目次

この話はどの話? 201話〜250話

1話〜50話 51話〜100話 101話〜150話 151話〜200話 201話〜250話 251話〜300話
301話〜350話 351話〜400話 401話〜450話 451話〜500話 501話〜526話+特番 映画

201 変身パーヤン 83/12/2
 事件の処理中に、アルバイトに行ってしまった4号。後から追いかけたパーマンたちは、4号の服と、一匹の子豚を見つける。子豚が変身銃で動物にされた4号だと勘違いした三人はコピーに子豚を任せてバードマンに掛け合いに行くが、バードマンは心当たりがない。あきらめたパーマンたちは、子豚に必死に自分の素性を思い出させようとするが、そこに裸の法善が。水浴びしていただけらしい。誤解が解けたのはいいが、子豚の処置に困るミツ夫だった。
○入れ歯は見つかったが、またなくなったらしい。4号はふんどし使用。バードマンが指先から「ゆピーム」を発射する。解釈としては、テレキネシスの変形だろうか。

202 飛べないパーマン 12/5
 学校の高鉄棒から落ちたことがきっかけで、高所恐怖症になってしまったミツ夫。当然パーマンになっても飛べない。業を煮やしたバードマンは、1号のマントを取り上げ、地上勤務を命じた。地味に地上勤務を続ける1号には、辛い日々が続く。落ち込んで歩いていた1号は、脇を通ったトラックに驚いて土手を飛び降りた拍子に、高所恐怖症が治ったことに気づいた。マントを返したバードマンは、「私の作戦が成功した」と得意げだが、パーマンたちにはいぶかしげに見られただけだった。
○サブの「飛行機飛び」は、私の地方では「グライダー」と言っていた。本編では、マントを取り上げられた1号は「空を飛ばなくていいなんて……大感激!」と叫ぶが、脚本では、バードマンの円盤を見ながら、「良くこんな物に乗れるな……」と言っていた。バードマンも言ってることはまともなんだから、わざわざ種明かししなくてもいいのに。

203 しもやけパーマン 12/6
 南極観測船「しらけ」救出のため、南極に向かったパーマンたち。救出は成功したが、裸足になってしまったために、1号の足は霜焼けになってしまう。救出の功績をたたえるため、鯛丸デパートで1号の手形と足形を採るという依頼が来てしまった。自分がパーマンになりたいコピーは、喜んで引き受けるが、夜中、ミツ夫の寝相のせいで、コピーが人形に戻ってしまう。苦肉の策で、2号との二人羽織でセレモニーに参加する。だが、バランスを崩してしまい、プレートに顔を突っ込んでしまう。プレートには1号の手形と顔が残ったのだった。
○セレモニーにはスミレも参加している。「サインは嫌いなの」という台詞が、実感がこもっている。

204 パーマン漂流記 12/7
 なんでもママ頼りのミツ夫に、ママは不安顔。そんなミツ夫のところに、バードマンの呼び出しが来た。北極にテレポートするというのだ。しかし、テレポートの途中で機械が故障し、1号は太平洋上に墜落する。バッジを落としてしまったため連絡を取れない1号は、近くの無人島でサバイバルすることにする。だが、なかなかうまくいかない。バッジの発信音を頼りに探しに来たパーマンたちも、1号の所在はつかめない。折しも、無人島にはモンスーンが迫っていた。絶体絶命の所に、瞬間移動装置を直したバードマンが到着した。1号は無事救出され、北極で生き残りテストをしようというバードマンの目的は、はからずも達成されたのだった。ミツ夫もちょっとは自立心を持つようになったようだ。
○カバサブの会話で、「コンピューターゲーム」の話題が。バードマンの北極シーンは、季節に合わせて夜のシーンである。学生の頃、理科のテストでこの記憶を参考にして問題を解いたっけ。

205 パーマンは風邪をひかない!? 12/8
 風邪を引いたカバオは、いつも健康そうな1号に、健康法を聞きに行くことを提案する。ところが、火事の消火で濡れ鼠になった1号は、風邪を引いてしまった。しかも、その消火に使った雪が、スキー場からのものだったので、雪を補充するはめに。ますます体調を悪化させた1号は、1号の帰還を待ちわびていたカバオたちに、「風邪の直し方、教えて」と聞き、ヘコられるのだった。
○入れ歯会話あり。前半の消火シーンは、ダイナミックで見所あり。

206 あわ食ったパーマン 12/9
 マジメくんの誕生パーティに行くため、指輪が欲しいとごねるガン子。金欠のミツ夫は、無理を言ってミチ子の指輪を借りてくる。しかし、それを見つけたユキが、「ミチ子さんにあげるの」と尋ねたため、コピーはユキに指輪をあげてしまい、おもちゃの指輪をミツ夫に返す。事情を知ったミチ子とユキは共闘して、ミツ夫に真相究明を迫る。誤解は解けたものの、今度はユキの指輪が抜けなくなってしまう。悪戦苦闘して抜いたものの、この指輪も偽物。本物は、こっそりガン子が借りてしまい、親指にはめて抜けなくなっていたのだった。
○入れ歯が出てくるかどうかで賭をしていたミツ夫とカバオ。この話のユキは「ミツ夫くん」と呼ぶので違和感あり。ミツ夫コピーとユキの結婚式妄想シーンがある。タイトルの「あわ食った」は、指輪を外すための石鹸の泡に掛けている。

207 パー子は危険なスミレファン 12/12
 星野スミレの人気ミュージカル「エリカちゃんシリーズ」の最新作、「魔女っ娘エリカちゃん」の公演が近づく。だが、1号には困った問題があった。毎回、3号が1号相手に「エリカちゃんごっこ」して楽しむのだ。今回も、催眠術で1号を操って楽しもうとするが、1号はあえてかかったふりをして、3号をごまかす。ところが、本当にかかったと思いこんだ3号は大慌て。マネージャーのところに駆け込み、「ショックを与えれば治る」と聞き出す。結局誤解は解けるが、だまされた3号は自分も催眠術にかかったと思わせて、1号をあわてさせるのだった。
○「パーマン音頭」と言われて、ハットリくんのOPメロディーのもじりで音頭を歌う1号。

208 美術館ではおしずかに 12/13
 クラスで「ヘンリー・モーア展」にやってきたコピー。だが、ふとした拍子で人形に戻ってしまう。コピー人形を見つけたミチ子は、モーアの代表作「考えないで眠る人」と勘違いしてしまう。事情を知らずに戻ってきたミツ夫は、留守番をしなければならない自分のかわりに、2号を夜の美術館へ行かせる。だが2号は「考えないで眠る人」を持ってきてしまう。仕方なくブービーコピーを留守番にして美術館に向かう1号。ところが、コピーは二人組の強盗が盗んだ後だった。泥棒は捕まえたが、結局コピーロボットは「群衆」というコピーに似たオブジェの山に入ってしまい、探すのに一苦労だった。
○動物園が隣にあることから、上野の国立美術館がモデルと思われる。「ヘンリー・モーア」は「ヘンリー・ムーア」のもじり。

209 ミニミニパーマン 12/14
 最近人気者の1号は、パーマン稼業もサボって3号たちのひんしゅくを買う。空き地に逃れたミツ夫だが、ふと気が付くと、バードマンが目の前に。「パーマン職務法違反」で「スパルタ銃」を撃たれ、小さくされてしまう。パー着してなんとか須羽家に帰り着いたものの、小さい1号はガン子におもちゃにされたり、ママに「ゴキブリコロリン」をかけられたりと苦労する。目を覚まして、全ては夢だと気づいた1号だが、やはりバードマンは銃を持って来ていた。3号に頼まれて持ってきた、「特殊どぶさらい銃」だが。
○入れ歯会話あり。作画の林氏は、全体的にへボヘボなのだが、バードマンのおちょぼ口の描き方が、個人的には好きである。バードマンが銃を撃つシーンで、手袋忘れてる。

210 へたなスキーは遭難のもと 12/15
 先生の引率で、スキー旅行に行ったミツ夫たち。ミツ夫ははりきって滑るが、失敗するばかり。そのうちに天候が悪化してしまい、一行は避難小屋に避難することにする。カバオたちの非難を受けたミツ夫は逡巡の上、「僕がパーマンだ」とうち明けるが、先生を始め、誰も信じてくれない。他のパーマンたちを呼び出そうとしたバッジも、先生に外に捨てられてしまう。せっぱ詰まった状況で、ミツ夫は暖炉の火を消した煙が出ている隙にコピーと交代し、探しに来た3号たちと合流する。間一髪雪崩から避難小屋を救出した1号だが、落としたバッジを探すのに一苦労だった。
○正体ネタの真剣勝負は、見ていて気持ちいい。ミツ夫たちはスキー用の格好をしているのだが、パー着シーンで、一瞬のうちにいつもの格好になっているのは苦笑ものである。オチに関しては、バッジ鳴らして探せばいいのに。って、これ書くの何度目?

211 ペットはどちら? 12/16
 町内のペット芸能コンクールに出場しようと盛り上がるカバオたちだが、持ってないミツ夫は肩身が狭い。他の動物をコピーしようとするがうまくいかず、ブービーに協力を仰ぐことにする。しかし、ブービーはわがままを言ってミツ夫を困らせ、ミツ夫が芸をする羽目に。審査員として来ていたスミレは、10点満点でその努力に報いたのだった。
○ハンバーガー無料券で1号をデートに誘うパー子。なかなかかわいいところあるじゃない。

212 愛の手袋あったかい 12/19
 町内会の夜回りに行きたくないミツ夫は、コピーを代理として出す。冬の夜は冷たいが、ミチ子に「手袋編んであげる」と言われ、大人たちの炊き出しももらえるとあってコピーは上機嫌。事情を知らないミツ夫は、新しい手袋をして学校に行き、ミチ子に嫌われてしまう。パーマンになって偵察に行った1号は、全ての事情を知り、わざと破いた(らしい)手袋をミチ子に示して、ミチ子の誤解を解くのだった。ミチ子の編んだ手袋は、無事ミツ夫の手に渡る。
○ミチ子が優しいようで、明らかにミツ夫を見下していることが、「落ちこぼれだからってあんまりだわ」という台詞から分かる。これが「あみものはパー子におまかせ」に間接的に繋がる……のかな?

213 謎のパーマン現わる!? 12/20
 3号の提案で、新しい衣装を身につけた1号たち。だが、ちんどん屋の格好を笑われた2号は、特撮映画のヒーロー衣装を使って、「謎のパーマン」になりすます。事件を次々解決していく「謎のパーマン」のお陰で、パーマンたちの関係もぎくしゃくしてくる。しかし、ブービーの行動を見かねたコピーは、ミツ夫に真実を密告する。ヘリコプター救助で困っている2号の連絡を聞いた1号は、自分が衣装を着て2号を助け、3号たちには、「謎のパーマンはバードマンの差し向けた人だと思う」といって、和解させるのだった。
○ベランダからブービーを見つけるシーン、3号と4号の服が元に戻っている。

214 いたずら書きご用心 12/21
 パトロール中、ケーキに釣られて子供との留守番を引き受けた1号は、マントにマジックで落書きされてしまった。コピーの提案で色を塗って修復を試みるが、事態はますます悪化する。事情を聞いた3号は、雪山では1号に白スプレーを塗り、トンネルでは黒スプレーを塗って活躍させる。だが、根本的な解決にはなってない。結局、バードマンによってクリーニング銃(仮称)を撃たれ、ようやくきれいになる。しかし、翌日も同じ子供との留守番を頼まれ、今度はバナナに釣られた2号が犠牲になるのだった。
○入れ歯会話に飽き飽きのカバオ。バードマンはなにげに銃をくるくる回してホルスターにしまうという、嫌味なところが見える。

215 ガン子の誕生パーティー 12/22
 夜中の仕事帰りに須羽家の冷蔵庫前で一服している所をガン子に捕まった1号は、誕生パーティーにぬいぐるみを持って行くことを約束させられてしまう。金欠の1号は、2号に宇宙人のマスクをかぶせてぬいぐるみに仕立てる。しかし、ガン子の真の目的は、ボクシングのスパーリングの相手だった。なんとか避けようとする2号のお陰で、パーティーは大混乱。代わりに空の旅をプレゼントすることで、ようやくガン子の機嫌は直ったのだった。
○数少ないレギュラーの誕生日ネタ。ガン子は山羊座ですね。

216 サンタパーマン 12/23 【原作 コロコロ文庫2巻 「特大クリスマス」】
 カバサブの「サンタクロースは本当にいる」という言葉を真に受けた子供たちは、サンタのバイト中の法善に、リクエストを頼みに来た。法善は一計を案じ、子供たちの両親の代理でプレゼントを配達することにする。作成は成功し、パーマンたちは自分たちのパーティーを催すことにする。食料が調達できなくてがっかりするパーマンたちのもとに、バードマンのプレゼントが届き、大喜びのパーマンたちだった。ただし、4号が調子こいて音痴の歌を披露しなければの話だが……。
○原作あり。かなりアレンジが入っている。カバサブ流「ヘコ!」にあたる「ちょうちん」初登場。バードマンはまともに歌ってます。パーヤンがお寺の息子だという設定は飛ばされている。

217 コピーロボットが記憶喪失!? 12/26
 ミツ夫の横暴に嫌気が差したコピーは、ドラマにヒントを得て、カバオを挑発して殴られ、記憶喪失のふりをすることにする。コピーが記憶喪失になったと思いこむパーマンたちは、なんとか記憶を取り戻そうとするが、うまくいかない。しかし、パーマンたちが事件で出かけた隙にミチ子の家に行ったことで、コピーの嘘はばれてしまう。何も知らないフリをした4号に上空から落とされそうになって、全てを告白したコピー。真実を聞いた4号たちは、コピーの味方になり、せっぱ詰まった1号は自ら記憶喪失に逃げ込もうとするが、むなしい抵抗だった。
○入れ歯会話あり。バードマンの話題で、「顎の長い人」と身も蓋もない認識がある。

218 出てこいUFO 12/27
 カバオとの賭で、UFOの写真を撮ってくると言ってしまったミツ夫。負ければ「必殺カバオ固め」が待っている。バードマンを呼び出して、コピーにこっそり写真を撮らせたはいいものの、バードマンはとっくにお見通し。写真には何も写ってない。引っ込みが付かなくなったミツ夫は、「本物を見せる」と言ってしまう。バードマンは立体映像で円盤を大きくしてみたりと皆をもてあそび、気絶したカバサブは全てをなかったこととするのだった。
○バードマンの円盤をUFOと呼ぶ脚本家は限られている。管さんが筆頭だが、岸間さんもそうである。「少々この私を甘く見たようだな」と決めた直後に岩に激突するあたりが、まさにバードマンである。

219 パーマンの子守歌 12/28
 須羽家に遊びに来たももこさんの赤ん坊よしゆきが、コピーを触ってしまった。ももこさんはコピーよしゆきを持って新幹線に乗ってしまう。パーマンたちは新幹線を追って乗り込んだはいいが、人形に戻ったコピーは双子の一人をコピーしてしまう。ようやく取り返したはいいが、さんざんな1号だった。
○新幹線に追いつくのにパータッチすればいいのに。パー子の赤ん坊をあやす姿に好感を持つ1号。

220 あみものはパー子におまかせ 12/29
 ミチ子が、パーマンたちに手袋を編んでくれた。上機嫌でミチ子を自慢する1号。しかし、ミチ子に嫉妬する3号を見かねたスミレコピーの勧めで、編み機でマフラーを作る3号。だが、その不細工さに1号と2号に返品される。何とか1号を見返そうと編み物を続ける3号だが、そこに冬山の遭難者救助の仕事が。遭難者を暖めるためにマフラーが大活躍し、1号に誉められて調子に乗った3号は、今までの編み物を全部持ってくる。1号は、手袋を編んでくれる天使を探していたカバサブに、編み物を謹呈するのだった。
○カバサブ、しょぼくれて「ひょうたん」と使う。「ちょうちん」も登場。

221 パーマンは大金持ち 12/30
 ハル三の自慢に追従するカバサブに嫌気が差したミツ夫は、「パーマンの家は大金持ち」だと言ってしまう。1号はハル三と大金持ち勝負をすることに。1号の相談に乗ったのは4号だった。パーマンのネームバリューと行動力で、様々な一流品を持ってくる。最後に、お互いの家で一番高価な物で勝負しようと言うハル三。ハル三の黄金の仏像に、1号は大仏で応えたのだった。しかし、勝ったのを鼻にかける1号にあきれたパーマンたちは、1号に一人で大仏を運ばせたのだった。
○入れ歯会話あり。4号の暗躍もあって、勝負するものはたいてい借り物か偽物である。

222 パーマンのおみやげ 84/1/4
 事件解決のお礼に、リンゴ一箱をもらってきた1号。気前よく分けているうちに、カバオの分がなくなってしまう。自分が嫌われていると感じたカバオは泣きながら去っていく。1号は、カバオを慰めるために、「今日は何でも言うことを聞く」と言ってしまう。機嫌を直したカバオは、青果市場の仕事に1号を子分気取りでこき使う。しかし、市場での荷崩れで助けられたことをきっかけに和解し、ミカンを一箱もらって「もうミカンはみるのもいやだ」と言うほど食べたのだった。翌日、事件を解決してミカンをもらった1号は、カバオに配らなかったことで又恨まれる羽目に……。
○リンゴ、コピーすれば良かったのに。リンゴが木箱なのが時代を感じさせます。

223 香港モテモテツアー 1/5
 香港に慰安旅行に来たパーマンたち。コピーも同伴だ。しかし、パーマン人気は国際的。サイン責めやイベントで身動きできないパーマンたちを後目に、コピーたちは遊び放題。うらやましくなった1号たちは、コピーにパーマンをさせるのだが、そんなときに限って、パーマンたちは歓待され、ミツ夫たちはババを引くのだった。
○「TV香港」より、「香港電視台」の方が雰囲気が出る気がします。「パーマン」は「超的人間」と書かれている。ちなみに、『パーマン』は香港でも放映されているが、地元の人はどういう気持ちで見たのだろう。

224 バッジを狙え! 1/6
 ミチ子にクレープをごちそうになる1号を見て、ビリ子のことが懐かしくなった2号。3号の提案で、アラスカまで行くことにするが、1号は気乗りがしない。アラスカでビリ子に再会したことで愛が再燃した2号は、1号のバッジを盗み、ビリ子と愛のホットラインを結ぼうとするが、ばれてしまい、1号は2号を謹慎させる。しかし、ビリ子から愛のボイスメールが届いたブービーはパーマンたちを呼んで鑑賞会を開き、懲りたパーマンたちは謹慎を解いたのだった。
○森下作監の頭が大きいキャラが目立つ。でも、ブービーとビリ子のねじれ関係は解消されていない。ところで、2号は漢字読めるのか?

225 ガン子をスターに 1/9
 ガン子が、映画「野菊の伝説」のオーディション一次審査に通ってしまった。スミレとの共演を夢見るガン子は、3号やママに助太刀を頼むが、どうもうまくいかない。結局、1号と2号が協力して、二次予選でライトの上からガン子を操ることにした。スミレは不審を抱くが、プロデューサーは大感激。その場でガン子を「おガン物語」の主役に抜擢してしまう。有頂天のガン子だが、ニワトリやブタの真似を得意げにするガン子に、1号は恥ずかしくなってしまう。
○劇中のテレビ番組、スポ魂ドラマと学園ドラマのヒロインは、三浦雅子。

226 パーマンテニスは命がけ 1/10
 テニスを始めたミチ子についたコーチに嫉妬するミツ夫と4号。4号と1号は、ミチ子へのコーチ権を巡って、テニスの試合をすることになる。1号はマッケンナイ選手のコピーに特訓を受け、4号もマシン特訓するが、うまくいかない。なんとか試合を回避しようとするが、うまくいかず、全然試合にならない。噂を聞いてやってきた3号が乱入し、ムキになった三人は大暴れ。嫌気が差したミチ子は、コピーとのんびりテニスを楽しむことにしたのだった。
○マッケンナイはマッケンローのもじり。決闘場所は「朝日町テニス倶楽部」。

227 怪力ゴリラはプロレスラー 1/11
 サーカスのテントをのぞいた2号は、空中ブランコのできないゴリラを見かねて手伝おうとするが、マントとマスクを取られてしまう。2号の呼び出しで事情を知った1号は、マスクとマントを取り返そうとするが、逆にサーカスに協力して、プロレスを始めてしまう。見事勝利した1号だが、調子に乗った支配人は、パーマンプロレスを興業にしてしまうのだった。
○バードマン的にはまずい話だと思いますが。

228 お調子者パーヤン 1/12
 星野スミレ写真集100万部記念パーティに招かれた4号は、スミレに贈られた花を恵まれない人たちに分けたいと申し出る。だが、スミレの花を欲しい一般客の求めで、一束500円で売り、残った一つはミチ子の家のベランダに置いてくる。花束は1号がくれたと勘違いしたミチ子に、1号も困り顔。ミチ子に取り入ろうとして花束を持ってきたミツ夫たちだが、4号が来たことで真実が明らかになる。しかし、3号が怒鳴り込んできたことで、4号は皆に責められるのだった。
○ドレスアップしたミツ夫もなかなかかっこいい。スミレのマネージャーが又違う。

229 盗聴器には手をだすな! 1/13
 3号の正体を探るため、1号はバッジを仕込んだ熊のぬいぐるみを渡す作戦に出る。2号のバッジでスミレの私生活を盗聴しようとするが、『探偵少女物語』のロケ中の悲鳴を本物だと思いこみ、1号と2号は救助に向かう。その頃、からくりを知った3号はガン子にぬいぐるみを渡し、1号と2号はちょうど放映されていた『探偵少女物語』を見ていたガン子に突っ込むのだった。
○熊のぬいぐるみに「レオナルド」とつけるスミレのセンスを疑う。ちなみにはちまきのようにリボンをしているので、ますます「レオナルド熊」に似ている。マネージャーはいつもの人。『探偵少女物語』もこの後何度か使われるネタ。何でロケ現場にぬいぐるみ持ってくのさ。

230 パーマンたこになる 1/16
 手作りたこ揚げ大会の宣伝を見て、俄然やる気になる1号。だが、コピーはやる気がしない。そこを焚き付ける1号は、皆の前でミツ夫の出場を宣言する。ミツ夫はたこ揚げ名人に弟子入りし、立派なパーマン型のたこを作る。だが、試し揚げの時に飛ばされてしまう。仕方なく、1号がたこになることにする。飛ばされたパーマンだこは、あちこちで本物と間違われて大騒動。3号にそれを知らされた1号はたこを取りに向かう。たまらないのはコピーロボット。危ういところでたこを持った1号が戻ってきて、難を逃れる。
○サブに今までのストーリーパターンを看破されて、1号がコピーを焚き付けるという逆展開を取る脚本自体がギャグである。

231 パー子と社六の危険なデート 1/17
 社六が今度はパーマン3号に挑戦状をたたきつけた。3号は、星野スミレの新作映画、「オイル殺人事件」の犯人当てで社六が勝ったら、正体を明かすと宣言する。試写会場での勝負の結果は、犯人はオイルによる日焼けだと知っていた3号の勝利だった。だが、3号の正体に期待していた1号は、複雑な心境だった。
○スミレの右のうなじにほくろがあることが分かる。

232 超強力接着剤登場! 1/18
 ハル三の家に呼ばれた1号は、超強力接着剤「スーパー1」に捕まってしまい、無理矢理敗北宣言を書かされてしまう。三重パパは「パーマンだってはがせない」というコピーで、接着剤を売り出そうというのだ。憤慨して押し掛けた2号と3号も毒牙にかかり、ついに4号が対決に乗り出す。「宣伝料」という名目で「スーパー1」をもらい、夜中に三重家の窓とドアに塗って封印してしまう。泣いて頼む三重家の人々を許したパーマンたちだが、はく離剤をもらっていなかったパーマンたちにはなすすべがなかった。
○ビデオ渡した上の小窓からはく離剤を渡せば良かったのに。この話のキモは、「うちのガラスは全部チェコ製なので、もったいなくて割れない」という三重パパの叫びだろう。

233 出てこいハワイ旅行 1/19
 スーパーの福引き景品のハワイペア旅行を当たるため、目の色変えて引換券もらいに励む1号。目当てはもちろんミチ子との旅行だ。ユキと行きたいコピー、念力でくじを当てようとするカバオも黙っていない。事件解決で遅れて閉店時間間際に駆けつけたミツ夫だが、人間業では間に合わない。パーマンパワーでハンドルを回してようやく出た金の球は、2号が飲んでしまったのだった。
○ミツ夫とミチ子との妄想シーンがある。

234 誰がこの雪降らせたの!? 1/20
 カバオたちとの言い争いで、「パーマンに何ができるか」と言われたミツ夫は、「明日雪を降らしてくれ」というカバオの頼みを引き受けてしまう。人工雪を作ろうとするがうまくいかず、4号の提案で、雪山から雪を持ってきてパーマン総動員で振らせるが、八百政周辺しか積もらない。敗北宣言をしようとする1号の前に天の助けか、本物の雪が降って、ミツ夫の面目は保たれた。だが、今度は雪を止めてくれとカバサブが……。
○公衆電話が黄色なのが懐かしい。人工雪はこの頃実現化されてなかったようだ。

235 おまじないパーマン 1/23
 仁王様をさすって、腕相撲大会のおまじないをする父ちゃんを見たカバオは、パーマンに自分のおまじないをすることを思いつく。ミチ子に焚き付けられて、ミツ夫も出ることになり、コピーにおまじないをさせる。だが、優勝は当然カバオとカバオの父ちゃん。おまじないの効き目が評判を呼んで、パーマンに触りたがる人々が増え、パーマンたちは仕事にならない。4号は、パーマン地蔵を作って解消させようとするが、今度は地蔵の石を欠いて持っていく人が増えて、困り顔のパーマンたちだった。
○お賽銭は施設に寄付するというところまで気を配るところが、さすが4号である。

236 パーマンは迷スキーヤー!? 1/24
 カバオたちにスキー旅行に誘われた1号だが、コピーと共同ではスキーに専念できないと考えたため、断ってしまう。結局、コピーも持たずに旅行に行ったミツ夫だが、リフトから落ちて右足をねんざしてしまう。ロッジで休んでいると、トンネルで雪崩が起きたというニュースが入る。2・3号に処理してもらおうとするが、3号はそんな甘えは許してくれない。2号が持ってきたコピーを残して出動する。雪崩処理はなんとかすませたが、帰り道、カバオたちに捕まってしまう。スキーをコーチしてくれと言われ、仕方なくつきあう1号。マントでごまかしてやんやの喝采を浴びるが、暴走したカバオを止めようとして巻き込まれ、左足もくじいてしまった。
○スキーが二組ないから行けないとコピーに説明する1号だが、当時はレンタルスキーは普及してなかったのだろうか。スキー場はスナ(須那?)高原。スミレの連絡シーンは「日没TV」。

237 パーマン雪合戦 1/25
 朝日ヶ丘に大雪が降った。喜んで出かけたミツ夫は、カバオ砦の雪玉攻撃にやられてしまう。ミツ夫はパーマンになって逆襲開始。カバオたちは3号を用心棒に雇い、次第に1号対3号の戦いはエスカレートする。最後には雪がなくなってしまい、割を食ったのはカバオたちだ。二人の対決は雪山に場を移しても続き、結局止めたのは、雪玉になってしまった2号だった。
○カバオ砦の合い言葉は、「お父さんの入れ歯見つかった?」「まだ」。ミツ夫たちは「バード星への道」の時のスタイルに準ず。ミンクのコート着てくる3号も3号である。

238 夫婦ゲンカはブービー迷惑 1/26
 ブービーに何を着せるかで、おじいさんとおばあさんが大喧嘩。困り果てるブービーは、コピーと二人でおじいさんとおばあさん、片方につきあうことにする。だが、双方とも意地を張っているものと思いこみ、ブービーが二人いることは気づかない。当然パーマン活動はおろそかになる。事情を知ったパーマンたちは、仲直りに協力することにする。夜中に4号が変装して強盗に入り、1号たちのコピーを使って混乱させ、おじいさんとおばあさんはショックで気を失ってしまう。目を覚ました二人は、お互いの非を認めて仲直りをすることにする。
○ブービーのコピーの方が、低音のしゃべり方である。劇中で『忍者ハットリくん』のTVが流れ、堀絢子も喋っている。

239 パーマンの怖いもの発見 1/27 【原作 コロコロ文庫4巻 「別荘のユーレイ」】
 「パーマンに怖い物はない」と豪語する1号に、ハル三が頼みを持ってきた。重井沢に買った別荘に、幽霊が出るというのだ。パーマン四人で泊まり込み、調査をすることに。夜中、人魂、ラップ音と立て続けに怪奇現象が起こり、パーマンたちは大慌て。しかし、冷静な4号は怪奇現象が機械仕掛けであることを見抜き、裏で仕掛けていた地主を捕まえたのだった。
○新原作ネタ第二弾。水出さんが、丁寧に原作を再現している。原作では説明されていない動機も、「別荘を買った相手から安く買い戻し、転売するため」と、明確な説明がされている。

240 パーマンの寒中水泳 1/30
 池に落としたペンダントを探して、濡れ鼠の1号と2号。それを見た先生は、寒稽古を思いつく。当然コピーが犠牲になる羽目に。事件の呼び出しで出かけたパーマンたちは、南極観測船の救出のために南極に出かけ、又寒い目に。日本に戻ってきた1号は、先生に寒中水泳の手本を頼まれる。だが、4号たちはお風呂の水で簡易プールを作り、1号は見事見本を見せるのだった。
○「ホカロン」はもう発売されてたんだね。南極観測船が「しらけ」かどうかは不明。

241 ブービー野性にかえる 1/31
 虫歯になったり、神経痛になったりと、人間じみてきた2号。バードマンに、三日間のキャンプの許可をもらう。しかし、2号はなかなか文明臭さが抜けない。もっと奥地に行くことにしたパーマンたちは、2号に「ジャングルの王者」の絵本を読み聞かせる。すっかりチンパンジーのチキータになりきってしまった2号は、道に迷っていたイチカワさんをジャングルの王者と思いこんで大喜び。効き目がありすぎたようだ。
○ブービーは栗きんとんが好物らしい。バードマンと傘をさして話しているのだが、雲の上で話せばいいのに。脚本では、「ジャングルの王者」はまんま「ターザン」になっている。

242 スタントマンはつらいよ 2/1
 1号にスミレの人気ドラマ『探偵少女物語』の出演依頼が来た。喜んで行ってみれば、なんとスタントマンの代役だという。裏方役で頑張る1号はくさり気味だが、敵ボスのグロスベーダー役でスミレとの共演を夢見て頑張る。ラストは螺旋階段からの落下シーン。3号はマントをクッション替わりにする事を提案するが、ビデオ係の2号が扇風機のスイッチを誤って押してしまったため、風でマントが飛ばされてしまう。コピーがマントを投げつけ事なきを得るが、試写には記念撮影をしていた2号が入っていたので、シーンは撮り直しと相成った。
○#26「悪漢グロスベーダー」の回のロケである。スミレは車運転してるけど、いいのか?スミレとのラブシーンを妄想する1号。マントが人が付けてないのに浮くのはあり得ないと思う。グロスベーダーのマントと取り替えれば良かったのに。

243 ガン子奮闘する!! 2/2
 ミチ子の家に遊びに来た社六を見たガン子は、ミツ夫に忠告する。信じられないミツ夫は、その目で事実を確認してますます落ち込む。ミツ夫はガン子の励ましも効かず、パーマンになってもふぬけのまま。4号は、ミチ子のコピーとデートさせることを思いつく。ミチ子は、自分のピアノのチケットを売っていたのだった。ミツ夫の誤解は解けたが、翌日学校でミチ子とあったせいで、全てばれてしまう。迷惑を掛けたお詫びにと、差し入れのチケットをガン子にあげた4号だが、ガン子は1号よりも頼りになる4号を選んだのだった。
○ミツ夫とガン子を見て、「ちょうちんが二人そろっている」というカバオ。パーマンになったら何も言えないのに、何故ミツ夫になったら話ができるんだ?

244 パーマンは宇宙人!? 2/3
 みんなで「パットマン」の映画を見た帰り、ミチ子が「パーマン宇宙人」説を唱える。ミツ夫の部屋に四次元の扉があって、パーマンはそこから現れるというのだ。噂を聞いたガン子は、たまたまあった宇宙人のマスクをかぶったまま、コピーの入っている引き出しに閉じこめられてしまう。家捜しに来たカバオたちはガン子を見つけて大騒ぎだ。
○作中にミツ夫の部屋の設定資料が出てくる。作中のベムにも元ネタがあるんでしょうか。でも、ミチ子の「『ヘコ!』は宇宙語ではないか」というのも当たってるかも。

245 未来世界のパーマン 2/6
 コピーよりも利口で従順なロボットが欲しいと言うミツ夫のもとに、大雪山への3号の呼び出しが。到着した1号は、落ちてきた雪で気を失ってしまう。目を覚ました1号がいたのは、100年後の未来だった。ユキと結婚したコピーは、未来の世界の案内をするが、科学の発展のせいで、パーマンパワーは存在価値をなくしていた。落ち込む1号は、気象管制システムのトラブルで吹雪に巻き込まれ……。気が付いたときには、20世紀に戻っていた。全てはただの夢だったのだ。
○ガン子婆さんの回想シーンは、「返せよコピーロボット」より。コピーの子供は、鼻の色も遺伝するようだ。

246 ブービーとってもしあわせ 2/7
 ミチ子とのデートに上機嫌なミツ夫のところに、2号がやってきた。ビリ子ちゃんに会いに行きたいとだだをこねる2号に、パーマンたちは協力することにする。実は2号の目的は、1号のコピーをビリ子にして連れていくことだったのだ。それを知った1号は、待ち合わせしているミチ子も忘れて2号探しに奔走する。愛想を尽かしたミチ子は、カバサブの入れ歯探しにつきあうことにする。怒りの1号だが、間違ってコピーを人形に戻してしまったと2号とともに、ただ嘆くしかなかった。
○月光が効果的に使われている。まだ入れ歯探しのカバサブ。

247 クシャミをとめてくれ〜! 2/8
 アマゾンから来た仮面を見せびらかすハル三。仮面を付けてみた1号は、クシャミが止まらなくなってしまった。パーマンパワーで、さらにくしゃみが増幅されるので、みんな困りもの。そんな折、こわれた煙突を運ぶ仕事が来た。クシャミのお陰で、煙突を落としてしまって大失敗。4号は、原因は仮面に付いていた花粉のアレルギーだと言い、冷水摩擦を勧める。冷たさに風邪を引きそうになるミツ夫だった。
○入れ歯会話あり。だから、コピーに注射したって本人にはどうにもならないのに。

248 パー子忍耐する 2/9
 『ザ忍耐』という番組に星野スミレがゲスト出演することになった。翌日、3号が1号を訪ねてきた。おしとやかな女の子になるよう特訓して欲しいというのだ。1号は、『ザ忍耐』の競技にちなみ、一定姿勢、重労働、悪口の三つの忍耐を試す。2つはクリアーした3号だが、悪口には耐えきれず、ついに爆発してしまう。
 特訓の成果あって、スミレは見事勝ち抜き、本場ドイツのビスクドールを手にした。TVを見ているミツ夫はパー子の攻撃で傷だらけだが。
○『ザ忍耐』は、当時人気番組だった『ザ・ガマン』のパロディ。内容はこちらの方がソフトだ。隣のクラスのユキ子は、「サブの恋した女の子」に出てきたキャラ。

249 ツーステップで飛ばないで 2/10
 スミレがミュージカル『パーマン』をやることになった。パーマンたちは大喜びだが、パーマンの仕事でレッスンが遅れがちなスミレは、監督にしかられて落ち込む。スミレコピーはスミレを猛特訓することにするが、熱心なスミレは3号になったときにもレッスンを続け、パーマンたちも一般人も大迷惑。3号は、意を決して諫めに行った1号に詰め寄ろうとした拍子に、懸案の前方宙返りを完成させ、上機嫌で帰ってしまう。そして上演初日。1号たちから仕事の連絡が入ってしまった3号は、コピーに後を任せて飛び立つ。それがパーマンの任務であり、生き様なのだ。
○オデコタッチは、体で覚えたことはコピーできないという大原則が生かされた話。妄想シーンで、SDパーマンが出てくる。

250 大怪盗パーマン!? 2/13
 ミツ夫を狙う謎の車。その正体は、ドラビア国の王子、ハッサンだった。ドラビア秘宝展の黄金像に爆弾を仕掛けた者がいる。パーマンに美術館に侵入して、爆弾を外して欲しいというのだ。だが、金に目がくらんだと取られた 4号は三人とケンカ別れ。しかし、厳重警備の美術館にはなかなか忍び込めない。戻ってきた4号が美術館の屋根を持ち上げ、1号は無事爆弾を取り外す。しかし、全てはパーマンを自分のものにしたいハッサンの試験だったのだ。
○1号の猫の声真似、うまい。1号が持ってきた「レーザー光線が見える手製のメガネ」って?「赤外線アイ」じゃ駄目なの?個人的には、こういう話は安原さんに刑事役をやってもらいたかった。

上に戻る戻る