戻る

パーマン・パラレルワールド・ストーリー・シリーズ vol,4
続・バード星への道

著 大田 康湖



目次


  • 前作までのあらすじ
  •  1, 1年1組11番
  •  2, バード星のアルマイト
  •  3, バードマンが六人?!
  •  4, 嵐の中のUFO
  •  5, 風雲、急を告げる
  •  6, 戦闘準備
  •  7, 覚悟を決めて
  •  8, 対決
  •  9, 告白
  • 10, ふたたびの……
  • 11, 全体会議
  • 12, 新たな誓い
  • あとがき













  • 前作までのあらすじ




     1960年、1950〜53年の二度にわたるタイムトラベルで、様々な経験を積んだミツ夫だが、戻って来た現代では、ガザン星人の地下活動が始まっていた。ガザン星人に拉致されたミツ夫だが、アルマイトの助けとミツ夫自身の精神力、そして運命の神の加担によって、脱出に成功する。それから約一ヵ月後、アルマイトは自分が研修の為に夏まで地球に来れない為、代理のバードマンが来ることを告げて、彼の前から去る。



    〈注〉この作品では、4号の年令を他のパーマン達と同じにしてあること、また、時期を一九八六年としてあることをお断わりしておきます。

















    1, 1年1組11番



     学校は春休みに入った。
     しかしミツ夫にとってこの休みは、今までとは違っていた。それもそのはず、彼は四月から中学校に通うのだ。
     そんなある日のこと。四人のパーマン達はミツ夫の部屋に集まって、それぞれの中学についてお喋りをしていた。
     「ねぇ、ミツ夫さんは中学、どこに入るの?」
     「“水川(みずかわ)中”だよ」
     「あれ、もしかして、タイムトラベルした時、ワイらが入ることになってた中学と違うか?」
     「そうだよ。でも、ここからじゃ少し遠いから、『自転車通学にしよう』ってカバオ達と決めてるんだ。ところで、パーやんは何処に入るんだっけ?」
     「“堀脇中学”。まだ創立五年目のできたてや」
     「あら、私には聞いてくれないの?」
     3号が抗議した。
     「だって、パー子は聞かなくたって分かってるもん。“美樹(みき)学園中等部”(*1)だろ? エスカレーターはいいよな」
     「何よそれ、嫌味? 受験する訳でもないのに、いいも何もないじゃない。第一制服がみんなに知られちゃってるのよ。貴男達の学生服とは訳が違うんですからね」
     「そうか。僕等みたいに、学生服で通す訳にはいかないんだ」
     ミツ夫が頷いた。
     「でも私、もう手は打ってあるのよ。でもそれは後のお楽しみ」
     3号は、そう言うと微笑んだ。その時だ。2号の抗議の声がした。どうやら、
     「僕は一体どうなってんの!」
     と言っているらしい。
     「あ、ごめんごめん。ブービーにはこれからもっと活躍して貰わなくちゃならないもんな。何しろ一番フリーな時間を持っているのは、君なんだから」
     ミツ夫にこう言われると2号は機嫌を直したらしく、上機嫌の声を出した。
     「ところで、代理のバードマンはまだ来ないの?」
     3号が尋ねた。
     「うん。そろそろ挨拶くらいしに来てもいいと思うんだけど……。今日はもう四月一日だし」
     「そうよね。でも一体どんな人かしら?」
     「“あの人の上司”って言うからには、もういい年したおじさんだったりして」
     「ま、あの人の上司じゃ、あの人に輪をかけたおっちょこちょいかも知れへんで。何せあの人を地球によこしたくらいやから」
     4号の台詞に、一同は爆笑した。

     それからさらに幾日が過ぎて、今日は中学校の入学式。ミツ夫は学生服にスクールバックといういでたちで、母と共に水川中の校門前に立っている。大きな桜の木があるが、花はまだ五分咲きだった。
     校門をくぐると右手に人だかりが見えた。どうやらクラス割が張り出されているらしい。二人は足を早めた。
     一年生のクラスは野球場のバックネットの所に張りだされている。人垣の中に潜り込んだミツ夫は、懸命に自分の名前を探した。
     (三組にはカバオがいる……でも僕の名前はない……。二組……あれ、ミッちゃんだ……一緒になれればいいのに……。チェッ、いないや。……それじゃ、一組……いた! 十一番……隣にサブがいる! 良かった!)
     ミツ夫は母に報告する為に、人垣を抜け出した。

     入学式が行なわれる体育館に入ると、ミツ夫は母と別れて一組の席へ向かった。上級生の脇を通った時、彼の姿を目ざとく見付けた生徒の間からささやき声が起こった。“拉致事件”の事は、まだ彼等の記憶に新しかったのだ。しかしミツ夫はそんな声など気にもとめずに、前へ歩いて行った。
     「なんだミツ夫、遅かったな」
     サブは先に来ていた。ミツ夫は取り敢えずその脇に座った。
     早速、サブが話し掛けて来た。
     「うん。だって人がいっぱいだったんだもの」
     「そうだろうと思って、早めに来てたんだ」
     「そうか。でも、みんなバラバラになっちゃったね」
     「ああ。でもまだいいじゃないか。ハル三みたく私立に行っちゃったら、おしまいだもんな」
     「ハル三君もバカだよな。こっちの方が近くていいのにさ」
     そう言いながら、サブの様子がどこか寂しげなのに気が付いた。親分のカバオと離れてしまったせいだろうか?
     「ところで、担任誰になるんだろうね?」
     ミツ夫は、慌てて話題を変えた。

     卒業式の時に比べれば、入学式はたいした事はなかった。一組の担任は山田強先生、教科は体育だった。

     その夜のこと……。
     ミツ夫が明日の学校の用意をし終わり、スクールバックのチャックを閉めた瞬間、バッジの呼び出し音がした。
     「はい、こちらパーマン1号」
     「パーマン全員に告ぐ。至急いつもの場所に来てくれ」
     「は、はい!」
     その声は、今までに聞いた事のない声だった。ついに、代理のバードマンからの呼び出しが来たのだ。その声は、張りのある男性の声だった。

     1号が空き地にやって来た時には、すでに他のパーマン達が集まっていた。その前には、青いマスクに白のマントを身につけた、代理のバードマンが立っていた。
     「よし、これで全員そろったな」
     バードマンは、四人をひとわたり見回すと言った。
     「今日から、きみたちのリーダーの代理を務めさせてもらう、エクタル・ベンゼンだ。短い間だが、宜しく頼むよ」
     改めて四人はエクタルを見つめた。歳はアルマイトと大差はない様に見受けられた。だが、背は五cm程エクタルの方が高い。紫色の髪、青眼、白色の肌で、日本人に近かったアルマイトとは正反対の風貌だった。
     そうこうしている内に、またエクタルが話し始めた。
     「君達の事については、アルマイトから色々と聞かせて貰ったし、資料も見た。まぁ、リーダーが変わったからと言って、仕事が変わる訳ではないから、特に心配しないで今まで通り仕事を続けて貰いたい。あ、ただし、2号を除いた他の三人は今年から中学生になって、自由時間も少なくなるだろうから、パトロールなどが手薄にならないように、十分考えて活躍してもらいたい。今日のところはこれだけだ。それじゃ、用事が出来たらまた呼ぶから」
     「あの……」
     やっと話が済んだのを見た1号がおずおずと尋ねた。
     「何だね?」
     「“アルマイト”って、あの人の名前ですか?」
     「そうだよ。……そうか、今までは“リーダー”で用が足りてたんだな。アッハハハハ……」
     その笑い声は、四人にアルマイトのそれを思い出させた。
     「でも僕等、あの人の事“リーダー”なんて呼んだ事なかったですよ」
     1号がくすぐったいような声を出した。
     「じゃ、何て呼んでたんだ?」
     「“バードマン”」
     「やれやれ、アルジェが嘆いていたのも無理ないな」
     エクタルは溜息をついた。
     「私のことは“エクタル”で結構だ。ま、仲間内ではつづめて“エタル”で通ってるけどな。それじゃ」
     エクタルがそう言った次の瞬間、彼の姿は四人の前から消えた。
     「テレポート……」
     四人は呆気にとられて呟いた。
     「宇宙船、何処にあるのかと思っていたら、こんな事だったのか!」
     「でも、いいわね、スマートなやり方で。私、あの人なら“リーダー”って呼んでもかまわないな」
     「これが普通と違うか? 考えてみぃ、真っ昼間に堂々と宇宙船に乗って現われる方が異常なんや」
     すっかりエクタルに惚れ込んでしまった3号を横目で見ながら、4号はクールに言った。
     「ねぇ、折角集まったんだら、パトロールしてから帰らない? それに、これからの事も相談しなきゃ」
     「あら、1号ったら早速リーダー風吹かせちゃって。エクタルさんの影響ね」
     3号がクスリと笑った。
     「と、当然じゃないか。僕は1号なんだから」
     1号は照れ臭そうに言うと、夜空へ飛び上がった。三人は慌ててその後を追った。



    *1  私の創作。3号の正体については、本シリーズvol,1でばれている。
    上に戻る上へ戻る

    次へ