目次

この話はどの話? 101話〜150話

1話〜50話 51話〜100話 101話〜150話 151話〜200話 201話〜250話 251話〜300話
301話〜350話 351話〜400話 401話〜450話 451話〜500話 501話〜526話+特番 映画

101 ガン子のメガネ大好き 83/7/29
 ガン子の友人の間で眼鏡が大流行。ガン子は隣のおばあさんが忘れていった老眼鏡をはめて上機嫌。疑いを持つ1号を信用させようと、ガン子はパトロールに同行する。ビルの中に敵がいると当てずっぽうで言ったガン子だが、たまたまいたビル荒らしを捕まえることに成功する。
○ガン子の友人たち、ませすぎです。変形で入れ歯会話登場。学校で「校内暴力」ネタがあるのが時代を感じさせる。

102 パーマンは大忙し 7/30
 ハル三が、ケーキと引き替えにおじさん家への飛行、ミチ子が、いとこの昆虫採集の手伝い、カバサブが、明日の朝市の手伝い。三つの依頼を引き受けたミツ夫は、2号と3号に協力を依頼するが、2号と3号はキャンセル。皆の怒りの矛先はトリプルブッキングしたミツ夫に向けられ、ミツ夫はコピーとみにくい争いを繰り広げる。
○4号はメキシコへアルバイトに行ったらしい。

103 ラジコンブービー 8/1
 ラジコン大会に出場するラジコン飛行機を、ハル三に壊されてしまったミツ夫。ブービーを中に入れて競技に参加しようとする。1号は審査員を引き受けたため、やむなくコピーをダミーにあてることにする。ミツ夫は無事優勝するが、バナナを載せたトラックに釣られた2号のお陰で、からくりがばれてしまい、1号は責任をコピーと2号になすりつけようとして恨まれる。
○入れ歯会話あり。

104 しょっぱい友情 8/2
 泳げないのにミチ子とプールに行くことになったミツ夫。泳げるようになるため風呂屋でコピーに訓練させるが、やはりうまくいかない。だが、プールは断水でお休み。1号を呼べと迫られたミツ夫はついに屈し、パーマンたちで池の水を運んでプールを開く。泳ぐ気はなかったミツ夫だが、4号が消毒に入れた塩のお陰で、見事泳ぐことができたのだった。
○アメダスはこの頃からあったんですね。ミチ子の水着はピンクのフレアーワンピース。ミツ夫のパーマンとしての使命感が感じられる話。

105 ガン子を女らしく 8/3
 悪人をやっつける3号にあこがれて、パーマンごっこをしたり、3号をつけ回したりと熱心なガン子。ミツ夫は女らしくあれと願うあまり、おしとやかにするよう3号に頼む。だが、不良に絡まれたガン子を助けるためにパー子は大暴れし、1号のもくろみは外れるのだった。
○安原さんが小学三年生の子供役を。素の声では低年齢記録更新か。「夢見る少女」がスミレのキャッチフレーズであることが分かる。

106 パパとママのけんか 8/4
 兄弟喧嘩をするミツ夫たちに怒るママをパパがたしなめたため、ケンカになってしまった。苦肉の策でパーマンに頼むことに。だが、やはりうまくいかない。業を煮やしたコピーとガン子は家出することにする。パーマンたちは空き地の土管にいたところを発見するが、ただをこねる二人を見かねて、土管ごと須羽家に連れていく。しかし、夕食を忘れていたママのお陰でまた一悶着。
○コピーたちの家出に協力的なカバサブがいい。

107 マントにご用心!! 8/5
 2号の手形が1号のマントについてしまった。洗おうとする3号と1号がもみ合った結果、マントが破れてしまう。うまく飛べなくて難儀する1号に、パーマンたちが手を貸すが、事態は悪化するばかり。しかも、マントを踏みしだいたところをバードマンに見つかってしまい、罰として1号は皆のマントを洗濯させられる。だが、1号のマントをママが付けてしまって空中に。ママは無事助けられるが、バードマンにマントを破いたことがばれてしまう。バードマンは「こっちだって予算が厳しいんだぞ」とぼやきながら新しいマントを1号に与える。
○1号が見ていたのは、「すみれ」というタイトルのスミレのポスター。3号が着替えして登場。しかし、最大の見所は茶髪のバードマンだろう。マスクには週一回ワックスを掛けなくちゃいけないらしい。

108 食い倒れご用心! 8/6
 大阪の大食い挑戦を次々制覇していく法善。だが、いざパーマンになると重くて飛べなくなってしまう。たまたま大阪に家族と行っていたミツ夫に見られてしまい、ミツ夫はパーマンになって4号に現実を自覚させることにする。1号が体重計に細工したお陰で、作戦は成功するが、食べてもすぐやせられると錯覚した4号は、また大食いをはじめてしまう。
○法善の家が初登場。とは言っても、お寺ではなく普通の平屋である。4号の標準体重が60キロであることが分かる。

109 カバオに負けるな!! 8/8
 カバオがいなくなったと、須羽家にサブが駆け込んできた。カバオはミチ子に珍しい蝶をプレゼントしようと、大山先生のいる那須山高原に行ったらしい。パーマンになって後を追うミツ夫。だが、カバオは誤ってがけ下に落ちてしまう。心細くて泣いているところを1号に助けられたカバオは、醜態をばらさないように1号に頼む。だが、帰ってからの自慢話を聞いていたミツ夫はつい冷やかしてしまい、カバオに追いかけられる。
○大山先生を「ヒゲダルマ」と呼ぶカバオ。原作ネタですね。「那須山館」には、「レーガン様ご一行」が来ているらしい(笑)。妙に説明テロップが多い話。3号のワンピース水着が見られる。
 個人的には、ずっと「夏山高原」だと思っていたんですが。

110 宇宙人のプレゼント 8/9
 ハル三が、UFOとコンタクトし、ペンダントをもらったと自慢する。夜の張り込みを始めるカバオたちだが、当然全てはハル三のいたずら。UFOの正体を探るために飛び立った1号は、2号とぶつかる。ところが、たまたまやってきた2号のコピーが人形に戻ってしまい、見つけたガン子が鼻を押してしまう。変身する宇宙人と思いこんだカバオたちは大騒ぎ。UFOは忘れ去られてしまう。翌日、ハル三のからくりを暴いた1号は皆を納得させる。
○入れ歯会話あり。

111 ファッショナブルパー子 8/10
 「女らしくない」という22才主婦の投書に3号は大ショック。女らしくあろうと一発念起する。だが、作法に則ろうとするあまり、皆の足を引っ張ってばかり。暴走族の頭を逃してしまい、1号と大喧嘩する。ところが、暴走族の頭が事故っているところを見つけた3号の手当姿が新聞に載り、投書の評価が変わる。だが、今度は「パー子は贅沢だ」という投書が……。
○パー子の服のバリエーションが見られるいい話。2号の苦労も続きますね。

112 狙われた三重夫人! 8/11
 千面相が、世界に一つしかない「王家のマニキュア」を持つ三重家に予告状を送りつけてきた。毎度のごとく、パーマンたちと田貫警部がにらみ合う中、三重家の金庫室に三重夫人が立てこもった。ところが、金庫にはすでに千面相が入り込んでいた。3号はすね毛から正体を見抜くが、マニキュアを盗まれてしまう。だが、3号がすり替えておいた「王家のマニキュア」は日本製で、千面相が持って行った方が高級品だったのだ。
○田貫警部はもう千面相専属ですな。

113 ベルに悩むパーマン 8/12
 バッジの呼びだし音と女性の悲鳴。新手の防犯ベルの物売りに1号は大弱り。おまけにママがベルを買ってしまったので家でも安心できない。バッジを外して緊急避難しようとする1号だが、ベルを拾ったカバオたちと出会い、「これはギャングの連絡ベルだ」と作り話をして難を逃れる。ところが翌日、ミツ夫が呼び出しを受けたところを見られ、不審がられるのだった。
○1号が作り話が得意なことが分かる。

114 虎の皮のパンツはどこだ!? 8/13
 プロレスラー、ハルク・タイガーのパンツが盗まれてしまった。お忍びで頼みに来たハルクの依頼を引き受けたパーマンたち。相棒のバナナマスクが隠したのだが、マスクの中に隠したので誰も気づかない。結局気づいたのは、バナナを隠したのではないかと疑った2号だった。バナナマスクの代わりにタッグを組んだ1号は試合で大活躍。1号を気に入ったハルク・タイガーは、タッグを組んでくれとごねるのだった。
○1号のレスラー姿を見て、『ファンロード』のコラムのパロディ記事を思い出してしまった。

115 またまた登場!千面相 8/15
 1号の正体に興味を持った千面相が、ミツ夫の周辺に罠を張り始めた。ママ、カバオ、ミチ子、次々に変装して現れるため、本物を疑ってしまったりと、実害を被るミツ夫。ついにミチ子に扮した千面相と正面から対決することに。ミチ子の誤解も解けて、一石二鳥だった。
○どこから窓枠出したんだ、ミツ夫(笑)。乱れた髪のミチ子が見られる。

116 休暇は楽し 8/16
 夏の暑さにだれ気味のパーマンたちに、バードマンが朗報を持ってきた。休暇を出そうというのだ。ミツ夫は一家で川下りの旅行に出発する。だが、急流で船がコントロールを失い、ミツ夫は駄目もとでパーマンたちに呼び出しをかける。途中で投げ出されたミツ夫もパーマンになって合流するが、船は滝壺へ。あわやというところで船を救ってくれたのは、他のパーマンたちだった。「パーマンには休暇は要らない」と意気をあげる四人に、バードマンも脱帽だった。
○この話では、パーマンたちになめられているバードマンが顕著になっている。

117 ガン子をギャフンといわせなきゃ! 8/17
 ガン子とケンカしたお陰で、プラモデルを買ったことがママにばれてしまった。なんとかガン子を矯正しようと、コピーを使ってガツンと言ってやろうとした1号だが、コピーしたのは泥棒だったからやっかいなことに。パパの友人と出任せを言ってガン子をごまかしたが、今度はパパに叱られたのだった。
○17点の算数のテストに、「あんたにしちゃいい点じゃないの」と余裕のママ。さりげなく安原さん出演。

118 パーマンがいっぱい 8/18
 明日の仮装大会にパーマン姿で出場しようと張り切るミツ夫。だが、1号の正体を見たい千面相が目を付けた。ミツ夫としての出場はあきらめた1号だが、千面相の策略で優勝してしまい、マスクを取るよう迫られる。千面相の正体に気づいたときはもう遅く、観客に囲まれた1号たちは千面相を見失う。結局、優勝は取り消され、ミツ夫は臍をかむのだった。
○入れ歯会話あり。仮装者の中に藤子キャラがぞろぞろ。

119 試作車につき持ち出すべからず 8/19
 ハル三のパパの会社で、「ショックを吸収する車」ができたという。鍵のかかった車庫を開けるために1号が呼ばれる。車で空中散歩としゃれ込み、海岸で遊ぶ子供たち。ところが、新車は塩水にさびてしまうと言う弱点があったのだ。三重家に大損害を与えたハル三はお小遣いをカットされ、意気消沈する。
○入れ歯、口の中で見つかる。最近は「うまく壊れる車」が主流ですね。

120 お茶会パーマン 8/20
 ミチ子の影響で、茶道に興味を持ったカバオ。ミチ子にお茶に誘われた際も、カバオにいい所を持っていかれてしまう。悩んだ1号は、3号にレクチャーを頼み、カバオと対決することに。しかし、正座に疲れた1号は浮いてしまって失敗し、カバオは足がつって失敗してしまう。結局今度はミツ子が華道を始め、カバオは花を摘み始めるのだった。
○ミツ夫とサブの入れ歯会話あり。

121 大騒ぎの宿題会 8/22
 夏休みの宿題を片づけるため、お寺に泊まり込みをすることになったミツ夫たち。当然コピーに押しつけてパトロールへ。ところが、和尚さんがケガしてしまったため、1号が代わりに監督をすることになった。その夜、バスタオルを届けに来た2号が幽霊に見えて大騒ぎ。結局、コピーが嫌気をさして宿題をしなかったため、ミツ夫はママに絞られるのだった。
○入れ歯は見つかったが、またなくしたらしい。マントは腰に巻いても飛べるようだ。

122 調査員に気をつけろ!? 8/23
 バイトばかりの4号に嫌気がさして、パーマン稼業をさぼることにしたパーマンたち。ところが、やってきたバードマンがとんでもない話を持ってきた。「君たちをパーマンにした僕の選び方が問題になって」変装の名人の調査員が地球に来ているらしい。すねに傷持つパーマンたちは戦々恐々。怪しい者はみんな調査員の変装に見えてしまう。疲れ果てたパーマンたちは、「パーマンをやめたい」とバードマンに申し出る。ところが、調査員は皆の知らないうちに帰ってしまったらしい。
○この話のバードマンの一人称は「僕」。でも、あまり違和感はない。内容のせいだろうか。ビルの屋上でバードマンと会うシーンは、今後激増する。これも東京の変化の象徴か。

123 コピーロボットを返して!! 8/24
 毎度のごとく全てコピーに押しつけて逃げ出したミツ夫。嘆くコピーの叫びを聞きつけたバードマンは、コピーに同情してかくまうことにする。事の次第を聞かされた1号はバードマンに挑むが、余裕でかわされてしまう。コピー会いたさでノイローゼ状態のミツ夫。それらしい物はみんなコピーロボットに見えてしまう。ついにセットを放り投げたところを、バードマンに見つかってしまう。セットをキャッチしたバードマンに、再び挑むミツ夫。コピーがバードマンの隙をついてセットを奪い、パーマンとして対決した1号が今度は勝利する。だが、1号はコピーは大事にするが、バードマンは見くびるのだった。
○バードマン、「ひらっちょ」使い放題。コピーはバードマンと一昼夜過ごしているが、寝るときはどうしたんだろう?

124 パーヤンとカバオは兄弟!? 8/25
 八百政の大売り出しを手伝って欲しいと頼まれた1号と4号。アルバイトということで4号が引き受ける。その商才に惚れ込んだカバオの父ちゃんが、4号を養子にすると言い出す。困った4号とカバオの頼みで1号が乗り出すが、カバオの父ちゃんはパーマンコスプレをして4号の親父になると言い出すのだった。
○皆が見る映画は「STARS WAR」。映画を見そびれたミツ夫だが、見たコピーとオデコタッチすれば良かったのに。

125 パーヤンはケチじゃない 8/26
 墜落するジャンボ機を見つけた1号。一人で頑張るが、他のパーマンたちが助けに来たと安心したところで墜落してしまう。一人で空港まで運んだ4号はヒーロー扱いだが、1号はカバサブの物笑いの種に。しかし、それに我慢ならない3号と、「僕が耐えていればいいこと」というミツ夫とで大喧嘩。2号から事の次第を聞いた4号は、高級レストランにパーマンたちを招待する。2号の世話をする3号を見ているうちに、1号の心も和らぎ、落ち着いた3号も1号に謝る。4号の粋な計らいに感謝するパーマンたちだが、しっかり昨日4号が立て替えたラーメン代は徴収されるのだった。
○入れ歯会話あり。高級レストランに猿が入れるのかという疑問はさておき、表層しか見ない放送人など、現在も変わりませんね。個人的に、この話のイメージソングとして、薬師丸ひろ子の「アフタヌーン・ティー」を推薦したい。

126 コピーロボットを捜せ 8/27
 ミツ夫の代役でお使いに行かされたコピーは、ひょんなことからロボットに戻ってしまう。スイッチを押したのは、指名手配犯の悪田泥助。逃げる悪田のコピーとぶつかった拍子に、今度はカバオをコピーしてしまう。自分のコピーにカバオはびっくり。しかし、二人のカバオをたまたま見てしまった1号は、カバオを千面相だと思いこむ。実はコピーだと分かったパーマンたちはコピーを探すが、そうとは知らないカバオたちはコピーを追い回す。最後は鳩になってしまったコピーを追い回して、「ヘトヘトやなくてハトハト」になってしまった1号だった。
○電柱の看板にさりげなく「フクちゃん」。

127 ワザありパーマン 8/29
 千面相がまたパーマンたちに挑戦してきた。目的は少女像。もちろん田貫警部もスタンバイする。しかし、1号には秘策があった。邪魔な人々には退場してもらい、むきだしにした像を見た千面相は立ち去り、防衛は成功する。味をしめた1号は、千面相の予告した物を全部差し出すことで戦意をそぐ作戦に出る。そして、ついにデコボコ山で印の付いた空き缶を探すゲームをしかける。見事誘いに乗った千面相は、缶が3号の手にあるとは知らず、山の美化に貢献するのだった。
○パー子はアーチェリーが得意らしい。千面相の決定的な敗北作。

128 幻のトンボ捕まえた! 8/30
 大山先生が子供の頃、珍しい白いトンボを見たという話をしている時、教室に白いトンボが入ってきた。先生は我を忘れてトンボを追いかけ、ミツ夫もパーマンとなって飛び出す。だが、4号のアルバイトの手伝いをしていた2号のいたずらのお陰で、白ペンキをかぶったトンボが量産されてしまう。
○コピーと「グーチョ」をする1号。懐かしいですな。先生は40才位らしい。

129 パーマンランチを食べよう 8/31
 サブの店の向かいにファミレスができた。閑古鳥が鳴く店を見かねたミツ夫は、4号に応援を頼む。4号はパーマンの顔の形の「パーマンランチ」を考案した。だが、いっこうにお客が来ない。ファミレスに星野スミレが来ていたからだ。呼び出されて事の次第を知った3号は、「タベルナ」にスミレを連れていき、宣伝させる。
○サブの父は山梨出身らしい。「タベルナ」の由来(ギリシャ語で「レストラン」の意)も明らかになる。パーヤン流「愛の貧乏脱出大作戦」。スミレのパー着シーンが見られる。

130 ガン子はお姉さん!? 9/1
 ガン子はター坊(「ラッパとんでこい」参照)のラッパを壊してしまった。弁償しようとするガン子だが、目を付けていたラッパはおじいさんが買ってしまった。おじいさんを探すガン子とター坊は、日暮れ時にようやくおじいさんに巡り会い、ラッパを譲ってもらう。一件落着と思いきや、今度はガン子がラッパを吹き始めた。
○見逃しがちだが、ガン子たちが店を離れた後で、ラッパがおもちゃ屋に搬入されるシーンがある。スタッフの細やかさを感じる。

131 酔っぱらったパーマン 9/2
 仕事から帰ってきた1号は、ジュースと間違えてパパのワインを飲んでしまった。酔っぱらったパーマンとパパとコピーとで須羽家は大混乱。ついでに将棋に来た先生も巻き込んでしまう。先生は1号の正体を見ようとするが、様子を見に来た4号たちが実力で阻止し、先生にもワインを飲ませる。ついにマスクを取ってしまった1号だが、酔っぱらった大人たちには実害はなかった。
○「パーマン音頭」が劇中で使われる。三輪勝恵の迷演が見られる。

132 てんやわんやバザー大会 9/3
 ミチ子の提案で、町内バザー大会が開かれることとなった。皆がゴミ同然の物を持ってきている中、ミツ夫はパーマンになって難破船を運んでくる。ところが、ガン子は持ってきたコピーロボットをミチ子の服と交換してしまう。返してもらえず大弱りのミツ夫だが、なんとか実力で奪還する。結局、ミツ夫の元には難破船の残骸と、引き替えられた大量のゴミが残っただけだった。
○ひさしぶりに入れ歯会話あり。ミチ子が着せた服もろとも大きくなるのだが、コピーが元に戻ると服も消えてしまう。コピーのからくりが分かる気がする。

133 千面相の恋 9/5
 須羽家に来た婦警、弥生さんが言うことには、千面相がつきまとって困っているという。ところが、千面相も弥生さんとの仲を取り持って欲しいと頼みに来た。困り果てたパーマンたちは、3号のアイデアで弥生と千面相のコピーを作り、結婚の報告をさせる。敗北を悟った千面相は弥生をあきらめる。
○劇中でミッチの「サンシャイン」が使われる。千面相が薬師丸ひろ子や猪木の変装をする。もう一人の変装は、ロス疑惑の三浦氏だろうか。今見ると、千面相って確実にストーカー予備軍ですよね。

134 ガン子のボーイフレンド 9/6
 ガン子のクラスメート、イツモマジメがパーマンに会いたいと言う。だが、目の前で連絡してくれと言われてミツ夫は大弱り。なんとか隙を見て変身するが、マジメは1号の正体を知りたくて、1号が持っていた封筒をスリ取る。その封筒にサインした1号だが、後で返してもらった封筒が須羽家への物だったのを見つけられ、さらに窮地へ陥る。
○マジメ(つるひろみ)は、この後何度か登場する。

135 オデコで見る夢へんな夢 9/7
 またカバオにいじめられたミツ夫。コピーカバオを作ってうっぷんを晴らしていると、サブがやってきた。明日のプロ野球の試合に、カバオと行きたくないというのだ。コピーの提案で、カバオコピーに球場でいやな思いをさせ、コピーと本物をオデコタッチさせる。作戦は成功し、カバオは野球観戦を下りるが、喜び勇んで行ったミツ夫は、サブにこき使われるのだった。
○カバオが逆噴射ネタを使う。それにしても、ミツ夫も陰険ですな。テロップでは「角井」となっているが、本編中では、「角」と言ってるように聞こえる。エダガワ、ハラダ、イケハタなど、当時のジャイアンツ一軍選手のもじりが勢揃い。入れ歯はまだ見つかってないらしい。

136 わたしのパーマン 9/8
 ミツ夫のクラスメート、愛子が退院してアメリカに行くこととなった。その前に、入院していたときに手紙をくれた「正義の味方」パーマンに会いたいと言う。だが、ミツ夫には心当たりはない。実は、手紙の主は愛子をことあるごとにいじめていたカバオだったのだ。1号は、恥ずかしがって言い出せないカバオを無理矢理連れだし、真実を告白させたのだった。その後、英会話の勉強を始めるカバサブだった。
○カバオのガキ大将らしい一面が見える。この話が、後の文通シリーズへの伏線か?
本編中のカバオの作文
 『オレのパーマン カバ夫
 オレがパーマンになれたら、プロレスラーになって、タイガーマスクとしあいして勝って有名になりたい。』

137 パー子のなんでも占い 9/9
 3号が占いに凝り始めた。それがなぜか次々当たってしまう。カバオたちはすっかり信用してしまう。ミツ夫コピーもアンラッキーデーだと言われ、1号にも次々受難が襲いかかる。お祓いの方法を3号に聞いた1号は、一番好きな人に肩をたたけば良くなると言われ、運をコピーに押し出してもらう。そんなミツ夫とは裏腹に、コピーは映画に連れていってもらってほくほくだった。
○コピーが連れてってもらった映画は、「スターマーズ」。

138 おこづかいはコピーで稼ごう 9/10
 今月もお小遣いがピンチなミツ夫。パーマンになってパトロールしていると、犬の散歩のアルバイトを頼まれた。パーマンとしては肩身が狭い1号と2号は、お互いのコピーに犬の散歩、買い物、子守のアルバイトを依頼する。だが、コピーはひょんな拍子で元に戻ってしまう。パトロール中の赤ちゃんを3号と4号が見つけたため事なきを得たが、ミツ夫はママに絞られるのだった。
○赤ちゃんがコピーロボットに触って変身しなかったのが不幸中の幸いである。

139 さよならブービー 9/12
 ホームシックになった2号を心配した1号たちは、なんとか2号の故郷を探そうとするが、手がかりがない。ところが、自力で自分の故郷をケニアだと思い出した2号は、単独で旅立ってしまう。めでたく故郷のママと再会したブービーだが、ママには新しい弟がいた。育ての親の老夫婦を思いだしたブービーは、日本に帰る決断をする。
○原作の設定では、2号の故郷はコンゴになっている。

140 パパは二人いた 9/13
 パパの予定がダブルブッキングしてしまった。社長との釣りと、ママの買い出しだ。ガン子に事情を聞いたミツ夫は、釣りをコピーに行かせることにする。ところが、コピーが元に戻ってしまい、溺れたと思った社長は大慌て。1号たちが駆けつけた頃には、大騒動になっていた。再びバーゲン会場に戻った1号は、本物のパパを連れてきて何とかごまかすが、留守番をさぼった罰で両親に叱られるのだった。
○デパートの垂れ幕、「春の」と見えるのは気のせいか。

141 宇宙をめざすミッちゃん 9/14
 女性宇宙飛行士にあこがれるミチ子が、自分を鍛え始める。心配したミツ夫に、3号が助太刀を申し出る。「任せる」と言ったミツ夫だが、3号は本格的にミチ子を鍛え始める。見ていられなくなった1号は、水中の無重力訓練中のミチ子を無理矢理救出するが、事情を知らない3号は、ミチ子が上がってこないのを見てパニックになり、バッジを持たずに水中へ……。
○ミツ夫は学級新聞のアンケートで、将来の希望を「正義の味方」と書く。アメリカの女性宇宙飛行士、サリー・ライドがこの頃メジャーだったらしい。あまり実感がないのだが……。ミツ夫の妄想も絶好調。
 余談だが、この脚本、水中の「ごぼこぼこぼ」がルビで振られている。

142ニャンコ対パーマン 9/15
 1号が帰ってきた時、コピーは魚を盗んだ猫を追っかけて出かけていた。ガン子にたきつけられて出かけた1号は、野球をしていたコピーと入れ替わる際、セットを落としてしまう。夜になってから気づいたミツ夫は、2、3号総出で空き地を捜索する。セットはたまたま拾った猫が身につけていた。3人でなんとかセットを取り戻し、1号の面目は保たれたのだった。
○入れ歯会話あり。ガン子は態度でかいです。

143 パーマンバッジで海の中 9/16
 海に出かけたパーマンたちは、首飾りを落として困っている新婚夫婦と出会う。首飾りを拾うついでに、3号は調子に乗って、海底のアワビ採りまで引き受ける。ところが、それに困ったのが、この海域に盗んだ鐘を沈めた泥棒たちだった。「海の掃除をする」といって人々を追い出したはいいものの、戻ってきたパーマンたちに鐘を引き上げられて万事休す。鐘は無事島へ戻り、1号は頭で鐘突きをしてしまうのだった。
○ヤング海女さんチームに気をよくする1号に肩をすくめるパー子。「ミチ子にプレゼントを」という1号に、「スミレちゃんにもあげたら」とどさくさまぎれに言うパー子。どっちもいいです。

144 とんだペット騒動 9/17
 バナナを巡って追いかけっこしているうちに、ミツ夫の学校に来てしまった2号とコピー。懲らしめのために、空いている檻にコピーを閉じこめてしまう。翌日、コピーブービーを見つけたカバオたちは大騒ぎ。正体を知ったミツ夫と2号は、何とか皆の隙を見てコピーブービーを連れ出し、「アフリカへ連れていく」と行って連れて帰る。1号は先生たちへ熱帯植物園で写真を撮ってごまかしたのだった。
○コピーブービーは皆に「パンジー」と呼ばれる。

145 すみれちゃんの贈り物 9/19
 1号が、スミレとのトーク番組に出ることとなった。スミレの好みをリサーチしようと3号に聞く1号。上の空の1号は、事故処理の際にミスり、3号は新聞にパンチラシーンを撮られてしまう。頭に来た3号は、こっそり1号のドジ写真を撮り、スミレとして放送中に公開した。大弱りの1号だが、庶民的な1号の姿は、子供たちの好感を呼んだのだった。
○プレゼントするのに本人に聞くのはルール違反でしょ、やっぱり。スミレのマネージャー登場。1号がスミレの家を知ってるのも問題だと思う。スミレはチーズケーキが好きだそうだ。

146 なんでも半分!! 9/20
 先生が、感想文の宿題を出した。ミチ子の手前、「戦争と平和」の二分冊を取ってしまったミツ夫は、コピーと一冊ずつ読んで、オデコタッチをすることにする。調子に乗って、「なんでも半分」と宣言したミツ夫。夕食のすき焼きも半分、須羽家のペンキ塗りも半分、と言ったものの、コピーの仕事は悪く、1号は手間がかかるばかり。結局、二人とも眠ってしまい、本は読めなかったのだった。コピーに叱られるように仕向けた1号だが、先生は正直に告白したコピーを誉めたのだった。
○1号はパーマンパワーのために、食事用の特別のフォークを持っているそうだ。知らなかった。

147 パーマンルック大流行!! 9/21
 最近パーマンルックが流行っている。デパートまで便乗して、パーマンとのイベントを催す。ところが、1号がデパートのトイレで顔を洗っている際、サブのセットと1号のセットが入れ替わってしまった。本物は老人が飼い犬に付けてしまう。セットは様々な人の手に渡り、ようやくおばあさんのところで1号の手に戻るのだった。
○ そば屋の出前の人が空を飛んで行く際、「E.T」の看板のもじりが背景として使われている。

148 サブとカバオと千面相 9/22
 千面相が久しぶりに脱獄した。出会ったカバオとサブも忘れてるぐらい。しかし、嫉妬した千面相は、変装してカバサブにつきまとう。カバサブも千面相にかぶれて、「ちょうせんじょう」を投げ込む。これを本物の千面相からだと信じた1号たちは、、3号が「千面相のファン」として贈った香水を手がかりに、変装を続ける千面相を見破って捕まえたのだった。
○女装でも入れ歯会話のカバサブ。

149 走れペガサス 9/23
 ミチ子の依頼で、サクラダ島まで来た1号。彼女の幼なじみの馬「ペガサスホマレ」が、走れなくて処分されそうだというのだ。それを知った千面相も島へ来る。セットを入手したい千面相は御者役のゴサクに変装し、マスクをベガサスに付けさせる。レースは優勝するが、正体がばれた千面相は、1号の正体を暴こうと迫る。二重マスクを付けていたために難を逃れた1号は、マスクを付けたペガサスに乗って空を翔けて追いかけ、千面相は刑務所へ舞い戻ったのだった。
○「ミツ夫さんみたいに心の優しい馬」というミチ子。なかなかいいところあるじゃん。

150 スケボーなんてかるいかるい 9/24
 スケートボードができなくてカバオたちにからかわれた1号は、コピーにスケボーを覚えさせようとするが、コピーが反抗してうまくいかない。それを見ていたガン子は隙を見てボードに接着剤を塗ってしまう。乗ってしまったのは、自分で練習しようと決意したミツ夫。そこに3号の呼びだしが来た。走り屋の男と勝負してくれと言うのだ。無理矢理スケボーで走らされた1号は、マントを使ってスケボーを乗りこなし、途中でマントが取れたのにも気づかず勝利する。ただし、残念ながら止まり方は覚えていなかったのだ。
○ミツ夫君、体で覚えたことはコピーされないということを学習してませんね。桶谷顕のパーマンデビュー作。桶谷さんはスケボーのライセンスを持っているそうだ。

上に戻る戻る