目次へ

続・パーマン 外伝
第二話 さらば父よ



1.転入生

 僕の眼下には、緑色の惑星クラムが輝いていた。遙か向こうに、この23星区の太陽が見える。黄色い星のパサと、赤い伴星のアクロから成り立つ連星系だと、学校で教わったことを思い出す。
「アルマイト、そろそろベルトを締めなさい」
 僕の隣に座るハガンさんが、たしなめるように言った。
 ハガンさんは、赤紫色の髪に深緑色の眼、白い肌の典型的なルメゲナ人種だ。がっちりとした四角い顔は、始終硬い表情を崩していない。僕はハガンさんの心を読もうと何度か探りを入れてみたが、ガードは堅かった。ハガンさんもテレパスなので、僕のすることなどお見通しなのだろう。
 僕らが乗っている宇宙船は、クラムのシセル宇宙港に降下する。これから、僕の新しい生活が始まるのだ。

 シセル島はクラムの赤道付近にある大きな島で、銀河連邦の直轄区域だ。ここには僕が通うことになる銀河連邦付属学校と、バードマン本部がある。
 外に出ると、潮の香りと甲高い鳥の鳴き声が飛び込んできた。上着を着ているとむっとするくらい暑い。惑星ルーガでは、内陸の街フラナにいたので、何もかもが新鮮だった。
 「何してるんだ、車に乗るぞ」
 ハガンさんの声も耳に入らないほど、僕は見たこともない景色に見入っていた。
 車に乗って、僕たちはハガンさんの家に向かった。車中で、ハガンさんはさらに説明し続ける。
 「シセル島は2つの区域に分けられる。宇宙港、銀河連邦の施設、住居のある南部と、バードマン本部のある北部だ。北部には厳重な警戒網が敷かれており、バードマンと養成学校の生徒以外は入ることができない。荷物の受け渡し等は、全て南部にある銀河連邦事務局支部で行われる。お前が行く付属学校も、支部の敷地内にある」
 外の景色を眺めている僕に、ひときわ大きな声が飛び込んできた。
 「ほら、あれが学校だ」
 ハガンさんの言葉通り、僕の目の前に大きなグラウンドと、いくつかの建物が見えてきた。グラウンドでは、生徒とおぼしき子供たちが遊んでいるのが見える。
 「あの白いのが寄宿舎。お前もじき入ることになる」
 この言葉に僕は驚いた。てっきりハガンさんと暮らせるものだと思っていたからだ。
僕の動揺に気づいたのか、ハガンさんは言葉を継いだ。
 「私は仕事で家を空けることが多いから、その方が安心だと思ってな。いつでも泊まりに来ていいんだぞ」
僕は胸をなで下ろした。

 その夜は、ハガンさんの家に泊まることになった。銀河連邦職員が暮らすマンションの一室だ。
 「疲れているだろうから、今夜は早く寝なさい」
 ハガンさんは僕を、新しいベッドのある客間に案内した。そのまま立ち去ろうとする。ここまでのハガンさんの態度に、何かを押さえているように感じていた僕は、ついに声を上げた。
 「ハガンさん、どうして僕を呼んだの」
 ハガンさんは振り向いた。しばらく沈黙した後、僕の目を見つめて話しかける。
 「アルマイト、私はあくまでお前の後見人にすぎない。後見人というのは、成人、つまりだ、18になるまでの間だけ、お前の面倒をみるという意味だ」
 それは僕も聞かされていた。ハガンさんは目を伏せる。
 「私がお前を呼んだのは、あくまでお前の夢の手助けをしたかっただけだ。結婚していない私には、父親になる資格はない。お前には早く独り立ちして欲しいんだ」
 「……やっぱり」
 分かってはいたものの、いざ聞かされると、たまらなく寂しく感じた。僕はハガンさんと暮らせると楽しみにしていたからだ。ハガンさんは僕の肩を叩くと、
 「明日は学校に挨拶に行くからな」
と言い残して出ていった。
 一人残された僕は、ベッドに横たわった。ドアに背を向けると、目に窓際の鏡台が飛び込んだ。中には僕の顔が映っている。焦茶色の髪、黒い眼、淡い褐色の肌。僕の母さんもルメゲナだが、どちらかといえばオレゲナの父さんに似ている。今では立体写真を見ることしかできないが、両親の記憶は僕の中に今も残っている。
 アルミナ母さんは僕を庇って、7つの時亡くなった。惑星ルーガの内乱が原因だ。難民キャンプで面倒を見てくれたことを覚えている。どんな時でもぐち一つ言わず、優しく世話してくれた。
 ノウリス父さんについては、ほとんど記憶がない。別れたのは、内乱が始まった5歳の時だ。僕を抱き上げ、頬ずりしている感触がかすかに残っている。
 (母さんに似れば良かった。そしたらハガンさんの子供になれたかもしれないのに)
 ハガンさんが自分を思ってくれていることは分かっているのに、僕は物足りない思いを抱えて、布団にくるまった。

 翌日、僕はハガンさんに伴われて学校に向かった。僕の資料はすでに学校に渡っているらしく、面接と簡単なテストを受けただけだった。
 「資料を見せていただきました。何も問題はないでしょう」
 面接官の女性(後でこの学校の校長だと分かった)が、微笑みながら言った。
 それから細かい打ち合わせが行われた。僕は転入生として一年二組に編入され、寄宿舎の部屋も割り当てられた。何もかもがてきぱきと決まっていく。お陰で僕は、昨日からの重い気分を忘れることができた。
 荷物を運ぶため、僕たちは早速寄宿舎に向かった。ハガンさんは僕の身の回りの物と着替えを入れたバックを持っている。手ぶらの僕は、校長先生のすぐ後ろを歩いていた。すれ違う生徒たちが珍しそうに見つめている。僕の心に、彼らの考えていることが伝わってきた。
 (転校生か)
 (田舎者だな)
 (あご長いな)
 ろくな事を考えてないようだ。僕は心をシャットアウトした。
 やがて、三階の一番左端の部屋に突き当たった。校長先生から渡された学生証でドアを開ける。
 「ここが306号室です。細かい使い方は、同じ部屋の人に聞いて下さい。それでは、私はハガンさんとお話がありますので」
 「しっかりやるんだぞ」
 二人は、僕を残して出ていった。
 「同じ部屋っていってもな……」
 僕は辺りを見回した。中には部屋が2つある。ハガンさんから渡された荷物で、両手は一杯だ。その時、右のドアが開いた。中から少年の顔がのぞく。
 「そんなとこ突っ立ってないで、入れよ」
 それがイムール・ゲインとの出会いだった。
 イムールは僕と同じクラスで、明るい黄色の髪に白い肌、緑色の眼のオレゲナ・ルメゲナ混血人だ。物言いは乱暴だが、表裏のない性格で、すぐに仲良くなった。僕は左の部屋を使うことになった。孤児院では大部屋だったので、狭くても一人部屋なのが嬉しかった。
 授業には翌日から参加した。学校のクラスは一学年3つ。一クラスは20人ほどだ。共通の授業は、通信システムを使って同じ教授から教わる。ルーガの学校では優等生だった僕でも、最初はついていくのに精一杯だった。
 そんな時、僕の勉強を手伝ってくれたのが、イムールと、同級生のイリメン・アソウだった。イリメンはハガンさんと同じルメゲナだが、髪はもっと赤味が強く、軽く後ろで束ねている。勉強が終わると、夜食と称して、彼手作りのおやつを楽しむのが日課だった。
 「アルマイトって呼びにくいんだけど、何かいい呼び方ない?」
 ある時イリメンに尋ねられ、僕はとっさに答えた。
 「アルジェでいいよ」
それは、亡くなった母さんが僕を呼ぶ時の名前だった。

2.フラッシュバック

 毎日があわただしく過ぎていく。そんな中でも、ハガンさんと過ごす休日は格別だった。
 ハガンさんは僕をシセル島の名所や、近くの島に連れてってくれた。僕は海で泳ぐのも初めてだったので、ハガンさんにかなりしごかれた。
 「私に向かって泳いでくるんだ」
 波の先から、ハガンさんの声が聞こえる。僕は、始終揺れている波にさらわれそうになりながら、足に力を込めた。
 「はいっ!」
 返事をして水に飛び込む。そこから先はがむしゃらに水を掻いた。息継ぎをするために顔を上げたその時、間が悪く大波がやってきた。
 「グバッ!」
 塩水が喉に流れ込んだ。耳がキーンと鳴って、目の前が青く、続いて真っ暗になった。
 (ハガンさん!)
 とっさの悲鳴は声にならなかった。そのまま僕は意識を失った。


 気が付くと、僕は七歳の頃に戻っていた。カタニアムの難民キャンプで、地面に何か一生懸命書いている。書き終わると、誇らしげに読み上げた。
 「アルマイト・カラコルム」
 「良く書けたわね」
 背後から声がする。振り返ると、かがみ込んだ母さんの姿が見えた。少しやつれているが、丸みを帯びた優しい顔で微笑んでいた。手に配給の食糧を持っている。
 「今度はアルミナって書けるかしら」
 「うん」
 僕はうなずくと、小枝を持った。その時だ。
 甲高い金属音が空を裂いた。続けさまに起こる爆発音。周囲に悲鳴が満ちる。ラーゲナ系の軍隊がキャンプを襲撃したのだ。逃げまどう人波で、たちまち僕と母さんは行き場を失った。母さんは、僕を庇うように地面に伏した。その間にも、爆発音と銃声が響き渡る。
 声も出ず震える僕に、母さんは自分の着けていた立体写真のロケットを握らせてささやいた。
 「後は、お父さんが守ってくれる」
 「……ママ」
僕はそれしか言えなかった。母さんの胸に顔を埋め、忌まわしい音から逃れようとした。
 数秒後、僕らの近くで激しい爆発音が起こった。母さんの体が僕にのしかかる。
 「アル……」
息を吐くように母さんの声が途切れた。そのままの姿勢で動かない。
 (重いよ、誰か助けて……誰か)
息苦しさに耐えかねて、僕は声にならない悲鳴を上げる……。


 目が覚めると、僕は砂浜に横たわっていた。ハガンさんが腹を押している。顔の横の砂には、僕が吐いた海水で染みができていた。
 「良かった、もう大丈夫だ」
 ハガンさんの声が耳の中でこだまする。耳の中の水のせいか、それとも、これも夢の続きなのか。
 僕は頭を数度振ると、天を仰いだ。青い空は、あの日見た空にうり二つだった。

 その日を境に、忘れていた記憶が僕を苦しめるようになった。バードマンに抱かれて見た母さんの死体、難民キャンプまでの逃避行、父さんとの別れ……。昼夜を問わず現れる記憶に僕は混乱し、何事も身に入らなくなった。
 心配したイムールや先生の勧めで、僕はしばらくハガンさん家に戻ることになった。だが、どこに行っても忌まわしい記憶から逃れることはできないのではないか。僕は落ち込んでいた。

3.親子の絆

 その夜。夕食の席でハガンさんは申し出た。
 「今夜は一緒に寝るか」
僕は戸惑った。
 「だって、僕もう12だよ」
 「もう何日もろくに寝てないと聞いた。何かあったら心配だからな」
 「来たいんなら来れば」
 僕は下を向いたまま答えた。

 言葉通り、ハガンさんは僕の寝室にやってきた。二人で並んで寝るには小さいベッドだったので、その脇にマットと毛布を敷いて横たわる。そばにハガンさんがいると思うと、なんとなく落ち着かない。沈黙に耐えきれず、僕は思いきって声を上げた。
 「ハガンさん、どうして、今まで忘れてたことを思い出すの?」
 答えはすぐに返ってこなかった。数秒経って、ハガンさんは静かに言った。
 「辛い思い出なら、一人で苦しむ必要はない。私にも見せてくれないか」
 僕にはハガンさんの真意が分からなかった。心が後ずさる。しょせん僕たちは他人なのだ。そう言ったのはハガンさんではないか。
 「たぶん、僕は楽にならないよ」
 「やってみなきゃ分からん」
 いきなり、ハガンさんは僕の手を掴んだ。驚いた僕は、そのままベッドから転げ落ちた。ハガンさんの体の上に、僕の体が重なった。ハガンさんの右手は僕の左手を握ったまま、左手は僕の体を抱きしめた。
 「……ママ」
 母さんの胸に顔を埋めたあの日、胸の重苦しさがよみがえる。堰を切ったように、哀しい記憶があふれ出る。全てが涙とともにハガンさんの中に流れ込んだ。いつの間にか僕は眠りに落ちていた。数日ぶりの熟睡だった。

 翌朝、ハガンさんの隣で僕は目覚めた。いつの間にか毛布が掛けられている。隣にはハガンさんが眠っていた。右手が僕の左手を握っているのを見て、昨夜の出来事がよみがえった。僕が体を起こしたので、ハガンさんは目を覚ました。僕の顔を見つめる。
 「眠れたか」
 「うん」
 僕がうなずくと、ハガンさんはかすかに微笑んだ。
 「今日は仕事は休みだ。一日お前につきあおう。どこがいい?」
僕は、正直に答えた。
 「誰もいない、静かなところに行きたい」
 「それじゃ、とっておきのところに行こう」
ハガンさんは起きあがった。

 車に乗った僕たちは、シセル島北部を目指して進んだ。一般人は立ち入ることのできない区域だが、バードマンであるハガンさんと一緒なので、顔パスである。バードマン本部を望む岬の外れに車を止めると、ハガンさんは僕を外に連れだした。
 「あそこに島が見えるだろ。あれがとっておきだ」
 沖合にぽつんと島が浮かんでいる。「島」といっても、周囲は高い崖に囲まれ、とても上陸できそうにない。直径は一キロほどだろうか。
 「どうやって行くの?もしかして、僕がテレポートするとか」
 「ハハハッ、ちょっと待ってろ」
 珍しくハガンさんが笑うと、車の影に消えた。数秒後、車の影から黒いマスクに赤いマントのバードマンが現れた。お昼の入ったリュックを僕に渡すと、軽く浮き上がる。
 「しっかり跨れ」
 僕はハガンさんの背中に乗り、肩を掴んだ。次の瞬間、僕たちは舞い上がった。

 島にはわずかな灌木と、岩肌があるだけで、もちろん誰もいなかった。敷物を広げると、僕たちは昼ご飯をすませ、そのまま寝ころんだ。耳に入るのは波の音と海鳥の声だけだ。
思わず眠り込みそうになったとき、ハガンさんが話し出した。
 「アルマイト、私は間違っていた」
 僕は思わずハガンさんの顔を見た。マスクの下で表情はよく分からない。
 「お前の強さに甘えて、本当の気持ちを分かってやれなかった。お前の心が悲鳴を上げてくれなかったら、どうなってたか」
 それは、昨夜僕が投げた質問への答えだった。
 「人はいつか、一人で旅立つものだ。私も両親と離れてここに来てから、故郷にはずっと帰っていない。だが、これまでもらった両親や友人との暖かいふれあいが、影で私を支えていたから、一人でも寂しくなかったんだ。そんなことも忘れていた自分が情けない」
 ハガンさんの声が僕の胸に響く。
 「お前の哀しい過去を忘れることは、もうできないだろう。だが、もう終わったことだ。どんなことでも、全部お前が前に進む力になれるよう、私がお前の涙は吸い取った」
ハガンさんはマスクを外し、僕を見つめた。ノウリス父さんとは似ていない、だが、暖かい眼差しだ。きっと、ノウリス父さんもそうだったのだろう。
 「短い間だが、お前の『父さん』として、認めてくれるか」
 僕は動転して起きあがった。やがて、じわじわと喜びが広がる。
 「『父さん』って呼んでいいの」
 「ここにいる間はな」
ハガンさん、いや『父さん』は暖かい声で答えた。
 僕たちはそのまま、過去の埋められなかった溝を埋めるように、会話し続けた。
 「ところで、お前はまだ、バードマンになりたいと思ってるのか」
 「もちろん、なれれば」
 「本部がお前の精神能力を知ったら、必ず接触しようとする。養成学校の推薦は確実だ」
 「そんなものなの?」
 バードマンには厳しい訓練が必要だと聞いていた僕は、拍子抜けした。
 「ここの付属学校は、養成学校の入学生を選抜するためのものだ。むろん、養成学校のプログラムは厳しいから、いい加減な態度では無理だがな」
 「だから、僕を呼んだんだね」
 「ああ。早く、一緒に空を飛びたいもんだ」
僕は、ハガンさんと一緒に飛んだ空を思い出した。
 「もちろんだよ」
 僕は、決意を新たにした。

4.友

 翌日、僕は学校に戻った。教室で支度をしていると、イムールとイリメンがやってきた。
 「もう大丈夫なんだな」
確かめるように尋ねるイムールに、僕は笑顔で答えた。
 「ああ」
 「二三日ゆっくりすればよかったのに。授業のデータならバッチリだから」
イリメンはノートパッドをひらひらさせた。
 「もう元気なら、放課後海に行かないか。パーッと泳ごうぜ」
 イムールが僕の肩を叩く。「海」と言われて、僕の心に苦い記憶がよみがえった。だが、ここで二人に弱気な姿は見せらせない。僕は答えた。
 「もちろん、行くよ」

 学校から海岸までは、市内を走るシャトルバスを使う。ロッカーで着替えると、体を洗って海に走った。二人は早速沖に泳いでいくが、いざ水に入ると、無意識に体がこわばる。
 「おーい、こっち来いよ」
 波の向こうで、イムールの声がする。僕の脳裏に、溺れた時の記憶がよみがえる。
 (しっかりしなきゃ)
 僕は息を大きく吸い込むと、水中に身を沈めた。体が浮き上がる。
 (よし)
 僕は波をかき分け、水上に出た。途端に、波に体を持ち上げられる。僕はとっさに口を閉じ、水中に潜った。息が苦しいが、僕は必死にこらえた。しっかり目を見開くと、青い海水が揺れている。僕は再び浮かんだ。今度はしっかりと息を吸う。
 「アルジェ!」
 イリメンの声が聞こえた。これで方向が定まった。僕は、声の方向に水を掻いた。果てしなく続くと思われた時間が終わったのは、イムールの手が僕を受け止めた時だった。
 「おーし」
イムールの手につかまり、僕は立ち上がった。水は肩くらいまであるので、波が来ると立ち泳ぎ状態になる。
 「泳ぎが苦手なら、そう言えばいいのに。全く意地っ張りなんだから」
 イリメンが笑った。
 「そうじゃなくて」
僕は口をとがらしたが、二人は笑っただけだった。イムールが言う。
 「浜に戻って一休みしよう」
その言葉に僕はうなずいた。

 海岸に泳ぎ着くと、クタクタに疲れ果てた僕たちは、砂浜に横たわった。僕はすっかり息が上がっている。日はすでに傾いていた。
 「どうだ、少しは吹っ切れたか」
イムールが空を見上げて言う。
 「うーん、分からないけど、やればできるような気がする」
 僕は、水の中の感触を思い出した。波に身を任せた瞬間、不思議な感じがした。それは、愛する人に暖かく抱きしめられた記憶を思い出させた。
 「僕だって、君が苦しんでるのが分かってたのに、どうやって慰めたらいいかわかんなくてさ」
 「いいんだよ」
僕も空を見上げたまま答える。
 「意地っ張りか。でも、意地っ張りじゃないと、今までやってこれなかったんだ」
 「アルジェ、君は」
イリメンがため息を付くように言った。
 「僕は、君やイムールと友達だと思ってたけど、本当に深いことは何にも知らなかったんだね。恥ずかしいよ」
 遠くに夕日が沈んでいく。その光がにじんでいく。あえて精神能力を使わなくても、二人の誠実な気持ちは痛いほど分かった。
 「時間はこれからたくさんあるさ。続きは寮でやろうぜ」
 イムールが起きあがる。寮ではそろそろ夕食の時間だ。
 (帰ったら、お父さんに「泳げた」って言わなきゃな)
僕たちは夕日に見送られながら海岸を離れた。

 それから、僕は過去の夢を見ても、それを見つめている自分の姿を意識できるようになった。
 (もう終わったことなんだ。僕の記憶の中の出来事なんだ)
 そう思うと、多少冷静になることができ、気分が楽になった。

 僕たちは二年に進級した。クラスのメンバーが少し変わったが、イリメン、イムールとは相変わらずつるんでいた。学校にもすっかり慣れ、各人が興味のある専門分野を研究する授業が中心になっていった。僕は機械工学や宇宙船の操縦など、メカニカルな分野を重点的に学んでいた。
 僕たちは折に触れていろんな話をした。僕は自分のことを話し、二人も子供の頃の思い出話をしてくれた。ずっと心に秘めていたバードマンへの夢も、初めて二人にうち明けた。
 「バードマンか。民間ではできないような研究も、あそこの研究所ではやれるんだってね」
 イリメンが言うとおりだ。あの制服の仕組みも、一般人には知らされてないのだ。他にも、様々な研究が行われているらしい。
 「宇宙の平和を守るなんて、ワクワクするな」
 イムールは気軽に言うが、僕は反論した。
 「ワクワクだなんて、大変な仕事なんだぞ」
 「それが分かってて仕事をやりたいだなんて、君はよっぽどだな」
イムールはちょっとあきれたように言う。僕はきっぱり答えた。
 「僕は、大勢の人に助けられて、今まで生きてこれたんだ。僕の力で少しでもいい、他の人を助けられればと思ってる」
 「アルジェは僕らよりいろんな経験をしたもの。色々考えてるんだ。僕らがもどかしいんだろ」
 イリメンの言葉に、僕はもがいても届かない壁を感じた。今ここで、二人の手を握って、僕が見たものを伝えられれば、どんなにか楽だろう。だが、僕の気持ちを押しつけることはしたくなかった。無言の僕を見ながら、イムールがきり出した。
 「アルジェやイリメンと一緒にいられるんなら、少しは辛くてもやってやるさ。それに、まだまだ遊びたいしな」
 「結局それかい」
 僕はイムールをこづいた。誰からともなく笑い声が上がった。

5.旅立ちの日

 月日は、あっという間に流れた。ハガンさんの言ったとおり、付属学校三年の時、僕にバードマン養成学校からの使者が来た。僕の精神能力に興味を持ち、推薦したいというのだ。ハガンさんの差し金であることは、すぐに見当が付いた。
 最近はハガンさんも仕事が忙しく、なかなか会えない。それでも、僕たちはさまざまな話をした。「お父さん」と呼ぶことにも、抵抗はなくなった。産みの父ノウリスの記憶はほとんどなかったことも幸いだった。
 だが、その蜜月も終わりに近づいていた。
 推薦のせいかどうかは分からないが、僕は無事バードマン養成学校に入学できた。僕に触発されたのではないだろうが、イムールやイリメンも同じ道を進んだ。養成学校の入学式まで、僕たちは20日の休暇をもらった。ここに来てから、初めての長期休暇だった。
 僕たちはルーガに眠る母を訪ねた後、バード本星のハガンさんの実家に初めて行った。
 バード星を生で見たのは初めてだったが、ルーガやシセルに比べると天地の差だった。周囲にはコロニーが点在し、宇宙船がひっきりなしにすれ違う。銀河連邦の主要国家にふさわしい賑わいである。
 ハガンさんの実家は、大都市のテイブルズ郊外にあった。ハガンさんの両親は僕を孫のように歓迎し、ごちそうを作ってもてなしてくれた。
 夕食も終わり、TVを見ていたときだった。ニュース映像に、若いバードマン男女の姿が映った。だが、どうもマスクとマントの形が違う。バードマンの姿を簡略化した感じだ。ニュースでは、彼らを「パーマン」と呼んでいた。
 僕は、二人きりになったのを見計らい、ハガンさんに尋ねた。
 「あのパーマンって、なんなの」
 ハガンさんは、ちょっと言いにくそうに切り出した。
 「まだ準備中なんだが、志のある者に早くから現場経験を積んでもらい、ゆくゆくは優秀なバードマンになってもらおうという計画があるんだ。彼らは、その一期生だ」
 「パーマンか。僕もなってみたいな」
 「お前は養成学校入学が決まってるだろ。彼らも一緒に勉強するはずだ」
 「なあんだ」
 僕は、さっきの映像を思い出した。二人とも僕と同じ年頃だ。今後の楽しみが増えた気がした。

 ルーガに戻ると、僕は休む間もなく荷造りにかかった。入学式は三日後に迫っており、すでに生徒たちの入寮が始まっている。僕は翌日に入寮することになっていた。
 最後の晩、僕は改めてハガンさんに宣言された。
 「これからは、私とお前はいわば同僚だ。できるだけしがらみは持たない方がいい。前にも言ったが、バードマンでいるときは赤の他人だ」
 「うん」
 ハガンさんの言葉は正論で、逆らうことはできなかった。さらに付け加える。
 「それから、バードマンになるまで、ここには帰ってくるな。私も会いに行く気はないから、そのつもりでおけ。いいな」
 「えっ!」
 僕はハガンさんの顔を見つめた。その目の中には迷いは見えない。何を言っても無駄だろう。
 「……はい」
 僕は静かに答えると、自分の部屋に戻った。電気もつけず、ベットに腰掛けると、じわじわと目の前が曇ってきた。
 「……お父さん、もう……」
 バードマン養成学校は平均四年で卒業する。ということは、僕は19になる。ハガンさんには後見人としての義務はなくなるのだ。事実上、別れを宣告されたのと同じだ。
 「さよならなんて、言えないよ……」
 僕は枕に顔を埋め、涙が流れるに任せた。そのまま意識が遠くなる。

 いつの間にか、朝を迎えていた。昨夜の姿勢のまま、眠ってしまったようだ。僕はベッドの脇の鏡を見た。まぶたは腫れ、頬は涙の跡でこわばっている。
 (こんなんじゃ、イムールたちに合わせる顔がないな)
 僕は洗面所に向かった。
 洗面所の前で、僕は立ち止まった。ハガンさんが顔を洗っている。僕の脳裏に、昨夜の記憶がよみがえった。あくまで普段通り呼びかける。
 「お父さん……おはよう」
 顔を洗い終わったハガンさんは、僕を見て道を空けた。
 「食事を済ませたら、出かけるぞ」
 そう言い残すと、ハガンさんは居間に向かう。いつもと同じ、だが、二度と戻ってこない光景だった。
 食事を済ませ、荷物を持った僕は、マンションを振り返った。短い間ではあったが、忘れがたい場所だ。思い出に足を止められないように、僕はがむしゃらに歩き出した。
 ハガンさんと車で本部ゲートに向かう。その間も、僕は無言だった。何か言ったら、全て壊れてしまいそうな雰囲気だった。
 ゲートの駐車場で、車を止めたハガンさんは言った。
 「私はここまでだ。元気でな」
 静かに微笑むと、自動で助手席のドアが開く。今まで心に溜め込んだものを吐き出すには、あまりに時間は短かった。ただ、けじめだけは付けたかった。僕は鞄の取っ手を掴み、深々と一礼した。
 「お父さん、今まで、本当に、ありがとう」
 返事はなかった。僕は鞄を抱えて車を降りた。ドアが閉まる。
 降り注ぐ光も、潮風も感じられない。視線の先には、冷たくゲートが立っている。萎えかけた気持ちを、必死に奮い立たせる。
 (歩くんだ。僕の夢のために)
 鞄を抱えたまま、僕は歩き出し、ゲートにさしかかった。パスカード代わりの合格証を取り出し、ゲートを通過する。開いたゲートの向こうに、見慣れた影が立っていた。バードマン姿のハガンさんだ。そして、心にはっきりと、ハガンさんの声が聞こえてきた。
 (早く来い。待ってるぞ)
 (はいっ!)
 僕の心に、新たな力がわき上がってきた。ハガンさんとは、離れていても強い絆で結ばれている。そして、いつでも道の先で僕を待っている。そして、待っているのはハガンさんだけではない。イムール、イリメン、まだ見ぬたくさんの人々。
 僕の足が、自然に走り出した。その先には、新たな世界が広がっていた。

(完)


上に戻る戻る

前へ 次へ