終了した。事件に巻き込まれたマーシアとマリィはマスコミに注目され、『カタニアム難民キャンプ襲撃事件慰霊碑』建立へ向けて大きな力となった。教会への募金も集まっているという。
 しかし、肝心のルーガ内戦の検証は、低調に終わった。テロリストに証言者が尻込みしたとも言われているが、真相は闇の中だ。
 それから一月後。養成学校の食堂は、夕食を取る学生たちで賑わっていた。テレビでは、先日のテロ未遂のニュースが流れている。
『犯人の取り調べは続いていますが、クラム警察では更に協力者が潜伏していると見ており、慎重な調査を続けています』
「結局、マーシアさんのデータはどうなったんだろう」
ミツ夫の問いかけに、向かいに座るカーサが答えた。
「こっちもテロリストを捕まえたのはいいけど、なんだかスッキリしない事件だったな」
ミツ夫のお盆にはラーメンに似た麺類が載っている。同じものを載せたトーチがせかす。
「きっと慎重に調査してるんだろ。早く食べないと、スパロニが伸びるぞ」
「分かったよ」
 ミツ夫はフォークを持つ。このところの騒動に紛れ、地球のことを考える暇もなくなっていたが、地球と似た料理を食べるのは、いい気分転換になる。そこに、プルネラとジルダがやってきた。
「お待たせしました。母からお礼の手紙が届いたので、後でみなさんにも見せますね」
「あれ、あそこに映っているの、マリィさんじゃない」
ジルダの声に、皆は画面を見た。確かに、マリィと老夫婦が映っている。
『マリィさんをテレビで見た、バード星在住のアストラム夫妻が、亡くなった娘さんとそっくりなことに驚き、連絡を取られました。そしてこの度、遺伝子検査で正式にマリィ・クレイさんと確認されたのです』
「良かったな」
ミツ夫の言葉にうなずく一同。
『マリィさんは首都ルーガスクで両親と共に亡くなったとされており、なぜ遠く離れたフラナで保護されていたのか、奇跡と言わざるを得ません』
「アルバ様のご加護ですわ」
プルネラは左手を胸に当てた。その手首には、新しいブレスレットが光っていた。
(了)

<あとがき>


 ダブルノーズスイッチの性能については、アニメ506話「変身、変身、また変身!」に準じています。
上に戻る戻る

前へ 次へ