戻る

続・パーマン 外伝
第四話 ライバルは俺だ




目次



1.再会

 俺は手の中にあるカードの文字の部分を表にして、ゲートにかざした。
 『銀河連邦職員養成学校クラム校 合格証 269年度 第29号 イムール・ゲイン』
 今でも、自分がここにいることが信じられない。だが、目の前に立ちふさがるのは、確かにバードマン本部のゲートなのだ。
 これから向かうバードマン養成学校は、バードマン本部に隣接して建てられている。その性質上、許可をもらった人間しか立ち入ることはできない。生徒は、学生寮で約四年間暮らすことになる。このカードが通行証代わりだ。
 ゲートをくぐると、3階建ての迎賓棟がある。一般人はここまでしか入れない。俺は地下へと続くエスカレーターの入り口に向かった。ここから地下通路に入るのだ。エスカレーターはそのまま動く歩道(動路)になり、2ミネガ(分)ほど進むとまた地上に上がった。動路の両側では、どうやら様々なチェックをしているらしく、何度もゲートの下をくぐった。終点に付くと、エスカレーターは再び地上に上がった。
 まず見えたのは、3棟のそびえたつビル。噂に聞いたバードマン本部「タワー」だ。15階ほどの細長い建物が、回廊で繋がって三角形を形作っている。最上部はアンテナになっているようだ。
 だが、俺が向かうのは、このタワーの東側にある養成学校の敷地だ。いくつか建物が並んでいるが、まずは10階建ての学生寮に入った。一階の学生部で手続きを済ませ、建物の案内図と制服をもらう。
「服とブーツのサイズは申告どおりになっているか、ご確認下さい」
 職員の言葉に従い、養成学校の制服を改める。バードマンの物とは違い、普通のスーツだ。白地に青い切り替えが入っている。俺は同年代に比べ大柄なので、太って見えるかも知れない。ブーツは茶色。あの目立つ制服と比べるとあっけないくらいだ。
 寮内は7階までが男性寮、10階までが女性寮に分けられている。俺は309号室に入ることになった。せっかくなので、職員に尋ねてみる。
「新入生のイリメン・アソウと、アルマイト・カラコルムの部屋、分からないかな」
青年職員は名簿を見ながら答える。
「アソウさんは502号室、カラコルムさんは515号室です。カラコルムさんは、まだ入寮してませんね」
「ありがとう」
 俺はエレベーターで3階に上がると、自室に入った。玄関の横には靴箱があり、早速支給されたブーツをしまった。付属学校の寮と違うのは、個室だということだ。窓の外からは、タワーの一部が見える。窓際には机があり、その隣には引き出し付のベッド、ベッドの先にはクローゼットがある。一通りの生活用品は、ベッドの向かいの作りつけ棚の上に置いてあった。
 着替えてから、俺はイリメンの部屋へ向かった。イリメンは前日に入寮しており、部屋はすっかり片付いていた。ベッドに腰掛けると尋ねる。
「アルジェはいつ来るんだ? 明後日は始業式だぞ」
「ルーガとバード本星に旅行してから来るって言ってたから、たぶん明日だと思うけど」
「ちえっ、折角本部を探検しようと思ったのに」
俺は窓の外を見た。向かいの「タワー」は、闇に沈んでいた。

 翌日、ようやくアルマイトが入寮してきたので、俺たちはイリメンの部屋に集まった。
「約束通り、お土産買ってきたよ」
イリメンはアルマイトから買い物袋を受け取ると、ゆっくりと中を覗く。
「バードアレーム(饅頭のようなもの)か。定番だね」
「早く開けようぜ」
俺が待ちきれなくて急かすと、イリメンは買い物袋を差し出した。
「お茶を淹れるから、君が開けてよ」
「了解」
 こうして、ようやくお茶会が始まった。イリメンがぼやく。
「ここは食堂が別棟にあるから、夜食が作りづらそうだね。とりあえず給湯室が同じ階にあって助かったよ」
「それより、ルーガやバード本星はどうだった?」
俺はアルマイトに尋ねる。
「ルーガは相変わらずさ。それよりバード本星はすごかったな。どこを見ても都会って感じで」
目を輝かす姿は、ようやくいつものアルマイトになった感じがする。
「それに比べてこっちはな。買い物も街に行くか通販しかないんだろ。どんどん流行から取り残されてく気がするぜ」
「仕方ないさ。遊びに来たわけじゃないんだから」
いつになく真剣な表情のアルマイトに、俺たちは黙り込んだ。
「アルジェ、今から緊張してると後が大変だぞ」
 あえて軽く呼びかけるが、アルマイトの雰囲気は変わらない。それを察したのか、イリメンはアルマイトのカップを掴むと、そそくさと立ち上がった。
「ちょっと洗ってくるよ。イムール、一緒に来てくれ」
「わ、分かった」
あわてて俺は立ち上がった。

 部屋を出ると、俺はイリメンに話しかけた。
「どうしたんだよ。洗い物くらい1人で……」
「違うよ。アルジェに聞かれたくなかったんだ」
「何か分かったのか」
イリメンは歩きながら話し続ける。
「アルジェはここに来る前、『お父さん』と別れてきたんだ。さっきバッグを持った時に『視え』てしまってね」
「そっか。しかし、イリメンにそんな力があったとはな」
「サイコメトリーっていうんだ。僕の場合、安定していないからほとんど使えないけどね」
 精神能力については、バード星人なら誰でも一通り学校で教わっている。アルマイトがテレキネシスを使っているのは知っていたが、イリメンが能力者だとは気づかなかった。
「でも、お前といいアルジェといい、特別なチカラがあるってのは羨ましいな」
するとイリメンは困った顔でたしなめた。
「そんな物がなくても、君はここにいるじゃないか。必要な人材だってことだよ」
 確かにアルジェたちと一緒にいたいという軽い理由で、ここまで来てしまったが、自分がバードマンになれる保証はどこにもない。運が良くても本部職員、悪ければ退学も考えられる。
「俺じゃなくて、俺ん家の財力が欲しいんだろう」
「そうか、君のお父さんはクラム電力会社の社長だっけ」
「社長は兄貴が継ぐから好きにやれるだけさ。親父は、俺が銀河連邦の職員になれば融通が利くと思ってるらしいし、どっちもどっちだよ」
 話はそのまま家の話題になった。イリメンはバード星の研究職の両親のもとで育ち、幼い頃からロボットに興味を持っていた。家で使っていたゴンスケ型を分解しようとして追いかけ回したそうだ。
「いつかアルジェは、『バードマンになるためにここに来た』と言っていた。なぜそんなにバードマンにこだわるんだ。あいつの頭と腕なら大抵のことはできるのに」
それは、俺がずっと思っていた疑問だった。
「バードマンにならなきゃできないことがあるんだよ、僕みたいに。さ、怪しまれないうちに」
 イリメンは歩みを早めた。

2.入学式

 翌日は入学式だ。俺たちは学生寮と棟続きの別館を通って、養成学校の講義棟に入った。講義棟は5階建てで、1.2階が講堂になっている。講堂は1000人ほど入れる大きさで、養成学校の生徒だけではなく、バードマンの会議にも使われているそうだ。壁際のそこここに、制服姿のバードマンが立ち、警備している。新入生は前の席に、在校生は後ろの席に座るよう誘導された。
 俺の席は左の壁際だ。学生番号順に腰掛けると、俺の三つ右の席にイリメン、右斜め前にアルマイトという順番になった。赤い布張りのシートが心地よい。手持ちぶさたの俺は、周りの生徒たちを眺めてぼんやりしていた。その時だ。
 アルマイトの視線が、一点に集まっているのに気づいた。視線を追っていくと、最前列の中央にいる女生徒に突き当たる。
(すげえ美人だ)
 思わず心の中でつぶやく。短めの青い髪に白い肌ということは、イメゲナ(混血人)だろう。ここからでは横顔しか見えないが、きっぱりとした顔立ちだ。アルマイトは口を半開きにして見とれている。
 そうこうしているうちに、入学式が始まった。壇上に並んだ座席に、バードマンの役職者とおぼしき人々が入場する。養成学校の校長は、ボーディ・セレイルというラーゲナ人種の初老の男性だ。痩せぎすで頼りなさそうな感じだが、口を開くと背筋が伸び、鋭い言葉が飛び出した。
「入学生の諸君、銀河連邦付属学校クラム校へようこそ。諸君がここで勉学に励み、優秀な銀河連邦職員として巣立つことを期待している。
 なお、この学校にはもう一つの顔がある。バード連邦特別警察隊、通称バードマン養成学校だ。むろん、内容については他言無用である。詳細はバードマン司令官殿に説明していただこう」
 入れ替わるように、金色のマスクに金色のマント、灰色のスーツ姿の壮年男性が前に立った。オレゲナ人種らしく、マスクの下から黒い髪と褐色の肌が見える。
「バードマン司令官のアスク・レイムだ。早速だが、我々が必要としているのは、銀河連邦の秩序と正義を守るための優秀な人材だ。4年間の訓練と、厳しい選抜試験を通過したものだけが、我々の仲間として迎え入れられる。慢心することなく、勉学に励んでもらいたい。
 なお、今年度は、パーマン計画による選抜生徒の一期生が入学している。パーマン計画は、我々の今後を占う重要な計画だ。大いに期待している」
 その後も入れ替わり立ち替わり、何人かの挨拶が続いたが、圧巻は最後に訪れた。入学生代表として、あの美少女が立ったのだ。壇上に上がり、手元をちらと見ると、その後は黒い瞳でずっと前を向いたまま宣誓した。
「私たちは、学生としての礼節を守り、銀河連邦職員として貢献できるよう、自らの技量を伸ばし、精一杯勉学に励みます。
銀河連邦職員養成学校クラム校 269年度 第1号 サライラ・ケネス」
 一礼すると、座席から割れんばかりの拍手が起こった。もちろん俺も拍手する。だがアルマイトは、手を合わせたまま彼女を見送っていた。

 入学式の後、俺たちはクラス割に従って講義室に入った。俺とアルマイトは1組、イリメンは2組だ。サライラ・ケネスは残念ながら2組に入った。
 教科書と共に、俺たちにもマントとマスク、バッジが配られた。
入学時に希望した色を参考にしたらしく、俺の場合は黒いマスクと藤色のマントだった。
「おかしいな。俺の希望は黒と紺だったのに」
「こっちは希望通り。黒と赤だ」
アルマイトとささやきあっていると、担任のヒース・エベット教官が言い渡した。
「この装備は訓練用の仮支給だ。訓練時以外は原則として使用しないこと。それから、バッジには個人データが入っているので、外出時以外は必ず胸に付けてほしい」
 エベット教官はルメゲナで、やや神経質そうな顔立ちだ。この学校には、20人の教官がいるそうだが、研究棟など別棟で仕事をしている者も多い。入学式にも全員は出てこなかった。
 次に、クラスメイトの自己紹介に入る。このクラスは22人おり、そのうち女子は6人。付属学校の生徒が多いが、各地からスカウトされた生徒もいる。そのうちの1人が、自己紹介を始めた。短い銀髪に切れ長の藍色の瞳、白い肌というラーゲナ人種の少年で、赤いバッジを胸に付けている。
「バード星パーマングループ1号、カイン・ダグレイルです。よろしくお願いします」
隣のアルマイトが俺に耳打ちした。
「あいつ知ってる」
「ルーガでか」
「ま、そんなとこ」
エベット教官が視線を向けたので、話はそこで途切れた。
 自己紹介で午前の授業は終わった。午後からは学内の見学と、寮の自治会による歓迎会がある。アルマイトは待ちきれないように2組に向かった。
「サライラ・ケネスを見に行くんだろ」
「バカ言うな、イリメンを迎えに行くんだ」
「無理するなって。入学式でずっと見とれてたくせに」
 俺の茶化しを無視して、アルマイトは二組の入り口をのぞき込む。今まさに、ケネスが女生徒に囲まれて出てくるところだった。あわてて首を引っ込める。その前を彼女たちが通り過ぎていく。その時、俺たちの背後で声がした。
「やあサラ」
「カイン」
ケネスの足が止まった。
「一緒に食べようと思ったんだけど、その様子では無理そうだね」
「そんなことないわ。あ、紹介するわね」
 ケネスはカインの手を引っ張って前に出した。あおりを食ってつんのめるアルマイト。
「カイン・ダグレイル。パーマン時代のパートナーよ」
「なになに、いつも彼女に助けられてばかりでね」
スマートなスタイルと物言いに、女生徒たちはすっかり見とれている。そのままケネスたちは去っていった。
「カインか。手強い相手だな」
アルマイトは否定する気力もないようで、呆然とつぶやくばかりだ。
「そうだよな。パートナーだもんな……」

 イリメンと三人で食事しながら、俺は事の次第を説明した。
「ケネスさんはクラスでもモテモテでね。いつもみんなに囲まれてるよ」
「付属学校にいたときは、お前が一番もてたんだよな」
俺の言葉に、イリメンは複雑な表情で答えた。
「もてたっていうか、お菓子作りの友というか、ね」
「それにしても、あいつのどこに惚れたんだ? 美人だから?」
「どこに、と言われてもなぁ」
アルマイトは柄にもなく照れている。
「ま、これから4年間は一緒なんだ。いくらでも逆転はあるって」
「とりあえず、彼女の様子は僕に聞いてよ」
 俺とイリメンの励ましにも、アルマイトは上の空だった。視線の先には、またしてもケネスがいる。
(こりゃだめだ)
俺はイリメンと顔を見合わせた。強引に話題を振る。
「そういえばさっき、カインを知ってるって言ってたよな。話してくれよ」
「あ、それか。小学校でバード星の学校との交流会があって、向こうの代表がカインだったんだ。僕も学年代表で自己紹介したけど、たぶん覚えてないだろうな」
「なるほどな」
 ルーガ時代のアルマイトについては、俺もほとんど聞いたことはない。ちょっと得した気分だった。

3.初披露

 入学してから1ヶ月が過ぎた。
 さすがに、養成学校の授業は厳しかった。付属学校の時には、イニセイ(ハンドボールに似た球技)クラブの選手として活躍していた俺も、授業で忙しく、時々マシンルームでうっぷんを晴らすくらいしかできない。
 アルマイトは早速頭角を現していた。元々精神能力を使えることが分かっていたので、専用の訓練室で能力を開発することになったのだ。残念ながら、俺は素質がないと判断されたので、その分体を鍛えることにしたのだった。
 イリメンとは、食事の時に情報交換をする。最近親しくなったのがインガ・ホウ。イリメンと同じクラスのローゲナ男性で、小柄だが俺たちより1歳年上だ。医者の資格を取るため飛び級で医学校に入り、卒業してからバードマン養成学校に進んだエリートである。現在も勉強と並行してバードマン本部の医療部で研修を続けている。とにかくおしゃべりで、食べている時以外は口を挟むのも大変だ。
「ケネスさんは最近、ワッケ・ミノンマと仲良しらしいな。さっきも訓練室に一緒に行こうと言ってたぞ」
インガは俺と同じで精神能力開発室には出入りしていないため、話はアルマイトかイリメンに聞くしかない。
「訓練室に行けば、ケネスさんに会えるもんな。仲良くなれそうか」
「いやあ、カインがいるから」
俺の言葉にアルマイトは腕を組んで見上げる。
「あいつ、お前よりすごいのか。だって、テレパシー、テレキネシス、瞬間移動だろ」
「テレキネシスでは負けるよ。100バラス(キロ)のバーベルを持ち上げるんだ。あと、テレパシーで幻覚を見せたり、空間にバリヤーを張ったりできる。ま、ケネスさんにはかなわないけどね」
 アルマイトの口の端がにやけている。
「ケネスさんは、どのくらいすごいんだ」
「何でも一通りできるけど、予知能力、テレパシー、透視が突出しているってさ」
「さすがパーマン一期生だな」
「なあに、精神能力(ちから)がなくたって、バードマンにはなれるさ」
 アルマイトの言葉がただの意地っ張りか、それとも俺を気遣ってのことなのかは、俺には分からなかった。
「それより、イリメンはどうなのさ」
インガが尋ねる。
「僕の精神能力を実用レベルまで引き上げるには、強化装置が必要だと言われてね。僕は研究員志望だし、正直そこまでするべきなのか、迷っているんだ。」
「俺の専攻は外科なんだけど、聞いた話では、強化装置はパーマロゲンと同じように、薬物を媒体として使用してるそうだ。副作用もあるから無理には勧めないんだとさ。ま、心配なら試してみればいい。俺としてはどっちでもいいんだけどさ」
インガの生々しい話は止まらない。
「これじゃ、『レーザー口』と言われるわけだ」
「正直言って危険すぎるよ」
俺の言葉にイリメンは苦笑した。

 数日後。俺たちは「実技」の授業で、初めて銃を持つことになった。担任のエベット教官に連れられてやって来たのは、体育館の地下だ。講堂と同じくらいの広さがある。
「ここが訓練室か。広いなあ」
「僕は精神能力訓練のために来るけど、イムールは初めてだっけ」
アルマイトが説明しようとした時、エベット教官が皆を集め、レーザーガンを配り始めた。
「いよいよ本番だ。これから順番にあの的を射抜いてもらう。君たちのレーザーガンは訓練用に調整されている。決して銃頭をいじらないこと」
 教官がリモコンのスイッチを押すと、50リラ(地球のメートルにあたる単位。1リラは約60p)ほど離れた向かいの壁際に的が展開した。
「これから君たちにこの的を射抜いてもらう。まずは私が手本を見せる」
エベット教官は線の前で足をやや広げて立ち、おもむろに両手で構えた。そのまま微動だにせず発射する。光条が的のやや上を貫いた。
「これが基本形だ。いきなり片手撃ちはするなよ。これを体にたたき込んでからだ」
 俺たちは3人ずつ並び、的の前に立った。一緒に撃つのはアルマイトとカインだ。エベット教官が後ろから見守っている。俺は両手で銃を構えるが、なかなか固定できない。ちらと右隣のアルマイトを見ると、なんと左手を右手首に載せただけだ。
(余裕かましやがって)
俺がつぶやくのと同時に、号令がかかった。
「よし、撃て!」
 俺はがむしゃらに引き金を引く。光線はなんとか的を掠ったが、反動で思わず数歩後ずさった。その視線の先にアルマイトが映った。微動だにせず立っている。的の真ん中には大穴が空いていた。
「すごいな、アルジェ。銃も訓練してたのか」
 思わず声をかけると、アルマイトは振り向いた。口元がにやけている。
「いやぁ、映画で見たとおりに撃ってみただけなんだけど」
「バカモン! さっき言ったことをもう忘れたのか!」
エベット教官の雷が落ちた。そそくさと俺たちは引き下がる。
「基本形を守らなくてもそれだけ撃てるとはね」
左隣のカインが感心ともあきれのつかないような感想を述べて下がっていった。当然のように的は命中している。
それが、アルマイトの快進撃の始まりだった。

 一月後。いつものように食堂でイリメンたちと情報交換していると、アルマイトが聞き慣れない言葉を発した。
「今度『的撃ち』のテストを受けることにした」
「マトウチ?」
俺の問いにアルマイトが真顔になった。
「バードマン内部の名射撃手の資格みたいなものだそうだ。つまり」
「つまり?」
 割り込もうとするインガを隣のイリメンが制する。
「バードマンへの道が近づく。だから今日から放課後は訓練室で特訓だ」
「じゃ、俺もつきあうぜ」
俺の申し出をアルマイトは断った。
「今度は静止した的を撃つんじゃない、シミュレーション装置による訓練だ。テストは一人で受けなくちゃいけない」
「つまり、俺は邪魔だって言うのか」
頭では分かっていてもつい口をついて出てしまった。
「そんな訳ないだろ」
アルマイトは困ったような顔をする。
「イムール、言い過ぎだよ」
 イリメンが取りなそうとするが、アルマイトは席を立って食堂を出て行った。
「君は一言多すぎるんだよ。その点、俺は言って良いことと悪いことはわきまえてるからさ」
『レーザー口』のインガにまで言われるとは思わなかった。相変わらず一言余計だが。
「俺だってバードマンになるためにここにいるんだぞ。射撃だってうまくなりたい。なのにあいつは」
 アルマイトの背中がだんだん遠のくような気がして、俺は焦りを感じていた。

 結局、俺とイリメンはアルマイトの訓練終わりを待つことにした。訓練室の待合室には複数のモニターがあり、荒野に設定されたシミュレーション装置で訓練するアルマイトの姿が見える。そして、もう一つのモニターにはカインの姿が映っていた。型は二の次でがむしゃらに飛び回るアルマイトと、的確にターゲットを捉えて倒していくカインは対照的だ。不意にイリメンが切り出した。
「ねぇ、君が海でアルジェに水泳を教えたときのこと、覚えてるかい」
「ああ」
 アルマイトが泳ぎを覚えるために海で特訓した日のことは忘れるわけがない。
「僕たちに出来ることは、アルジェが一人でみんな抱え込みそうになった時、支えてあげることだと思うんだ」
「それは分かるけどさ、俺だって支えてもらいたいことがあるんだよ」
「じゃ、持ちつ持たれつで行こうよ。今回は僕が」
イリメンは手に持ったボトルとカップを差し出した。
「たいていのことはおいしいお茶とお菓子で解決する。それで駄目なら新しいお菓子を作れば何かひらめくさ」
 その時、ドアが開く音がした。振り向くとサライラ・ケネスとワッケ・ミノンマが入ってきた。
「カイン君、まだやってるみたい」
カインのモニターを見たミノンマの言葉とはうらはらに、ケネスは別のモニターを見ていた。唇から声が漏れる。
「……めちゃくちゃな人ね」
モニターのアルマイトはちょうど1セット終えたところで、肩で息をしていた。しかし、クリアスコアは80%を示している。
「気になるの?」
ミノンマの問いに、ケネスは目を伏せた。そこに、シミュレーションを終えたカインが上がってきた。タオルで汗を拭く姿も決まっている。
「サラ、ワッケさん、待たせてごめん」
「大丈夫。それより彼、クラスメイトよね」
「カラコルム君か」
「彼はまだ、自分の精神能力(ちから)を使いこなせていないけど、覚醒したらライバルになりそう」
 カインの目が一瞬真剣味を帯びた。だがすぐに笑顔を取り戻す。
「君の応援があれば大丈夫さ。ただ、精神能力は無しでね」
「もちろんよ」
3人はそのまま部屋の外に出た。静寂が訪れる。
「……今の話、アルジェには黙っておこう」
俺はイリメンに言った。

 『的撃ち』試験の日。アルマイトの言ったとおり、俺たちはモニターの中継を見ながら応援することしか出来なかった。結局アルマイトはターゲットの10人を4:54ミネガで倒し、見事試験に合格した。ライバルのカインは次の組で登場し、10人を4:41ミネガで倒した。後半追い込まれ、麻痺した足を引きずりながら戦うアルマイトとは対照的に、始終落ち着いた戦い方だった。
 この日以降、アルマイトは養成学校では『的撃ち』の二つ名で呼ばれることとなる。だが俺たちは相変わらず食堂でたわいもない話をし、ケネスの話をしてアルマイトの反応を楽しんでいた。

4.ディベート

 見事『的撃ち』のテストに合格したアルマイトはますます訓練室に入り浸り、放課後はもっぱら別行動を取っていた。俺たちはアルマイトの仮想ライバルであるカインに様子を聞くことにした。食堂にお茶とイリメンお手製のシベラ(スフレのような菓子)を持ち込んで、俺とイリメンが取り囲む。インガは医療部へ定期研修に行っているのでこの場にはいない。
 いざ話してみるとカインも人当たりが良く、アルマイトをライバルとして意識していることが分かった。だがその反面、ファーストパーマンとしてのプライドが彼を支えており、常に一線を引いて内部に踏み込ませないようにしていることも伝わってきた。
 「カラコルム君は毎日シミュレーターと精神能力開発室の訓練をこなしてる。その上宿題もやっているんだよね。それでも日々精度が上がっているからすごいものだよ」
宿題はイリメンがやったのを俺と写していることも多いのだが、それは俺たちの名誉のために黙っておくことにした。俺が一番気になっていたのは、サライラ・ケネスとの仲だった。
 「ケネスさんとはずっとパーマンとしてパートナーを務めてきたんだよな」
「そうだよ。3年くらいだけどね」
「何でも出来るように見えるけど、苦手なものとかあるのかな、と思ってね」
 イリメンがシベラを薦めながら身を乗り出した。それを受け取るカイン。
「僕には分からないけど……うん、おいしい」
イリメンはカインがシベラを褒めたのに満足気だ。
「ただ、サラの気分が乗らないときは精神能力がうまく働かないこともあったよ。誰にでもあることさ」
「じゃ、好きなお菓子とはないのかな」
イリメンが話をそらす。
「さあ。仕事の時はそういった機会はなかったし」
 二人はてっきりプライベートでも行き来してると思ってたのに、当てが外れた。カインが口を開く。
「それより、僕も聞きたいことがあるんだ。カラコルム君はなぜあんなにがむしゃらなんだい」
俺たちは互いに顔を見合わせた。
「本人には聞いてみたの?」
イリメンの問いにカインはかぶりを振った。
「てっきりサラに良いところを見せたいのかと思ってたら違うみたいだし。長いつきあいの君たちなら分かるかと思ってね」
俺もイリメンも答えは同じだった。
「じゃ、俺もアルジェのいないところで言うわけにはいかないな」
「アルジェは真剣にバードマンになろうとしてる。それ以上のことは僕たちも知らないんだ」
「分かったよ、ありがとう。ごちそうさま」
「こちらこそ。今度はケネスさんの好きなお菓子も教えて欲しいな」
「機会があればね」
カインは席を立った。

 その数ヶ月後、学年末の仕上げとして1組と2組合同のディベート授業を行うことになった。くじ引きで別れた生徒が賛成・反対派に分かれて討議をし、残りの生徒は審判として判定をする。
 議題は「ルーガはバード星から独立すべきか」。まずは教室でルーガ内乱と終結後の現状のドキュメンタリーを見た。アルマイトはルーガ出身ということもあり、テーマが決まってからずっと何かをこらえているように見えた。
 宇宙地理の授業で習ったとは言え、バード本星出身の俺にはルーガは遠い国だ。そもそも内戦の発端は希少鉱物の採掘権を巡り、初期入植者であるラーゲナ系の自治区「ラマワーン」がルメゲナ系の自治区「レット」の開発した鉱山を独占しようとしたことだと画面では解説している。しかし背後では政府や軍部が駆け引きをし、その結果レットの首都インテバンで大統領暗殺事件が起こったため、ラマワーンとの内戦が始まったのだ。各地で市民を巻き込んだ戦闘が起き、特に有名なのがカタニアム難民キャンプへのミサイル襲撃だ。画面では無数の墓石が映し出されている。
 内乱中は兵器だけではなく、精神能力者の特殊部隊が双方に存在したことも噂として語られているが、明らかな証拠は見つかっていない。ともかく、この内乱でルーガは荒廃し、多数の孤児や難民が生み出された。バード星で孤児を引き取ろうという運動が盛んになり、たくさんの子供たちが宇宙船に乗り込む映像はうっすらと覚えている。その後もルーガの経済は立ち直れず、バード星の援助を受け続けている。
 俺たちはくじを引き、5人ずつでディベートの班分けをした。1組は肯定、2組は否定だ。エベット教官が改めて説明する。
「このディベート授業は個人の考えとは関係なく、自分の担当する立場が正しいという意見を述べ、審判にアピールすることが大事だ。これから現場で活動する際、どの勢力に荷担すべきか判断を迫られることもあるだろう。これはその訓練と考えて欲しい。ディベート班は1組の教室で30ミネガの間に各班の打ち合わせをする。審判組は2組に移動してドマーニ教官の説明を受けること」
 くじを引いたところ、アルマイトとカインはディベート班、俺は審判になった。2組の班分けも決まり、イリメンとケネスがディベート班になった。俺は同じく審判になったインガ、ミノンマと共に2組でモニターを見ながら審査する。教室の両側に肯定派と否定派が並んで立ち、中央で向かい合うようにエベット教官が座る。俺たちの後ろではドマーニ教官が無表情で腕組みして見守っている。若手のドマーニ教官はラーゲナで、精神能力開発も担当している。俺にはあまり接点はないが、イリメンから授業での厳格な指導ぶりは聞いていた。
 画面の向こうでは、それぞれの班が自分の主張を述べた後、互いの意見を論証するターンに入っていた。先攻のカインに後攻のイリメンが反証する。
「だから、ルーガの経済を回復させるためには独立してバード星と対等な立場の取引をすることが必要だ」
「独立する資金が問題です。ルーガの産物は鉱物とその加工産業に偏っており、鉱物資源が枯渇すればまた内乱になる可能性が高い。よって独立は無謀と判断します」
 二人の意見を受けて、アルマイトとケネスが論証を引き継いだ。
「鉱物資源が枯渇するという予測はどのくらい正確か。新鉱山が見つかる可能性は考えてないのか」
「ルーガが植民星になってから100年たち、主だった鉱山の採掘量は減っています。新鉱山は採掘しにくい場所にしかありません」
「独立することでルーガ周辺のアステロイドの採掘権をバード星からもらえばいい」
「バード星にメリットがないので受けいれられません」
アルマイトは一歩前に出て高らかに言い放った。
「バード星には内乱で多数の人命が奪われた責任の一端がある。その補償のためにも独立を認めるべきだ」
 ここでケネスの顔色が変わったように見えた。
「議長、肯定派は人道支援と経済支援を混同して語っています。不適切な発言として却下願います」
 査定を求められたエベット教官は口を開いた。
「否定派の主張を認め、肯定派の主張は却下とする」
 これは重大な肯定派へのポイントだ。俺は内心舌打ちしながら採点シートにチェックを入れた。

 結局、採点結果は否定派が勝利した。そのままディベートの講評に移る。ドマーニ教官がカメラの前に立った。
 「今回は否定派のポイントが高かったが、この評価はどちらが良かったという問題ではない。いかに採点者を納得させるスピーチをできたか、相手のスピーチ内容を吟味し、矛盾を見つけることができたか、というのが点数に直結する。その点で、サライラ・ケネスの指摘が特に優秀だったと私は判断した」
 「ありがとうございます」
 ケネスはお礼を述べると、ちらりと左側に立つアルマイトを見やった。アルマイトの口元が軽くほころんだが、すぐに唇を結び直した。

 ディベート終了後。夕食の席で俺たちはアルマイトに感想を聞いていた。インガが腕組みしながら唸る。
「まさかケネスさんにやられるとはな。さすが学年代表に選ばれただけのことはあるよ」
「ケネスさん、あの後テレパシーで僕に話しかけてきたんだ」
アルマイトの言葉に俺たちはいきり立った。
「何だって!」
「『あなたの気持ちは伝わったけど、これはディベートだから』って」
「だからあの時笑ったんだね」
イリメンの指摘に、アルマイトは複雑な表情をした。
「嬉しかったけど、負けは負けだからな。それに」
 アルマイトが何か言いかけた時、奥からトレイを持ったカインとケネスが通りかかった。カインがアルマイトに話しかける。
「今日はありがとう」
「いや、こちらこそ役に立てなくて悪かった」
アルマイトは頭を下げたが、カインは気にしていないようだった。
「僕は本当にルーガは独立すべきだと思ってるよ」
「ああ」
カインの言葉で、アルマイトの背負っていた重荷が落ちたように俺には見えた。

5.罠

 それからの時間はあわただしく過ぎていった。
 二年生に再びクラス替えが行われ、アルマイトと俺はパトロール隊員希望の生徒が集まる1組に配属された。もちろんケネスやミノンマ、カインも同じクラスだ。
 イリメンは研究室勤務を希望したため、インガと共に本部職員養成クラスの2組に配属された。養成学校の文化祭に参加するためロボットを自作すると張り切っており、本部の研究室にも出入りするようになっていた。
 一般教養課程がほとんどだった一年とは違い、俺たちは頻繁にマスクやマントを付けて体育館地下の訓練室に入った。ここではシミュレーション装置を相手にミッションをこなすのだが、それよりも大変だったのは、生身で行う訓練だ。特に、島北部の樹海にて行われた生き残りテストは壮絶だった。アルマイトも俺も、再会したときには泥まみれだった。これが最後の選抜だったらしく、脱落した何人かは三年度にクラス替えをして去っていった。

 一年間の間、ケネスとアルマイトはクラスメイトとして仲良くはしていたが、それ以上の進展は見られなかった。さすがにアルマイトはカインの手前遠慮しているが、好意を持っているのはだだ漏れだ。ケネスはそんなアルマイトにも当たり障りなく接していたが、その関係が変化する事件が三年生の時に起こることになる。

 それは小型宇宙艇の航行テストの時だった。俺たちは二年生からシミュレーション装置で宇宙艇の操縦訓練を受けてきたが、三年生になると実機訓練に移行していた。
 俺たちは本部宇宙港からパトロール母艦に乗って宇宙に上がり、そこで数日間訓練した後、航行テストに挑むこととなった。宇宙ステーションから出発して途中の小惑星に設けられたチェックポイントを通過し、航行中のパトロール母艦に戻るコースだ。コースの混雑を避けるため二班に分けてテストを行うことになった。アルマイトやカインが第一班、俺やケネス、ミノンマが第二班だ。俺たちはエベット教官とともにパトロール母艦で見守り、サポートとしてドマーニ教官が宇宙ステーションに待機している。
 「ケネスさんにいいとこ見せるチャンスだ、がんばれよ」
「イムールもな」
 肩を叩き合い、俺はアルマイトを送り出した。
 アルマイトは小型宇宙艇の操縦でも好成績をあげており、カインとともに先陣を切って飛び出した。俺たちはモニターで各人の動きを見守りながら出番を待っていた。その時、ケネスが声を上げた。
「カインが!」
 カインの艇は確か10番のマークで、先頭を走っていたはずだった。だが、いつの間にかモニターから消えている。そして、二番手に付けていたはずのアルマイトの5番艇のマークも、一瞬目を離した隙に消えていた。
「教官! 大変だ!」
俺の叫びに反応したエベット教官は、慌ててモニターの前に出た。回線で呼びかける。
「ダグレイル、カラコルム、応答せよ!」
 だが返事はない。その間にも、モニターの光点が消えていく。ケネスはテレパシーでの捜索モードに入ったようで、目を閉じている。エベット教官は振り返ると号令した。
「レースは一時中止! これから我々は遭難者の捜索に向かう」

 宇宙艇の表示の消えた地帯で俺たちは捜索を始めた。二重遭難を避けるため、パトロール母艦から宇宙艇の信号を探る。ケネスを始め、テレパシーの精神能力者は遭難者の声が聞こえないか精神を集中しているようだ。だが何もキャッチできない。そこに宇宙ステーションのドマーニ教官から通信が入った。
「もしかしたら彼らは他の場所にワープさせられたのかもしれません。捜索場所を広めてみます」
「了解だ」
エベット教官は同意した。

 事態が進展したのはそれから15ミネガ後だった。テストコースからかなり外れた場所から発せされた救難信号をドマーニ教官がキャッチしたのだ。
 だが、テストに参加した小型艇の数は20なのに、キャッチできた信号は15のみだった。それもバラバラに散らばっている。エベット教官は本部へ連絡するようドマーニ教官に伝えると、連絡要員として残るテレパシーの精神能力者たち以外は、二人一組でそれぞれ救難信号の発せられた場所に向かうよう命じた。
「ゲインとミノンマは5番艇の信号地点に向かえ。座標は各自の小型艇に送付した」
「了解!」
 俺はテスト用に準備していた小型艇に乗り込むと発進した。ミノンマの小型艇が続く。
「それにしても、誰が何のためにワープさせたんだ」
俺の疑問にミノンマが答える。
「分からないから探すんじゃない」
「まさかこれも訓練の一環だったりしないだろうな」
「茶化さないで。サラたちも真剣に捜索してるんだから」
「分かってるさ」
俺は胸の中に焦る気持ちを抑えながら、操縦桿を握りしめた。
 座標の場所に到着したものの、辺りは細かい岩石が一面に漂っており、小型艇の姿は見当たらない。その奥には小惑星があるようだが、漂う岩石で視線が遮られている。
「参ったぞ。これじゃ確認できないじゃないか」
「私が透視してみるから、ゲイン君は信号の探知を続けて」
ミノンマはケネスやアルマイトほどではないが透視能力があり、訓練を受けていることは知っていた。だが実際に使う現場を見るのは初めてだ。俺は救難信号を探知するレーダーを動かしながら、心の中で呼びかけた。
(アルジェ、いるなら俺の声に応えてくれ!)
 ややあって、ミノンマから通信が入った。
「小惑星の左手に宇宙船のような物が見えるわ」
「アルジェはそこにいるのか」
「そこまでは」
「分かった、俺が道を切り開く」
 俺は岩石の漂う空間に小型艇を押し進めた。いくつかの岩石が船体に弾かれていく。じりじりと進めていくとようやく小惑星が見えてきた。長さは500リラくらいだ。その岩肌に押しつけられるように「5」とマーキングされた小型艇が埋もれている。たまらず俺は飛び出した。
 小惑星と衝突したショックからか、小型艇のハッチは開いていた。救難信号の発進装置も止まっているようだ。だが座席にアルマイトの姿はない。パイロットスーツには生命維持機能が付いてるが、破損していたら一刻を争うことになる。
 「船の周囲を探してくれ。俺は裏に回る」
 俺はミノンマに通信すると、小型艇を小惑星の裏側に進めようとしたが、破片が密集していて進めない。仕方なく俺は生命維持装置を確認するとハッチを開けた。
 小惑星の裏側は、更に岩石が積み重なっていた。俺は隙間に落ちないように注意しながら大きな岩を回り込む。すると、岩の向こうにパイロットスーツ姿の人間が横たわっていた。やや長めのヘルメットには見覚えがある。アルマイトだ。
 駆け寄ろうとしたその時、一条の光線が俺目がけて飛んできた。俺は慌ててショックガンを抜くと、身を岩に隠した。だが続けざまに光線が岩に当たり、岩塊が削れていく。
(この精度、まるで「的撃ち」だ)
 俺は身をすくめた。それよりも倒れたままで動かないアルマイトが気になる。
(まさか撃たれたのか?)
目測でアルマイトまでの距離を計る。
(10リラくらいか。よし!)
 俺は身を屈めて岩の反対側に回り込むと走り出した。幸い光線は飛んでこない。そのままアルマイトのそばに滑り込む。
 アルマイトは気を失っているようで動かない。ヘルメットにひびが入っているが、割れてはいない。ベルトの生命維持装置を確かめようと身を屈めた時だ。不意に首筋に堅いものが当てられた。頭の中に声が響く。
(動くな)
 顔を向けなくてもその声には聞き覚えがあった。
(カイン、どうしたんだ)
俺は頭が混乱したまま呼びかけるが、返事はない。そのまま銃口は俺の肩口に滑り、アルマイトの体に向けられる。そこでようやく、俺は違和感の正体に気づいた。咄嗟に俺は右側にタックルする。銃の狙いは逸れたが、弾みで発射されたビームが肩口から背中を貫いた。急速に意識が遠のく中で、俺はうめくように口走った。
「アルジェ、起きろ!」

 次に気がついた時、俺は医療カプセルの中にいた。イリメンとインガ、ミノンマの顔が見える。
「良かった。手術が間に合って。あれから二日間も昏睡状態だったのよ」
いつも冷静なミノンマの目が珍しく潤んでいるようだ。
「アルジェも大丈夫だよ。君より軽傷だったのでもう退院してる」
イリメンは俺の隣の空きカプセルを指した。
「いやあ、研修中にお前たちが運ばれてきた時は驚いたさ。俺も助手として手術手伝ったんだから感謝してくれよ」
インガは得意げに腕を組んだ。
「じゃ、ここは本部の医療部か。一体何があったんだ」
「お前、何も覚えてないのか」
インガの問いに俺はうなずく。
「カインに撃たれて、アルジェに叫んだ後から記憶がないんだ」
「それじゃ、私が分かるところから」
 ミノンマの説明で、俺は自分が気を失った後何が起きたかを知った。
「カラコルム君の小型艇の座席に、突然血まみれのあなたを掴んだカラコルム君がテレポートしてきたの。ただ、カラコルム君もすぐ気を失ってしまって。母艦に連絡してから私の小型艇と連結して小惑星を脱出し、救助してもらったの」
「じゃ、俺の小型艇は」
「それが、回収しに戻ったらなくなってて。後で分かったんだけど、自分の小型艇が壊れたダグレイル君が乗って宇宙ステーションに戻ってきたの」
「カイン……いやあれは、カインになりすました誰かだった」
俺は左手を握りしめた。
「カインは左利きなのに、奴は右手に銃を持っていたんだ」
「なんだって?!」
三人の顔色が変わる。
「ここから出してくれ! カインの疑いを晴らすんだ!」
俺はカプセルを開こうとするが、体は固定されて持ち上がらない。インガが冷たく言い放った。
「君の診断は右肩から右肋骨へのレーザー貫通と倒れたときの複雑骨折で全治3ヶ月。言っておくが、医療カプセルの補助込みでだ」
「アルジェが事情説明のために本部に呼ばれているんだ。僕がエベット教官に報告しに行くから、後は頼むよ」
「待って、私も」
 イリメンの後を追ってミノンマが飛び出した。残ったインガは再び腕を組むと、いまいましそうにつぶやいた。
「どうやら、これは『レーザー口』の俺でも黙らなきゃいけないようだな」


6.決意

 幸い、俺は1ヶ月後には医療カプセルから出ることができた。運動こそできないが、ベッドでチェルキ(授業用パソコン)を通して授業を聞くことはできる。放課後にはアルマイトたちも様子を見に来てくれた。ただ、ミノンマはケネスが心配ということで、イリメンは精神能力開発プログラムを受けるので忙しいという理由であまり来ていない。アルマイトもあの事件については話しにくいようだ。
 暇つぶしのため、俺は図書室の資料ビデオやテキストを借りてもらい、生まれてから一番だと思うくらい勉強した。勉強に没頭したのは、あの事件のことを考えたくなかったからでもあった。
 俺の報告はエベット教官経由で本部に伝わり、事情聴取も受けたが、カインが何者かに精神制御を受け、俺やアルマイトを撃ったという結果しか教えてもらえなかった。その後カインは養成学校を退学し、地元に帰ることを決断したのだ。
 病棟に来たカインは、俺のベッドの脇に立ち頭を垂れた。
「本当に申し訳ない」
「よせよカイン。あれはお前のせいじゃないだろ」
俺は努めて明るく答えたが、カインの姿に以前の自信はなかった。
「だけど僕が精神制御を受けなければ、君やカラコルム君が傷つくことはなかった。僕を操った犯人が分からない以上、もう一度同じことが起こるかもしれない。だから僕はバードマンにはならないと決めたんだ」
「ケネスさんには相談したのか」
俺の問いにカインは俯いた。
「正直僕以上に今回のことに参っていてね。でも彼女は必ず立ち直ってくれると信じてる。パーマングループの代表として、きっと立派なバードマンになってくれるさ」
「これからどうするんだ」
「バードマンでなくても精神能力を生かせる仕事はあると思うし、じっくり考えてみるよ」
カインの表情が和らいだ。
「イームル・ゲイン、カラコルム君のライバルはやっぱり君だ。復帰を楽しみにしているよ」
 「ありがとう。元気でやれよ」
俺は自由に動かせる左手を差し出した。カインも利き手とは逆の右手を差し出し、俺の手を握り返す。その時、俺の頭にテレパシーが響いてきた。
(僕はここでの出来事の記憶消去を受けることになる。だから本当にさよならだ。ありがとう)
「……カイン」
 俺には立ち去るカインを見送ることしかできなかった。

 その一月後。俺はリハビリに通いながら教室で授業を受けられるようになり、ようやく寮の自室に戻ることになった。
 退院の前に、俺は部屋の掃除を手伝って欲しいとアルマイトとイムール、インガに伝えていた。掃除が終わるのを待って、イリメンはいつものようにミリゲル茶と菓子の入ったバスケットを取り出した。
「今日のお菓子は初めて作った物だから、是非感想が聞きたいんだ」
イリメンがバスケットを開けると、細長い焼き菓子らしき物が現れた。早速インガが一つ取って口に運ぶ。
「こりゃ美味い。口の中でスッと溶けちまう」
「メンレゲ(地球で言うメレンゲ)と言って、主に卵の白身で作るんだ。パーマン時代にケネスさんにプレゼントしたら喜んでた、とカイン君が教えてくれたんだよ」
「カインか」
 俺はあの日の別れを思いだした。部屋のカーテンを閉め、ロックを確認すると改めて切り出す。
「今日ここにみんなを集めたのは、病室ではできなかった話をしたかったからなんだ」
俺はそのまま椅子に座った。アルマイトとインガはベッドに腰掛け、イリメンはクローゼットの前にクッションを置いてもたれかかる。
 俺がカインとの最後の会話を伝えると、重苦しい沈黙が広がった。まず口を開いたのはアルマイトだった。
「わざわざテレパシーで伝えてきたってことは、病室は監視されていると思ったんだろうな」
「カイン君がケネスさんの好物を教えてくれたのは、僕たちに『彼女をよろしく頼む』と伝えたかったのかも知れないね」
イリメンはメンレゲをつまみながらしみじみと言った。
「確かに医療部で記憶消去や記憶操作は行われているらしいが、実際に処置できる人間は限られているはずだ。俺みたいな研修生では伺えない場所だろうな」
インガは腕組みしたまま閉ざされた窓を見つめた。アルマイトが話を変える。
「カインが退学する前の夜、僕はどうしてバードマンになりたいか話そうと思って部屋に行ったんだ。話を聞いたカインは納得したように『君ならサラが好きになっても許せるよ』と言ってくれた」
「それはもしかして、ケネスさんがアルジェを好きってことか?」
俺が尋ねると、アルマイトは照れくさそうにあごに手をやった。
「今はそうではないけど、これからどうなるかは僕とケネスさん次第ってことさ。そうそう、『利き腕で僕が操られてるのを見抜き、君を守ろうとしたイムール君は立派だった』と褒めていたよ」
「ありがと。と言ってもカインがいないんじゃ意味ないか。ところで、俺を助けて小型艇にテレポートした時のこと、ここでなら話せないか」
 俺の問いかけにアルマイトはうなずくと、イリメンに向き直った。
「実は僕も覚えてないんだ。だからイリメンの力を借りようと思ってね」
「そのためにこの2ヶ月、精神能力開発プログラムでサイコメトリー能力を高める訓練をしてたんだ。ドマーニ教官は僕がいきなりやる気になったんで驚いてたけどね」
 アルマイトはスーツのポケットから、楕円形の飾りが付いたペンダントを取り出した。
「これは僕がずっと身につけてた母親の形見のロケットだ。ただあの日の後ずっと部屋に保管していたから、最後の記憶はあの日の出来事のはずだ」
 確かにアルマイトがこのロケットを身につけているのは何度も見ていたが、母親の形見だと教えてくれたのは初めてだった。受け取ったイリメンは、そのまま両手でロケットを握りしめる。アルマイトはイリメンの肩に左手をかけると、右腕を差し出した。
「イムール、インガ、僕の手を握ってくれ。イリメンが視たものをそのままテレパシーで伝えるから」
 俺は左手で、インガは右手でアルマイトの腕を握りしめる。しばらくすると、アルマイトの見た光景が断片的にイメージとして伝わってきた。

 まずは心配そうにのぞき込むミノンマの顔。アルマイトの声が微かに聞こえる。
「イリメンが撃たれた。早く母艦へ……」
 そこで映像は途切れ、次に映ったのは倒れている俺を掴もうと必死なアルマイトの右手だった。呼吸が乱れている。
 その右手に覆い被さるように降ってきたものがあった。カイン、いや正確には操られているカインの右足だ。アルマイトの右手を踏みしだこうとしたその時、別方向にカインの体が吹き飛ばされた。思わず顔を上げるアルマイト。その視線の先に見えたのは、カインに向けてショックガンを構える男だった。黒いマスクに黒いマントを着けているが、バードマンの物とは形状が違うようだ。
(速く逃げろ! )
男がテレパシーでアルマイトに呼びかける。それに答えるようにアルマイトはテレキネシスで俺の手を引き寄せると掴み、テレポートした。
 ここでまたも映像は遡る。次のシーンは小惑星にワープさせられた直後らしい。小型艇のハッチを開いて外に出た時、光線が突如アルマイト目がけ飛んできた。とっさに身を伏せたアルマイトだが、反撃しようとショックガンを抜こうとしたところ、ショックガンを持った右手に光線が当たり、体ごと吹き飛ばされてしまう。岩にぶつかったアルマイトはうめき声を上げ、映像はここで途切れた。

 「ごめん、一休みさせて」
イリメンが体を折り曲げるようにうずくまる。どうやら限界のようだ。アルマイトも相当消耗している。
「今日はここまでにするか」
インガの言葉に2人は無言でうなずく。俺はミリゲル茶のポットを差し出した。
「お疲れさん」
 お茶をカップに注ぐと、アルマイトは一息に飲み干した。
「それにしても、俺たちを助けてくれたあの男は一体誰なんだ」
 俺の問いに、アルマイトはしばらく考えて口を開いた。
「イリメン、ロケットをこっちに」
ロケットを受け取ったアルマイトは蓋を開いた。立体映像の写真が浮かび上がるが、乱れていて形が定まらない。
「これは僕と両親の写真なんだけど、あの時岩に叩きつけられたショックで、映像出力装置が壊れてしまったみたいでね」
 アルマイトは俺たちが初めて聞く話を語り出した。5歳の時ルーガ内乱で父親と別れ、母親と難民キャンプで暮らしていたこと。7歳の時難民キャンプが攻撃され、母親が自分を庇って亡くなったこと。
「そして僕を見つけて孤児院に連れて行ってくれたバードマンにあこがれて、僕はバードマンになろうと決めた。これは付属学校時代にイリメンとイムールには話したっけ」
「ああ」
「もちろん覚えてるよ」
俺とイリメンは相づちを打つ。
「亡くなる前、母さんはこのロケットを僕に渡し、『後は、お父さんが守ってくれる』と言ったんだ。僕にはずっとその意味が分からなかった。だけど」
アルマイトはロケットを傾けた。裏蓋に隙間ができている。
「修理できないかと思って、テレキネシスでここを開こうとした時に見つけたんだ」
 アルマイトが静かに指を当てると隙間が広がり、裏蓋が外れた。そこにはチップのような物が取り付けられている。
「これは、発信器みたいだね」
イリメンがささやく。
「じゃ、あの男は親父さんで、アルジェたちの危機を知って助けに来たってことか」
インガが身を乗り出したが、アルマイトはかぶりを振る。
「どうだろう。そもそも親父は自警団として活動中に行方不明になり、死亡扱いになってたんだ」
「それに発信器だけでアルジェたちがピンチだと伝わるのかな。君のお父さんも精神能力者だとしたら、テレパシーで何か感じたのかもしれないね」
イリメンの指摘ももっともだ。
「確実なのは、俺たちを襲った相手が分からない以上、このことは秘密にしといた方がいいってことだな」
俺の言葉に一同は無言でうなずいた。
「じゃ、僕は新しいお茶を淹れてくるよ」
イリメンが立ち上がったのを見て、俺も空のポットを持って立ち上がった。
「疲れてるだろ、俺も手伝おう」

 給湯室へ向かう通路で、俺は入学前日に2人でこんな風に歩いていたことを思い返していた。あの日のようにイリメンに話しかける。
「今日話を聞いてはっきり分かった。アルジェは自分のような人たちを救うため、どうしてもバードマンになりたかったんだな」
「アルジェは今、戸惑ってると思う。本当に死んだと思ったお父さんが生きていたのか。僕が視たものがどこまで真実なのか、正直に言うと僕にも自信がないんだよ」
イリメンが俺の前に出る。結んだ赤毛が背中で軽く跳ねているのを見ながら、俺は話しかけた。
「決めた。俺はアルジェの夢を果たさせるため、夢を諦めたカインの分まで皆を守るため、そして俺たちを狙った奴の正体を確かめるため、必ずバードマンになる。今回助けられた借りは必ず返す。アルジェのライバルは俺だからな」
「それはアルジェの前で言わなくて良いのかい」
イリメンの声に明るさが戻っている。
「ちょっと照れくさくてな」
俺は苦笑した。

(完)

上に戻る戻る

前へ 次へ