戻る

パーマン・パラレルワールド・ストーリー・シリーズ vol,3
ガザン星人の挑戦

著 大田 康湖



目次


  • まえがき
  •  1, 法規違反
  •  2, 拉致
  •  3, ガザン星人
  •  4, 下界の心配
  •  5, 雪中の逃避行(1)
  •  6, 雪中の逃避行(2)
  •  7, 
  •  8, 最後のめぐりあい
  •  9, 帰って来た二人
  • 10, 銀のループタイ
  • あとがき


  • まえがき





      極限まで追いつめられた時、人は強くなれる。

    しかし、それがすべてにあるとは限らない。





    ─作 者─









    1, 法規違反



     「それでは、君達の身に起こった出来事は、不可抗力による物だというのだな?」
     「はい。しかし、レポート提出を怠ったことは、反省することしきりです」
     ここは、バード星にある本部裁判室。今ここでは、タイム・トラベルの一件(*1)について、アルマイトの処置をどうすべきかという裁判が進行していたのだ。コの字形に取り囲んだ机の中央部に、制服は着けず、銀色の髪、藍色の目、オリーブ褐色の膚をしたアルマイトが立っている。机の回りには、紫のマントに白いマスク、銀の耳あてという出で立ちの本部役員。机の後ろにある議長席の左隣には、銀のマントにマスク、銀の耳あての人物(恐らく、司令官であろう)が座っている。
     「この件については、既にレポートが来ている。それによると『タイム・トラベルは二回あった』というものだが、どちらも不可抗力によるものなのかね?」
     「はい。確かに、私は自分からその穴に飛び込みましたが、一回目は不自然だったので、二回目は一号が誤って穴に落ちたのを助ける為に、止むを得ずそうしたもので、そこがタイム・ホールだという事は、私には想像もつきませんでした」
     議長(というより、ここでは判事と裁判官を兼ねていた)は尚アルマイトにいくつか尋問をすると、まわりの本部役員達に向かって言った。
     「被告への尋問はこれで終了しました。被告人の処置をどうすべきか、協議したいと思います。被告は連絡があるまで控え室に下がっていて下さい」
     「分かりました」
     アルマイトは礼をすると、右の入り口からすぐ次の間の控え室へと下がった。
     (やれやれ。何に付けても、これで休暇はパーだなぁ)
     長椅子に腰を下ろすと、アルマイトは心の中で呟いた。隣の部屋では、話し声が高くなったり低くなったりしながら続いていた。

     しばらくするとアルマイトは、また裁判室の被告席に立っていた。
     「協議の結果、我々は被告アルマイト=カラコルムに、バードマン法規(*2)第三条及び十条違反の罪を課し、罰として三十日間の停職を命ずる。被告、異議は無いかね?」
     「ありません」
     「それでは、早速制服をこちらへ引き渡して貰いたい。それが済んだら自宅へ帰り、普通の生活をして貰いたい」
     「はい」
     アルマイトはポケットから制服を出すと、書記の前に置いた。そして今度は左側のドアから出て行った。

     「そうか、それでいきなり帰って来たんだな。でも、ドアを開けて君がニヤニヤ(*3)しながらつっ立っているの見た時は、本当にビックリしたぜ」
     レムリ(*4)を注ぎながら、コピーはアルマイトに話し掛けた。
     「それより、何か変わった事は無かったかい?」
     「いんや、別に。……でもないな」
     コピーは含み笑いをした。アルマイトはレムリを一口飲んだ。
     「コピー、これが済んだら休ませてやるから、記憶の交換させてくれ」
     「分かった」
     二人の額がくっついた。
     しばらくしてから、二人は溜め息をつくと額を離した。アルマイトが言った。
     「お前、そこまで彼女と進むなんて、卑怯だぞ」
     「でも、今更言ったって始まらないよ。もうプロポーズしちゃったんだから。それに明日、彼女の両親に了解をとる事になってるんだ」
     (まぁ、二人の好みが同じだという事だけでも感謝しなきゃ。もっと悲劇的な例(*5)を俺は知っているからな)
     コピーの言葉を聞きながら、アルマイトはこう心の中で呟いた。
     「それじゃ明日、宜しく頼んだよ」
     「分かった。任しときって」
     アルマイトは電子ロック(*6)を外すとコピーの鼻を押した。

     次の日、アルマイトは約束の時間に近くのエイリートメンツ(*7)と呼ばれる公園に出掛けて行った。バード星には大抵の市に一つはこんな公園があって、町を潤していた。エアカーでしばらく飛んでいると、とあるベンチに亜麻色の髪をした女性が座っていて、その傍に一台のエアカーが置いてあるのが見えた。アルマイトは、その前にエアカーを下ろした。
     「お待ちどうさん」
     エアカーを降りた後、アルマイトは先に来ていた彼女、名前で言うならレオドールに声を掛けた。
     レオドールはベンチから立ち上がると、褐色の目を大きく見開いた。
     「まぁ、そんなに形式ばらなくても良かったのに。でも、私のプレゼントしたループタイ(*8)をしてきてくれて、嬉しいわ」
     アルマイトの服装をレオドールはこう批評した。アルマイトが尋ねた。
     「今すぐ、君ん家に直行する?」
     「そうした方がいいわ。ドライブはその後でね」
     アルマイトは、レオドールがエアカーに乗ったのを見届けてから、自分のエアカーに乗り込んだ。やがて二台のエアカーは、西の方へ飛び出して行った。

     ここでちょっと、アルマイトとレオドールの事について説明しよう。
     レオドール=バンフリーは二十三才。家族は両親と弟一人である。アルマイトとは学生時代からの付き合いになるが、両方の家にはあまり出入りはなく、誕生日などにお邪魔してたりする程度だった。趣味はドライブで、アルマイトの良い同伴者だった。
     一方、アルマイト=カラコルムは二十三才(*9)。両親を早くに亡くした事はvol,1で述べた通りだ。その為、大学に入るまでは伯父の家に住んでいたが、大学に入ってからは一人暮らしである。今は“バード宇宙航宙株式会社”の副パイロットとして、コロニーや衛星回りの定期便に乗り組んでいた。彼の性格からすれば、一見向いていないような職業のようだが、同僚の友人達に言わせれば「あいつは操縦席に座ると、人が変わったようになる」のだった。ちなみにレオドールも、同じ会社で座席予約係を務めていた。

     二人は“一五○八・ヤワン=バンフリー”と表札に書かれたドアの前に立っていた。レオドールがチャイムを鳴らす。すぐにドアが開くと、レオドールの母親が立っていた。レオドールよりも濃い褐色の膚をしている他は、彼女にそっくりの女性だ。
     「お待ちしていました。さぁ、どうぞ」
     アルマイトは、少し気後れを感じながら中に入った。

     やがて、応接間に通された二人は、レオドールの両親の前に座っていた。弟は試験を受けに行っていて留守だった。レオドールが、まず切り出した。
     「お父さん、お母さん。今日は昨日も話した通り、二人の結婚を認めて貰いに来たんです。アルマイトの家の方は了解したんですけれども、まだ家の方ははっきりした答えを貰って無かったので、二人でお願いに上がったんです」
     レオドールが「ほらっ」というように、軽くアルマイトの足を押した。
     「どうか、私からも宜しくお願いします」
     普段は雄弁なはずのアルマイトだ。だが、ここではそれしか言えずに頭を下げた。レオドールが心配そうにアルマイトの顔を見た。
     両親は、しばらく二言三言と言葉を交わしていたが、やがて顔をこちらに向けると、父が言った。
     「娘もその気になっているようですし、カラコルムさん、貴方も立派な青年だ。どうか娘を宜しく頼みますよ」
     両親は立ち上がると、片手を差し出した。アルマイトも立ち上がると、その手を代わる代わる握った。そうしながらこう言った。
     「いいえ、こちらこそ。ご厄介をおかけすると思いますが宜しくお願いします。でも、結ばれたからには、必ずやレオドールさんに不自由な思いはさせません」
     アルマイトの雄弁はこの頃になって、ようやく目を覚まして来たようだった。

     それからしばらくして、レオドールの家で、この婚約を祝うパーティがささやかながら開かれた。参加者はお互いの家族(アルマイトの場合は伯父一家)と、ごく親しい友人だけだったが、中々盛り上がっていた。その席で、彼は一通の手紙を渡された。渡し主は伯父夫妻の息子で、やはりバードマンの一人であるエクタルという青年だった。年は彼より二つ年上である。
     「アルマイト、今夜中に中身の事をやってくれ」
     エクタルはアルマイトの耳元で囁いた。
     「分かった」
     アルマイトは頷いた。

     エアカーを家へ向かって飛ばしながら、アルマイトは手紙を読んでみた。
     そこには、こんな事が書いてあった。



     重要司令 読後即処分すること


        実は緊急を要する事態が起こった。ガザン星人がいよいよ動き出した
       のだ。奴等は、まずパーマン達に恐らくターゲットを絞って来るだろう。
        そこで、停職中の身なのだが、君にも手伝って貰わなくてはならなく
       なった。これを読んだら、すぐ本部へ向かって貰いたい。勿論、君の停
       職を取り消す訳にはいかないので、君は地球で暮らしても、制服を着て
       の行動は、一切出来ない。だが、君の任務はパーマン達に危機を知らせ、
       世間の動きを見る事だ。それはきちんと果たして貰いたい。期間が過ぎ
       たら、1号(*10)に制服を持たせる事にする。

               幸運を祈って
                   本部宇宙星区隊長 シャライ


     次の日、バード星から一隻のパトロール用宇宙船が飛びたった。
     その中にはアルマイトが乗っていた。
     パトロール船は、地球へ向かって一目散に飛んで行った。



    *1  前二作でのタイム・トラベルの事である。

    *2  第三条 全てのバードマンは、与えられた任務を忠実に、かつ速やかに果たさなければならない。
        第十条 全てのリーダーは、部下の保護、及び監督に責任を持たなければならない。(バードマン法規からの抜粋)

    *3  アルマイトは、家の中にテレポートをして帰って来たが、コピーは居なかった。勿論、休暇の日取りはコピーに分かるよしもない。

    *4  (地球の葡萄酒程度の)弱い酒の名。

    *5  ミツ夫とミチ子、コピーとユキとの関係の事。

    *6  コピーのスイッチを保護する役目があり、つけた本人でなければ、外す事が出来ない。長期外出などに有利(vol,1)。

    *7  森林公園の意味。

    *8  別名ボータイ。バード星では、ネクタイの役目をしている。

    *9  バード星の暦は地球よりも一年が長いため、アルマイトと有人の年齢が異なっている。

    *10 一号とはエクタルの事(詳しくは十章そしてvol,4を参照の事)。

    上に戻る上へ戻る

    次へ