戻る
闘士ゴーディアン9〜10話


スタッフ・キャスト

#09 「恐るべしマドクター総統」 1979/12/02

 ダイゴ大滝       :安原義人
 ピーチィ        :井上瑶
 バリーホーク      :納谷六朗
 ダルフ         :鈴木清信
×アンノンジー      :増岡弘
 サオリ         :高島雅羅
 ロゼ          :吉田理保子
 チョコマ        :鈴木れい子
 ドグマ大帝       :村松康雄
 サクシダー       :北村弘一
 バルバダス       :たてかべ和也
 エリアス        :加川三起      →鳳芳野
 クロリアス       :黒部鉄
×トロスクルス      :伊武雅之      →伊武雅刀
×隊員          :福士秀樹

【その他】
 挿入歌    :「闘士ゴーディアン / 塩見大治郎 」
 タイトルコール:安原義人(ダイゴ)
 アイキャッチ :安原義人(ダイゴ)
 次回予告NA :安原義人(ダイゴ)/ 30秒
 決め台詞   :安原義人(ダイゴ)
         「また会おうな」
 脚本     :山崎晴哉
 演出     :寺田憲史
 作画監督   :小野茂
-----

あらすじ 解 説
 マドクターの内部では、台頭したバラスに対する評価が日増しに高まっていた。マドクター3幹部のサクシダー、エリアスは、それぞれバラスに接触し、自分が総統の座を独占するため利用しようとする。だが、バラスはその全てを密かに録音し、逆に弱みを握ることに成功する。
 その頃、ダイゴはゲン爺さんの敵を討つため、ハードに体を鍛えていた。サオリが寂しがってると気を利かせたロゼたちは、サン・トーレにダイゴを連れていくが、逆にサオリに怒られてしまう。
 ドクマ黙示録44ページに基づき、スバイダーを出撃させるドクマ大帝。立候補したクロリアスは、部下のギラリス、バルバダスを呼び、バラスの逮捕を命ずる。
 だが、バラスはこの機会を待っていた。逮捕に向かったギラリスは返り討ちにあい、残ったバルバダスはクロリアスを裏切り、バラスにつく。それを知らないクロリアスは、偽の通信文に騙され、意気揚々と小学校を攻撃する。
 サン・トーレにいたダイゴはあわてて出撃。迎え撃ったクロリアスは、ギラリスの部隊に進撃を命じるが、言うことを聞かない。司令船にはバラスが乗っているのだ。ゴーディアンに迫られ、必死に助けを呼ぶクロリアスに、バラスの非情な声が響く。自分が裏切られたことにようやく気づいたが時遅し。ゴーディアンに倒される。敵討ちを果たして快哉をあげるダイゴだが、即座に退却した敵の動きに不審を感じるのだった。
 毒魔殿に戻ったバラスは、サクシダー、エリアスの裏切りを盾に、自分が総統の座に着くことを宣言する。
 ラストシーン、アニメではダイゴが「バラス、手強い奴だぜ」と言うモノローグが流れるのだが、この当時、マドクター内部の情報はダイゴたちには知られていない。脚本ではサン・トーレとメカ・コン基地でごちそう責めのダイゴというオチ。
 しかし、クロリアスは「イモバッタ」を一度も本番で使うことなく亡くなってしまったな。
今回の名言「わたしは軍人だ。政治はわからん。だが、強い者は尊敬する!」(バルバダス)

#10 「赤い鼻の酋長」 1979/12/09

 ダイゴ大滝       :安原義人
 ピーチィ        :井上瑶
 バリーホーク      :納谷六朗
 ダルフ         :鈴木清信
 アンノンジー      :増岡弘
 サオリ         :高島雅羅
 ロゼ          :吉田理保子
 チョコマ        :鈴木れい子
 ドグマ大帝       :村松康雄
 サクシダー       :北村弘一
 バルバダス       :たてかべ和也
 エリアス        :加川三起      →鳳芳野
×クロリアス       :黒部鉄
×トロスクルス      :伊武雅之      →伊武雅刀
 隊員          :福士秀樹

【その他】
 挿入歌    :「闘士ゴーディアン / 塩見大治郎 」
 タイトルコール:安原義人(ダイゴ)
 アイキャッチ :安原義人(ダイゴ)
 次回予告NA :安原義人(ダイゴ)/ 30秒
 決め台詞   :安原義人(ダイゴ)
         「また会おうな」
 脚本     :松崎健一
 演出     :落合正宗
 作画監督   :宇田川一彦
-----

 荒野に突如現れたマドクター基地。それをインディアンの老酋長、レッド・ノーズが見つけた。「ワシの土地だ」と抗議するレッド・ノーズを、マドクター隊員は取り合ってくれない。精霊の神にお伺いを立て、たどりついたのはメカ・コン基地。マイペースのレッド・ノーズに振り回される隊員たちだが、ともかく基地壊滅のために工作員を送り出す。隊長は第1特殊工作班班長、ブラスター・バック。ダイゴ、バリー、ピーチィ、ダルクが同行する。
 「目印が見つからないから」というので、徒歩で向かうことになった皆は疲労困憊。それでも無事基地に到着し、爆発物を仕掛けて回るが、マドクター隊員に見つかってしまった。あくまで任務を移行しようとするバックは負傷し、ダイゴに助けられながら後退する。
 基地壊滅の報を聞いた新総統バラスは、ドクマ黙示録33ページに載っているサリューで出撃するようサクシダーに命ずる。
 危機一髪、迎えにきたロゼたちに助けられたダイゴは、クリントをバックのそばに残してゴーディアンになる。見事サリューを倒すが、レッド・ノーズはそのままメカ・コンに居着いてしまった。
 脚本タイトルは「ワシ、赤い鼻の酋長」。
 アメリカでもライスカレー食べてるのか。
 「クーリントちゃん、持ってくーんない」という安原さんの演技がいかにも。ピーチィがいきなりダイゴにラブラブに。
 レッド・ノーズはコメディリリーフとしてレギュラー入り、また「太陽のすかし」にまつわるエピソードで再登場する。ブラスター・バックもレギュラー入りする。




前へ 次へ
上に戻る戻る