目次

この話はどの話? 401話〜450話

1話〜50話 51話〜100話 101話〜150話 151話〜200話 201話〜250話 251話〜300話
301話〜350話 351話〜400話 401話〜450話 451話〜500話 501話〜526話+特番 映画

401 封印されたパーマンセット 84/9/11
 相変わらずパーマンセットをろくな事に使わない1号にキレたバードマンは、パーマンセットを特殊カプセルの中に封印してしまう。謹慎期間は一週間。「割れば変身銃よりも恐ろしいことが起きる」と言われたミツ夫は、顔では泣いて心で笑顔。サボりの日々をエンジョイする。
 そんな折、須羽家に「宇宙観測センターの鳥星」と名乗る男から電話が入る。巨大隕石が東京に落ちるのを秘密裏に阻止して欲しいというのだ。他のパーマンたちが1号を気遣って連絡しなかったのだと知ったミツ夫は、ためらいの後にカプセルを叩きつける。煙の中から現れたのは、エリマキトカゲのコスプレ姿のバードマンだった。かまわず飛び出した1号は、他のパーマンたちとともに、隕石の落下を阻止する。
 もちろん、隕石はバードマンの立体映像。だが、1号の行動はパーマンとして立派な選択だっため、謹慎は解除された。カプセルを割って何が起こったのか知りたがるパーマンたちに、真相を話そうとする1号を、バードマンは「言ったらコアラにするぞ、コあラぁ」と必死に止めるのだった。
○バードマンの親バカ全開な作品。「鳥星」ことバードマンは、公衆電話から電話するのだが、あのカッコのままのようだ。誰にも見られなかったんだろうか。電話代はどうしたのかも気になる。エリマキトカゲ、コアラとも、当時の人気キャラ。エリマキバードマンはミツ夫に、「割った、割った、カプセル割った、駄目じゃないか1号」と指さすのだが、安原義人のコミカルからシリアスへの一瞬の変化が素晴らしい。

402 スミレが芸能界引退!? 9/12
 パーマンたちの素顔を推理するTV番組で、ブスにされた3号はパーマンたちの冷たい反応に八つ当たり。つい、「私の顔はスミレくらいきれい」と言ってしまう。それでもミッちゃんになびいてしまうパーマンたちに悩んだスミレは、ついコピーに(パー子の正体を明かすため)「普通の女の子に戻りたい」と愚痴ってしまう。それを芸能記者に聞かれてしまい、マンションの周囲はファンで大騒ぎ。コピーはスミレに引退撤回を決意させるため、あえてパーマンたちのコピーに正体を明かさせる。しかしコピーたちは信用してくれず、メリットがないと納得したスミレは引退撤回した。
○パー子、須羽家から去る際さりげなくパンチラ。それにしても、あんなに芸能人の自宅の場所がオープンでいいのかな?

403 消えたレース鳩 9/13
 カバオがレース鳩を自慢するのをうらやましがるミチ子。対抗したミツ夫は、2号のコピーを借りてベットショップで伝書鳩を作り、レースで勝負する。ところが、航路上の台風に巻き込まれてしまう。道に迷った鳩は船に集まるというパーヤンの提案に従い、即席で筏を作って鳩たちを呼び寄せる。作戦は成功するが、コピー鳩はなかなか帰ってこない。ようやく日本に戻ってきた鳩は、ペットショップに戻ってしまい、ミツ夫コピーはとんだ大恥をかかされてしまう。
○大竹宏の鳩の声真似が聞ける。ミチ子が手を組んでうっとりしてるシーンが、アニメージュのアドコスモの仕事紹介に載っていた。天気予報のお姉さんの名前は「台風待子」。

404 パーマン自叙伝 9/17
 パーマン人気を見込んだ編集者が、1号に自叙伝の執筆を打診してきた。その気になった1号は、正体が謎なのをいいことに、「パーマンは大天才のおぼっちゃま」と景気のいい話を書くが、「大衆は苦労を背にしたヒーローを好むのよ」と3号に一蹴される。1号の構想は、いつしか夢の中へ……。
(以下夢想パート)
 五歳くらいの幼児パーマンは、とうちゃん(バードマン)と二人きりで貧乏暮らし。みんなを助けようといつも頑張っているが、カバサブからは「パースケ」「化け物」と嫌われてばかり。優しくしてくれるのはミッちゃんだけだ。そんなある日、とうちゃんがケガをして働けなくなったため、パーマンは三重家の世話になることになる。世話になるといっても、実際は使用人扱い。買い物に行った八百政で、カバオの策略で泥棒呼ばわりされてしまい、おまわりさんに追い回される。
 なぜ、誰も自分を分かってくれないのか。断崖で小さな胸を痛めるパーマンの背後に、松葉杖をついたとうちゃんが立った。とうちゃんはパーマンの肩に手を置いて言う。「いつかきっと、みんなも分かってくれるよ。ご覧、あの夕日を。沈む夕日があれば、必ず昇る朝日がある」「うん、ボクくじけないでがんばる」と夕日に誓うパーマンであった……。

○いやぁ、私こういう話に免疫ないんですよ。幼児パーマンは2.5等身でかわいい。ミッちゃんはさらにかわいい。パーマン稼業はボランティアだから、パーマン家は貧乏なんでしょうね。「いつもすまないねぇ」「それは言わない約束でしょ」という会話の元ネタは『シャボン玉ホリデー』だと思ったが、若き日の安原さんが出ていたりする。幼児カバオの文通相手は向かいのたらこちゃん。自叙伝編集者の「あひる社」というのはやはり小学館のイメージ?

405 たけとりパーマン 9/18
 「かぐや姫」を読んだガン子は、パーマンは月から来たと思いこんでしまう。いい気になった1号は、ガン子の問いに「明日月に帰る」と答える。翌日には、噂は町中に広まってしまう。事情を知らないコピーは戸惑うばかり。困った1号は、2号の協力で、牛車に乗ってとりあえず空き地から出発する。当然1号は人前に出られず、後から事情を知った3号と4号はカンカン。4号は最後まで「竹取物語」で通そうと、スミレのドラマセットを利用して、再び1号を竹から誕生させてけりをつける。
○お互い白々しいやりとりの1号とコピーがいい感じ。カバオは東山田の女の子に文通中。感動系のロングバージョンBGMが聞ける。

406 もしも昔にパーマンがいたら? 9/19
 読書感想文の宿題に悩むミチ子たちは、本が揃っているハル三の家に来た。「シンデレラ」の本を見つけたことから、話はパーマンの伝説があったらという話に……。
(以下妄想パート)
 昔々、サブ母さん、カバオ長兄、ハル三次兄、末弟ミツ夫の3兄弟が暮らしている家があった。だが、ミツ夫はシンデレラのごとく、ブービーと使用人扱い。お城のミチ子姫のパーティーに行きたいミツ夫だが、当然お留守番。それを見ていたバードマンが、ミツ夫とブービーにパーマンセットを渡してくれる。お城に向かったミツ夫はパーマン王子と名乗り、ミチ子と楽しいパーティーを過ごす。だが、12時の時計が鳴り、あわてて二人は引き上げる。その際にバッジを落としてしまったミツ夫。動物にされると覚悟するミツ夫だが、バードマンはあくまでバッジを探すことを命ずる。バッジの音を追いかけてお城に行ったパーマンは、晴れてミチ子と再会し、幸せに暮らしましたとさ。

 気が付くと、自分語りに夢中になっているミツ夫をよそに、皆は感想文に専念していた。
○女装のサブは似合っている。ミチ子姫の髪は金髪ロング。バードマンの「あたし」率が高い。

407 カバオのくしゃみに気をつけろ!? 9/20
 朝の食事の席でガン子のお茶に茶柱が立ったのを見たミツ夫は、ジンクスにこだわるようになる。学校では、サブがカバオのクシャミにおびえていた。カバオのクシャミは不吉のジンクスだというのだ。信用しないミチ子たちだが、カバオのクシャミと同時に土管が崩れたのを見て逃げてしまう。困ったカバオはパーマンに誤解を解いてもらうよう頼む。その途中、強盗事件の犯人を追うことに。カバオのせいか、なかなか捕まえることができない。倉庫に追いつめたのはいいが、カバオのクシャミでパーマンたちが捕まってしまう。だが、カバオのクシャミで不意打ちを食らった犯人たちを逆にやっつける。誤解も解けたカバオだが、倉庫の中がこしょうだらけだったので、こしょうに敏感になってしまった。
○小一でお茶とは渋い。オチは「後生だから止めて」。

408 決死のマツタケ刈り 9/21
 楽しい須羽家の夕餉の席。だが、ガン子の「松茸って何?」という言葉に皆は凍り付く。ガン子の願いを叶えるため、ミツ夫はパーマンになってマツタケ刈りに行くことに。話を聞いたカバオたちも同行する。途中、1号は山火事消火に行ってしまう。留守の間にクマが出てきて大暴れ。逃げ込んだ洞窟に、カバオたちが閉じこめられてしまう。絶体絶命のコピーとガン子のピンチに駆けつけたパーマンのおかげで、無事熊を撃退。実は、熊はコピーの帽子が欲しかったらしく、お礼に松茸を持ってきた。
○今ほど安い松茸が出回ってなかった頃の話。

409 ミッちゃんの夢 9/24
 3号にハッパかけられながらのパトロールに疲れた1号。ミチ子にもてなしを受けながら、つい「君がパーマンになってくれたら」と愚痴ってしまう。それを本気にしたミチ子は、パーマンにして欲しいとミツ夫に頼む。3号にテスト勉強を手伝ってもらった恩があるコピーは反対するが、事情を聞いた3号は、1号にパトロールの手本を見せて、パーマン活動の厳しさをミチ子に分からせる。1号と3号の息のあった捕り物を見せられたミチ子は、きっぱり身を引く決意をする。そのかわり、パーマンと一緒に空を飛ぶという夢を叶えてもらう。笑顔で見送るパー子だが、影では悔し泣き。連行された泥棒はいいとばっちりだった。
○コピーのお陰で算数のテストは90点。カバオは国語のテストと間違えて一夜漬け。ミチ子との飛行シーンは、『スーパーマン』のオマージュらしい。

410 さよならパー子 9/25
 星野スミレがミュージカルの勉強をするため、アメリカに一年間留学するという報道が流れる。コピースミレを取り囲む無礼な報道陣の姿を見て憤慨するミツ夫。それを見る3号の目には涙が。彼女はすでに留学を決意していた。だが、それはパー子としての日々も終わることを意味していた。意を決してバードマンに会いに行った3号は、パーマンを辞めるときには記憶を消される事を宣告される。無言で受け入れるスミレ。だが、彼女の涙を見たバードマンは、「銃の故障」と偽って決断を先送りする。
 スミレマニアのカバサブを始め、多くのファンがスミレを引き留めようとする。1号もしぶしぶかり出される。スミレコールの渦の中、ついに耐えきれなくなった1号は、「行かないでくれ!」と声を挙げる。だが、スミレが本当に欲しかったのはパー子としての引き留めの言葉だった。1号に「私もアメリカに行くの」と告白してみるが、「いつものスミレかぶれ」と相手にしてもらえない。それでも今更真実は言えない。一人追いつめられた3号を見守っていたバードマンは、ついに腰を上げる。
 あくる日。早朝スミレのマンションを訪れたバードマンは、コピースミレに「邪魔が入るといけないから」と言ってバッジを渡し、3号を連れ出す。コピースミレは、自分が何をしなければいけないかを理解していた。連絡を受けたものの、4号は大阪で物理的に引き留めは不可能。「パー子が決めたことだし」とためらう1号に、2号の平手打ちが飛ぶ。畳みかけるようにコピーミツ夫が言う。「やせ我慢はよせよ。一生後悔するつもりなのかい?」
 飛び出した1号と2号は、ついにバードマンと3号のいる場所にたどり着く。だが、二人の上には透明の密閉ドームが被さっている。「このドームはパーマン四人の力を合わせないと破れない」と断言するバードマン。その時、大阪にいたはずの4号が、なぜかこの場に駆けつける。だがバードマンの言葉通り、三人の力でもびくともしない。もう駄目なのか、と思ったその時、3号が言う。「私がいるわ」。
 三人が外から、3号が内からパワーをぶつけた結果、ドームは消し飛ぶ。ドームの放った光の中、微笑んだバードマンに気づいた者はいなかった。思わず抱き合って喜ぶ1号と3号を見て4号が一言。
「あの二人、いつからそんな間柄やったんや?」
 そんな二人に笑い声を残して飛び去るバードマン。4号が間に合ったのも、このドームも全てバードマンの細工だったことを悟ったパーマンたちは、爽快な気分になる。そして、またいつも通りの痴話喧嘩の日々が始まる。
○多くの視聴者のパーマン観を変えた一作。全体の流れから見ても、『パーマン』はミツ夫とスミレのドラマであることを決定づけた作品である。
 脚本原題は「さようならパー子」。ドームのシーンは「『卒業』のよう」という岸間信明の説明がある。『マイアニメ』の桶谷顕の解説は、それを踏まえたわけだ。岸間脚本では、バードマンが先送りするシーンの後に、「君の本当の気持ちはお見通しさ」とつぶやくバードマンのシーンが入るのだが、絵コンテ・演出の須永司は、ラストのバードマンの微笑で、台詞なしに視聴者に伝えることに成功している。他にも須永司の手が入ったシーンは多い。いずれ『パーマン補完機構』できちんと解説したいと思っている。

411 ミッちゃんのくれたお弁当 9/26
 ミチ子が大島のいとこにブーケを届けて欲しいと頼みに来た。報酬は手作りのお弁当。それを知った3号は報酬を受け取ったことに抗議するが、「気配りだ」と1号に一蹴される。ところが、いとこの家で歓待されてお弁当は食べずじまい。帰り道で食べようとしたところ、奮発した3号がお弁当を作って持ってきてしまう。お腹がはち切れんばかりの1号だが、ミチ子の気配りに答えようと、必死で運動する。ようやく家に帰り着いた1号は、ミツ夫に戻ってバスケットを開けるが、中身は空。実はコピーがこっそり食べてしまっていたのだ。コピーは「ごめんなさい」と言って自分の鼻を押し、人形に戻ってしまう。ミツ夫は結局何も分からないまま取り残されてしまった。
○ミチ子って日本中に親戚がいるのか。わざわざミツ夫に戻るまで待った辺り、ミツ夫のミチ子に対する気持ちが伺える。それにしても、ずっと持ってたんだから重さで気づけよ。

412 声が出なくなったパーマン 9/27
 ミチ子にデートに誘われた1号は浮かれ気分。そこに飛んできたカバオのホームランボールを呑み込んでしまい、声が出なくなってしまう。医者に数日間はかかると言われ落ち込む1号に、コピーがバッヂでアテレコすることを思いつく。翌日のデートに隠れて同行するコピーと2号だが、映画館で見失ってしまう。スミレの映画『じゃじゃ馬姫』の方に入ったと思いこみ、映画館に潜入するコピーたち。だが、ミチ子たちは下の『密林の王者』に入っていた。悲しいシーンで笑い声をあげる1号に、ミチ子は激怒。平手打ちをかまして去る。ようやくコピーたちを見つけた1号は怒りの声を上げるが、その拍子に声が出るように。逆に、あわ食って逃げようとしてフランスパンを喉に突っ込んだコピーの声が出なくなってしまう。1号は罰として、自分がアテレコしてコピーをこき使う。
○「ガックリ」まで書くことないのに。ミチ子はデート用におめかし。『密林の王者』のターザン役は安原義人。

413 サファリに消えたレースカー 9/28
 アフリカのサファリカーレースにやってきたパーマンたち。行方不明になった車を探して欲しいというのだ。ドライバーはモナカ王国のマーガレット姫。2号は早々に里帰りをしてしまい、残った3人で捜索するが、手がかりがつかめない。2号の助けを借りようとする3人だが、何度呼んでも応答がない。ようやく見つけたブービーは、ママを介抱していた。突然走ってきた車にぶつけられたという。躊躇するブービーだが、ママに行くよう諭されて、ようやく出発する。ようやく見つけたマーガレットは、お姫様らしくわがままで意地っ張り。皆の心配をよそにレースを続けようとする。夜になって黒豹の集団に襲われたところを助けられ、ようやくレースをあきらめる。だが、いっこうに懲りてない様子。日本に帰った1号を待っていたのは、ミツ夫たちのラジコンカーの捜索だった。
○ママとブービーのふれ合うシーンがいい。弟はこの回未登場。ハーモニー処理でもパンチラのパー子に萌え。

414 ブロッケンの妖怪がでた!? 10/1
 カバオが珍しく風邪を引いた。サブの説明によると、商店街の旅行で龍神山に行ったところ、立ちションしているところを龍神様に見られた祟りだという。3号に聞いたところ、「ブロッケンの妖怪」と呼ばれる現象ではないかという。だが1号は納得できない。サブの描いた龍神様の絵が、どう見てもバードマンにそっくりなのだ。呼びだしたバードマンは、「昨日来たところだ」と主張する。結局正体を確かめるために山に向かったパーマンたちは、4号と出会う。彼はニホンカモシカの密猟者を捕まえようとしていたのだ。事情を聞いた3人はブロッケン現象を利用して龍神様になりきり、おじけづいた密猟者を捕まえる。カバオたちの見た龍神様も、ニホンカモシカの親子だと分かって一件落着。
○「正体を見られた」と聞かれ、反射的に変身銃をかまえるバードマンが素敵。

415 マンホールもぐら狩り 10/2
 パパがママにプレゼントした指輪を、ママがマンホールに落としてしまった。捜索を頼まれた1号は、網を片手に下水道に入り込むが、途方に暮れるばかり。パパはママを責めずに慰めるが、そんな二人に1号は感動し、2、3号と一緒に再び捜索に入る。 下水道の中で怪しいおじさんに出会ったパーマンたちは、世間を騒がしている金庫破りだと気づき追跡するが、水路の分かれ道でまかれてしまう。3人は三方から追いつめて犯人を捕まえる。犯人はママの指輪も拾っていて、1号も大喜びだが、うっかり交番に置いてきてしまう。
○パパの態度に「男らしい」と感じる1号。やはりこの父にしてこの子あり、というところか。

416 パーマンは名ストライカー 10/3
 明日のサッカーの試合に備え、カバオたちは練習の日々。当然コピーはへたくそで、さらに練習してないミツ夫は試合当日も失敗ばかり。結局ゴールキーパーに追いやられてしまう。そこに呼び出しが。以前捕まえたギャング団の仲間が挑戦してきたのだ。受けて立ったパーマンたちだが、敵は鉄球クレーンを持ち出してきた。鉄球をサッカーボールに見立てた1号は、シュート攻撃で見事勝利する。試合に戻ってきたところ、今度はコピーが大ピンチ。飛んできたシュートを決死の覚悟でキャッチし、ちょっと誇らしげなコピーだった。
○TVレポーターは古館伊知郎がモデルと思われる。サッカーのユニフォームは白地に緑で結構かっこいい。皆が試合の行方を心配する中、一人鼻の心配をするのが1号らしい。

417 パーマン深海の旅 10/4
 世界中に行ったパーマンでも、一度も行ったことがないのが深海。ということで、深海探検に出発したパーマンたち。順調に進んでいくが、途中で恐竜の立体映像に出くわす。実はバードマンが、円盤の作動テスト中に円盤を落としてしまったのだが、もちろん彼らには知るよしもない。さらに潜り続けるパーマンたちの前に、バードマンの円盤によく似た円盤に乗ったタコが現れた。謎の光線で2号が消されてしまい、宇宙人の攻撃だと思いこんだパーマンたちは激闘の末、ようやくタコを倒す。浮上したパーマンたちが見たのは、瞬間移動装置で飛ばされた2号と、バードマンだった。バードマンに代わって宇宙人を退治したと意気をあげるパーマンたちに、あえてバードマンは真相を告げなかった。
○パーマンたちはヘッドライトを使っているが、赤外線装置だとどう見えるんだろうか。バードマンの円盤は大気中でマッハ4まで出せるらしい。岸間さんなので、バードマンが「UFO」連発。とりあえず1500メートルまでは潜れるようだ。

418 パー子はりきりすぎないで 10/5
 バードマンは、アルデバランの人工惑星上で行われているバードマン会議に出席中。留守を預かる3号は気炎をあげて、男性陣は辟易。特に2号は、犬を助けようと頑張ったところを3号に叱られて、バナナやけ食いしながら男性陣に泣きつく始末。事情を知った二人は、2号が野性に返ったと思わせる作戦に出る。二人に迫られた3号は、バナナを携えて謝りに向かうが、2号はいうことを聞かない。1号と4号の必死の説得に答え、2号はようやく仲直りする。だが、ジュースで乾杯しているところを3号に見つかり、全ては水の泡に。
○アルデバランの「人工惑星」というのが、考察の後が見えていい感じ。しかしあんたら、女優騙すかね。

419 須羽さんちのパーマン君 10/8
 呼び出しにあわてて飛び出した1号は、ママの手伝いを言いつけられたことをコピーに言い忘れて行ってしまう。ママとコピーの言い争いの途中に帰宅した1号を見たママは、素直な態度の1号を誉めちぎる。それを見たコピーは、「パーマンを息子にすればいいのに」と愚痴る。真に受けたママは、パーマンを息子同様、いやそれ以上に優しく扱う。報われないコピーの嘆きに折れた1号は、ママの心配をあおるため、「母がミツ夫君を息子にしたいと言っている」と切り出す。意地を張って申し出を受けいれたママは、ミツ夫に編んでいたセーターも1号にあげると言い出す。そうはいっても、やはりパーマンの家でのミツ夫の様子が気になる様子。「パーマンの家に行きたい」と頼まれて事情を知った3号は、仲直りするよう1号を後押しする。決心したミツ夫は、自ら須羽家に戻ってママの手伝いをする。出来上がったセーターをもらい、優しく扱われるミツ夫だが、パーマンとしては複雑な心境。そこにママがパーマン用のセーターを持ってやってきた。感激する1号と、喜ぶコピーを見ながら、青空を見上げるママだった。
○コピーの記憶って、人形に戻ってから再びスイッチを押されるまでなかったことになってるんだろうか。岡山のひとみちゃんから返事が来ないことを愚痴るカバオ。「もう文通やめたい」と宣言。この後のシーンで「文通やめて『あれ』」とミツ夫がカバオに言っているのが気になる。どうせアドリブなんだろうけど。ミツ夫はピーマンが嫌い。セーターは生成地に青い縁取りで、ミツ夫は胸にM、パーマンはパーマンバッジの目玉なしが描かれている。

420 ブービーの爆走トラック野郎 10/9
 出先で雨に降られて困っているブービー家の老夫婦を見つけた2号は、家に送ってあげる。「運転ができれば」と話すおじいさんを見たブービーは、パーマンたちに運転免許を取らせてくれるよう頼む。もちろんパーマンたちはあきれ顔だが、ブービーはあきらめない。たまたま家の前に止まったトラックに乗り込んでしまう。それに気づかずトラックは走り出す。運悪く、荷台に飛び込んだサッカーボールを取りに入ったミツ夫とカバオを巻き込み、トラックは進む。一方その頃、サルが乗り込んでるのに驚いた運転手は気絶してしまい、2号が代わりに運転する羽目に。異変に気づくミツ夫だが、カバオがいるので変身できない。バッジで3号を呼びだし変身、海から落ちる寸前でトラックを止める。結局、ブービーはリアカーに家族を載せて運ぶことで手を打った。
○ピンチ系BGMのロングバージョンが聞ける。荷台から転がり落ちたミツ夫が、片手でパー着するのには目を見張った。やればできるじゃないの。

421 南の海からラブレター 10/10
 1号に、南の島のお姫様からファンレターが届いた。2号と共に早速島に向かったが、二人を待っていたのはマッド博士が作ったお姫様ロボットだった。ごちそうにお風呂にともてなされ、油断してパーマンセットを外した2号。そのすきに、マッド博士が2号のセットを奪ってしまった。1号の応援要請を受けた3、4号が島に駆けつけ、博士は無事捕らえられる。セットも取り返し、「きれいなバラには刺がある」ことをしみじみ悟った1号だった。
○手紙の「パーマン」の綴りは「Par-man」。マッド博士は服こそ違うものの、原作の魔土災炎がモデルだろうか。

422 スミレちゃん大活躍!! 10/11
 先生が「現代のジャンヌ・ダルク」と3号を誉めるのを聞いたミツ夫は、どうしても納得いかない。おてんばなのはパーマンセットのせいだという3号の主張を確かめるため、スミレにパー着させることにする。最初はおしとやかなスミレパー子だが、カバオたちに野球をコーチするうちにハッスル。パンモロに見とれる1号に平手打ちまでかます。
 4号から尾足銅山の偽札製造グループ逮捕の応援を頼まれた1号は、スミレパー子を残して2号と向かうが、犯人たちの「パーマンホイホイ」の罠にはまって動けなくなってしまう。追いかけたスミレパー子は一人で犯人グループを捕らえる大活躍。3号の主張は正しいと認める1号だった。
○スミレパー子がカバオに呼ばれて降りるシーン、さりげなくスカートを押さえてる気がするのだが、後のシーンで全開いちごパンティを見せてくれるので意味なし。スミレの服といい、新原作を参考にしてるふしもある。ミチ子はパー子を尊敬しているようだ。「尾足銅山」は「足尾銅山」のもじり。

423 コピーの素敵なプレゼント 10/12
 コピーは悩んでいた。ユキに誕生パーティーに誘われたのはいいものの、プレゼントが決まらないのだ。巣箱を作り始めたのはいいものの、横から口を出してきた1号に壊されてしまう。お詫びにプレゼント作りに協力する事になったパーマンたち。3号の提案で、ユキの故郷の村の箱庭を作ることにする。取材で村に来たところ、山火事の消火に協力する羽目になる。村の人たちに感謝され、事情を話したパーマンたちは、ユキへのプレゼントにと干し柿をもらう。
 パーティに来ないコピーにいらだっていたユキに、コピーからのプレゼントが届く。懐かしい故郷に、家族は揃って感激する。  ユキからのお礼の電話に、あわてたコピーは鼻をぶつけ、元に戻ってしまう。それを優しく戻してあげるミツ夫だった。
○この回のユキは森下バージョン。兄のガールフレンドに、ガン子もまんざらでもない様子。コピーのもじもじする足がなんともいえない。ユキの村はけっこう開けている様子。村では「ユキッぺ」と呼ばれていたことからも、北関東にあると思われる。『お江戸日本橋』をみんなで歌うシーンがシュール。山岸家は団地住まい。ユキの両親初登場。「影ながら幸せを祈っている」って、コピー、お前ってなんて奥ゆかしいんだ。

424 パーマンセットの値段 10/15
 須羽家に米国のカネアリ財閥の一人息子マイケルが訪れた。どうしてもパーマンセットを売って欲しいというのだ。十億円に目がくらみそうな1号だが、バードマンの脅しを思い出し、断固断り続ける。それでもあきらめないマイケルは、1号に金持ちの生活を見聞させるが、いい加減疲れてきた1号は、カネアリがオーナーのアメフトチームで自分が勝てばあきらめてもらうと宣言する。1号はホームコートで見事勝利を収め、セットをあきらめさせた。結果を聞いたバードマンは1号を誉め、景気良く胸を張る1号だった。
○妄想シーンのバードマン「分かってるんだろうな、1号」が素晴らしい。

425 パーマンパワーで大収穫 10/16
 米国の農場主、マンディ・ジョーンズに依頼され、小麦の収穫にやってきたパーマンたち。ごちそうはうまい、娘のサンディはミッちゃん似でかわいい、と上機嫌の1号。3号はサンディにデレデレする1号におかんむり、それをあおる4号、様々に思惑は入り乱れる。「浮気者め!」と思わず声を上げた3号は、マンディに突っ込まれ、「とても力の強くて勇気のある人のこと」とごまかす。カバオそっくりのカバディ、サブそっくりのサブディ、二人の息子と共に収穫に励むパーマンたち。何とか収穫は終わったものの、心配されていたイナゴの大群が襲来した。食べ物を求めたイナゴたちは町に向かうが、1号たちは穀物の臭いでイナゴたちをおびき寄せ、無事捕まえる。「立派な『ウワキモノ』になる」と誓うカバサブを後に、日本へ飛びたったパーマンたち。イナゴは4号が「佃煮にして名古屋の名物にする」と言って持ち帰った。
○いくらイナゴよけとはいえ、これってある意味えこひいきなのでは? パーマンたちは翻訳機を使っているが、「浮気者」は翻訳されなかったらしい。カバディはチョモランマの女の子と文通したが、チベット語で返ってきて読めなかったそうだ。

426 デートはコピーにおまかせ? 10/17
 毎度のごとくケンカの1号と3号。4号は二人の仲を取り持って、山での仲直りデートを提案する。話に乗った二人だが、約束の土曜日、ミツ夫はミチ子に映画に誘われる。スミレもあこがれのマイケル・アクションとの昼食会が決まって大喜び。二人ともコピーにパー着させてデートに行かせる。3号の控えめな態度に罪悪感が募ったコピーパーマンは、決意して正体を明かす。ところが3号もコピーだと明かされる。二人は共謀して、正体がばれて相手がショックを受けたと主人にうそをつく。謝ろうと駆けつけた1号と3号ははちあわせ。二人とも同じ立場だったと分かって、「なんとなく恥かしくって」謝れなかったと告白する。お互いデートのことが気になっていたと分かり、めでたしめでたしになるかと思われたが、デートの相手がミチ子だと分かった3号にすねられ、元の木阿弥に。
○パー子の持参したお弁当、誰が作ったんだろう。ミツ夫のデートシーン、ベストでおめかししている。映画はゴジラ系。

427 パー子大ピンチ 10/18
 仕事のお礼でメロンをもらった1号。先に帰った3号に届けようと追いつくと、エレベーターから出てきたスミレと鉢合わせ。ついメロンを全部あげてしまう。家でボーッとしてるところに4号がやってきた。ビデオで検証したところ、3号とスミレの仕草がそっくりだというのだ。確認のため、3号のコピーを借りる作戦に出る。案の定、事件で3号を呼び出すと、スミレのサイン会は中止になってしまった。3号=スミレだと確信した1号たちは、態度が一変、やたらと3号を持ち上げる。おかしいと勘づいた3号は、コピースミレを連れて潔白(?)を証明しようとする。当然、片方がコピーだと踏んだパーマンたちは両方の鼻を押すが、反応はない。スミレには嫌われ、パー子には怒られ、意気消沈の1号。実は、コピースミレの鼻にメイク用のキャップをはめていたのだ。どうして正体をうち明けないのかいぶかしむコピーに、「1号がスミレにあこがれなくなるのが怖かったんじゃない」と図星を指され、あたふたする3号だった。
○スミレのポスターに投げキッスのミツ夫。ミッちゃんはどうした。当時ビデオはまだまだ高嶺の花。ちなみにベータビデオ。3号の言い訳は、「スミレとして見られてると、パー子になった時、思う存分力が出せない」というのが表向きの理由らしい。スミレのコピーとのメイク室での会話シーンは、妙にリアル。

428 スミレがパーマンにキッスした 10/19
 パトロール途中、神社で祈るミチ子たちを見つけた1号。皆がおみくじで凶を引いたのでお払いをしていると知った1号は、皆のおみくじをもらって厄を引き受ける。だが、そのせいか災難続き。弱った1号が3号たちに相談していると、スミレの乗ったヨットが遭難したという知らせが。渋る1号に3号は、「何かあっても私が守る」と言い切る。スミレコピーを助けた1号だが、体が震えてその場から動くことができない。倒れかかるマストに気づいた3号は、1号を庇って足をケガする。
 後日、生放送でスミレコピーはパーマンたちにお礼の柿を渡す。柿を落とした1号に、スミレコピーは「まだ震え止まらないの? 気をつけてね」といって頬にキスする。男性陣は勇気づけられるが、女性陣はデレデレの1号に幻滅して去っていく。3号はといえば、そんな1号にやはりおかんむり。1号を追いかけ回すのだった。
○バックミラーでマスクを取るな、1号。二人の間に温かい思いやりを基本的に感じる話で、やはり409後話だ。スミレコピーのキスシーンはハーモニー処理なので、隠匿しているスタッフがいたりして。ここでオチるかと思えば延々引っ張るなあ。カバオ、まだ文通しているらしい。

429 パーマンになれないミツ夫 10/22
 最近不審者に狙われてる気がするとパー子たちに訴える1号だが、取り合ってくれない。だが、心配が現実となってしまう。ミツ夫を拉致したのは二人組のギャング風の男。彼らの要求はパーマンを呼ぶことだが、当然来るわけがない。もちろん、そんなことは知らない須羽家では、パーマンが来ないのでお手上げ状態。話を聞いてやってきた4号は、パーマン1号になりすまして応対し、アジトを突き止める。パーマンを呼びたかった理由は、郷里の子供たちにパーマンのサインを持って帰りたいからというものだった。子供たちのために快く引き受けたはいいが、色紙の山に悲鳴を上げるパーマンたちだった。
○ アドリブシーンのミツ夫とミチ子、「カバオが新体操で唇も使うらしい」とすごい会話をしている。原タイトルは「ミツ夫が誘拐されちゃった?」

430 大パニックのロボット工場 10/23
 ミツ夫たちは、学校の社会科見学でロボット工場にやってきた。同時刻、3号と2号も産業スパイが潜入しているとの情報で工場にやってきていた。スパイは太陽エネルギーで動くロボットの設計図を盗んだが、風向きが怪しくなってきたのに気づき、すれ違ったミツ夫のバッグに、設計図の入ったカプセルを隠す。3号たちに出くわしたミツ夫も協力を申し出るが、「大丈夫」と断られる。だが、カプセルを取り返しに来たスパイに縛られ、脱出するためにやむなく変身する。追いつめられたスパイは工場のコンピューターを壊してロボットを混乱させ、その隙に逃げようとする。手に負えなくなった1号は4号を呼ぶ。スパイは何とか捕らえるが、カプセルの入った上着がロケットに引っかかったまま外に飛び出した。パータッチで追いかける三人だが追いつかない。そこに4号が駆けつけ、なんとかロケットを捕まえることに成功した。無事解決したのはいいが、ミツ夫はまだロボットに捕まってオタオタ。
○久方ぶりにまっ当な事件ネタ。これで4号の頭の見せ場があれば完璧だったが。3号はスミレが工場に見学に来た際、ボディガードに同行して工場長と知り合いになったそうだ。縛られたまま足でマスクを付けるミツ夫、ますます磨きがかかっている。

431 なんでもパータッチ 10/24
 ペタール博士が開発中の接着剤「ペッタリアルファ」の実験に協力した1号と3号、ひょんなミスから握手したまま手が取れなくなってしまった。はく離剤が完成するまで、仕方なく須羽家に避難する二人だが、服を脱ぐのも一苦労。ミチ子には半裸の1号を見られて誤解されるし、さんざんだ。
 その夜、手をつないだまま眠る二人。夜中に3号が目を覚ますと、なぜか手が外れている。1号の寝顔を見た3号は、「もうすこしこのままにしとこっと」と手を握り直す。翌朝、3号より先に目覚めた1号は、やはり手が外れていることに気づくが、仕事がサボれると思い、再び手を握る。そこにバッジの音。鍾乳洞の大水晶のひびを「ペッタリアルファ」で直す仕事にかり出された二人だが、鍾乳洞で道に迷ってしまう。引き返すこともできない狭い通路で、お互い(手を離せば)と思いながらも、お互い手を離すことができずに進んでいく。やっとの思いで脱出し、無事仕事を済ませたものの、4号はしたり顔。実は、接着剤の弱点は人間の汗だったのだ。ばつの悪い二人だった。
○脚本では、博士の名前は奈差博士、接着剤の名前はNAKAアルファ、はく離剤の名前はNAKAベータとなっている。バードマンのシーン、怪物にぶつかるシーンは脚本にはない。
 後期パーマンのラブコメ話の中でも評価の高い作品。

432 とんだパーマン遺跡 10/25
 遠足にやってきたミツ夫たち。この辺りには昔、天狗一族がいたという言い伝えがあり、カバオたちがパーマンに似ている謎の像を発見する。像をいじったところ、像が動き、洞窟に閉じこめられてしまう。「パーマンを呼んでくれ」といわれるミツ夫だが、カバオたちと一緒では変身できない。なんとか変身したものの、今度はカバオとサブが見つからない。その頃二人は謎の屋敷に迷い込んでいた。迷った1号が謎のひもを引くと、水があふれ、突然屋敷の釣り天井が降下し始める。1号は全ては忍者屋敷のからくりだったとして丸く収めようとするが、ようやくミツ夫がいないことに気づいた先生たちが騒ぎ、全ては水の泡に。
○カバオは新宿二丁目のさゆりちゃんから手紙が届いたが、料金不足で20円払ったそうだ。絶体絶命の危機に文通会話を始めてしまう二人がらしくていい。1号、肺活力で矢の雨をはじき飛ばす。

433 ミッちゃん泣かないで 10/26
 雨中のパトロールを続ける1号を黙って見送るミチ子。それを見つめるミツ夫コピーたち。ミチ子の憂鬱をはらそうと、ミツ夫コピー、カバオ、サブ、ハル三は「パーマンを雨から守ろう会」を組織する。だが、やはり皆のアイデアはぱっとしない。そこに大山先生も加わるが、やはり駄目。そこに、本命の江地が参戦する。江地の作ったマシーンを使ってみるが、ミチ子は笑っている。実は、ミチ子は庭先のハチの巣を見ていたのだった。
○「インスタントわかめ君」はシンエイ動画マーク印。久しぶりの江地が改めて自己紹介する。

434 誕生!動物レスキュー隊 10/29
 動物園で美人獣医の手伝いをした1号は、触発されて「動物レスキュー隊」を結成する。2号と共にアフリカに出向いて本格的な活動を開始する。だが、野生動物は一筋縄ではいかない。あきらめて帰ろうとしたところに3号の通信が。実は、彼女もアフリカに来ていたのだが、そんなこととは知らない1号は、ハッパをかけられてがんばる。日本に帰り、美人獣医に報告しようと思った1号だが、彼女はアフリカへ旅立った後だった。
○3号に図星を指されて冷たくなる1号が後期らしい。バナナで釣られる2号も久々に見たな。カッコつけモードの1号の声が聞ける。

435 見ないで!答案用紙 10/30
 学校へ急ぐ先生と、会社に行くミツ夫のパパが、駅でぶつかった拍子に書類袋を取り違えてしまった。先生に書類袋を取り返すよう頼まれた1号は、あわててパパの会社へ。会議が始まるまでに書類を取り返さないと、昨日のミツ夫のテストがパパに見られてしまう。なんとか書類袋を取り戻した1号だが、中に入っていたのは先生の見合い相手の写真だった。
○ミツ夫の算数の点数は15点。クラスのビリらしい。アニメ雑誌で指摘されていたが、パパの書類は「バルキリー」の設計図。学校最寄りの駅は「朝日ヶ丘三丁目」、次の駅は「栄町」。パパは課長で、かなり大きな会社のようだ。ミツ夫の答案には、「4年3組 須羽満夫」とある。

436 セイルオンパーマン 10/31
 4号の口車に載せられ、ヨット「ジョナ3号」の掃除をする羽目になった1号。彼を「音痴」呼ばわりするオーナーにこき使われ、つい腹いせに船腹をけっ飛ばしてしまう。だが、その後の航海で「ジョナ3号」が行方不明になってしまう。いてもたってもいられず、海へ飛び出す1号。2、3号と共に捜索に乗り出すが、嵐の海は容赦なく体力を奪っていく。危うく溺れるところを、「ジョナ3号」に助けられる。協力して嵐を乗り切り、合流した4号と共に、雲海のクルージングを楽しむパーマンたち。「海って怖いけど素敵だな」と意気投合するオーナーと1号だった。
○桶谷さんらしい話だ。1号は珍しく音痴に歌っている。天気予報にスミレが特別出演。相変わらず自分の行きすぎた想像でおびえるミツ夫。オーナーが歌うのは「お嫁においで」。

437 パーマン野球は不滅でーす 11/1
 「くまがや市 よしおかたかお」君のリクエストに応え、パーマンズと大リーグオールスターチームの夢の対決が実現した。  解説席のカバサブを交えて試合は進む。
 1回に9点取られたオールスター軍は、自軍贔屓の審判を入れて1号を四球で自滅させる作戦に出る。その甲斐あって試合は大量点の取り合いに。双方ともに一歩も引かず、白熱した試合は深夜になだれ込む。さすがのカバサブもお休みの時間。スタンドも居眠りの波の中、結局試合はパーマンズの大勝利に終わった。
○「よしおかたかお」君は当時の製作進行。
 舞台は恐らく後楽園。大リーグオールスターチームの面々は、監督ジョンソンソン、エーブルース、ガーリック、アントワール、ピタロース、バレンチェラ、ヨガ・ベラ、オペンサー、タンク・アーロン等。「皆さんご存じの」ってカバサブが紹介されるが、それは視聴者にだろ。
 『タベルナ』は第三月曜日が定休日。
 スタンドに「いてこましたれ」の旗があるのが大阪近鉄ファンとしては高得点。
 始球式のスミレが可愛い。相手はキャッチャー長島と王。本気でホームランするなよ。パー子、ブービーのユニフォームはショートパンツ。

438 うかれすぎたブービー 11/5
 「ベストアニマル賞」に選ばれた2号は上機嫌。誰にでもメダルを見せびらかし、新聞を読まされる3号も大弱り。ついには仕事をすっぽかしてをサインして回る2号に、怒った1号は平手打ち。相談された4号は、あえて事件現場から2号を閉め出す作戦に出る。バッジを自宅に放り出して須羽家に来た2号は、コピーから所沢の化学工場で火事が起こったことを聞かされる。駆けつけた現場では、1号たちが機械を前に頭を抱えていた。止めないと大爆発がおこるが、壊せば結果は同じ。苦悩の末、2号はメダルを投げ込み、内部の歯車を抑えて機械を止める。
 大感激の1号だが、メダルをなんとかして元に戻そうとする2号を見て、よせばいいのにメダルをハンマーでたたいてしまう。二度と元には戻らぬメダルを前に、泣きじゃくる2号だった。
○あ、安原声のカラス。ビンタシーンが妙に迫力ある。

439 パー子の羽衣伝説 11/6【原作 コロコロ文庫5巻 「パー子の羽衣伝説」】
 バードマンが月3日のパーマン休暇を新設し、第1号のくじを3号が引いた。日頃の喧噪から離れたかった彼女がたどり着いたのは南方の島。泳いでいる間にパーマンセットがなくなってしまい、足をくじいてしまう。彼女を助けたのは、この島に1人に住む老人。とっつきにくいが、手厚く看護をしてくれる老人に、次第に彼女の警戒心も解けていく。
 翌朝、マントとマスクを見つけた3号は、老人が崖から落ちそうになっている所を助けるが、拍子にマスクが脱げて素顔を見られてしまう。泣きじゃくるスミレをみた老人は、分からないなりに「誰にも言わない」と約束する。
 だが、事実が変わるわけではない。覚悟を決めた3号を見たバードマンは、老人が信用できる人間だと説明し、信じることを告げる。
○パーマン唯一(?)の脚本なし作品。原作では何も彫ってなかった老人の妻の墓に、「ちよの墓」と彫ってある。

440 タイムリミットパーマン 11/7
 ミチ子と映画鑑賞をするため急いでいた1号を、カバオが仮病で引き留める。ハル三も見栄話で引き留める。いい加減うざったくなった1号は、パパのポケベルを改造してアラームベルトを作る。3分経ったらエネルギー補給するということにして引き上げる理由を作るためだ。それでもカバサブがスクラップ置き場に入ったサッカーボールを探してくれと頼んできた。タイムリミットを言い訳に引き上げた後、二人はスクラップに入って出られなくなってしまった。それを聞かされた1号は地下から潜入する。その拍子にアラームスイッチが鳴り出すが、1号は強引に二人を救出。アラームは壊れてしまったが、タイムリミットもなくなったことにした。
○二人が見る映画は「のらえもん」。当時はポケットベルが一般的だった。でも自作で作れるのはすごいな。

441 どこでもオデコタッチ 11/8
 コピーがカバサブに問いつめられ、「テレパシーで1号と交信している」と言ってしまった。あきれる1号だが、二人が本を挟んでオデコタッチできるのに気づき、なんとかリモートオデコタッチで交信しようと試みる。そこにバードマン登場。「パットハレキバン」を二人のオデコに貼って、100メートル以内の同じ物にオデコを付ければ交信できる。もちろん、バードマンが影でサポートしているのだが、二人は知る由もない。二人のテレパシーの秘密が赤いポッチにあることに気づいたカバオは、親父の「トップマジメバン」で対抗する。効果が切れていることに気づかない1号は、必死で芝居を続けるのだった。
○珍しく「ぼくたちパーマン」の後半部を歌う1号。カバサブが「ビタミン」と言っているが、この当時のトレンドだったらしい。「パットハレキバン」は赤いポッチで、バードマンが銃を撃って導線を作っている。

442 眠れないパーマン 11/12
 夜中の呼び出しに来なかったことを3号に責められた1号は、意地になって徹夜パトロールを続ける。困ったコピーに頼まれた3号は、仕方なく自分から謝るが、1号は不眠症になってしまう。夢うつつのまま町をさまよう1号に皆は大迷惑。なんとか眠れないかと3号たちが協力するが、うまくいかない。そこに4号が土砂崩れからの救出を頼みにくる。皆の制止を振り切って同行する1号だが、土砂崩れに飲み込まれてしまう。やっと掘り出された1号は、気持ちよさそうに眠っていた。
○「雨のスイートマジック」がちょっとだけ使用。「御機嫌伺いLOVE」も使用。サブの「国民は黙ってないよ」初登場。

443 パーマン探知機に気をつけろ 11/13
 金髪美女にマスクに付ける花飾りをもらい、上機嫌の1号。そのころ、美術館強盗を捕まえようと集まっていたパーマンたちだが、ことごとく裏を書かれてしまう。偶然、道に落とした花飾りがバイクに轢かれてしまったことから、花飾りが盗聴器だったことが分かる。1号は江地に頼んで修復してもらった盗聴器を使い、「今夜はカラオケ大会をする」とウソの情報を流す作戦に出る。作戦は見事成功するが、3号の焼いたケーキにうっかり「美人のプレゼントじゃないから大丈夫」と言ってしまい、悲惨な目に。
○この強盗団も車とトレーラーの二段併用。女ボスなのは総監督のせい?ミツ夫の髪型が変。違う学校の江地がなぜ下校時にいるかは、突っ込まないでおこう。

444 バナナン王国より愛をこめて 11/14
 大量の風船に付いていた依頼文に誘われ、赤道直下のバナナン島にやってきた1号と2号。カバオの父ちゃんそっくりの国王に王女の救出を依頼されるが、夜中にマントを盗まれてしまう。王女が捕まっている砦に向かう途中、様々な困難に遭うが、侍女の渡してくれたゴムの鞭が役に立つ。見事救出に成功するが、実は全て王女の婿にふさわしいか確かめるための芝居だった。王女の素顔はカバオそっくり。もちろん速攻で引き返した1号だが、カバオを見ると逃げるようになってしまう。状況が把握できないカバオだった。
○1号のナレーションで話が進むパターン。マントを外して寝るなんて不用心な。「僕は緊張せずにはいられなかった」ってそのデレデレ顔で言われてもな。よく考えると、この語りは「川口浩探検隊」のパロディ?

445 ジャングルの王者ブービー 11/15
 2号の里帰りにつきあい、アフリカにやってきたパーマンたち。ママや弟のビーボに再会して楽しいひとときを過ごすブービーだが、1号たちは自然保護官から、コロニーがボス争いをしていることを聞かされる。ボス争いをしているマッスルと片目のゴギーは、ブービーを味方に付けようとするが、ブービーは幼なじみの変貌に胸を痛めるばかり。バードマンに相談するが、「ジャングルの掟はジャングルに住む者で変えていかなければ」と取り合ってくれない。何事か悟ったブービーは、1人コロニーに帰っていく。
 マッスルの横暴な振る舞いに耐えるブービー。手出しできない1号と3号は歯がみするが、4号はいさめる。「ジャングルの掟を乱さなければいい」と考えた3号の案で、サルの着ぐるみ姿で突入する三人。マッスルに格の違いを見せつける。そこに、ゴギーがビーボを人質にとったというママの知らせが入る。パーマンたちを制してタイマン勝負に挑むブービー。力では劣るが、バナナの皮を使った頭脳プレーで勝利する。ビーボはパーマンたちが無事救出し、ブービーは皆に讃えられるが、パーマンたちの所へと帰っていくのだった。
○チンパンジーの群のことを「コロニー」と呼ぶ。キリマンジャロ近くのようだ。ワニが1号のマントを噛みそうになっているのが笑える。
 ブービーのオリジナル脚本としては秀逸な出来。バードマンの台詞は、地球人に対するバード星の立ち位置を反映しているよう、というのは穿ちすぎか。

446 夢の星パード星 11/19
 バードマンのスクランブルで、アメリカのスペースシップ基地の火災を鎮火したパーマンたち。夜空を見上げたパーマンたちは、バード星があるという白鳥座を見ながら、バード星がどんな星かそれぞれの想像を語りあう。そのうちに、実際に見てみようということになり、バードマンの円盤をむりやり奪ってバード星に行こうとするが、当然失敗。バードマンは、「あたしの円盤に手がかけられたら」連れていこうと言うが、油断して捕まってしまう。結局、代表で1号と2号が円盤に乗りバード星へ。ワープの途中で気を失ってしまい、気が付くと未来的な都市の中にいた。中の機械をいじくっていると、ロボット怪獣が登場。なんとか倒したところで、バードマンの声。実は、ここは来月オープンするうみねこ島のバードランドという遊園地だったのだ。結局騙された1号はおかんむり。3号と言い争ってると、4号に「宇宙は広い、なのに君たちはどうしてそんなに心が狭いのか」と諭されてしまう。
○ ロサンゼルスオリンピックスタジアムを横切るシーンが84年らしい。
 バード星の位置が「白鳥座の一番右の星」という設定が初登場。というかこれっきり。ちなみに、絵コンテまでは「バード星への道」とほぼ同じ「子犬座のプロキオン」だった。
 ほんと、困ったときの「パーマン扇風機」だな。冒頭で、スペースシャトルを救うシーンがあるが、今となっては感慨深い。でも、スペースシャトルって夜には打ち上げないんじゃなかったっけ。
 バードマンを引っかけようとするシーンの舞台は西部の町風だが、人影がない。ハリウッドのセットと私は推理する。

447 初心者パーマンの失敗日記 11/20
 17対0でボロ負けのサッカーの試合におかんむりのカバオ。試合を押しつけられて割を食ったコピーは、ミツ夫がかつて付けていた「パーマン絵日記」を持ち出し、ミツ夫に初心を思い出させようとする。途中、2・3号も乱入して面白がる。
以下日記パート

 日記を引き合いに、「もっと感謝してくれてもいいんじゃない」と言うコピーだが、1号は相変わらずコピーに特訓を押しつけて飛び出していった。
○桜井正明さん、本当にシリーズ構成だったの?と言いたくなるくらい事実誤認が激しい。「パーマンはまだ僕だけ」とか。速度メーターを着けてる自転車は、当時の流行だったらしい(小父さん氏による)。

448 パーマンの遺言状 11/21
 パトロール中、カバサブの死んだふりに騙されて落とし穴に落ちた1号。「パーマンはいつも死と隣り合わせであることを分かってもらう」ため、遺言状をミツ夫に預けたと言って回る。折しも、エベレスト登頂隊のアタック隊が遭難したという知らせが。無事救出したものの、1号は雪崩にあって遭難してしまう。困ったときのパーマン扇風機で掘り出したが、1号は「パ、パー子」とつぶやいてこと切れてしまう。泣きながら1号を死体袋に入れて運ぶ三人だが、途中で寝てるだけということに気づいてしまう。1人だけ楽しようという魂胆にあきれ果てた三人は、1号の葬式を執り行い、遺言状通り形見分けをしようとする。さすがの1号も逃げるしかなかった。

○サブ、「国民」ネタ。怒りの炎に燃えるパー子が恐ろしい。ミチ子の「どうして私を残して死んでしまったの」にカチンとくるパー子もいかにも。
 形見分けの内容は、ミチ子にコピーとの結婚を引き替えにしたパーマンセット、カバオにシャツとズボン、サブに靴。

449 ミツ夫が消えちゃった!? 11/22
 パパが家族でドライブに行こうと言いだした。過去のさんざんなドライブを知っているミツ夫は、コピーに押しつけることにした。だが、案の定乱暴なドライブで、コピーは車中で鼻をぶつけて元に戻ってしまう。追い掛けてきた1号は、ミツ夫が行方不明になったとパパから聞かされる。コピーは見つけたものの、ガン子たちの目があるので取り戻せない。1号は車を運ぶフリをして振り回し、皆が気を失った隙にコピーを取り戻し、途中で車から振り落とされたと言い訳させる。なんとかごまかせたが、帰りの車に同乗するよう強引に引き込まれ、結局パパの運転を体験させられてしまう。
○今回はナンバープレートが描かれてなかったので、「48320」は見られなかった。パパのコミカルな演技は珍しい。

450 枯葉のパーマン 11/26
 風邪を引いたミチ子のお見舞いに行ったカバサブは、センチメンタルなミチ子に感化される。その帰り道、遠慮なくイチョウを落葉させる1号に怒り心頭。抗議された1号は、「秋の枯葉のように」飛ぶとミチ子たちに言ってしまう。試しに「ロマンチックかつ繊細に」飛んでいると、4号からの呼び出しがかかる。
 国立科学研究所に向かった四人は、サイポン島の火山噴火を防ぐための「ニトラン」を運ぶ仕事を頼まれる。ちょっとしたショックで噴出、凍結するため、細心の注意を払う四人だが、あいにく海上は大しけ。次々に脱落していくメンバーの中、1号は「枯葉飛び」で風に逆らわずに飛んで窮地を脱し、無事サイポン島を救うのだった。
○いわゆる「ニトロ輸送ネタ」だが、一味違う出来。「最後の一葉」ネタをかますミチ子。お子さまには分かるまい。サブ、「国民」ネタ。

上に戻る戻る