目次

この話はどの話? 51話〜100話

1話〜50話 51話〜100話 101話〜150話 151話〜200話 201話〜250話 251話〜300話
301話〜350話 351話〜400話 401話〜450話 451話〜500話 501話〜526話+特番 映画

51 あのガン子のこわい物は? 83/6/1
 泊まりがけの両親に代わって留守番をするミツ夫とガン子。しかし、2号の呼び出しで出かけることに。バトンタッチしたコピーとガン子だが、物音を聞いて出かけたガン子が、物置でおびえてしまう。彼女を助けたパーマンは、ガン子がカタツムリが苦手であることを知ってしまう。
○ガン子がカタツムリが苦手というのは、アニメオリジナル。しかし、カタツムリのぬいぐるみなんてあるのかね。

52 小説家には注意しろ 6/2
 カバオの蹴ったサッカーボールが、作家大恥書造の家に飛び込んだ。パーマンになって家を尋ねた1号は、ネタのなかった先生によって、小説のモデルにされてしまう。つきまとわれてパーマンは大迷惑。先生は編集者と組んでついに狂言誘拐までしてしまう。一度は見限った1号だが、心配に思ってつい助けてしまう。
○1号の正義感がかいま見える作品。サッカーネタなのは、脚本が管さんだから?画面によると、パーマンのスペルは「PARMAN」らしい。作画も結構頑張っている。

53 コピーロボットが恋をした!? 6/3
 パーマンの代わりに学校に行ったコピーは、今日もミツ夫の尻拭いで廊下に立たされる。しかし、そこで出会った少女ユキと仲良くなる。ユキに好意を持ったコピーは、ロボットに戻ることを嫌がるが、ミツ夫は冷たくボタンを押す。翌日、ユキと面識のないミツ夫は、つれない態度でユキを悲しませてしまう。ミツ夫はパーマンになり、必死にコピーの弁護をする。その姿に打たれたユキは、コピーと仲直りをする。
○パーマン恋愛関係模様のピースの一人、ユキ(高木早苗)初登場。個人的にはミチ子よりもよっぽどいい娘だと思うのだが。さりげなく入れ歯会話登場。

54 パーマンを写そう 6/4
 町内の写真コンクールで一等になりたいミツ夫。パーマンを撮りたいクラスメートたちの期待に応えたり、シャッターチャンスをコピーに狙わせようとするが、うまくいかない。結局一等になったのは、1号たちの事故救出現場を撮ったパー子だった。
○パーマンって濡れると大変というネタって、後半あまり大事にされなくなる。

55 サーカスの星ブービー 6/6
 2号が、サーカスの天才チンパンジー、バーディに一目惚れ。団長に叱られている彼女を見かねて助けようとしたところ、バーディの身代わりにされてしまう。パーマン達の呼び出しで誤解は解けたが、今度はバーディが行方不明に。結局東京タワーの上で保護された。
○普段使わないBGMが聞けるのがいい。それにしても、ブービーは本当に天才チンパンジー。ところでこれって、2号の素顔が見られているからまずいのでは……。この後本命のビリ子が登場する。

56 ガン子にゃ負けたよ 6/7
 ミツ夫が居残り勉強していたことを知ったガン子は、パーマンと遊ぶことを条件に取引を迫る。しかし、1号はガン子のおままごと道具を壊してしまう。1号はガン子の買い物のお付きを2号に頼み、振り回された2号はへとへとになった。
○「女の子は一度お父さんの役をやってみたいものなの」とガン子。少なくとも私はそうじゃなかったが、小説で補填してるのかな?「ぼくたちパーマン」のBGMが登場。

57 わが友有名人 6/8 【原作 コロコロ文庫1巻 「わが友『有名人』」】
 カバオの球はガイアンツのフラ選手でも打てないと豪語するサブに、ミツ夫はフラ選手のコピーを作って連れてくる。しかし、あまがき隊と会いたいというミチ子の望みを叶えるために、一人ずつ連れてきたりと大忙し。 ママにまでフラレイン・モレヤーズに会いたいとつぶやかれ、めげるミツ夫だった。
○このフラ選手、結構モデルの原選手に似ている。原作では王、もとい玉選手だけど。岸間信明の脚本デビュー作。あまがき隊(シブガキ隊のもじり)のメンバーは、カッくん、ハッくん、コッくん。アントキノハバ選手はだけは、原作のモデルの馬場選手と一緒なのが素晴らしい。で、フラレイン・モレヤーズは、何のもじり?

58 消えたパーマンバッジ 6/9
 1号は2号とじゃれ合っていて、誤ってバッジを落としてしまう。トラックに乗ったらしいバッジは行方不明になってしまう。しかも、それをガン子に知られてしまい、友人たちを巻き込んで大騒動に発展する。結局バッジはバードマンが拾っていたのだが、それを1号に知られてしまい、動揺したバードマンはバッジを落としてしまう。結局バッジは無事1号の手に戻り、バードマンは物陰で胸をなで下ろすのだった。
○「ウレッシャー号見つけた!」の後なんだから、バッジ鳴らして探せよ……。カバオが「パー着」を知っているのも謎。バードマンにやっと後ろ髪が……(泣)。「ひらっちょ」使用。バードマンの立場が逆転する先触れの第一作。

59 モーレツ婆さんがやって来た 6/10
 1号と2号は、交差点で立ち往生していた老婆を助ける。老婆はパーマンを尋ねに須羽家に来たりして大迷惑。おまけにコピーのボタンを押してしまって大騒ぎ。しかし、老婆が尋ねてきた真の原因は、破れた1号のシャツをつくろうためだった。
○絵がいいと思ったら、原田、冨永の作監コンビだった。気合いの入ったパー着シーンが見物。坪井章子の老婆声が聞けるのもいい。ミツ夫がこの時期には珍しく、半袖の服に着替えている。

60 特訓はコピーロボットで 6/11
 ハル三が突然野球がうまくなったのは、ビデオでシャイアンズの原田選手のフォームを研究したためだった。ミツ夫もコピーを使って特訓しようとするが、カバオたちに見られてしまい、球を打てないとカバオの子分になるという賭をしてしまう。結局、原田選手に頼んでコピーを特訓することに。ミツ夫はオデコタッチで特訓の成果をコピーしようとするが、結局コピーの疲労を引き継いだだけで破れてしまう。納得行かないコピーはカバオに再戦を申し込み、見事勝利する。
○シャイアンズの原田選手は二度目の登場だが、「ホームランボールはぼくのもの」の時のデザインとは明らかに違う。コピーの意地はミツ夫の意地、でもあるよね。疲労は引き継がないだろう、という突っ込みはなしで。

61 タヌキ警部登場! 6/13
 警視庁の鬼警部田貫デタゾウは、事件を次々解決するパーマンにライバル心を燃やし、対抗しようとする。だが、犯人を捕らえようとして追い回しているうちに、待ち疲れて眠ってしまった1号たちに漁夫の利を取られてしまう。
○タヌキ警部(辻村真人)は、「〜ちょ」というしゃべり方をする。これってどこ系の方言なんでしよう。棒付きキャンディーが好きという一面もある。「ぼくたちパーマン」のBGM使用。

62 ねん土細工と大統領 6/14
 図工の粘土細工で「夢のあるものを」と言われて悩むミツ夫。その時、3号の呼びだしが入る。彫刻家の堀間来造がアメリカで行方不明だというのだ。彼はドン・ゴールドンという富豪に、自分の顔を掘るよう強要されていた。彼の目的は、ダッシュモアの大統領の彫刻と、自分の顔の像を差し替えようというものだった。パーマンの活躍でドン・ゴールドンは無事捕まり、宿題の粘土細工は先生の顔の彫刻となったのだった。
○この回のパー着シーンも気合入っている。パーマンアメリカ初上陸。ダッシュモアは「ラッシュモア」のもじり。ちなみに、アメリカの新聞ではパーマンのスペルは「PERMAN」になっている。

63 手錠とホットケーキ 6/15
 疲れているパーマンにと、ホットケーキを差し入れするミチ子にデレデレのミツ夫。だが、コピーに「パーマンでならなけれぱホットケーキももらえないのか」と挑発され、ミチ子にミツ夫として認められようと奮闘する。しかし、泥棒を追いかけていた刑事とぶつかってしまう。代わりに犯人に手錠をかけたミツ夫だが、反対に人質にされてしまう。 結局2号に助けられるが、ミチ子はミツ夫の奮闘を認めてホットケーキを差し入れする。
○この回のミチ子、かわいい。定番の「手錠のままの逃亡」ネタですが、いまいち弱いかな。

64 サブとパーマン 6/16
 自分がカバオの子分であることに疑問を感じ、サブはミツ夫に「パーマンの子分になりたい」と申し出る。勝手にまとわりつくサブだが、パーマンたちはゴミの島に行った書類を探す仕事をサブに手伝わせ、パーマンの苦労を味会わせる。パーマンのハードなスケジュールに音を上げたサブは、めでたくカバオの子分に戻るのだった。
○「ひらっちょ」と使うパーマン、初めて見た。バードマンに影響された?
 カバオのスミレのブロマイド、あまりかわいくない。1号に「私たちっていいコンビよね」と言う3号。好意の始まり?

65 べんり屋パーマン 6/1
 町の人に親切にするパーマンの評判が高まり、パーマンを便利屋扱いにする人が増えて困る1号。事件をないがしろにすることに2・3号は怒り、足の爪を切る仕事まで頼まれて、ついに1号はキレてしまう。1号は抗議のビラをまくが、待っていたのは家の手伝いを電話の取り次ぎでないがしろにされたママの怒りだった。
○「便利屋」という職業は、この頃のベンチャー企業だった。

66 パーマンセットの秘密 6/18
 学校でミチ子が、「パーマンはなぜ飛べるのか」と先生に聞いたことから、カバオたちは「パーマンに理由を聞きたい」とコピーに頼む。しかし、1号も知らないことには答えられない。「バードマンでも知らないのではないか」と見くびられたバードマンは、先生をマインドコントロールし、立体映像で研究所を作って1号と2号を誘う。先生はパーマンセットの秘密をカバオたちに教え、1号も納得するのだった。
○「バハハーイ」と、この当時でも古いネタで返すミツ夫。パーマンパワーの源は「パーロゲン」と使っているが、「パーマロゲン」が正しいと思われる。でもこの話、秘密保持上非常にまずいと思う。記憶消去でもしたんだろうか?
 バードマンのテレパシーネタは非常に珍しく、立体映像はこの後の定番となる。

67 とんだ写生会 6/20
 写生会の途中で呼び出されたミツ夫は、コピーに絵の続きを任せるが、反抗したコピーは友人たちを怒らせてしまう。逃げたコピーはへんな画家と出会い、自分の絵を誉められてしまう。画家の正体は、1号たちが探していた行方不明の画家のミロだった。自分が誉められたい1号は入れ替わるが、結局コピーの代わりに叱られるのだった。
○コピーに「あんた」と怒るミッちゃん、大こわ。小池さんがサービス出演。先生とミチ子の声まねをするミツ夫、妄想モード全開。

68 雨の日のパーマン 6/21
 雨中のパーマン稼業でくたくたのミツ夫だが、パパの書類を届けるよう、ママに頼まれる。しかし、新しい傘を試したいガン子が、無断で書類を持っていってしまった。ガン子の意気を感じたミツ夫は、パーマンとして影からガン子をサポートし、無事書類はパパの手に届いた。しかし、事情を知らないママにミツ夫は怒られてしまうのだった。
○4号の後ろ髪忘れてる。「はじめてのおつかい」ネタなのだが、パーマン稼業もきっちりと描いている

69 温泉は疲れるよ 6/22
 火山灰で汚れた1号と2号は、近くの露天風呂で休もうとしたが、地元の旅館の娘、さゆりに頼まれ、泥棒の取り締まりをすることになる。ところが、入浴中の1号も服を盗まれてしまう。泥棒を捕まえた1号だが、服は出てこない。真犯人は、温泉場を失った山猿たちだったのだ。1号は村人と協力して温泉を掘り、村人と山猿たちは共存できるようになった。
○チンパンジーとニホンザルは、言葉が通じるらしい。でも、2号の通訳が全部分かる1号の方がすごいのか(苦笑)。

70 家庭教師はもうごめん 6/23
 海外から帰ってきた1号は、留守の須羽家を尋ねてきた家庭教師の石頭今吉(いしあたまこんきち)に無理矢理勉強をさせられる。助けに来た2号と3号も同じ目に。石頭は大蛇捜索に飛び出したパーマンたちにも無理矢理ついていき、大蛇に捕まってしまったりと大騒ぎ。結局、石頭は近所の「スガ」家と間違えて尋ねてきたことが分かり、一件落着。
○ミツ夫のフリして、ミチ子にコピーの行き先を聞く1号。1号として聞けばいいものを。パー子の料理ベタネタも、忘れた頃に使われてますね。

71 ガン子一人旅 6/24
 ミツ夫とガン子は、おばあちゃん家に二人だけで旅行することに。だが、弁当を買っていたミツ夫が新幹線に乗り遅れてしまう。キップを探していたガン子は、誤ってコピーを押してしまう。一方、2号の力を借りて追いついた1号は、宇都宮駅で降りたコピーをガン子だと思いこむ。本物のガン子を載せた新幹線と連絡を取り、ようやく丸く収まったと思ったが、待っていたのは畑仕事の手伝いだった。
○新幹線は、当時開通したばかりの東北新幹線と思われる。どちら方の祖母か分からないが、「那須塩原」よりは先であることは間違いない。

72 氷を運ぶパーマン 6/25
 ハル三の見せびらかす南極の氷で作ったかき氷の味が分からないとなじられたミツ夫は、「北極の氷なら分かる」と言ってしまう。結局パーマン四人そろって採りに行くことに。4号の知恵のお陰で無事氷を運ぶことに成功するが、4号は自分の取り分を取るとさっさと行ってしまった。氷を売って金儲けすると勘違いするパーマンたちだが、実は養護施設の子供たちにかき氷をふるまうためだった。
○氷を送ったハル三のおじさんの名前は「三重多三」。パーヤンが視聴者にだけ男っぷりをあげる話。

73 ピラミッド探検 6/27
 先生の恩師が率いるピラミッド日本調査団が行方不明になってしまった。パーマンたちと先生は、早速捜索に向かう。日照りの村で不審者として止められてしまうが、パーヤンの雨乞いの歌で雨が降り出し、協力してもらえることとなる。砂に埋もれたピラミッドを「パーマン大回転」で掘り出し、無事日本調査団を救出した。ピラミッドはまた砂で埋まり、4号は雨乞いの教祖として村に残されるのだった。
○パーヤンが歌う雨乞いの歌は、「雨の慕情」のもじり。ロングバージョンBGMが聞ける。名物「パーマン大回転」初登場(そんな名前は付いてないけど)。コピーもおなかをこわすことが分かる。無情に西瓜を食べるママの顔がいい。

74 なんでもパーマン 6/28
 1号はたびたびの粗相でママを怒らせてしまい、立ち入り禁止令を発せられてしまう。その埋め合わせとして、一日ママの言うことを聞くことに。しかし、やることなすこと裏目に出るばかり。一日こき使われた1号は、すっかりくたくたになった。
○須羽家に北海道のおじさんがいることが分かる。まだ青函連絡船が通っていることが分かる。珍しくガン子の部屋が登場。

75 ぼくだって遊びたい 6/29
 ミチ子たちとプールに行こうとしたミツ夫だが、学校荒らしの野ねずみ団のアジトを発見したという連絡が入る。だが、プールに行きたかった1号は、先走って罠に落ちてしまう。ムキになって野ねずみ団を捕らえようとする1号を心配したパーマンたちは、1号のパーマンセットを取り上げてしまう。仲間たちと遊ぶことで気を紛らそうとする1号だが、それが4号の作戦であったことをカバオから知ってしまう。復帰した1号たちの前に油断した野ねずみ団が学校に現れ、今度は見事捕まえたのだった。
○「野ねずみ団」の格好はねずみというよりバイキングだ。珍しいBGMが聞ける。事件・ミツ夫の葛藤・友情の三要素のバランスが整った、佳作である。

76 節約デート 6/30
 ミチ子と宿題をしようと部屋に上がったミツ夫が見たのは、ベッドで仮眠をとる4号だった。ミチ子に紹介されて舞い上がる4号。ミツ夫とミチ子と4号で遊園地のデートをすることとなる。4号は2号に呼び出させてミツ夫を引き離し、見事ツーショットに持ち込む。しかし、ケチケチする4号にミチ子は愛想を尽かし、デートは失敗に終わるのだった。
○パーマン恋愛関係模様の一片、パーヤン→ミチ子がここで成立する。同伴デートが決まったときのミツ夫がえばりモードなのがいい。入れ歯、口の中で見つかる。これが見つかった最初か?

77 ママって何にもわかっちゃいない 7/1
 ハル三のママに自慢話をされてめげるママは、ミツ夫のテストの好成績にも乗り気がしない。そんな折、パー子が当て逃げされた犬を預かってくれと1号に押しつける。それを見つけた犬嫌いのママの逆鱗に触れ、ミツ夫はパーマンになってやけ飛びをしてしまう。だが、逃げ出した犬の飼い主を捜すうちに、傷を負っても生きていく母親の強さを知り、仲直りしようという気になる。そしてママも、先生にミツ夫のがんばりを誉められてミツ夫を見直したのだった。
○60点が、ミツ夫のテストの最高点らしい。「やればできるじゃない」と、ママでなくとも言いたくなるが、コピーが宿題をしていた成果でもあるのかな?

78 パーマンのファンクラブ 7/2
 ミツ夫の知らないところで、パーマンのファンクラブができていた。しかも勝手にサイン会まで行われるという。心配になって見に行ったパーマンは、早速サイン責めに会う。しかも、パーマンを頼むためのチケット、コンサートと、企画は次々とエスカレートする。ファンクラブの主催者は、お金が欲しい詐欺師二人組だった。犯人は捕まえたものの、納得しない子供たちにせがまれて、仕方なくコンサートを開くパーマンたちだった。
○入れ歯会話久々に登場。パーマンとパー子、肩なんか組んで歌っちゃって、仲がいいじゃない。

79 あこがれの先生 7/4
 ママは、学生時代あこがれていたタダノ先生が出席するクラス会に気分うきうき。派手な服を買ったり、エアロビをしたりと大騒ぎだ。しかし、当日になって先生が用事で出席できないという。ミツ夫はパーマンとなってコピーを使うことを思いつくが、顔を知らなかったため、他人を連れてきて大騒ぎ。結局見つかった先生は、ただのおじさんになっていた。
○学生時代のママは、しずかちゃん結びのかわい子ちゃん。「南川高校」に通っていたらしい。

80 秘密を知ったクック 7/5
 ミチ子が、旅行の間オウムのクックを預かって欲しいという。見事権利を射止めたミツ夫だが、うっかりクックの前でパー着してしまう。おまけに、またもやクックは逃げ出してしまい、その上コピーロボットに触ってしまう。クックとコピークックを捕まえるため、1号と2号はまたも飛び回ることに。クックは「ミツオ、パーマン」と言葉を覚えてしまうが、正体はばれず、ミチ子の心象を悪くしただけだった。
○「入れ歯も見つかっちゃったし」とサブ。ミチ子の1号神聖化が伺われる話。

81 怪魚シーラゴンスは釣れたか?! 7/6
 ハル三が釣ったという幻の魚シーラゴンスの魚拓。カバオに「来週本物を釣ってくる」と言ってしまったハル三は、恥ずかしい写真で1号を脅迫し、1号は2号とハル三と共にシーラゴンスのいるというオモロ諸島に向かった。現れた大ダコと戦ったりしながら、2号がついにシーラゴンスをつり上げた。しかし、ハル三は証拠写真の位置をずらし、自分の手柄のように見せかけたのだった。
○オモロ諸島だが、事典のセルの方には、「オモロ島」と書かれている。

82 アイドルからのラブサイン 7/7
 パー子が星野スミレと知り合いだと知ったミツ夫は、スミレのサインをもらって大喜び。だが、学校に行っている間に、ママがちり紙交換に出してしまった。ミツ夫はパーマンとなって必死に探し回る。そのとばっちりを受ける一般人の尻拭いをするパー子。結局、パー子は再びサインを持ってくるのだが、カバオたちにラーメンをおごらせるために使われたのを知って怒り狂う。
○「ぼくたちパーマン」を歌うスミレが見られる。スミレのサインは原作と違ってデコレーションされている。

83 怪人千面相現わる! 7/8
 ミツ夫がパーマンの連絡係だと知った千面相は、エンカ秘宝展の黄金の首飾りを狙うと挑戦状をたたきつける。1号と2号は早速警備に向かうが、警備に来たタヌキ警部と張り合うことに。千面相の変装に引っかかった警部たちは見事だまされ、首飾りを取られてしまう。1号たちは3、4号の協力を得て、ヘリコプターで逃げる千面相を追いつめる。4号の機転で、首飾りは無事取り返すが、千面相には逃げられてしまった。
○千面相(寺田誠)初登場。この頃はまだカッコいいんだけどね……。タヌキ警部も久々に登場。

84 パーヤン観光ですねん 7/9
 東京に行くのは35年ぶりという老夫婦と出会った4号は、にわか観光会社のホストとして、東京見物の案内を承る。1、2号にも手伝わせて、宿は須羽家で取ることに。二人が出会った「おもいでばし」を見たいという老夫婦の希望に応えて、四人は今は亡き橋と川を再現し、老夫婦を喜ばした。
○この頃流行の「フルムーン」旅行ネタ。サンシャイン60はもうあったのか。老夫婦の大阪弁は自然に聞こえる。

85 やさしい悪役 7/11
 スミレのドラマ「スーパー仮面」の悪者役、デビル悪島(わるしま)は、イメージが悪くなって困っていた。同情した3号は、カバオたちの野球コーチを引き受けさせる。だが、子供たちの下手なプレイに血が上ってしまってますます嫌われることに。1号は一計を案じ、星野スミレを呼んで熱血コーチぶりをテレビレポートさせることにした。作戦は成功したが、パー子をスミレよりないがしろにする1号に怒ったスミレは、ミツ夫を熱血指導の犠牲にしたのだった。
○スミレのドラマネタ初登場。デビル悪島(屋良有作)の本名は「ハナイカオル」という。なんかプタゴリラチック。回想シーンで、スミレの娘十手物をやっている。野球をする子供たちの中に、スネオもどきが。スミレのホットパンツ姿もかわいい。

86 コピーロボット全員集合 7/12
 日頃の待遇の悪さに堪忍袋の緒が切れたミツ夫コピーは、ブービーコピー、法善コピーと団結し、「コピーロボット会」を結成する。だが団交中に北海道で事件が発生したため、1号たちは出発してしまう。置いてきぼりの3人は、次第に亀裂が入ってしまい、「コピーロボット会」はあえなく瓦解する。結局、出先で3号に諭されて反省したパーマンたちはそれぞれ仲直りしたが、ミツ夫コピーはこっそりママとお手伝いの契約を交わし、一矢を報いるのだった。
○パー子が「パーマンスーツ」という謎の単語を話す。

87 夏バテパーマン 7/13
 今日の1号は、事件にも身が入らず足手まといになるばかり。心配した3号は、1号が恋煩いしていると思いこみ嗅ぎ回る。結局夏バテだと判明したため、3号はミツ夫に毎日滋養のある物を食べさせる。しかし、夏バテから回復したにもかかわらず、夏バテのフリを続けるミツ夫のからくりを見抜いた3号は、ママとガン子と共謀し、激辛フーズで責め立てるのだった。
○空き地で堂々と1号のマスクを持ち上げるパー子、無防備すぎ。この頃からパー子がミツ夫に好感を持っていることがはっきりしてくる。「リンゴがむけない」というガン子に、「パー子さんぐらいの年になればできるようになる」と話すママは、親子していて好き。2号に猿のスタミナドリンクを飲まされてウホウホ飛び回るミツ夫、壊れてる。

88 初恋ブービーてんまつ記 7/14
 ブービーにお見合いの話が来た。お相手は菅野ビリ子(4才)。一家がアラスカに行くため、ブービーの家に住むことになった。一目惚れしたブービーは舞い上がりっぱなし。だが、ビリ子はブービーを翻弄し大喧嘩。打ちひしがれてやってきた2号に同情したミツ夫は、パーマンとなって同行する。だが、パーマン2号として来たブービーにビリ子はメロメロ。複雑な心境なブービーだが、ビリ子がパパの菅野氏を恋しがっていることを知り、心で泣いてビリ子を送り届ける。
○ピアノ風アレンジのBGMが聞ける。ブービーは原作では2才の設定なので、姉さん女房だ。この後、日本とアラスカを挟んだ遠距離恋愛がスタートする。

89 お風呂やさんは大騒ぎ 7/15
 山で一仕事して帰ってきた1号は、汚れを落とそうと風呂屋に寄った。ところが、断水で風呂が使えないミツ夫コピーたちが先客として入っていた。2号の呼び出しのどさくさにまぎれて逃げ出すが、今度は風呂場に蜂が入って大騒ぎ。刺されてしまった1号は踏んだり蹴ったりだった。
○珍しく帽子姿なミツ夫。入れ歯会話が久々に登場。

90 パーマンのロッキー便り 7/16
 カナダのロッキー山脈にアルバイトに行った4号から、アルバイトの誘いの手紙が来た。早速向かったパーマン3人だが、手紙の内容は4号の誇大宣伝。だまされたと分かったときにはもう遅く、四人はバイトをする羽目に。ついでに近くの村の木こり大会で腕試し。競技ではからきし駄目なミツ夫だが、途中で出会った(実は前日に助けた)熊を手なずけた功績で優勝し、商品の筏とトナカイをもらった。折角の商品も、日本に持ち帰るのに一苦労だった。
○パーヤン、バードマンの留守をいいことにアルバイトのし放題。困った物である。しかも、ミツ夫や法善は素顔で村人の前に出てるし、いいのか?

91 先生の花嫁をさがせ 7/18
 大山先生の家に遊びに行ったパーマンたち。たまたま3号が先生の母親の電話を取ったことから、婚約者と勘違いした母親が上京することに。パーマンたちは泥縄で、先生のお嫁さん候補を探すことにした。なんとかモデルさんを説得して連れていったはいいが、母親はわがままなモデルさんにあきれてしまう。結局、からくりを見抜いていた母親は、見合い写真持参で来ていたのだった。
○本作のキモは、ラストでの1号と3号の会話。「理想の女性は?」と聞かれた1号は、もったいぶって3号を焦らせたあげく、「ぼくのママみたいな人」と答えて3号をヘコらせるのだった。

92 兄妹は助け合わなくちゃ 7/19
 つまみ食いしているところをガン子に見られたミツ夫。優位に立ったガン子は留守番中の手伝いを全部ミツ夫に押しつける。嫌気をさしてパトロールを始めた1号は、押し売りの強盗が横行していることを知る。パトロール中に須羽家に押し売り強盗がやってきた。ガン子を人質に取られたミツ夫は、コピーを出す暇もなくて大わらわ。結局コピーを使うが、疲れたミツ夫はコピーにパー着させる。だが、ガン子のピンチに我を忘れたミツ夫は、強盗にライダーキックして倒してしまい、ガン子に尊敬されるのだった。
○コピーのノートにはゴキブリの絵。苦手なんだろ。押し売り役の千葉繁がいい味だしている。ミツ夫の正義感の本質がかいま見える。

93 パーマンとブービーのけんか 7/20
 新聞にメインで載ってヒーロー気取りの2号に勘が障ったミツ夫は、2号とケンカしてしまう。その後、カバオの誘いを蹴ってミチ子とプールに向かったミツ夫は、カバオにロッカーの鍵を取られて服を隠されてしまう。パーマンセットの一大事に、ミツ夫は2号と一時休戦する。2号の活躍で服は無事戻り、二人は仲直りしたのだった。
○久しぶりに猿ボキャ全開のブービー。コピーがミツ夫の性格を受け入れているほほえましいシーンがある。入れ歯会話あり。ミチ子の水着はピンクのフレアーワンピース姿。ミツ夫は泳げないのだが、次の話参照。

94 パーマン海へ行く 7/21
 子供たちだけで海に行きたいミツ夫たちは、パーマンを監督者にする事で許可をもらい、海へ繰り出す。だが、心配するあまり締め付けが厳しすぎるのを嫌ったカバオたちは帰ろうとする。方針変更した1号は、無人島へ皆を連れだすが、帰り道が分からなくなってしまう。結局皆はヨットに助けられるが、意気消沈する1号に、皆は貝殻のペンダントをプレゼントするのだった。
○ミツ夫以外のレギュラーは半袖姿。バンクの処理が追いつかなかったのだろうか。入れ歯会話あり。ミチ子の水着はピンクに白の水玉のワンピース。ミツ夫が泳げない設定は守られている。

95 ウキィ!ブービーの変身 7/22
 警察犬タロウの活躍に嫉妬する2号は、タロウとどっちが利口かかくれんぼで勝負することにした。しかし敗れてしまい、「人間になりたい」と思いこむようになる。1号はバードマンに頼んで変身銃を貸してもらい、2号を変身させようとするが、人間には人間の苦労があることをパーマンたちに聞かされ、2号は躊躇する。だが、変身銃の正体はただの水鉄砲だった。
○入れ歯会話で、カバオの父ちゃんの入れ歯は総入れ歯であることが分かる。本当に久々にバードマン登場。パチモン変身銃ネタも、後の定番となる。

96 つながれたパーマン 7/23
 ミチ子がミツ夫に差し入れしたケーキを、3号が手づかみで食べてしまった。当然二人は大喧嘩。4号は「鎖が切れたらパーマンを辞める」と言って、二人の足を鎖でつなぐ。期限はイノブタ誘拐犯を捕まえるまで。誘拐犯は無事捕まえるが、犯人をどこに連れていくかで一悶着。そのどさくさに紛れてイノブタが車から落ちてしまう。あうんの呼吸でパータッチした二人は無事イノブタを救出し、事件は無事解決した。二人も仲直りして一件落着。
○入れ歯は一度見つかったが、またタマが持っていったらしい。「たまんないね」とサブ。

97 歯痛のパーマン 7/25
 歯痛に苦しむミツ夫だが、歯医者は大嫌い。パーマンになって逃げ出した1号は、シンクロする双子の話を聞き、コピーが歯医者に行けば自分が良くなるのではないかと思いつく。コピーは歯医者に行って良くなるが、当然ながらミツ夫の歯は良くならず、歯医者に不審がられただけだった。
○入れ歯会話あり。そろそろ飽きてきたようだが。

98 パーマンの早起き大作戦 7/26
 夏休みのラジオ体操が始まった。商品のデジタル時計目当てにみんな張り切っているが、寝坊のミツ夫は寝だめしたり、コピーと交代で寝ようとしたりと一苦労。結局、会場でコピーに徹夜させることに。それを見たカバオとサブは、コピーを脅かしてからかう。結局徹夜の甲斐なく、コピーは会場で熟睡してしまい、1号は上空で怒り狂うのだった。
○「うらめしや」ならぬ「うら八百屋」とコピーを脅かすカバサブがいい。

99 日焼けパーマン 7/27
 夏の海で一仕事のパーマンたち。家に戻ってみると、マスクの形に日焼けができていた。素顔に戻れないミツ夫は、コピーに代役を頼むが、ガン子に不審がられる。パーマンになって一時避難するが、仕事に行けばますます日焼けする。結局、子供たちの間ではやっているパーマンごっこのお陰で、ミツ夫の日焼けはカムフラージュされたのだった。
○パー子まで日焼けしてるのは、芸能人としてはまずくないか?

100 千面相の脱獄 7/28 【原作 コロコロ文庫2巻 「わがはいの脱獄」】
 刑務所にいる千面相から1号に手紙が届いた。脱獄を予告してきたのだ。だが、所長は信用しない。華麗な脱獄テクニックを披露され、ついに所長はパーマンにも警備を依頼した。だが、他の3人に断られた1号は、やむなくコピーをパートナーとして連れていく。脱獄した千面相はコピーと出くわし、コピーははずみで千面相をコピーしてしまう。情けなく捕まるコピーを見た千面相は我を忘れて飛び出してしまい、1号は千面相を鍵のない独房に閉じこめるよう提案する。
○原作に忠実な展開をしている。

上に戻る戻る