戻る

続・パーマン本編
第5話 秘密の里帰り


著 大田康湖




目次


 ミツ夫のクラムでの留学生活1年目も締めくくりを迎えようとしていた。学科や実技の試験が立て続けに行われ、留学生たちは毎日結果に一喜一憂している。
「ミツオ、ガラテア語の試験どうだった?」
昼食時の食堂でトーチが話しかける。ミツ夫はため息をついた。
「全然駄目。特に書き取りが半分くらいしか分からなくて」
「留学生には酷な試験だよな。しかもミツオは一から勉強したんだし」
トーチの慰めにもミツ夫は浮かぬ顔だ。
「でも、宇宙地理の試験結果は良かったんでしょ。いつも授業を熱心に聞いているもの」
トレイを持ってきたジルダの言葉に、ようやくミツ夫の表情が緩んだ。
「いろんな星の話を聞くのは面白いし、クラスメイトたちの故郷のことも分かるからね」
 「そういえば、来年の専攻科目は決めたのか? 俺は宇宙船のパイロット資格取得コースにするんだけど、ミツオもどうだい」
トーチが尋ねる。
「まだ決めてないよ。テストだけで精一杯さ」
ミツ夫はトレイのパンをちぎりながら答えた。隣にはバソウ乳とゆで卵がある。
「上級パイロット資格を取れば、バードマンのパトロール母艦のような大型船を動かせるんだぜ。42星区母艦の艦長になって地球に帰る、なんてカッコいいだろ」
「私はプルネラと一緒に看護資格を取ることにしたわ。バードマンになったら、現場でけが人を助けるのに役立つと思うの」
ジルダはそう言うとスープに口を付ける。ミチ子に似たその横顔を見ながら、ミツ夫は以前アルマイトに言われた言葉を思いだしていた。
『コピーが地球でどんな道を選ぶか、今度帰ったときにでも相談しておきなさい』
「学年末試験が終わったら、アルマイトさんが帰省させてくれるはずなんだ。だから地球のコピーと相談してから決めようかなって」
「そっか、俺も一度地球に行ってみたいな」
トーチはミツ夫の答えを聞くと、自分のトレイから肉まんのような丸い食べ物を掴みかぶりつく。
「午後は実技の試験だから、しっかり食べないとね」
ジルダも食事に取りかかったので、進路の話はここで途切れた。

 実技の試験は男女に分かれた格闘トーナメントだ。スージィ教官の声が養成学校の体育館に響き渡る。
「次、スワ対ユルシウム」
格技場の左右に、運動着姿のミツ夫とリーゼイが立ち上がった。リーゼイは見守るウェルたちに右手を挙げると歩き出したが、ミツ夫の耳にはトーチたちの声援も届かないようだ。体格も、たくましいリーゼイと比べるとどうにも見劣りする。二人はマットの中央で1メートルほど離れて向かい合った。
「始め!」
 スージィの右手が挙がるのと同時に、リーゼイがすごい勢いで間を詰めてきた。とっさに逃げの体制に入るミツ夫だが、間に合わない。背中を見せたところをリーゼイに捕まれた。次の瞬間、体が引き倒される。
(くそっ!)
 ミツ夫は起きあがりざまに足をつかもうとするが、リーゼイは一足違いで飛び退き、左足を顔面めがけ蹴り出す。ミツ夫は避けようとするが、気が付くと場外に転がり出ていた。
「それまで!」
 スージィの左手が上がる。ミツ夫が立ち上がるとリーゼイが右手を差し出した。満面の笑みを浮かべている顔を見ないようにしながら、ミツ夫は手を乗せた。

 「ひゃー、災難だったな」
放課後、「動道」を歩くミツ夫にトーチが話しかけてくる。ミツ夫はため息をついた。
「まだあちこち痛いよ」
「結局男子はリーゼイが優勝だったもんな。チキュウじゃ格闘技はやらないのか」
「あるけど、僕はちょっと」
ミツ夫の脳裏に、パー子に投げ飛ばされた時の記憶がよぎった。
「じゃ、こんどカーサに教えてもらえよ。彼女、ナントカって格闘技の師範級なんだろ」
「ムセラだよ」
 トーチの発言を補足したのは後ろから来たカーサだった。首にタオルを掛けている。プルネラやジルダも一緒だ。
「女子の部優勝、おめでとう」
ミツ夫の言葉にもカーサはいつもと変わらず冷静に答える。
「親父と小さい頃から訓練してただけさ。勘を取り戻すのが大変だったけどな」
「カーサのお父さんは有名な格闘家で、いろいろな星に遠征してるんですよ」
プルネラが補足する。
「でも、リーゼイ君も顔面を狙うなんて卑怯じゃない?」
 ジルダは少し声を荒げたが、ミツ夫は無言で「動路」を乗り換えた。
(実戦では卑怯なんて言ってられない。僕が強くなるしかないんだ。分かってるけどさ)
分かってはいるが体が付いていかない自分に、ミツ夫は内心いらだっていた。

 アルマイトからミツ夫のバッジに連絡が入ったのは、その日の夜だった。
『1号、そろそろ付属学校の終業式だろ』
「ええと、3月24日だから後4日ですね」
『パトロール船が明日、メンテナンスのために本部宇宙港に戻るんだ。点検に3日かかるから、終業式後すぐ地球へ帰れるぞ』
「本当?」
 ミツ夫の声色が変わったのに気づいたアルマイトはからかう。
『どうした1号、急に元気になって』
それも気にならないくらい、ミツ夫は浮かれていた。
「どれくらい地球にいられるのかな。お土産も持っていかないと」
「2年生になる準備もあるだろうし、せいぜい5日くらいかな」
「そんなぁ」
「記憶バンドの準備も忘れずにな。それじゃ」
落ち込むミツ夫にはかまわず、アルマイトは通信を切った。

2.カーサのアドバイス

 3日後。付属学校の終業式が終わり、学校は10日間の休暇に入った。シセルの実家に戻るジルダ以外は、シセル宇宙港からそれぞれの母星に戻ることになる。もちろん地球航路はないので、ミツ夫は本部宇宙港に停泊中のパトロール母艦「ヤミ」に搭乗して地球近くまで向かうことになったのだ。
 久しぶりに地球から持ってきた服を着たミツ夫は窮屈さを感じていた。背が伸びたせいだろうか。
(コピーも成長してるのかな。いきなり交代して怪しまれたらどうしよう。……おっと、そろそろ出なきゃ)
 壁の時計をチェックすると、ミツ夫は部屋を出た。手に持ったボストンバッグには、記憶バンド、土産のクラムアレーム(饅頭のような菓子)、日記のノート等が入っている。
 個人情報が入っているチェルキと部屋のカードキーを預けるため学生課に立ち寄ると、カーサが手続きをしていた。ミツ夫は軽く手を挙げる。
 「やあ、カーサも帰るんだね」
「いや、あたしは親父がこっちに来るから宇宙港のホテルに泊まるんだ。アクカネゲナは遠すぎるからね。なにしろバード本星に行っても直行便が3日に一度しか出てないくらいさ」
ミツ夫は宇宙地理の授業を思いだしていた。クコワ連合の一つであるアクカネゲナはバード時間の3日が1日にあたる小さな星だ。過酷な環境の楽しみとして格闘技が発達したのだという。
 「地球は直行便どころか航路がないんだよ。今回はパトロール母艦で帰るんだ」
「そっか、バードマンが迎えに来るのか。どうやって帰るのか心配してたんだ」
カーサは笑った。どんな時でもフラットな雰囲気を漂わせているが、今日はいつもより明るく見える。
「休暇中はアクカネゲナ時間でゆっくり寝られるからね。ジルダの家にも行くし、退屈はしないと思うよ。ミツオは目覚まし役のトーチがいないんだから寝坊しないようにな」
「大丈夫だよ」
ミツ夫は苦笑する。トーチにでも聞いたのだろうか。確かに寝坊がちなミツ夫が1年なんとかやっていけたのはトーチがバッジで起こしてくれるからである。
「そうそう、こないだの試合を見てて思ったんだけど」
カーサはいきなり切り出した。ミツ夫は確認する。
「実技の試験のこと?」
「パーマンセットを付けてないときに、ミツオがリーゼイのような大きな相手に正面から立ち向かうのは不利すぎる。ああいう時は相手のリズムを崩してから組み付くのが『ムセラ』のスタイルだ」
「リズム、ね」
 言われてもミツ夫にはピンとこない。
「あの時、ミツオは背中を見せて逃げようとしただろ。あれでは『投げてください』と言ってるのと同じだ。相手の見えてない懐に潜り込む、逃げるのではなく相手の後ろに回り込む、自分に少しでも有利な場所を見つけて不意を突くんだ」
カーサはそう言いながらひょいとミツ夫のバッグを掴んだ。
「今、バッグに意識が行ってなかっただろ。ヒトってそういう物さ」
 カーサはバッグを離すと、「ごめん」と軽く頭を振った。
「1年一緒に勉強してたから分かってきたんだ。ミツオが本当は寝坊が好きで、宿題もトーチやジルダと頭悩ませながら解いてて、実技の授業でもみんなに付いていくのに必死で、でも事件や事故の現場では先頭に立って活躍する、根っからのパーマンなんだなって」
どうやらカーサはミツ夫を褒めてくれているようだ。ミツ夫は今までなく緊張した面持ちで答えた。
「ありがとう。でも、地球の仲間たちは僕よりずっと優秀なパーマンだよ」
「そう言える仲間たちがいることは幸せなことさ」
カーサは一瞬視線をずらし遠くを見た。その先にはアクカネゲナがあるようにミツ夫には見えた。
「確かにミツオは地球代表だけど、みんなの期待が重荷になって潰されたら元も子もない。折角地球人が誰も行けない場所にいるんだからさ、ここでできることは何でもやってみればいいと思うんだ。あたしで助けられることがあったらいつでも言ってくれ」
「ありがとう。じゃまた来学期よろしく」
 ミツ夫はカーサに手を振ると、本部宇宙港へ続く「動道」へ向かった。
 カーサと二人きりでこんなに話したのは初めてだったが、ミツ夫はカーサが自分を気にかけてくれていたのが嬉しかった。そしてカーサも自分のように故郷から一人で留学してきた仲間なのだと改めて思うのだった。

3.パトロール母艦「ヤミ」

 本部宇宙港へ続く「動道」の先には、ミツ夫がクラムに到着した際にくぐったゲートがある。パーマンバッジを光にかざしてチェックすると、ゲートが開いた。宇宙船の並ぶ格納庫のどこかに、これから乗るパトロール母艦「ヤミ」があるはずだ。辺りを見回していると、不意に背中から声がした。
「1号、一年間お疲れ様」
 振り向いたミツ夫の目に飛び込んだのはバードマン姿のアルマイトと、水色のマスクに紫のマント姿のバードマンだった。こちらには胸の「B」マークはない。手にはハードケースを下げている。
「この姿で会うのは初めてかな」
その声を聞いて、ようやくミツ夫ももう一人がイリメンだと理解した。アルマイトが急かす。
「1号、ここからはパーマンセットを付けるんだ。パトロール母艦は公務だからな」
「はい。でもどうしてイリメンさんが」
セットを取り出しながらミツ夫は尋ねた。
「それは乗ってから話すよ」
イリメンはそう言うと歩き出した。

 エレベーターで格納庫の5番ドックに下りると、船体に「ヤミ」という名前と銀河連邦のマークが描かれたグレーの宇宙船が停泊していた。長さは100メートルくらいだが、高さは艦橋まで含めると10メートルほどある。アルマイトが得意げに説明する。
 「これが銀河連邦学術観測船5号、もといバードマンパトロール母艦5号『ヤミ』だ。40星区から45星区が受け持ち区域だが、応援要請があれば他の星区にも出張する。母艦としては小型タイプで、パイロットとナビゲーターがいれば最低限動かせる。私は普段ここから小型艇でパトロールをしているんだが、今回は特別に1号の小型艇も格納しておいた。地球から来たときに乗ったのと同型だ」
「僕の小型艇!」
喜ぶ1号にアルマイトが水を差した。
「艦載機のレンタルだよ。それとも私のようにローンを払うかい? では中に入ろう」
 アルマイトはハッチの前でバッジをかざし、扉を開けている。気を取り直した1号はイリメンに話しかけた。
「『ヤミ』はガラテア語で『閃光』という意味ですよね。地球の日本語では『光の届かない真っ暗な場所』を『ヤミ』って言うんです」
「なるほど、正反対の意味なんだね。まあ、宇宙のほとんどは『ヤミ』だから間違ってはいないんじゃないかな」
イリメンはうなずいた。

 船内に入った三人はブリッジに向かった。1号にとっては何もかもが初めて見るものだらけで、興味津々である。ブリッジに入ると2名のバードマンが計器の前で準備をしていた。アルマイトは左手を胸に当てて会釈する。バードマンの敬礼に当たる挨拶だ。
「42星区バードマン1号、アルマイト・カラコルム、他2名到着しました」
 奥の席に座っていた紺色のマスクに橙色のマントの男性バードマンが立ち上がり、敬礼を返す。褐色の肌に黒い髪が覗いているのでオレゲナ系人種だろう。
「『ヤミ』艦長のナシュティン・アレイだ。40から45星区の隊長も兼務している」
 続いてアレイは作業中の二人の隊員を紹介した。
「右の席が41星区担当バードマン1号、エイガンタン・アーグ。本艦のナビゲーターだ」
白いマスクに、緑のマント姿の恰幅のいい男性バードマンが振り返った。赤毛に緑眼のルメゲナ系人種だ。
「よろしく。エインと呼んでくれ」
「左の席にいるのが44星区バードマン1号、ガウシュ・マヌエ。天文学者でもある」
ガウシュも胸に手を当てて一礼した。のっぽで細身の男性だ。焦げ茶色の髪に淡褐色の肌はアルマイトに似ているが、セットの色は黄色いマスクに黒のマントと正反対である。
 艦内の紹介が終わると、イリメンが前へ進み出た。胸に手を当てる。
「本部研究室第3開発室副長、イリメン・アソウです。今回のご協力に感謝します」
イリメンに続き、1号も胸に手を当てた。
「42星区パーマン1号、ミツオ・スワです。よろしくお願いします」
「噂はカラコルムから聞いている。平和会議のテロリスト逮捕に協力したそうだな」
「ありがとうございます」
1号は思わず日本流にお辞儀してしまった。アレイは動じずに返す。
「もうすぐ出航するから君たちも席についてくれ。42星区にはバード時間で15時間後到着予定だ。それまでゆっくり休むといい。カラコルム、後で二人の案内を頼む」
「了解しました。さ、二人ともこっちへ」
 アルマイトに急かされるままに1号はイリメンと共に空いた席に腰掛け、シートベルトを締めた。アルマイトはパイロット席に着き、発進準備を始める。
「パトロール母艦『ヤミ』発進許可をお願いします」
「コードネームをどうぞ」
管制官の声が返ってきた。
「エル・ガジ、52855」
アルマイトのコードネームを管制官が復唱する。
「エル・ガジ、52855、認証しました。3ミネガ後に発進してください」
「エル・ガジ、なんだっけ」
つぶやくミツ夫にイリメンが答える。
「パイロットコードだよ。免許証の個人番号で誰がパイロットか確認してるんだ。母艦には複数のパイロットがいるからね。もっとも、宇宙に出れば自動操縦で42星区まで一直線さ」
「そういえば、イリメンさんの公務ってなんですか」
先ほどの会話を思いだした1号は尋ねた。
「コピーロボットのメンテナンスだよ。いい機会だから、4人分交代でやろうと思ってね。前回代替コピーを一体しか用意しなかったら、取り合いで大変なことになったとアルジェに聞いたから、時間短縮のために母艦の工作室を借りることにしたんだ」(*0)
 1号の胸に微かな不安が広がったその時、格納庫の上部ハッチが開き、機体が上昇を始めた。いよいよ出発だ。
(みんな、待っててくれよ)
1号の心は既に地球へと飛んでいた。
(*0)326話(DVD327話)「このコピーは誰のもの!?」より

4.ベッドの上下で

 『ヤミ』を自動操縦で航路に乗せた後、アルマイトは1号とイリメンを寝室に案内するため通路を歩いていた。その間も説明は続いている。
「我々はバードマンとしてパトロールする傍ら、銀河連邦観測船としての任務を行ってるんだ。さっき会ったガウシュは天文学者として星区内の定期観察、エインは農業学者として艦内のプラントや地球で入手した植物の管理をしている。私もパーマンたちの指導の合間に地球の情報収集をしてるんだ。それに加えて艦内のメンテナンスもある。結構忙しいんだよ」
「アルマイトさんが休んでる間、自動操縦で大丈夫なんですか」
1号の問いにアルマイトは胸を叩いた。
「母艦は基本2交代制で、休憩時間を挟んで12時間勤務するんだ。4時間後に今寝室で休んでるバードマンが勤務に入るから、異変があれば呼び出してくれる。艦長は定期的に両方のシフトに入って確認しなくてはいけないから一番大変なんだよ」
アルマイトは突き当たりのドアを開けた。
「さ、ここが寝室だ」
 1号は部屋をのぞき込んだ。ベッドが上下に並んでいるだけの簡素な作りだ。アルマイトはすまなそうに言う。
「サポートバードマン用の部屋だ。狭いが勘弁してくれ」
「サポートバードマン?」
「僕のような本部勤務バードマンの通称だよ。現場の手伝いや巡回検査のためにパトロール艇に乗ることもあるからね。セットはパーマンセットのような汎用型を使っているんだ」
イリメンが1号に説明した。
「汎用型って、アルマイトさんとどこが違うんですか」
「主にマスクのカスタマイズだね。アルジェなら地球の言語情報や自分の精神能力を効率的に引き出す装置が入ってるよ」
「そしてスーツの『B』マークですね」
1号は自分の胸を叩く。
「アルジェは地球のスーパーヒーローのたしなみだって言ってたけど、本当なのかな」
「ええ、まあ」
1号は苦笑した。そこにアルマイトの咳払いが入る。
「オホン、ちょっといいかな。今日はこっちで寝るから、イリメンはあたしの部屋を使ってくれ」
「分かったよ」
イリメンはアルマイトの意をくみ取ってるかのようにウインクした。

 軽い食事とシャワーの後、ミツ夫はアルマイトとベッドに入っていた。目覚ましは8時間後にセットしてある。
「ところで、来年の専攻科目は決まったか」
下段に寝ているアルマイトが上段のミツ夫に呼びかける。ミツ夫は天井を見つめながら答えた。非常時に備えて、淡いオレンジ色の明かりが点っている。
「まだ決まってないんだ。アルマイトさんは何を選んだの」
「宇宙船のパイロット資格だよ」
「トーチと同じか。それじゃ参考にならないな」
「一番したいことを選べばいいんだ。難しく考えることはない」
アルマイトは明るく言うが、ミツ夫は留学からのこと、そして学友たちのことを思い返していた。
「もしかして、僕をここに呼んだのはこの船の様子を見せたかったの?」
 ミツ夫の問いにアルマイトはややあって話し出した。
「それもあるけど、ミツ夫には一年間心細い思いをさせたからな。いい機会だから、言いたいことがあったら何でも言ってくれ」
「いきなり言われても」
ミツ夫は戸惑ったが、起き上がって下をのぞき込んだ。アルマイトは腕を頭の上に置いて横を向いている。その目とミツ夫の目が合った。マスク越しではない優しい眼差しに、ミツ夫は背中を押されるように感じた。そのままアルマイトに問いかける。
「一度聞いてみたかったんだ。アルマイトさんはルーガの孤児院からここに来たんだよね。一人でここへ来て寂しくなかったの?」
「その話、マリィから聞いたのか」
 アルマイトは仕方ないというように目を閉じた。そして話し出す。
「私をここに連れてきてくれたバードマンが、父親代わりになってくれたんだ。養成学校入学までの3年間だけどな」
「3年間だけ」
ミツ夫はアルマイトの父親代わりになった人が誰か気になったが、話はそのまま続く。
「とても厳しい人で、最初は甘えてはいけないと思っていた。だが、二人で海に行った時、溺れたショックで母親を亡くした時の記憶を思いだしたんだ」
アルマイトは唇を噛みしめる。今でも辛い記憶なのだとミツ夫は思った。
「その後、混乱する私を見た彼は、一晩私のそばで手を握って眠ってくれた。それから、『お父さん』と呼んでいいと言ってくれた。とても嬉しかったよ」
 アルマイトは目を開けると、ミツ夫を見つめた。
「私は寂しさに立ち向かう力を彼からもらったんだ。例えどんなに離れていても、『お父さん』と心は繋がっていると今でも信じてる。その人のようなバードマンになりたいと思って頑張っているけど、まだまだだな」
アルマイトは照れたように笑う。ミツ夫はアルマイトが自分を信頼し、過去の話をしてくれたことが嬉しかった。それを聞き、ミツ夫も今まで誰にも話さなかったことを話す決心が付いた。
「この一年間、寂しかったり、悔しかったり、辛かったことはたくさんあったよ。そういう時は日記に気持ちを書いてたんだ。時々読み返すと、僕はあんまり進歩してないな、と思うけど、いつか懐かしく思えればいいな、とも思うんだ」
「そうか。ミツ夫はあたしよりずっとしっかりしてるな」
「僕はパーマンとして地球にいたときから、家族の前では『ミツ夫君のお友達』だし、コピーがミツ夫としてかわいがられているのを見て、羨ましいと思ったことも何度もあった。留学前から今の訓練をしてたようなもんだよ。だから寂しいけど耐えられたんだ」
「お前も大変だったんだな」
アルマイトは感慨深げにうなずいた。
「地球から出発する前、バードマンが時間を止めていた間に、僕は『須羽ミツ夫』としてママにお別れをしてきた。その時に決めたんだ。『須羽ミツ夫』はコピーに任せて、僕は地球代表のパーマンとして立派なバードマンになろう、って。そう決められたのは地球のみんなと、アルマイトさんがいたからだよ」
「本当かね」
心なしかアルマイトの目が潤んでいるようにミツ夫には見えた。つられて涙が浮かびそうになったミツ夫は、あわててベッドに横たわる。
「もう遅いから、僕も寝ていいかな」
「ああ、おやすみ」
「おやすみ、『アルマイトお父さん』」
わざと明るく答えると、ミツ夫は毛布を頭から被った。そうでもしないと、本当に泣きそうだったからだ。

5.ハレー・ランデブー

 8時間後、ミツ夫を起こしたのは目覚ましではなく、アルマイトの声だった。
「おい1号、そろそろ起きるんだ」
「ウーン」
寝返りを打ったミツ夫は、ベッドをのぞき込むアルマイトの顔に驚いて飛び起きた。
「目覚ましが鳴っても起きなかったから止めといたぞ」
「お、おはようございます」
まだ意識がはっきりしないミツ夫は、寝る前のアルマイトとの会話をぼんやりと思い返していた。普段はしないような話をした気がするが、目の前のアルマイトはいつものマスク姿だ。
「お前に見せたいものがある。着替えたらブリッジへ行くぞ」
そう言うとアルマイトはベッドから降りた。

 ブリッジには先に来ていたイリメンと、ミツ夫が初めて会うバードマンが二人いた。青いマスクに白いマントの男性と、橙のマスクに青いマントの若い女性だ。男性が挨拶する。
「パーマン1号君、初めまして。私は40星区バードマングループ1号、エクタル・ベンゼンだ」
年はアルマイトと同じくらいに見える。バード星人には珍しく金髪に青い目、白い肌で地球の白人に近い雰囲気だ。
「私は42星区バードマングループ2号、ミナ・ヘブルです。アルマイト先輩にはお世話になっています。よろしくね」
ミナはミツ夫に手を差し出した。小柄で黄色の髪、黒眼、小麦色の肌と地球人に似た風貌だ。1号も手を握り返す。
 挨拶が終わると、エクタルが切り出した。
「ところで、アルジェからはどこまで私たちの話を聞いているのかな」
「いえ何も」
1号が素直に答えると、アルマイトが慌てて遮った。
「いやぁ、地球のパーマンたちには時期尚早だと思ってね。いい機会だからここで紹介しよう」
(相変わらず説明が足りないんだから)
心でぼやく1号にはかまわず、アルマイトは説明を始めた。
「二人は普段は地球の滞在調査員として、ニューヨークの国連本部で働いている。今回は乗務員が二人休暇を取っていて人手がないので、地球にコピーを残して来てもらったんだ。ちなみにその二人は君のクラスメイト、ジルダ・マーレンのご両親さ」
ジルダの両親がバードマンなのは知っていたが、『ヤミ』乗務員なのは初耳だ。コンソールの前にいるイリメンが呼びかけた。
「地球のパーマンたちの分が終わったら、お二人のコピーもメンテナンスしますよ」
「ありがとうございます。今は地球の情報収集が主な仕事ですけど、地球のパーマン計画が軌道に乗ったら、私も他の地域でパーマン計画を進めることになっています」
ミナが補足する。
 「アルマイトさんに後輩? それに40星区のバードマンが地球にいるなんて」
1号はあまりの新情報に混乱気味だ。見かねたエクタルが話し出す。
「私は研修の時にミナの教育担当だったので、補佐役として地球行きを志願したんだ。私の担当は『ヤミ』乗員用の肩書きのような物だよ。担当星区で知的生命体が居住するのは42星区だけだから、他の星区は定期巡回で異変がないかを確認するのが主な仕事だからね」
「私たちも地球人としては別の名前を使っているし、エクタル先輩はわざわざ髪の毛を染めてるんですよ」
「お二人とも大変なんですね」
1号はそれだけ言うのが精一杯だ。
「実はアルマイトさんも地球人として暮らしてるんじゃないでしょうね」
疑いの目で見る1号にアルマイトは手を振った。
「時々地球人に扮装して情報収集はしているけど、住んではいないよ。さすがにコピーは2体持てないからね。そうそう、クラムに帰るときまで君の円盤を預かってもらうようエクタルたちに頼んでるから、1号は私の円盤に一緒に乗って地球へ向かってくれ」
「分かりました。ところでいつ地球に着くんですか」
「その前にこれを見てくれ」
 1号の問いには答えず、アルマイトは前方のスクリーンを指差した。イリメンの操作で画面の一角が拡大される。現れたのは、猛スピードで飛ぶ星だ。微かに光の尾を引いている。
「これって、ハレー彗星ですか」
ミツ夫の答えに、アルマイトは満足そうに胸を張った。
「さすが、きちんと勉強しているようだな。ハレー彗星は数ヶ月前に太陽に近づいて、今また遠ざかっている。地球で一番有名で、我々にとってはかつて42星区を探検したアイリー・ノーブルが見た彗星だ」
「アイリー・ノーブル」
 その名前に1号は聞き覚えがあった。宇宙地理の授業で良く出てくる探検家だ。80年ほど前の人物である。
「ガウシュをリーダーにここ数ヶ月、彗星の活動記録をとるのが我々の仕事だったんだ。今回は地球でも観測機を打ち上げていたので邪魔にならないようにだけどね」
1号はスクリーンを見つめていた。ハレー彗星をこんな間近で見た地球人は自分だけだろう。そう思うと体の底が熱くなってくる。
「地球の盛り上がりもすごい物だったよ。少しでも観測条件のいい場所を探してツアーに行ったり、便乗グッズが沢山出たり、望遠鏡や双眼鏡も飛ぶように売れてたっけ」
「地球単位で70数年で戻ってくるから、子ども時代と老人になってから、一生に2回見る人もいるなんて、ほんと出来すぎてロマンチックだわ」
エクタルとミナの言葉にアルマイトはうなずくと、いきなり歌い出した。
「ハレー、ランデブー、ここであなた、待っているわ♪」
「それまさか、スミレちゃんの歌」
1号は思わず口をあんぐりと空けた。
「星野スミレの最新曲、『ハレー・ランデブー』。現在大ヒット中だよ」
「最初にバードマンの声で聞きたくなかったよ」
あまりのショックに1号は「アルマイトさん」と呼ぶのも忘れていた。アルマイトは思わずずっこける。
「ヘコ! 本物は後で浴びるほど聞けるだろ。朝食をとったら地球に向かうぞ」
「はい!」
アルマイトの声で1号は我に返った。いよいよ懐かしの我が家へ帰れるのだ。

6.ただいま、地球

 地球に近づいた『ヤミ』は、アルマイトの操縦で月の裏側に回り、大きなクレーターの上空で静止した。
「ムーンポイント到着、これより8時間の待機へ移行します」
アルマイトは後を引き継ぐアレイ艦長に報告すると、バッグを持った1号に呼びかけた。
「お待たせ。では出発しようか」
「艦長、それでは行ってきます」
 胸に手を当てると、1号は颯爽とブリッジを後にした。そのままアルマイトの後を付いていき、格納庫行きのエレベーターに乗り込む。
「ムーンポイントって言ってましたけど、他にもポイントがあるんですか」
1号の問いに、アルマイトは円盤用のリモコンを取り出しながら答えた。
「定点観測用のポイントは各星区に複数あって、42星区ではここと火星、木星の近くにあるんだ。ずっと飛んでいると船の燃料もバカにならないし、地球に用事があるときはここに停泊している。もちろんステルスモードだけどな」
 その時エレベーターの扉が開いた。目の前にいつもの円盤が留置してある。隣にある金色の機体は1号用の円盤だろう。クラムに来たとき乗った物と同型のようだ。
「ひらっちょ」
アルマイトはリモコンで円盤の上の透明シールドを開くと飛び乗った。1号も続けて乗り込む。バッグがあるのでやや窮屈だが、かまわずアルマイトはレバーを掴んだ。
 格納庫の扉が開き、円盤は月を越えるように高く飛び出した。昔教科書の写真で見たような上部が光る地球が浮かんでいる。
「ここから地球へワープするぞ。日本は午後5時頃のはずだ。たぶん時差ぼけがあるだろうが勘弁してくれ」
アルマイトはそう言うと、コンソールのボタンをいくつか押した。とたんに目の前の地球が消える。次の瞬間、藍色の空が1号の視界を流れた。大気圏内に移動したのだ。円盤は眼下の日本列島へどんどん降下していく。1号は思わずつぶやいた。
「ただいま、みんな」

 その頃、地球ではパーマン2号、3号、4号とミツ夫のコピーロボットが1号の帰省を待ちかねていた。ここはアルマイトがよく使う山中の呼び出しポイントだ。
「バードマンは午後5時って言ってたのに。もうとっくに過ぎてるのよ」
落ち着きなく空を見上げる3号に4号が言う。
「またバードマンの時計が遅れてるんとちゃうか」
「もしかして1号が寝坊してるのかも」
コピーの言葉に2号が「ウィーウィ」と同意する。その時、上空に光球が流れた。
 光球はパーマンたちの頭上で停止する。円盤の姿が現れるやいなや、1号が飛び出した。
「みんな、ただいま!」
真っ先に飛び出したのは3号だ。
「1号、おかえり!」
空中でパーマンたちにもみくちゃにされる1号を、コピーは地上で見守っている。地上に降りた1号はコピーの前に立つと、やや神妙な面持ちで言った。
「コピー、長い間留守番ありがとう。今日はゆっくり休んでくれ」
「その前にいろいろ引き継ぎしないといけないけどね」
「その通り」
コピーの言葉に同意したのは円盤から降りたアルマイトだ。
「予告したとおり、今回の1号の休暇はみんなのコピーロボットのオーバーホールも兼ねている。2号・3号・4号は1日おきに代わりのコピーを使ってもらうけど、1号は時間がかかるから別枠で3日間を予定している。2号はコピーを持ってきたかな」
 2号はオレンジ色のコピーロボットを差し出した。代わりにアルマイトは白いコピーロボットを渡す。
「2号の家族が心配すると困るから早く帰りなさい。明日コピーを取りに行くから、1号とコピーは朝までに記憶の引き継ぎと今後の打ち合わせをしておいてくれ」
「待って、みんなにお土産持ってきたんだ」
 1号は白い饅頭型のお菓子、バードアレームを取り出すと配り始める。それを見たアルマイトはコピーを手招いた。
「コピー、今度のメンテナンスは1号が長期不在になっても不具合がないように体内の偽装をしたり、成長予測を盛り込んだりするものだ。1号に言いたいことは今夜のうちに言っておくんだな」
「それじゃまるで、ずっとミツ夫君が帰ってこないみたいじゃないか。あまり言いたくないけど僕だって苦労してるんだよ」
抗議するコピーにアルマイトは言った。
「次回は早くて来年の学年末だからね。すまないがよろしく頼む」
「分かったよ」
アルマイトも決して納得しているわけではないことを見て取ったコピーはうなずいた。そこに1号が割り込んできた。バードアレームを差し出す。
「コピーにもお土産。バード星の饅頭だよ」
「ありがとう」
コピーはバードアレームを両手で受け取った。

 2号の家に行ってコピーを置いてきた後、皆はミツ夫の部屋に集まっていた。
「お兄ちゃん! パーマンが来てるのなら早く言ってよ!」
ベランダから入る1号を見たガン子は興奮してジュースとお菓子を準備している。コピーが運ぶと言っても聞かない。
「みんなには言いふらさないでくれよ。すぐ帰るんだから」
「そんなぁ。夕ご飯は一緒にとろうよ。ママに言っとくからさぁ」
「わかったわかった。パーマンに聞いてみるよ」
こうなるとガン子はてこでも折れないことを知っているコピーは、お盆を持ち上げてそそくさと二階へ上がった。
 ミツ夫の部屋に入ると、1号が早速3号に問い詰められていた。
「それで、あのミッちゃんに似た娘とはなんともないんでしょうね!」
「た、ただのクラスメイトだから」
1号はすっかりたじたじだ。4号が取りなす。
「まあまあ、1号はんは色恋で隠し事のできるお人やあらへん」
「ウィーウィ」
2号にも同意され、3号は渋々矛を収めた。
「1号、ガン子が一緒に夕ごはん食べたいって言ってるんだけど、今夜だけつきあってくれないかな」
コピーの言葉に、1号はしばらく考えて答えた。
「それじゃ久しぶりに、『ミツ夫君のお友達』をやるか」
「じゃ、また明日の午後パトロールしましょ」
「わいらもこれで失礼しまっさ」
「ウッキウッキー」
 三人が帰った後、1号はコピーを見つめしみじみと話しかけた。
「本当にあのマスクの下がスミレちゃんなのか、今でも不思議に思うよ。まだ他のパーマンたちにばらしてないのかい」
「うん。僕にばれた時も言いにくそうだったし、ここに来るパー子さんはパー子さん、TVのスミレちゃんはスミレちゃんだと思うようにしてるよ」
「僕も正直、パー子相手なら何でも言えるけど、スミレちゃんと同じように話せるかって言われたら自信がないんだ」
 1号は学習机の上に置かれたパーマン4人の写真を見つめた。寮の自室にあるものと同じだ。
「きっとパー子とスミレちゃんでモードが変わるんじゃないかな。僕がパーマンとミツ夫でモードが変わるように。一番嬉しいのは、彼女が両方の僕を好いてくれてることなんだ。それに比べて僕は、パー子でもあり、スミレちゃんでもある彼女をまだ受け入れられてないのかもしれない」
脳裏にマスクを外したときのスミレの顔が浮かび、1号は思わず赤面した。

7.僕の夢、君の夢

 その夜、久しぶりに須羽家の食卓を囲んだ1号にガン子はあれこれ聞いてきたが、「いろいろあって大変なんだよ」とごまかし続けるしかなかった。会社から帰ってきたパパもパーマンが来るとうるさかったママも、いつもより優しいように1号には思えた。何より白いごはんとしじみの味噌汁、ハンバーグとポテトサラダという普通の料理がご馳走のように感じられた。

 風呂に入った後、ミツ夫はコピーとのバンドによる記憶交換を終え、ベッドに横たわっていた。久しぶりの自室のベッドは少し狭くなったように感じる。
「明日は初めての朝日ヶ丘中だけど、何組に行くか分かってる?」
コピーは学習机の椅子に座るとミツ夫に尋ねた。
「もちろん。2年2組だろ。サブがクラスメイトで、担任は国語の山中先生」
記憶のアップロードをしたばかりのミツ夫は自信満々に答える。
「明日は2時間目に英語のミニテストがあるからね。僕も一応平均点はとれるくらい勉強してきたけど、実際受けるのは君だから」
「英語か。ガラテア語よりは簡単だといいな」
 つぶやくミツ夫をよそに、コピーは机の引き出しから何かを取り出した。20センチくらいの四角くて黒い物体にヘッドホンのコードが刺さっている。
「これが今の流行最先端、携帯CDプレーヤー。お年玉で買ったんだ。中にスミレちゃんの最新アルバムが入ってるよ」
「なんだって?」
ミツ夫はベッドから起き上がると、コピーの隣に駆け寄った。コピーは携帯CDプレーヤーを机の上に置くと、ミツ夫にヘッドホンを差し出した。コピーがスイッチを押すと、スミレの歌が流れ始める。
『ハレー、ランデブー、ここであなた、待っているわ♪』
 ミツ夫は一曲終わると感動したようにヘッドホンを置いた。
「これが今大ヒット中の『ハレー・ランデブー』か。心が洗われたよ。バードマンとは大違いだ」
「バードマン?」
きょとんとするコピーにかまわず、ミツ夫は話し続けた。
「里帰り中にこの歌をバードマンが歌ってたんだ」
「へえ。バードマンもスミレちゃんのお仕事チェックしてるんだね」
コピーは感心しながらCDを取り出し、ケースに格納する。きらきらした裏面に見とれるミツ夫。
「僕が出発したときには夢のアイテムみたいな物だったのに、随分広まった物だ」
「電池を食うから普段はカセットにダビングしたのを聞いてるよ。ハル三くんみたいにCDがついたラジカセが欲しかったけど高くてさ」
 ミツ夫はCDケースを取りあげ、歌詞カードの表紙のスミレを見つめた。髪型がセミロングに変わっているが、それだけでずっと大人びたように見える。
「ハル三はスミレちゃんと同じ美樹学園中等部に行ったんだよな。今でもつきあいあるんだ」
「大体は自分の買ったアイテムを自慢しに呼びつけるんだけどね。ハル三くんも僕たちが恋しいんじゃないかな」
「他のみんなはどうしてるんだい」
「ミッちゃんは期末テストでもいつも学年10位以内に入る上に、今度テニス部で都大会に出るんだ。受験に備えて塾にも通ってるし、とても忙しそうだよ」
「ミッちゃんは相変わらず優秀だな。カバオやサブは?」
「カバオくんは野球部のエース候補だし、サブくんは体操部で活躍してる。二人とも高校は商業科のあるところに進学して、店の後を継ぐんだって」
 ミツ夫は改めてコピーに尋ねた。
「実は、コピーに聞きたかったことがあるんだ。もし君がこのまま地球で成長するとしたら、将来何になりたい?」
「将来ねえ」
コピーは左手をあごに当てる。
「僕はバードマン養成学校に入ってバードマンになるって決めてる。でも、地球の須羽ミツ夫はどう思ってるのか、君の考えを知りたいんだ」
「なるほど、コピーの選択を尊重してくれるってわけか。それじゃ真面目に答えないとね」
 コピーは左手をあごから外すとミツ夫に向き直った。
「僕は、ユキちゃんと一緒に近くの都立富成高校に通いたいんだ。それからのことはまだ考えてないけど、ミツ夫君がバードマンとして活躍するのを助けられるような仕事につければいいなって思ってる。それがどんな仕事かはこれから勉強するよ」
「ユキちゃんか。同じ部活で毎日会ってるんだもんな」
 ユキちゃんこと山岸ユキは、小学5年生の時に転校してきて、コピーとは初めて会ったときから仲良くなったガールフレンドである。そのためミツ夫がミチ子に二股疑惑をかけられたりと色々複雑な事態を引き起こしたのだが、気立てがよくしっかりした女の子でミツ夫も好感を持っていた。
「そのことなんだけど、ここ数日ユキちゃんが園芸部を休んでるんだ」
コピーの顔が曇る。
「ユキちゃんはミッちゃんと一緒の3組なんだけど、会いに行っても避けられてて。何が原因か僕にも分からないんだ。明日学校に行ったら、心当たりがないかミッちゃんにでもいいから聞いてくれないかな」
「分かったよ」
 ミツ夫はコピーの肩を叩いた。コピーはホッとしたように椅子にもたれかかる。
「やっぱり、君はユキちゃんと一緒になりたいのかい」
ミツ夫の問いにコピーは難しい表情をした。
「そりゃなりたいけど、秘密を抱えたままユキちゃんと暮らすのは気が重いよ。それに、僕がずっとここにいられる保証もないし。でも、一緒にいられるうちは仲良くしたいんだ」
「僕に遠慮してるのかい」
「違うよ」
コピーは訴えかけるような目をする。
「僕にはユキちゃんを幸せにする自信がないんだ。君だってもしミッちゃんと結婚したらずっと秘密を守って暮らせるかい?」
「それは」
言葉に詰まるミツ夫。
 「ミッちゃんだって、君が留学したばかりの時はここで君が来るのを待ってたりしてたんだけど、最近は学校でもあんまり会わないし、パーマンの話もしなくなったんだ。彼女も君のことを忘れようとしてるんじゃないかな」
「そうだったのか」
 明日にでもパーマンとしてミチ子に会いに行くつもりだったミツ夫だが、果たして行っていいものか探りを入れるためにも、学校でミチ子に会おうと決意したのだった。
 「そうだ、コピーに持ってきたお土産がもう一つあるんだ」
ミツ夫は持ってきたバッグから大学ノートを取り出した。
「向こうで書いてた日記だ。少しでも留学の様子が分かればと思ってね」
「君はここにいた時から『パーマン日記』を書いてたもんね」
「君も『コピーの日記』を書いてただろ」
「まだ書いてるよ」
コピーは鍵のかかった引き出しを指差した。
「結局僕たち、同じ行動を取っちゃうんだな」
どちらともなく二人は笑顔になった。

8.初めての中学校

 翌朝、アルマイトがミツ夫の部屋にやって来た。時差ぼけのせいかミツ夫は生あくびをしている。
「コピーと将来の話はしたかな」
アルマイトに尋ねられ、ミツ夫は昨夜の会話を伝えた。
「そうか、コピーは君の活躍を助けたいけど、まだどんな進路がいいか分からない、というわけか」
「バードマンになったら地球や宇宙のあちこちへ行くと思うから、どこにいてもおかしくない職業がいいと僕は思うんだけど、そうなるとサラリーマンは無理かな」
「我々には銀河連邦職員という仮の姿があるけど、地球人はその手が使えないから厄介だな」
アルマイトは腕を組む。
「一番いいのは、僕がバードマンになるまでに地球が銀河連邦に入ることなんだけど、難しいよね」
「そうだな。こればかりは我々には手出しできない領域だ」
 アルマイトの話が途切れたところで、ミツ夫はコピーロボットを取り出した。
「ところで、今回のメンテナンスはどうして3日間もかかるんですか」
ミツ夫の問いに、アルマイトは歯切れ悪そうに説明した。
「イリメンの話では、君の長期不在時にも健康診断で不具合がないようにコピーの体内の偽装をしたり、君の成長予測を盛り込んで自然に成長させるプログラムを入れるそうだ。なにぶん実際の運用は初めてだからかなり神経を使ってるらしい」
「ということは、僕はこの後ずっと地球へ帰れないってこと?」
ミツ夫の声が上擦る。アルマイトは静かに諭した。
「残念だが、養成学校に入ったら4年間は帰れないと思ってもらった方がいいな。バンドの交換で記憶のアップデートはできるし」
「……そんな」
うなだれるミツ夫にアルマイトは呼びかけた。
「もしかして、行きたくなくなったか」
「そうじゃないけどあんまりだよ。バード星の4年間って地球では5年以上帰れないってことじゃないか」
「すまんな。養成学校入学前には地球に帰れるよう整えとくから勘弁してくれ」
 その時、ベッドの目覚ましが鳴り出した。我に返る二人。
「もう学校に行く準備をしないと。コピーをよろしく」
ミツ夫はコピーロボットを差し出した。
「1号、コピーもいないし、地球でのパーマン活動はほどほどにな。順調にいけば三日後の夜にはパトロール母艦と一緒に戻ってくる。出発はその翌日だから、荷物をまとめといてくれ」
「分かったよ」
ミツ夫はそう答えるしかなかった。
「それじゃ、2号のコピーを取りに行くから失敬するよ」
 アルマイトはコピーを掴むとテレポートした。そのまま須羽家の屋根に停めた円盤に乗り込む。
「来年の専攻の話、聞きそびれちまったな。……ま、今の1号はそれどころじゃないか」
そうつぶやくとアルマイトは円盤をワープさせた。

 「ねえ、パーマン今度いつ来るの?」
ガン子は昨日のことが忘れられないようだ。朝食の席でもミツ夫にひっきりなしに尋ねる。
「僕にも分からないよ」
トーストにマーガリンを塗りながら、ミツ夫は素っ気なく答える。それを横からのぞき込むガン子。
「お兄ちゃん、何か隠してるんじゃないの?」
「そんなことないさ」
ミツ夫はやり過ごそうとするが、ガン子は不満げだ。それ以上刺激しないようそそくさと朝食を終えると、ミツ夫はカバンを肩にかけて家を出た。

 コピーの記憶があるとはいえ、ミツ夫にとっては初めての中学校だ。朝日ヶ丘中は急坂を上った丘の上にある。クラムでは「動路」頼りだったミツ夫には朝からちょっとした運動である。その途中でカバオとサブが声をかけてきた。
「ミツ夫、おっはよー」
「早くしないと遅刻するぞ」
学生服姿の二人と会うのは初めてだ。カバオは声変わりが始まっているようでやや低めの声だ。サブも背が少し伸びているが、ミツ夫よりまだ頭一つ小さい。
「カバオ、サブ、おはよう」
挨拶を返すと、二人は驚いたように立ち止まった。
「ミツ夫、昨日とは大違いだな。山岸と仲直りしたのか」
サブが尋ねる。どうやらコピーは傍目にも分かるほど落ち込んでいたらしい。
「別にケンカしたわけじゃないよ」
それだけ言うと、ミツ夫は歩を進めた。

 2年2組の教室は学校の二階にあり、窓側の前から3列目にミツ夫の席がある。今は2時間目、英語のミニテスト中だ。
(コピー、本当に勉強してくれてたんだな)
バンドの記憶で、ある程度の答えが分かることにミツ夫は感激していた。
(これなら安心して地球を離れられるよ。後はユキちゃんとミッちゃんの問題だな)
「そこまで。名前を書いたか確認してから前に回して」
来島先生の声でミツ夫は我に返った。答案を見返すと名前欄が空欄になっている。慌てて名前を走り書きすると答案を前へ回した。
返ってきた答案をチェックした先生は、一枚の答案を取りあげた。
「名前が読めない人がいます。これは……何語ですか」
ミツ夫は青ざめた。うっかりガラテア語で名前を書いてしまったのだ。
「たぶん……僕です」
ミツ夫がおそるおそる手を挙げると、サブがこらえきれず含み笑いをした。

 昼休みに2年3組に様子を見に行ったミツ夫だが、ミチ子とユキの姿はなかった。放課後、園芸部の部室に行ってみたがやはりユキはいない。ミツ夫はミチ子がいるであろうテニス部に行くため校庭に出た。花壇には園芸部が植えたコスモスの種が芽を出し始めている。
 校庭ではカバオたち野球部がキャッチボールをしている。少年野球で鳴らしたカバオは二年生ということで、秋季大会からはエースナンバーになる予定だと語っていた。
 テニスコートは体育館の向こうにあるため、ミツ夫は渡り廊下を使って体育館の横を通ることにした。窓からは体操部のサブが身軽に平均台で着地しているのが見える。昔から年に一度の竹馬大会チャンピオン(*1)が自慢だったが、まさか器械体操に適性があるとは思わなかった。
 テニスコートではテニス部の生徒が代わる代わるボレーをしている。だがミチ子の姿はない。
(今日は木曜日……ってことはミッちゃん、塾の日だ)
コピーの記憶による情報だと、ミチ子は駅前の大手進学塾に通うため、火曜と木曜は部活を休んでいるのだ。
(しょうがないな。ミッちゃんには夜、電話してみるか)
 ミツ夫がきびすを返したその時、誰かが正面に立ちふさがった。
「ミツ夫さん、あんまり遅いから迎えに来たのよ」
3号が仁王立ちしている。
「パー子、家に帰るまで待ってくれよ。着替えてから出るから」
ミツ夫の返事を聞いた3号は上空を見上げた。カバンを持った2号が待機している。ミツ夫は観念したようにつぶやいた。
「手際がよろしいようで」

(*1)295話(DVD296話)「サブとカバオの竹馬競争」より

9.パトロールでの事件

 2号に乗って須羽家に戻ったミツ夫はカバンを置くと着替えるとパーチャクし、ベランダから飛び出した。6月の梅雨空は雲が多いものの心地いい風が吹いている。
「この空を飛ぶのも久しぶりだな」
感傷に浸る1号だが、隣で飛ぶ3号はそわそわしている。
「1号に話したいこと、ずっと我慢していたのよ。聞いてくれるわよね」
1号の返事を待たずに3号はとうとうと話し始める。その勢いに1号には既視感があった。パトロール中に喋り続ける3号に「女は無口な方がいい」と愚痴ったばかりに無言で単独行動をされて謝るまで口をきいてもらえなかった(*2)こと、夜中にパーマンバッジで呼びだされてベッドで長話をしてた(*3)こと、過去の出来事がまざまざと思い浮かぶ。こういう時の彼女は喋らせとくしかないのだ。
「……チケットもすぐ売り切れちゃって、関係者席をなんとか確保したのよ。1号、ちゃんと聞いてるの!」
3号の雷が飛ぶ。慌てて答える1号。
「ああ」
「じゃ、土曜日来てくれるわね」
「あ、はい」
思わず答えてから3号の話を頭で巻き戻す。
(ええと、『東京湾岸ホール』で行われる音楽祭にスミレちゃんが呼ばれて、『ハレー・ランデブー』を歌うんだよな)
「良かった。スミレちゃん、ずっと1号に聞いて欲しいって言ってたのよ」
3号の声のトーンが落ちる。2号の手前ごまかしているが、それは彼女の本心から出た言葉だと1号は思った。
「ありがとう、僕も楽しみだ」
「嬉しいわ」
1号の返事を聞いた3号は安心したように上機嫌で飛んでいる。その時、下界から大きな衝撃音が響いた。下を見ると、交差点そばの信号機にトラックが激突している。
「みんな、行くぞ」
そう言うと1号は降下した。

 激突したトラックはフロントガラスが割れ、運転席のドアが信号機の柱に食い込んでいる。3号が公衆電話で救急車を呼び、1号と2号は助手席側のドアから運転手を運び出した。幸い運転手は命に別状はなかったが、トラックは大破し、積み荷の食料品が道路に散らばっている。片付けには時間がかかりそうだ。
 運転手は救急車に乗る前、1号に事故の状況を説明した。
「3人の中学生くらいの男の子が自転車で突然飛び出してきてな。避けようとしてぶつかったんだ」
1号たちは3人の自転車がいないか見回したが、救出中に現場を離れてしまったらしく見つからない。もっと探そうと1号が飛び上がった時、近くの進学塾の窓から見つめている視線と目が合った。
(ミッちゃん!)
ミチ子は授業中らしく、すぐに前を向いた。2号と3号はミチ子に気づいてないようだ。
「コピーがいないし、1号は夕食までに帰った方がいいわ」
3号に急かされ、1号は須羽家に戻ることにした。
「そうだ、パー子に見てほしいものがあるんだ。僕の留学日記」
「それじゃ、片付けが済んだら取りに行くわね」
3号の声に見送られ、1号は須羽家に戻った。

 夕食後ミツ夫が沢田家に電話をかけようとしたところ、ベルが鳴り出した。とっさに受話器を取る。
『沢田ですけど、ミツ夫さんいますか』
「僕だけど」
ミチ子の声のトーンがいきなり変わった。
『パーマン、今そこにいるの?』
「いや、いないけど」
戸惑うミツ夫にミチ子はたたみかける。
『今日塾でパーマンが交通事故現場にいるのを見たの。お願い、パーマンに会わせて』
その勢いに押されながらミツ夫は答えた。
「今からでもいいなら、パーマンに頼んでみるよ」
『本当!』
舞い上がるミチ子にミツ夫は呼びかけた。
「僕も聞きたいことがあるんだ。最近ユ……山岸さん、部活に来ないんだけど何かあったの?」
『知らないの? 山岸さんはお父さんの転勤で、明後日鹿児島に転校するのよ』
「何だって!?」
ミツ夫は思わず受話器を取り落としそうになる。
『学校には明日まで来るって言ってたわ。それよりパーマン本当に来てくれるの?』
「もちろんだよ。じゃ、パーマンに頼んでくるから」
とりあえず受話器を置いたが、ミツ夫の頭の中は混乱していた。
(どうしよう、ミッちゃんに、ユキちゃんに、パー子に、スミレちゃんに……。ああ、早くコピー帰ってきてくれ!)

(*2)298話(DVD299話)「女の子は無口な方がいい」より
(*3)328話(DVD329話)「おしゃべりバッジ」より

10.ミチ子の思い

 二階に戻ったミツ夫は、パーチャクするとバッジで3号を呼び出した。
「パー子、今どこにいるんだい」
『もうすぐミツ夫さんの部屋に着くわよ』
すぐ返事が返ってきた。どうやら須羽家の近くを飛んでいるようだ。
「急用ができたんだ。ベランダの鍵は空けておくから、バッグに入っている僕の日記を持ってってくれ」
『分かったわ』
パー子の返事を聞くと、1号はバッジのマイクを切った。そのままつぶやく。
「ごめん。僕がパーマンとしてミッちゃんと話すのは、これが最後かも知れないから」

 かつて何度も空から見た沢田家。二階の一室に明かりがついている。1号はまっすぐ光のそばへ降り立った。
「パーマン!」
半袖のセーラー服姿のミチ子が窓越しに声を上げた。慌ててベランダの窓を開ける。
「私、ずっと待ってたのよ」
「ミチ子さん」
それしか言えず、1号はベランダから室内をのぞき込んだ。小学校時代とあまり変わってないようだが、本棚にはたくさんの本が並んでいる。
「大丈夫よ、中に入って」
ミチ子は座卓へ1号を手招いた。
「それじゃ、失礼します」
 軽い罪悪感を抱えながら1号は室内に入った。ミチ子は用意してたらしい紅茶を淹れる。
「いつ帰ってきたの」
「昨日ですよ。でも、すぐに戻らないと」
「やっぱり、遠くへ行ってしまうのね」
ミチ子は目を伏せた。
「私、パーマンも遠くで勉強してるんだからと思ってテニスもテストも頑張ってきたわ。でも、今日偶然パーマンを見て会いたくなってしまったの」
「ミチ子さんが頑張っているのはミツ夫くんから聞いてますよ。もしかして、将来の夢があるんですか」
1号の問いに答える前にミチ子は本棚に目をやった。参考書や塾のテキストに混じって、宇宙や空の写真集が刺さっている。
「昔、私が空の飛び方を教わろうとした時、パーマンが空を飛べなくなったことがあったでしょ(*4)」
 1号は記憶を辿った。パーマンとして空が飛べなくなったことは何度もあったが、この時はスケボーで特訓しているうちに勘を取り戻して飛べるようになったはずだ。ミチ子は話し続ける。
「あの時、空を飛ぶあなたを見送って思ったの。パーマンと一緒に飛べなくてもいい。私は私のやり方で空を飛ぼうって」
「ミチ子さん」
1号にはいつの間にか成長したミチ子が自分より大人びて見えた。
「もしかして、いつか言ってた宇宙飛行士になるんですか(*5)」
「そこまでは分からないけど、いろんな世界をもっと知りたいの。留学もしてみたいな」
「私もミチ子さんを応援していますよ。これからもミツ夫くんと仲良くして下さい」
「ありがとう、パーマン」
 ミチ子は軽く目尻の涙を拭うと、気持ちを整えるように紅茶を飲んだ。
「ミツ夫さんも頑張ってるのよ。テストの成績も随分良くなったし。ただ、仲良くしていた山岸ユキさんが転校するって知らなかったみたいでかなり動揺していたわ。パーマン、助けてあげて」
「任せて下さい」
1号は胸を叩く。
「実は、もう一つパーマンに伝えたいことがあるのよ」
ミチ子の声のトーンが変わった。
「私、さっきの交通事故が起こった瞬間を見たの」
1号の問いに、ミチ子は紅茶のカップをのけるとノートを広げた。現場の簡略図を書き出す。
「あの時、信号の向こう側にハル三さんがいて、ハル三さんを見つけたらしい3人の男子が自転車で飛び出してきたの。そのうちの一人は美樹中テニス部のエース、清内(せいうち)さんだったわ。大会でいつも入賞しているので覚えていたの。私は塾に遅刻するのでその場を離れたんだけど、ハル三さんならもっと何か知ってるかもしれないわ」
「そうだったんですか」
1号は運転手の救出作業にかかりきりだったため、周囲にハル三がいたかは記憶にはなかった。
「お役に立つかしら」
「ありがとう。パー子にも伝えときますよ」
 ようやく一息ついた1号は紅茶を飲み干した。
「ところでパー子さん、私がパーマンを呼び出したりして怒ってないかしら」
ミチ子は別の心配をしている。
「いいんですよ、パー子ぐらい待たせといて」
1号は手を振るが、ミチ子は真顔で問い詰めた。
「パー子さんのこと、どう思ってるんですか」
「どうって……」
「パー子さんは、パーマンと一緒に空を飛べる人なんですよ。もっと大事にしてあげて。そうでないと私が決心した意味がないわ」
ミチ子の訴えを聞き、1号は自分がまだ3号に正面から向き合えてないことを痛感させられた。
(今の気持ちを正直に話そう)
そう決意した1号はミチ子に答えた。
「ミチ子さんの言うとおり、パー子は大切なパートナーです。でも、ミチ子さんも大切な人なんです。なにしろ、私がパーマンとして初めて助けた人ですからね(*6)」
「ありがとう、うれしいわ」
ミチ子は両手を前で組んだ。
「パー子は私がいない間、ブービーやパーヤンと一緒に頑張ってくれて、本当に感謝しているんです。だから早く一人前になって、一緒に空を飛べるようにならないといけないな、と思ってます」
「良かったわ。早くパー子さんを安心させてあげてね」
ミチ子の眼差しが優しくなった。
「それでは、私はこれで。ごちそうさまでした」
1号は立ち上がった。
「おやすみなさい、パーマン」
「おやすみなさい、ミチ子さん」
ベランダに出ると、1号は「パワッチ!」といつものように飛び上がった。遠ざかる影を見つめながら、ミチ子はつぶやいた。
「さようなら、パーマン」

(*4)141話「宇宙をめざすミッちゃん」より
(*5)525話(DVD527話)「空の飛びかた教えます」より
(*6)映画「バードマンがやって来た!!」より

11.ユキの願い

 須羽家に戻ってきた1号は、バッグに入れた日記がなくなっていることに気がついた。代わりに3号が入れたらしい紙袋がある。中には音楽祭のチケットが入った封筒とスクラップブックが入っていた。取り出してページをめくると、パーマンたちが活躍する新聞記事と、星野スミレが取材された雑誌記事が入っている。自分のために作った物らしいと分かった1号はバッジで3号を呼び出した。
 「パー子、さっきはごめん。スクラップブック受け取ったよ」
しかし、返ってきたのは3号の涙ぐむ声だった。どうやら日記を読んでいたらしい。
「1号、昨日は疑ってごめんなさい。向こうでもあたしの夢を見てくれてたのね」
「僕が弱ってたときに、夢でパー子が励ましてくれたんだ。本当に助かったよ」
1号の返事を聞き、3号もやや落ち着いたようだ。
「明日はコピーのメンテナンスがあるし、音楽祭のリハーサルもあるから、日記返すのは明後日でいいかしら」
「そのことなんだけど」
 1号は声のトーンを落とした。
「実は、ユキちゃんが明後日引っ越すっていうんだ」
「ユキちゃんって、あなたのコピーが仲良くしてる子?」
3号は尋ねる。
「ああ。ずっと仲良くしていたのに、今コピーはいない。だから僕が代わりにユキちゃんを見送らなくちゃ駄目なんだ。音楽祭はそれから行くよ。必ず行くから」
3号に怒られると思っていた1号だが、意外にも返事はすぐ返ってきた。
「バードマンが明日メンテナンスするコピーを取りに来るから、あなたのコピーを早く返すよう言っとくわ。だから必ず来てね」
最後の言葉には強い念がこもっているように1号には思えた。
「ありがとう。スクラップブックも明後日返すよ」
「それはプレゼント。ロケットのお返しよ」
「そっか、ロケットか」
1号は旅立ちの時に渡したロケットを3号が大切にしてくれていることが嬉しくもあり、照れくさくもあった。
「あと、もう一つ聞きたいことがあるんだ。美樹学園テニス部の清内って知ってる?」
「えっ? クラスメイトだけど」
予想外の質問に3号は戸惑っているようだ。
「夕方の交通事故のきっかけになった中学生たちの一人らしい」
「でもどうして分かったの?」
「実はあの現場にミッちゃんがいてね。さっきそのことを聞いたんだ」
「ミチ子さんと会ってたの?」
3号の声色が変わる。1号は慌てて取りなした。
「事件のことを聞いただけだよ。心配しないで」
「心配なんかしてないわよ。それじゃ」
3号の通信が切れた。
(やっぱりパー子を怒らせちゃったみたいだな。仕方ない、後はハル三に聞くか)
1号はセットを解くと、ベッドに横たわった。

 翌日。いつもより早起きしたミツ夫は、中学校の校門でユキの登校を待っていた。坂道を上がってきたユキは、ミツ夫の姿を見ると立ち止まる。
「山岸さん、明日引っ越すって本当かい」
ミツ夫の問いにユキは俯いた。
「ごめんなさい。須羽君が悲しむと思うと言い出せなくて」
「そりゃびっくりしたけど、お父さんの転勤じゃ仕方ないし。せめて明日見送りに行きたいんだけど、何時に出発するの」
「鹿児島には東京港からカーフェリーで行くの。出港は夜6時だから、3時には団地を出るってパパが言ってたわ」
(6時ってことは、音楽祭の開始とダブってるじゃないか。くそっ、コピーさえいれば両方行けるのに)
ミツ夫は内心歯がみした。
「今日が学校に来る最後なの。放課後園芸部で待ってるわ」
「僕も待ってるよ」
ミツ夫は軽く手を挙げると、先に校門をくぐった。心で自分に言い聞かせる。
(しっかりしろ、ミツ夫。今はコピーの代わりを立派に務めるんだ)

 その頃、3号はマンションでコピーロボットを取りに来たアルマイトに事情を説明していた。既に代替コピーは学校に向かっている。
「間の悪いことになってしまったな。君のコピーは音楽祭までには返せるが、1号のコピーは間に合わないかも知れない」
「そんな。ユキさんとコピーはずっと仲良くしてたのよ。コピーにユキさんを見送らせてあげたいし、1号に私の歌も聞いてもらいたいの。なんとかしてちょうだい」
「そう言われても、あたしがメンテナンスしてる訳じゃないからな」
アルマイトはアゴに手をやる。
「そう思って、やる気の出る物を準備したのよ」
3号は紙袋を差し出した。中にはクッキーの箱が大量に入っている。
「私がCMしているクッキーよ。イリメンさんに渡してあげてね、アルマイトさん」
「ヘコ! 何で君が知ってるんだ。さては1号が」
「もちろん、みんなには秘密にしとくわね」
うろたえるアルマイトに3号は悪戯っぽく微笑んだ。
「それじゃ、また明日」
アルマイトが部屋を去った後、3号はバッジで4号を呼び出した。
「パーヤン、コピーが帰ってきたのなら、東京に来て欲しいの」

 放課後、ミツ夫はユキと一緒に団地へ向かっていた。手にはユキが園芸部で育てていた菊の鉢植えを抱えている。
「引っ越すことが決まってから、荷造りの合間にこの町の写真を撮っていたの。私の誕生日に、ミツ夫さんがパーマンたちと故郷の村の箱庭を作ってくれたでしょ(*7)。それを思いだして、私も朝日ヶ丘の想い出を残したくなったの」
「懐かしいな。村の名物の干し柿をもらったっけ」
ミツ夫はパーマンとして2号と3号と一緒に山火事を消火したことを思いだした。
「鹿児島に行ったら当分帰れないと思うけど、私大きくなったら必ずあの村に戻ろうって決めてるの。やっぱり私はのんびりした所があってるかなって」
「それがユキちゃんの夢なんだ」
「でも、朝日ヶ丘でもミツ夫さんを始め、たくさんの友達ができたわ。落ち着いたら手紙を書くから、ミツ夫さんも必ず返事ちょうだいね」
「もちろんだよ」
(それを書くのはコピーだけど)と思いながら、ミツ夫は答えた。
 「ところで、ミツ夫さんは将来の夢ってあるの?」
ユキの問いに、ミツ夫はコピーとの会話を思い出しつつ答えた。
「本当は君と富成高校に通いたかったんだ。それからのことはまだ考えてないけど、パーマンのようにみんなを助ける仕事がしたいな」
「ミツ夫さんは優しいし、みんなが困っているときに何度も助けてくれたもの。きっとパーマンのようになれるわ」
ユキの励ましを聞きながら、(これをコピーに聞かせたかったな)と思うミツ夫だった。
 二人は団地の入り口に到着した。ユキが言う。
「送ってくれてありがとう。ここからは私が持つわ」
ミツ夫は鉢植えをユキに渡すと言った。
「それじゃ僕はここで。また明日団地に見送りに来るよ」
「ミチ子さんたちも来るって言ってたから、みんなで写真を撮りましょうね」
(それまでにコピーと交代したいけど、間に合うかな)
不安を抱えながら、ミツ夫は須羽家へ足を向けた。

(*7)423話(DVD425話)「 コピーの素敵なプレゼント」より

12.海獣トリオ

 須羽家の前にはいつの間に聞きつけたのか、マスコミが集まっていた。ミツ夫が帰ってきたのを見ると取り囲む。
「パーマン、いつ帰ってきたの? 親友の君なら知ってるよね」
「パーマンと連絡取れるかな」
「いえ、僕は何も」
ミツ夫はマスコミを振り払うようにドアを開けて飛び込んだ。
 茶の間ではママとガン子がテレビを見ていた。ここでもパーマンが交通事故救助をしたニュースを伝えている。
「やっぱりパーマンが来ると色々面倒ね。マスコミもうちに来たって何もないのに」
ママはテレビを見ながらつぶやいていたが、ミツ夫に気づいて立ち上がった。
「お帰りなさい。今夕ご飯の支度するわね」
「お兄ちゃん、さっきハル三さんから電話があったよ。帰ったら電話して欲しいって」
ガン子が言う。「ハル三」という単語を聞き、ミツ夫はミチ子の話を思いだした。
「分かったよ」
 三重家へ電話すると、すぐハル三が出た。
『ミツ夫くんにぜひ頼みたいことがあるんだ。明日の午後3時、僕の家に来てくれないかな』
普段のハル三からは考えられないほど低姿勢だ。ミツ夫は何かあると察したが、あえてかまをかける。
「頼みってなんだい」
『それは明日話すよ。お礼に明日スミレちゃんの出る音楽祭チケットをあげるから、君の家族にも遅くなるって言っといてほしいんだ。僕の顔を立てると思って頼むよ』
(もう持ってるからいいんだけど)と言いたいのをこらえてミツ夫は答えた。
「実は山岸ユキちゃんが明日引っ越すんだ。午後2時に団地に行くから、ハル三くんも見送りにおいでよ。それから一緒に三重家に行こう」
『ちょっと待って』
ハル三は受話器を保留器に置く。オルゴールの音が流れる向こうで何かただならぬことが起こっているのをミツ夫は感じていた。しばらくして戻ったハル三は、息を整えてから話し出した。
『それじゃ、明日団地で会おう。時間になったらタクシーが迎えに来るから』
「うん、分かった」
電話は切れた。
(ハル三は絶対、事故について何か隠している。うまく聞き出さないと)
 ミツ夫は自室へ戻るとバッジで3号を呼び出した。
「パー子、明日の午後ハル三と会うことになったんだ。何か訳ありらしい。僕が午後5時になっても連絡をよこさなかったら、三重家に迎えに来てくれないか」
『了解。こっちもパーヤンとブービーに事故の目撃者がいないか調べてもらってるの。学校では私が動くと目立ちすぎるし』
「学校のハル三くんに変わったことはないかい」
『今日はお昼からコピーと交代したんだけど、ハル三くんは清内さんたちとずっと一緒だったわ』
「清内さんたち?」
『テニス部エースの清内 大牙(せいうち たいが)さん、野球部エースの東藤 北海(とうどう ほっかい)さん、体操部エースの足利 玉乗(あしかが たまのり)さん。自称美樹中の「海獣トリオ」よ』
「『怪獣』ねえ。学校でも暴れまくってるのかい」
嘆息するミツ夫に3号は突っ込んだ。
『「怪しい獣」じゃなくて「海の獣」の方よ。学校では文武両道の優等生で人気者なの。もちろん親も大金持ち。だからこそ、事故に関わってることがばれたら大変だわ』
「なるほど。だったらなおさらハル三くんを1人にしておけないな」
『それじゃ、リハーサルが始まるから切るわ。明日必ず来てね』
3号の通信が切れたのを確かめると、ミツ夫はバッジでアルマイトを呼び出した。だが、通信は繋がらない。かなり遠くにいるようだ。
「バードマン、本当に明日戻ってきてくれるかな」
ミツ夫は心配げに窓の外を見つめた。

 土曜日。学校は半日で終わりだ。ミツ夫、ミチ子、カバオ、サブはユキを見送りに団地へ来ている。美樹学園の制服を着たハル三もやって来た。
「みんな並んで。写真撮るよ」
ユキの父親がカメラを構えシャッターを切る。そのカメラをユキは大事そうに受け取った。
「現像したらみんなにも送るわね。それじゃ、私は最後の荷物を運ぶから」
ユキは荷物の運び出しに戻っていった。その時だ。
 団地の入り口に一台のタクシーが止まり、美樹中の制服を着た二人の少年が出てきた。一人はガッシリとした大柄、もう一人は細身の引き締まった体型だ。
「三重くん、迎えに来たよ」
細身が呼びかける。
「ミツ夫くん、行こう」
ハル三はミツ夫の手を掴むと歩き出した。慌ててつんのめるミツ夫にミチ子が呼びかけた。
「ユキさんの出発、見送らないの?」
「後でパーマンにフェリー乗り場に送ってもらうから、ってユキちゃんに言っといて」
ミツ夫の「パーマン」という単語を聞いたハル三の顔色が変わった。
「早く行こう」
ミツ夫の手を掴んだまま、ハル三はタクシーに乗り込んだ。奥には大柄が座っている。細身が前の席に乗り込むとタクシーは出発した。行き先は既に伝えてあるらしい。タクシーは団地を離れると三重家とは反対方向に向かっていく。
「三重くん家に行くんじゃないの?」
不安に思ったミツ夫の問いに答えたのは大柄だった。
「その前に友達ん家に寄ってほしくてな」
そのまま大柄はミツ夫の手首を掴んだ。強い握力で身動きがとれない。
(これじゃバッジに触れないよ。パー子、早く気づいてくれ!)
焦るミツ夫をよそに、タクシーはどんどん町外れへと向かっていた。

13.追い詰められて

 タクシーが止まったのは、朝日ヶ丘郊外の倉庫が立ち並ぶ一角だ。鉄の門扉の隣にある通用口から中に入ると、もう一人の中学生が待ち構えていた。体格のいい美形だ。三人は南京錠が開いた倉庫の中にミツ夫とハル三の手を掴んだまま入っていく。
 倉庫の中は段ボール箱や材木、鉄くずなどが棚や床に雑然と積み重なっている。あまり手が入ってないようだ。美形が先に立って奥に入っていく。
「ここは清内建設の廃品置き場。俺が鍵を持っていることは親父も知らないし、住人もいないから騒いでも無駄だぜ」
突き当たりの廃材に囲まれた一角にテーブルと事務椅子が置かれている。辺りには空き缶やスナック袋が積み上がっており、普段から彼らのたまり場になっているようだ。
「ごめんな、ちょっと大人しくしててくれ」
大柄はミツ夫の両手を後ろ手にすると、荷造り用の麻ひもで事務椅子に縛り上げた。
「清内くん、乱暴なことはしないって約束だったじゃないか」
清内は抗議するハル三の肩を押さえつけ、事務椅子に座らせた。
「足利、見張りを頼む。東藤、三重をよろしくな」
足利と呼ばれた細身は通路に戻っていき、東藤と呼ばれた大柄は清内に代わりハル三の肩を押さえつける。清内はテーブルを倒すと、バリケードのように通路に立てかけた。
「さてと、これで邪魔は入らないな」
清内は腕組みするとミツ夫の前に立った。
「三重に聞いたんだが、お前パーマンの親友なんだってな。そこで頼みがあるんだ。パーマンにこれ以上一昨日の交通事故について関わらないよう言ってくれ」
「どうしてなの」
 ミツ夫の問いに清内はハル三を睨んだ。
「そもそも、声をかけたのに女の子に見とれて俺たちに気づかなかった三重が悪いんだ。あれは朝日ヶ丘中の子だろ」
ハル三の顔が青ざめる。
「俺たちが事故に関わってるって分かったら、折角代表に決まってた夏の都大会に出られなくなっちまう。そしたら美樹中の評判にも傷がつく。パーマンが黙っててくれればみんな丸く収まるんだ」
『海獣トリオ』が必死な理由がようやくミツ夫にも分かった。そして、ミチ子が事故を見ていたことが知られるとまずいと言うことも。
「ミツ夫くん、僕からも頼むよ」
ハル三は東藤に肩を掴まれたまま訴える。だが、ミツ夫はかぶりを振った。
「僕は今、パーマンと連絡を取る方法がないんだ」
「ふざけるなよ。おい東藤」
清内の言葉に反応した東藤は、麻ひもを切ったカッターナイフを取り出しミツ夫の首に当てる。刃こそ出てないが、いつ飛び出してもおかしくない。
「でもお前が言うこと聞かないなら仕方ないな」
清内は棚に置かれた麻袋から、赤いケースに入った棒状のものを3本取り出した。車に積んである発炎筒だ。2本を足利に渡す。
「こいつを倉庫の入り口でたくんだ」
「任しといて」
走り去る足利を見ながら清内はもう一本の発炎筒を手に取った。
「これで火事だと思ったパーマンたちが来るだろうさ」

 その頃、団地では山岸家を乗せた車が東京港へ出発しようとしていた。
「ミツ夫さん、本当に見送りに来てくれるかしら」
心配そうなユキをミチ子が慰める。
「大丈夫よ。ミツ夫さんを信じてあげて」
「ユキちゃん、元気でね」
「文通なら任せとけってんだ」
サブとカバオも声をかける。
「みんなも元気でね」
 窓から手を降るユキを乗せた車が遠ざかっていく。そこに、2.3.4号が降り立った。
「ミツ夫さんはもうハル三さん家に行っちゃったのかしら」
辺りを見回す3号にミチ子が話しかける。
「パー子さん、ミツ夫さんとハル三さんが美樹中の生徒と一緒にタクシーに乗って行っちゃたの」
「あれは体操部のアシカと野球部のトドでした。大会でも僕たちのライバルなんですよ」
サブの説明にカバオはムッとする。
「バカ言うな、トドよりカバの方が強いに決まってる」
「最強動物決定戦は置いといてやな、そのタクシーはどっちへ向かったんや」
4号の問いにカバオが答える。
「富成町の方向さ。案内するから乗せてってくれ」
「よっしゃ」
 4号はカバオ、2号はサブ、3号はミチ子を乗せると飛び上がった。ミチ子は3号に尋ねる。
「パーマンはどこにいるの。ミツ夫さんを6時までに東京港へ連れてって欲しいの」
3号はバッジで呼び出そうとしたが、ミツ夫がハル三と一緒にいるのでは鳴らせない。
「ちょっと今連絡が取れないけど、必ず間に合うわ」
きっぱりと言い放つ3号を見て、ミチ子は呼びかけた。
「私がパーマンのパートナーとして認めてるのはパー子さん、あなただけよ。絶対捕まえてね」
ミチ子の言葉は『海獣トリオ』と、パーマン1号両方にかかっていることに気づいた3号は、力強く答えた。
「もちろんよ」

14.見えない扉へ

 廃品倉庫では、ミツ夫と清内のにらみ合いが続いていた。清内は発炎筒を抜くと着火剤の付いた蓋を見せる。
「こいつはでかいマッチみたいなもんさ。ここで擦ると火が付くんだぜ。見せてやろうか」
焦ったハル三はズボンのポケットから封筒を取り出した。
「ミツ夫くん、今夜の東京湾岸ホール音楽祭チケット、僕の分もあげるからパーマンと一緒に見ておいでよ。パーマンもスミレちゃん大好きだろ」
「さすが、芸能界には親父のコネがあるってか」
チケットに興味を持った東藤のカッターナイフがミツ夫の首筋から離れた。
「当然友達の俺たちにくれるよな」
清内がハル三に近づく。ミツ夫の脳裏に出発前のカーサとの会話が浮かんだ。
『自分に少しでも有利な場所を見つけて不意を突くんだ』
『今、バッグに意識が行ってなかっただろ。ヒトってそういう物さ』
 ミツ夫はハル三を横目で見て話し出した。
「ごめん、実は僕もパー子さんからチケットもらってるんだ。ただ、縛られてちゃ取れないけどね」
「だからさっき『フェリー乗り場へ行く』って」
ハル三の言葉を聞いた清内は、右手で発炎筒を持ったまま左手でミツ夫の右腕を掴んだ。
「こいつの縄を切れ」
東藤は事務椅子の縄を切る。ミツ夫はポケットに左手を入れると封筒を取り出した。そのまま空中に放り投げる。
「なにっ!」
清内はとっさに左手を伸ばして封筒を掴む。ミツ夫は身を屈め、事務椅子を東藤目がけて蹴飛ばすとハル三に叫んだ。
「逃げろ!」
 その時、倉庫の入り口からすさまじい黒煙が流れ込んできた。足利の点火した発炎筒だろう。東藤は事務椅子を避けようとしてよろけ、通路脇の棚にぶつかる。弾みで積み上がっていた段ボールがテーブルの前になだれ落ちた。東藤は段ボールの山に埋もれてもがいている。
 焦った清内は右手の発炎筒にキャップを擦りつけてしまった。その火花が封筒に燃え移り、清内は慌ててはたき落とす。発炎筒は勢いよく黒煙を吹き出した。清内は煙を吸ってしまったらしく、その場にうずくまる。
「ミツ夫くん、早くパーマン呼んで!」
ハル三の泣きそうな声がする。ミツ夫は倒れた清内を抱え込むと、ハル三に見えないようにバッジをくわえさせた。
「先に二人を助けないと。段ボールをのけよう」
「煙で何も見えないよ」
ハル三はパニックになっている。周りに散らばるゴミや段ボールに火が付いたら逃げられない。その間にも煙は次第に濃くなっていく。ミツ夫は思わず心で叫んだ。
(コピーさえあればパーマンになれるのに。早く来て、バードマン!)

 その時、アルマイトはパトロール母艦に先行して地球上空に到着していた。パーマンたちに連絡しようとバッジを取りあげた時だ。突然ミツ夫の声が脳裏に響いた。
(早く来て、バードマン!)
 だがミツ夫のバッジのマイクは切られているようだ。アルマイトはミツ夫の状況を確認しようと自分のテレパシーを使って逆探知を試みた。ようやく発信元らしき倉庫を見つけ出したアルマイトはモニターで確認しようとするが、すさまじい黒煙で何も見えない。
「1号、どこにいるんだ」
アルマイトは円盤をワープさせた。

 「アキャキャ、アッキーキー!」
先頭を飛ぶ2号が立ち上る煙を発見したのもほぼ同時刻だった。
「こんな時に火事なんて」
焦る3号に4号に乗るカバオが呼びかけた。
「思いだした。あいつらトドとアシカとセイウチで『海獣トリオ』と名乗ってつるんでるんだ。あの辺の倉庫はセイウチん家のものだ」
「さすがカバオくん、伊達に店の配達はやってませんね」
サブのヨイショにカバオは鼻高々だが、冷静にミチ子が突っ込んだ。
「もしミツ夫さんたちが火事に巻き込まれてたらどうするの?」
「とにかく確認しまひょ」
4号の言葉に同意した皆は煙の方向に向かった。

 倉庫では、ミツ夫が煙を吸い込まないよう手で鼻と口を押さえながら、煙の少ない方向を探そうと目をこらしていた。その時、視線の先の煙がフッと消えた。サーチライトが差すように一筋の道が広がる。その先には閉じられた別のドアがあった。
「ハル三くん、この棚をくぐれば非常口のドアに繋がる通路がある。東藤くんを助けて先に逃げるんだ」
「わ、わかったよ」
ミツ夫の有無を言わせぬ迫力に押されたハル三は、段ボールの山から東藤を引っ張り出す。二人は段ボールが載せてあった棚をくぐり抜け、奥の通路へ抜け出した。
 (コピーはいないけど、パーマンになるなら今しかない!)
決心したミツ夫はパーマンセットを取り出そうとしたが、バッジの酸素で息を吹き返した清内がうめき声を上げた。口からバッジが落ち、棚の方へ転がっていく。慌てたミツ夫はバッジを拾い上げようとして手を伸ばした。その指先に別の感触が伝わる。そしてボタンの起動音。
(コピー!)
 幸い清内は完全に意識を取り戻していない。煙に巻かれないようバッジをくわえると、ミツ夫はパーチャクし、左手に清内、右手にミツ夫の姿になったコピーを掴んで飛び上がった。

 倉庫の入り口では、あわてた足利が手を振っている。
「中に友達がいるんだ。早く助けてくれ」
「煙を出したのは君たちなのに、虫がいいですよ」
サブのいやみも通じない。
「ミチ子さんたちはここで待ってて」
3号がバッジをくわえて倉庫に飛び込もうとした時、皆のバッジが鳴りだした。スイッチを入れると1号の声が響く。
「こちら1号。みんな大丈夫だ。運ぶのに手を貸してくれ」
「1号!」
感極まって叫ぶ3号を見たミチ子はつぶやいた。
「パーマン、きっと来ると信じてたわ」

 「なんとか間に合ったか。これで3号に怒られないで済むな。それにしても」
倉庫の遙か上空では、円盤に乗ったアルマイトがモニターを覗きながらつぶやいていた。ミツ夫の居場所をテレパシーで突き止めた後、転送装置でコピーを送り込んだのだ。
「あの声は、1号のテレパシーだったのか?」
アルマイトはミツ夫の新たな可能性に頭を巡らせていた。

15.この歌は君の声

 幸い、倉庫の発炎筒はパーマンたちが消火器で消し止めたためボヤで済んだが、煙を見た市民の通報で消防車が駆けつけ、倉庫周辺は一時騒然となった。持ち主の清内の父親も駆けつけ、消防士への説明に追われている。門扉の横に力なく座り込む清内たちに4号が声をかけた。
「事故現場にあんさんらがいたことは、近くの店の防犯カメラの録画でわかっとるんや。警察にも伝えといたからジタバタせんほうがええで」
「ウィーウィ」
東藤と足利の足を掴んでいる2号が同意する。
「パーマンの親友をここに連れ込んだことも警察に言ったのか」
清内の問いに答えたのは3号だ。
「それはミツ夫さんと1号次第ね」

 一方、1号は脱出に使った非常口の前でハル三に事情を聞いていた。1号の隣ではカバオとサブ、コピーとミチ子が心配げに見守っている。
「あの時は、学校帰りでたまたま塾へ行くミッちゃんを見かけたから、今日の音楽祭に誘おうと思って声をかけようとしてたんだ。それを清内くんたちに知られたらミッちゃんにも迷惑がかかると思ってさ、とっさにミツ夫の話を出したんだよ。まさかこんな大事になるとは思わなくてさ」
ハル三はため息をついた。
「確かにハル三さんが私の心配をしてくれたのは嬉しいけど、ミツ夫さんには謝った方がいいと思うわ」
 ミチ子の声は優しさの中にも厳しさがある。ハル三はコピーに向き直り、頭を下げた。
「ミツ夫くん、本当にごめん」
「い、いいんだよ」
コピーは慌てて手を振る。
「さっきのミツ夫、格好良かったよ。あんなの見せられると、やっぱりパーマンの親友だけはあるなって」
「ありがとう」
思わず1号は答えてしまったが、ミチ子たちは親友を褒められた礼だと思っているようだ。
「その話、詳しく聞かせてよ」
サブが食いつくが、ハル三はコピーに近づいた。
「清内くんたちには隠してただけで、本当はパーマンを呼べたんだよね。僕たちには本当のこと教えてよ」
「やっぱりテレパシーなのか? それとも『パピプペ・パピプペ・パピプペ・パーマン』って唱えるとか」(*8)
カバオが矢継ぎ早に尋ねるが、そこにミチ子の助け船が入った。
「ハル三さん、早くしないと音楽祭に間に合わないわよ」
 それを聞いたハル三はポケットから封筒を取り出した。中からチケットを取り出す。
「これ、君の燃えたチケットの代わりにもらってくれないか」
「ありがとう。これはパー子に渡しとくよ」
1号はチケットを受け取ると、コピーに呼びかけた。
「僕たちは先に行かなくちゃいけないところがあるからね」

(*8)259話(DVD260話)「パーマンを呼ぶ方法」より

 1号から事情を聞いた4号は快く言った。
「後始末はわいらがしとくさかい、1号はんとミツ夫はんは東京湾に向かってや」
「ウィーウィ」
2号も胸を叩く。
「ありがとう。パーヤン、ブービー」
1号は3号に向き直るとチケットを見せた。
「パー子も一緒に来てくれないか。僕たちの代わりに音楽祭に行って欲しいんだ」
「分かったわ」
自分がスミレとして音楽祭に出られるよう1号が配慮してくれたことを悟った3号は、うなずくとチケットを受け取った。
 「じゃ、行ってくるよ」
コピーを乗せた1号と3号は空に飛び上がった。地上ではミチ子たちが手を振っている。
「行ってらっしゃい。ユキさんによろしくね」
その声援を背に受け、3号は手を差し出した。
「急ぐわよ、1号」
「了解」
 1号が3号の手を取るとパータッチが発動し、3人はすさまじいスピードで東京湾に向かって飛んでいく。その後ろ姿を見送ったミチ子はつぶやいた。
「分かってたけど、やっばりちょっと妬けちゃうな」
「全然振り向いてもらえない僕たちも、ちょっと妬けちゃうな」
サブがミチ子の真似をしたが、場の空気は暖まらなかった。

 東京湾岸ホールの上空に到着した1号たちを出迎えたのは、円盤に乗ったアルマイトだった。手に3号のコピーを持っている。
「事件解決お疲れさん。代替コピーは今楽屋にいるから、ここから君をテレポートしよう。明日朝9時に1号を迎えに来るから、代替コピーはその時に返してくれ」
「ありがとうございます」
 アルマイトに礼を言った後、3号は1号に呼びかけた。
「私の出番は6時10分の予定よ。時間になったらバッジのスイッチを入れてね」
3号が星野スミレとして喋っていることに違和感を感じなくなっていることに気づいた1号は、自然に呼びかけた。
「がんばってね、スミレちゃん」
「ありがとう、ミツ夫さん」
微笑む3号の姿が消えた。アルマイトがテレポートさせたのだ。
「さてと1号、聞きたいことがあるんだが」
アルマイトの言葉を遮ったのはコピーだった。
「その前にフェリー乗り場に連れてってよ。僕だってユキちゃんとお別れしたいんだ」
「そういうわけなんで、話は後にして下さい」
1号はコピーを乗せると、フェリーが止まっている埠頭へと飛びたった。
「やれやれ、あの調子じゃ1号は自分の精神能力(ちから)に気づいてないようだな」
アルマイトは1号を見送ると、円盤のモニターを付けた。
「折角だから、生『ハレー・ランデブー』を聞いてこっか」

 ユキはフェリーのデッキから埠頭の写真を撮っていた。見送りに来た人々のテープが船と埠頭の間にきらめいている。
「ミツ夫さん、本当に来てくれるかしら」
ユキがそうつぶやいた時、頭の上から声が響いた。
「ユキちゃん、遅くなってごめん」
コピーは1号の背中から甲板に降り立つと、ユキに右手を伸ばす。
「何も用意できなかったけど、どうしても君にお礼を言いたくて」
ユキはコピーの右手を両手で握りしめると言った。
「私こそ、東京で最初に友達になったのがあなたで本当に良かったわ」
コピーは照れたようにうつむいた。
 「そうだ、ミツ夫くんとユキちゃんの写真を撮りたいんだけど、カメラを借りてもいいかな」
デッキに降り立った1号がユキに尋ねる。
「喜んで」
ユキからカメラを受け取った1号は、手すりの外からデッキに向けてカメラを構えた。
「ミツ夫くん、ユキちゃん、こっち向いて。はい、チーズ」
写真を撮りおわったのを見計らったように、フェリーの汽笛が鳴り出した。

 楽屋にテレポートされたスミレは、コピーと交代して紺色のステージ衣装に着替えていた。ドレスにもカチューシャにも星の飾りがきらめいている。
「スミレちゃん、もうすぐ出番よ」
ドアの外でマネージャーの呼ぶ声がする。スミレはバッジを取りあげるとドレスの内側に付け、服の下に隠したロケットを握りしめた。
「ミツ夫さん、私の歌、聞いててね」

 午後6時5分。動き出したフェリーのデッキから、コピーとユキは埠頭がゆっくりと離れていくのを見つめていた。一方1号はデッキの時計を気にしている。
「ミツ夫くん、名残惜しいだろうけどそろそろ行かなくちゃ」
1号に呼びかけられたコピーは無言でうなずいた。ユキが呼びかける。
「さっきの写真も後で送るわ。いつか鹿児島にも遊びに来てね」
コピーはあえて笑顔を作ると答えた。
「きっと行くから。それまで元気でね」
 コピーがまたがったのを確認すると、1号はデッキから飛び上がった。そのまま上空へ舞い上がる。
「ミツ夫さん、ありがとう」
デッキの上で手を振るユキはみるみる小さくなった。

 船が行き交う東京湾を見下ろしながら、二人はフェリーが外海へ向かっていくのを見送っていた。そろそろ日没なのだろう。東の空は紺色に沈み始めている。コピーが1号に呼びかけた。
「ミツ夫くん、三日間僕の代わりをつとめてくれてありがとう」
「本当はもっとちゃんとお別れさせたかったんだけど、ごめんな」
1号はコピーの顔を見ることができなかった。その声がやや震えていたからだ。
「いいんだよ。僕だっていつかこういう日が来るって覚悟してたから。ほら、もうすぐスミレちゃんの歌が始まるよ」
「そうだった」
慌ててバッジのスイッチを入れた1号の耳に、司会の声が飛び込んできた。
「続いて星野スミレちゃんの登場です。歌うのはもちろん大ヒット曲、『ハレー・ランデブー』」
 歓声が響き渡る中、スミレの挨拶が聞こえる。
「こんばんは、星野スミレです。遠くへ旅立つ大切な人がいる皆さんに、この歌を贈ります。皆さんがもう一度会えますように」
イントロが流れ出した。スミレの歌が空に響き渡る。

「♪ハレー・ランデブー ここであなた 待っているわ 必ず帰ってきてね

 誰でも遠くへ 旅立つ時が来るわ ひとりぼっちの 長い旅路

 『帰ってくるよ』と 約束はできない あなたはそう言ったけど

 私には夢があるの あなたともう一度 あの空に流れる ハレーが見たいから

 だから ハレー・ランデブー ここであなた 待っているわ 必ず帰ってきてね♪」

 (スミレちゃん、僕はハレーより早く帰ってくるよ)
スミレの歌声を聞きながら、1号は改めて決意していた。

16.また会う日まで

 須羽家に戻った1号は、コピーの「ユキちゃんの見送りに連れてってくれたお礼」という申し出で、夕食の席に着いていた。
「ママ、明日の朝ごはんはホットケーキがいいな」
コピーが肉じゃがを掴みながら言う。
「そうね。卵と牛乳もあるし」
「お兄ちゃんばっかりずるい」
ガン子が抗議すると母は取りなした。
「ミツ夫さんは今日色々大変だったのよ。お昼はガン子ちゃんの好きなものを作るわ」
「しょうがないな」
ガン子はコピーの顔をちらりと見ると椅子に座り直した。
 「パーマンも倉庫の火事消火、お疲れ様」
パパはビールを飲んで上機嫌になっている。1号は頭をかいた。
「ボヤで済んだので、大したことはしてないですよ」
その時バッジが鳴り出したので、1号は慌てて立ち上がると廊下に出る。マイクをつけると声の主は3号だった。
「今夜9時、あなたの日記を返しに行きたいんだけど、いいかしら」
1号はしばらく考えると答えた。
「それじゃ、朝日ヶ丘中の屋上に来てくれないか」

 夜の朝日ヶ丘中は静まりかえっていた。校舎の時計は9時を差している。1号はフェンス越しに明かりが点る町を見つめていた。学校は高台にあるため、ここからでも朝日ヶ丘の町が一望できる。その静寂を破ったのは3号の声だった。
「まさか先に来てるなんてね」
1号が振り向くと紙袋を持った3号が立っている。
「君こそ、音楽祭はもう大丈夫なのかい」
「早く上がらせてもらったわ。子どもは夜遅くまで働いてはいけないって法律なの」
「パーマンには通用しない法律だね」
1号の言葉に3号はくすりと笑った。
「ところで、どうしてここに呼び出したの」
「コピーがユキちゃんのことをずっとこらえていたから、一人にしてあげたかったんだ。大体あいつは気がきき過ぎるんだよ。僕が明日、ママのホットケーキを食べて旅立てるようにまでしてくれてさ」
 1号はフェンスを支えるコンクリートに腰掛けた。右隣を軽く手で払うと呼びかける。
「パー子も座れよ」
3号は踊るように腰掛けると、1号の横顔を見つめながら尋ねた。
「私の歌、聞いてくれた?」
「ごめん」
1号の意外な返答に、3号は思わず紙袋を取り落としそうになった。
「君にもらったチケット、なくしてしまったんだ。声だけでもあんなに良かったのに、生で見たらどんなに素晴らしかったんだろう」
 「なくした、ってどういうこと?」
3号の声はすっかりいつもの調子に戻っている。1号は慌てて倉庫での出来事を説明した。
「それじゃ仕方ないわね。でも、どうして非常口の位置が分かったの?」
3号に尋ねられるまで、1号はその不自然さに気づいていなかった。
「君をテレポートさせた後、バードマンが何か聞こうとしてたんだけど、そのことかも。後で確認してみるよ。ところで、日記はどうだった?」
「ちょっと安心したわ。1号が毎日頑張ってて、クラスメイトやバードマンの同僚さんたちがあなたを助けてくれてることも、私が首輪をあげた犬が元気にしてることも分かったし」
「そっか、アルファのことパー子は知らなかったんだっけ」
 話が一段落したところで、3号は紙袋を取り出した。
「日記と一緒に今私がCMに出てるクッキーも入れといたから、お土産にしてね」
「ありがとう」
紙袋を受け取った1号は中をのぞき込むと、意を決したように顔を上げた。
「明日出発する前に、もう一つ君に言っておきたいことがあるんだ」
「なあに」
3号が期待を込めた表情で見つめている。その顔に押されるように1号は語り出した。
「パー子、僕がバードマンになったら、パトロール母艦に乗って一緒にハレーを見に行こう。パイロットはアルマイトさんで、僕がナビゲートする。もちろんブービーやパーヤンも一緒に。そのためにナビゲーターの資格を取る勉強をするって決めたんだ」
 1号の決意を聞いた3号は一瞬真顔になったが、すぐに微笑んだ。
「それじゃ、私も将来の話をしよっかな」
「パー子として、それともスミレちゃんとして?」
1号に尋ねられると3号は立ち上がった。
「パー子としての将来は決めてるわ。あなたと一緒に活躍するって。でも、あなたがバードマンになるまでの時間、ただ待っているのもつまらないでしょ。以前とりやめたアメリカへの留学(*9)、なんとかできないかなって。そのために私のことを他のバードマンにも知って欲しくて、『あなたのコピーを今日中に届けて欲しい』って、イリメンさんにクッキーを贈ったのよ」
「そうだったんだ」
 1号の返事を聞いた3号は、くるりと背中を見せた。
「それも大事な話だけど、もっと言うことはないの?」
「何が?」
1号は思わず立ち上がった。3号の背中が震えているように見える。その背中に1号はそっと手を置いた。
「パー子、泣いてるの?」
 帰ってきた3号の声は消え入りそうだった。
「1号、ミチ子さんと会ってたんでしょ。ミチ子さんは『パーマンのパートナーとして認めてるのはパー子さんだけよ』と言ってたけど、あなたの言葉で私を安心させて欲しいの」
1号にもようやく3号の抱えていた気持ちが理解できた。あの時のミチ子の言葉が胸によぎる。
『パー子さんは、パーマンと一緒に空を飛べる人なんですよ。もっと大事にしてあげて』
(バードマンになる夢も大事だけど、ここで待っているパー子を安心させるのも大切なことなんだ)
1号は3号の前に回り込んだ。
「僕の気持ちもミッちゃんと同じだよ。ミッちゃんは『自分の力で飛べる』って言ってくれたから、心の中でお別れを言ってきたんだ」
「本当!」
3号は1号に抱きついた。
「僕の一番大切な人はパー子、君だよ」
1号はそれしか言えず、3号を抱きしめた。

(*9)410話(DVD411話)「さよならパー子」より

 翌朝、地球に戻ってきた時と同じ山中に、パーマンたちとコピー、アルマイトが立っていた。
「これはみんなからの餞別や。これだけあれば当分持つやろ」
4号に紙袋を手渡された1号は中身を取り出した。紺色、橙色、赤色、緑色、そしてクリーム色の表紙のノートが5冊入っている。
「ありがとう、大切に使わせてもらうよ」
1号は礼を言った。
「私が提案したのよ。1号が日記をたくさん書けるようにね」
3号の顔はいつもと同じだが、昨夜のことを思い出すと、1号の胸の中には熱いものがこみ上げてくる。それを隠すように、1号は紙袋をまさぐった。ビニール袋にくるまれた堅いものがある。
「これは……バナナ?」
「ウィーウィ」
2号が自慢げにうなずく。
「ブービーがどうしても入れるって聞かなくて」
3号があきれたように言う。
「ありがとう。帰る途中に食べさせてもらうよ」
1号の返事を聞いた2号は手を叩いて喜んだ。
 アルマイトが尋ねる。
「1号、コピーの電子ロックはかけたかな」
「もちろん。コピー、留守をよろしく頼むよ」
「ミツ夫くんも体に気をつけてね」
 コピーはいつも通り穏やかに呼びかける。だが、彼がユキのいない中学生活をこれから送らなければならないことを思うと1号はいたたまれない気持ちになった。
「コピー、いろいろ迷惑かけてごめんな」
「今さら何言ってんだよ。僕も僕なりにここで楽しく生きられるよう頑張ってるんだ。ミツ夫くんがいつ帰ってもいいようにするのが僕の役目だと思ってるからね」
1号はホッとした。
 「さてと、名残惜しいだろうがそろそろ出発だ。1号、君の円盤へテレポートするから荷物を持ちなさい」
アルマイトは円盤に乗り込むと転送装置を起動し始める。1号は改めて呼びかけた。
「ブービー、パー子、パーヤン、コピー、地球をよろしく頼むよ」
「任しとき」
「ウッキーウッキー」
「ミツ夫くんも頑張ってね」
「1号、早く帰ってきてね」
仲間たちの声を聞きながら1号は手を振った。
「みんな、行ってくるよ」
1号の姿がかき消える。アルマイトがテレポートさせたのだ。
 「行っちゃった」
肩を落とす3号を見て、アルマイトは優しく話しかけた。
「気を落とさんでくれ。1号に伝えたいことができたらあたしが取り次ぐからな」
「バードマンは行かなくて良いんでっか」
4号に尋ねられ、アルマイトはうなずいた。
「これも1号への訓練の一環さ」

17.未来への道しるべ

 1号がテレポートさせられた先は天井の低い格納庫のような場所だった。傍らには円盤が二台置いてある。その向こうに金髪青眼の白人男性と、黄色の髪に黒眼、小麦色の肌の女性が立っていた。
「いらっしゃいませ、パーマン1号」
女性が呼びかける。その声に1号は聞き覚えがあった。
「もしかして、バードマン2号さん」
「『ミナ』と『エクタル』でいいわよ」
女性が笑顔で言った。隣の男性もうなずく。
「ここはアメリカ、ニューヨークの秘密基地。外見は普通の家と同じよ」
「地球人としては『ベン・カールソー』『ヘレン・ミッチェル』と名乗っている。ま、パーマンたちが接触する機会はないだろうけどね」
 エクタルはそう言いながら傍らの金色の円盤を指した。ミナが補足する。
「アルジェから預かった君の円盤だ。メンテナンスは終わってるから中を確認してくれ」
「自動操縦装置はクラムに行くようセッティング済よ」
円盤に乗り込んだ1号はコンソールを見つめた。上に銀色の巾着袋が乗っている。中には四角いケースとイヤホンのヘッドが一組入っていた。
「これは」
1号の問いに答えたのはエクタルだ。
「アルジェからの進級プレゼントさ。君がいつでも星野スミレの歌が聴けるようにしてくれっていわれたんで、CDを借りてバード星の音楽プレーヤーにデータを移したんだ。使い方はクラスメイトたちに聞いてくれ」
 1号は胸が一杯になった。
「ありがとうございます。ところで、アルマイトさんはまだ来てないんですか」
エクタルは悪戯っぽく笑った。
「アルジェはパトロール母艦に戻るからこっちには来ないよ。『一人で帰ってくれ』ってさ」
「ヘコ!」
ずっこけた1号は思わずコンソールの黄色いスイッチを押してしまった。とたんにコンソールのランプが点灯する。
「ま、待って!」
あわてた1号が2本のスティックを掴むと、円盤は虹色にきらめいて地下室から消えた。後にはミナとエクタルが取り残される。
「『行ってらっしゃい』って言えなかったわ」
あ然とするミナの肩をエクタルが叩いた。
「やれやれ、おっちょこちょいはリーダー譲りだな」

 約一月後。新学期が始まった付属学校では、ミツ夫たちが娯楽室のシアタールームでくつろいでいた。いつものトーチ、ジルダ、プルネラに加え、今日はカーサがいる。
「いやあ、『宇宙格闘トーナメント』すごかったな」
目を輝かせるトーチにプルネラがうなずく。
「映画とは思えないほど迫力がありましたね」
「カーサのお父さんが技術指導しただけあって、ムセラの選手も活躍してたわね」
ジルダの言葉にカーサも嬉しそうだ。
「知名度が上がると親父も喜んでたよ。アクカネゲナでの公開が待ち遠しいな」
「この間のカーサのアドバイスも役に立ったよ、改めてありがとう」
ミツ夫のお礼にカーサはうなずく。
「後は実戦でどれだけ生かせるかだ。楽しみにしてるよ」
「がんばってみるよ」
ミツ夫は照れくさそうに答えた。
 「みなさん、お茶をどうぞ」
話が途切れたのを見計らい、プルネラがミリゲル茶の入ったコップを皆に手渡す。
「いよいよ明日は専攻科目の講義が始まるのね。頑張りましょうね」
ジルダはプルネラに呼びかけた。
「ええ。私たちは看護資格、カーサは体育の師範資格クラスでしたね」
「同じクラスにはリーゼイがいるからね、あいつより早く取るつもりさ」
カーサは張り切っている。
「それにしても、ミツオが僕と同じコースを選んでくれるとはね」
トーチは嬉しそうにミツ夫を見つめた。
「僕の目標は宇宙船のナビゲーターだけど、今回一人で地球からクラムに帰らされて大変だったからね。まずはパイロットの資格を取ってからナビゲーターの資格も取るつもりさ」
「長い道のりになりそうね」
ジルダが言うのももっともだ。ミツ夫はお茶を飲み干すと立ち上がった。
「それじゃ、用事があるから先に失礼するよ」
「行ってらっしゃい」
ジルダたちの声を聞きながらミツ夫は娯楽室を出た。

 ミツ夫が向かったのは第三研究室だ。ブースではイリメンとアルマイトが待っていた。二人の前には見覚えのあるパッケージが置いてある。
「1号、元気そうで安心したよ。スミレちゃんのクッキーも用意しといたぞ」
アルマイトの呼びかけにミツ夫はクッキーを取った。イリメンはグラスに白い飲み物を注いでいる。
「今日は蜜入りのバソウ乳だよ。どんな飲み物が合うか色々試してるんだ」
イリメンからグラスを受け取ったミツ夫はバソウ乳を一口含んだ。甘い牛乳のような味がする。
 「記憶バンドは持ってきたかな」
アルマイトに尋ねられ、ミツ夫はポケットに入れた記憶バンドを取りだした。
「少し早いけど、コピーからのお土産も頼まれたんでな」
アルマイトはそう言いながらコピーの記憶バンドと封筒に入った手紙を差し出した。
「アルマイトさん、音楽プレーヤーありがとう。寝る前に毎日聞いてるよ」
「そうかそうか。エクタルがちゃんと仕事してくれたみたいだな」
アルマイトは満足そうにうなずいた。
「そういえば、専攻科目はパイロットにしたんだってな。私と同じで嬉しいよ」
「別にアルマイトさんを真似たわけじゃなくて、いつでも一人で地球とクラムを行き来できるようになりたいだけだよ。それに最終目標はナビゲーターだから」
ミツ夫は言い返した。
 「ところで1号」
アルマイトは真顔で尋ねる。
「コピーを送り届けた時なんだが、あの倉庫で私をテレパシーで呼ばなかったか?」
「テレパシー?」
ミツ夫は驚いたようにアルマイトを見つめた。
「テレパシーは覚えてないけど、そういえばあの時、見えない扉が見えたんだ」
ミツ夫の説明を聞いたアルマイトとイリメンは何かを確認するように顔を見合わせた。
「ありがとう。参考になったよ」
アルマイトは突然立ち上がった。
「イリメン、あたしは一仕事してくるから後はよろしく。またな1号」
アルマイトはそのままテレポートする。あ然とするミツ夫にイリメンは呼びかけた。
「手紙も見たいだろうし、今日はお開きにしようか」

 自室に戻ったミツ夫は椅子に座るとコピーの書いた手紙を開いた。中にはユキの団地で皆と撮った写真が入っている。
(僕は本当に中学生だったんだな)
朝日ヶ丘中の制服でミチ子たちと並んだ写真を見ながら、ミツ夫は懐かしさと寂しさを感じていた。
『ミツ夫くん、元気にしてるかい? 僕も期末テストが終わり、明日から夏休みだ。パパが久しぶりに里帰りしたいって言ってたから、今度家族で東北新幹線に乗っていくんだ。
 そうそう、鹿児島のユキちゃんから写真が届いたから、一緒に入れておくよ。ユキちゃんには返事として、学校で植えたのと同じコスモスの種を贈ったんだ。向こうで植えてくれるといいな。
 交通事故の件だけど、結局海獣トリオの親たちがトラックや荷物の代金を弁償することになったらしい。夏の大会は3人だけ代表メンバーから外されるということで収まったとハル三くんが言っていたよ。
 ちなみにハル三くんは倉庫で助けた東藤くんと仲良くなったんだ。僕にも倉庫でのことを謝りに来たから、今度はカバオくんやサブくんと三重家で会おうってことになってる。
 ミッちゃんは学習塾で夏期講習を受けるんだって言ってた。僕も富成高校受験に向けてそろそろ準備しないといけないかな。商業科もあるからカバオくんたちにも一緒に受けようって言ってるんだ。
 パー子さんから君の夢の話、聞いたよ。とりあえず地球のどこにいても君が活躍できるように、僕も英語の勉強をがんばるよ。それじゃ、体に気をつけてね。コピーより』
 手紙を読み終えるとミツ夫は窓の外を見つめた。いつものように研究棟の一部が顔を覗かせている。その遙か先にある地球を思いながら、ミツ夫は心でつぶやいた。
(僕もがんばるから、コピー、君も無理しないでくれよ)

 ここはバードマン本部の一室。制服姿のサライラ・ケネスはチェルキに送られてきたメッセージを開いていた。その背後に紺のマスク、黒いマントの男性バードマンが立つ。耳当てが銀色なのは本部役員の証だ。マスクからは耳当てと同じ色の髪が覗いている。
「リーダー、42星区パーマン1号、ミツオ・スワに精神能力の兆候が見られるので、精神能力開発プログラムの使用を検討願いたい、とのことです」
 ケネスは振り向くと、男性バードマンに呼びかけた。マスクで分かりにくいが、ラーゲナ人種の特徴である水色の瞳、白い肌を持っている。
「アルマイト・カラコルムからの依頼とは珍しいな」
 『リーダー』と呼ばれた男性バードマンは、ケネスの肩に左手をかけるとチェルキをのぞき込んだ。
「サラ、教育部長への申請は留学生担当の君が行ってくれ」
「分かりました」
ケネスはうなずくとチェルキの画面を閉じる。『リーダー』こと本部直属バードマン1号、レステア・ドマーニはあごに右手を当ててつぶやいた。
「予想より早いが、ハガン『お父さん』にとってはかわいい孫みたいなもんだ。丁重に扱わないとな」

 ミツ夫のあずかり知らぬところで、彼を取り巻く世界には新たな変化が起こり始めようとしていた。
(了)

上に戻る戻る

前へ 次へ