目次

この話はどの話? 151話〜200話

1話〜50話 51話〜100話 101話〜150話 151話〜200話 201話〜250話 251話〜300話
301話〜350話 351話〜400話 401話〜450話 451話〜500話 501話〜526話+特番 映画

151 コピーロボットは楽しいな 83/9/26
 たまには勉強をしようと思ったときに限って、3号からの呼びだしが。ミツ夫はコピーに後を頼もうとしたが、日頃の行いが悪いせいか、コピーはやる気がしない。コピーは勉強をさぼり、ミツ夫に不利にしようと思って動くが、何故かやることなすこと裏目に出て、ミツ夫の評判はますます高まる。家に帰ってきて、皆にミツ夫として誉められて機嫌が良くなったミツ夫は、コピーに優しくするのだった。
○タイトルコールはコピーがやっているように聞こえる。野球チームのユニフォームは、サブ以外はイニシャルKの帽子。ミツ夫がコピーに自責の念を抱く珍しい作品。

152 クラス委員は誰だ!? 9/27
 二学期のクラス委員の選挙を巡って、水面下で駆け引きが始まった。ハル三は1号を呼びだし、ごちそうで1号の弱みを握る。ミチ子と一緒にいたいカバオ、カバオに一泡吹かせたいサブも立候補する。ハル三の選挙活動の協力をさせられる1号は、カバオ、サブにも歓待されて、3人の選挙活動をすることに。翌日、学校で全てを告白した1号のお陰で全ては露見し、全ては白紙に戻されたのだった。
○ミチ子はクラス委員だそうだ。コピーが珍しくかっこいい。

153 パーマン映画をつくろう 9/28
 「スーパー仮面」の撮影現場を見に行ったミツ夫たち。カバオの提案で、1号を使って映画を撮ろうとする。当然監督はカバオ。ミチ子の提案で、パーマンパワーの全てを見せようとする。飛行撮影の途中で、1号と2号は墜落しかけたヘリを救助する。だが、カメラマンのハル三の腕が悪く、現像した画像は全然使い物にならなかったため、撮影チームは紛糾するのだった。
○撮影には8ミリが使われる。今なら当然ビデオ撮影ですね。

154 パーマンパワーはひかえめに 9/29
 パーマンの活躍に機嫌がいいミツ夫だが、ミチ子に「『紳士的に淑女的に』ふるまってほしい」と言われたことを きっかけに、他のパーマンたちにも提案し、今月から「紳士的に淑女的に」ふるまおうとする。ところが、パーマンパワーの使いどころがない四人はストレスがたまり始める。そんな折、1号がビル解体の話を持ってきた。喜び勇んで破壊の限りを尽くす四人だが、やりすぎてビルを全部壊してしまった四人は、再建の手伝いをさせられる。
○スクラップブックの隣に、「パーマンとその仲間たち」というファイルが見える。3人が一緒にいるシーンの呼び出しで、呼びだし音が三重奏するのが芸が細かい。

155 わたしを助けて! 9/30
 パーマンに、「小早川ひとみ」と名乗る少女から手紙が来た。彼女の不幸な境遇に同情してやってきた1号。だが、手紙の内容は真っ赤な偽物。それを知らない1号は、現れたちょっと太めのわがまま少女がひとみと知って幻滅するが、お手伝いをすることに。結局、ひとみの母親に会って全ての謎は解けたが、ひとみは性懲りもなく新たな手紙を送りつけるのだった。
○ひとみの事が気になって、わざわざのぞきに来た3号がかわいい。

156 マスクがとれない! 10/1
 コピーがテストで90点を取った。帰ってきた1号も大喜び。しかし、ユキとデートしたいコピーは、1号のマスクに「強力接着剤バードマンアルファ」を塗り、取れないようにしてしまった。あの頭公園でボートをこぐコピーを影で見ていた1号は、ミチ子に見つかり、デートをする羽目になる。ミチ子は大喜びだが、1号の胸中は複雑だ。結局、1号はコピーと張りあってボートを漕いでしまい、ミチ子の嫉妬に悩まされることに。帰ってきてもマスクが取れなくて難儀する1号。ようやく来たバードマンのおかげで、マスクは取れるが、バードマンは「この埋め合わせはきっとするから」と言って去っただけだった。翌日、ユキとミチ子が張り合うお陰で、ミツ夫はカバサブの前で優越感を味わったのだった。
○ユキの髪が茶髪だ。入れ歯は見つかったが、また落としたらしい。バードマンがパーマンたちに黙って道具を使わせる話が、この後もたびたび出てくる。ミチ子とユキの性格の違いがよく分かる。あの頭公園でボートをこぐと別れるというジンクスはないらしい。

157 パー子の声はあーまいぞ 10/3
 新宿ロマ劇場で行われる、スミレと松野ヤヨのジョイントコンサートを見に行った3号。スミレ陣営の旗色の悪さに、つい大声を張り上げてしまう。お陰で声が出なくなった3号は、須羽家で泊めてもらう事にする。ところが、スミレコピーも人形に戻ってしまい、声が出なくなってしまった。翌日、高速道路での事故処理中に、危なくなった1号を助けようとした3号は、思わず声を挙げてしまう。声が戻った3号は、渋滞にはまっていたスミレのタクシーを助け、無事に入れ替わるのだった。
○スミレのマネージャーはいつもの人ではなく、細身のハイミス系。ラストシーンで、パー子とミツ夫の変形会話シーンあり。

158 パパの車は全自動 10/4
 ガン子は学校の作文発表で、パパの運転がうまいと自慢してしまったため、マジメ君たちとドライブに行くことを約束した。だが、パパは運転が苦手で、三年前からろくにハンドルを握っていない。なのに当人は自覚がない。ミツ夫はパーマンとして隠れて同行することになった。なんとか無事に仕事をこなしたパーマンたちのお陰で、ガン子たちは大喜びだった。
○ガン子は一年一組だそうだ。背景で、「犬に告ぐ!!ここで立小便するな」の張り紙あり。パパの車は、スカイウォーカーの2000ccだそうだ。ナンバープレートは「48320」。やっぱ、「すわみつお」のもじり?

159 台風がやってくる 10/5
 台風18号の襲来に備えて、準備する須羽家。当然須羽家のベランダも釘付けに。手伝い中にコピーとけんか してしまった1号は、家に帰れない。カバオの家を手伝ったり、三重家のヨットを手伝ったり、大忙しの1号。一方、コピーは須羽家の風呂場の水をあふれさせてしまう。ところが、台風は進路を変更し、戻ってきた1号はコピーの後始末をさせられるのだった。
○カバオの父ちゃん、屋根の上のシーンで入れ歯を落とす。

160 パーヤンのコピーがこわれた? 10/6
 バイトに精出してパーマンの仕事をさぼる4号。バードマンは制裁のため、「孫コピー」を使うことにする。本人とは正反対の性格の「孫コピー」は、気前よく豪遊し、パーマンたちは不思議がる。後を追って東京に出てきた4号は、コピーを捕まえるが、姿を現したバードマンに真実を知らされる。だが、コピーが故障したのではないかと心配する4号を見たバードマンは、4号を諫めただけで本物のコピーを返したのだった。だが、懲りない4号はバードマンの計らいも知らず、バイトに精出す決意をするのだった。
○法善の利用銀行は「いっぱんしょみん銀行」ウメダ支店。孫コピーの色は黄緑。この話で、バードマンは4号のアルバイトを許してしまってるんですが……。

161 星になったパーマン 10/7
 流れ星に願い事をかけたいガン子は、須羽家のベランダで陣取ることにする。ミツ夫は仕方なく、パーマンに頼んでガン子と一緒に飛ぶことにする。しかし、流れ星は見つからない。1号は懐中電灯を持って飛ぶことを思いつくが、パトロールをさぼっていたところを発見した3号と4号に追いかけられる。UFOのように飛ぶ光に目を回したガン子は、結局願いをかけられず、ガン子はミツ夫にまた頼むのだった。
○カバオは、父ちゃんの入れ歯を探すために願いをかけたが入れ歯は見つからなかったらしい。ミツ夫、コピーへの説明を省くためにオデコタッチを使うという変則使用をする。

162 発見!パーマンハニワ 10/10
 パーマンになって眠りながら学校に行ったミツ夫は、学校の裏山に図工の宿題のパーマン人形を落としてしまった。ところが、たまたま遺跡の発掘実習に行ったハル三が見つけてしまったため、大騒ぎとなる。人形は「パーマンハニワ」として大評判。新聞にも載って大騒ぎに。事情を聞いた4号は、大量にパーマンハニワを作って裏山にばらまき、ただのおみやげ品として一件落着させる。だが、ミツ夫の落としたハニワは、何故かガン子が持っていた。最初のハニワは何だったのだろうか……。
○先生、地上に落ちてた物が何で遺物なんですか。

163 運動会はカバオにおまかせ 10/11
 運動会のクラス団長に任命されたカバオは大張り切り。ミツ夫はカバオに特訓指令を受ける。当然、ミツ夫はコピーにバトンタッチしたが、ミチ子と二人三脚の特訓と知ってあわててバトンタッチ。しかし、運動会当日、だるま競争に優勝しないと二人三脚には出させないとサブに言われたミツ夫は、こっそりパーマンになって勝利する。それを知ったカバオは、劣勢になったクラスのために助っ人を依頼する。が、助っ人がばれてしまって得点は帳消しに。気落ちするカバオだが、先生は最後のリレーに優勝しようと檄を飛ばし、カバオの奮闘で見事優勝する。
○ミツ夫の体操服は、前のバージョンと違って、肩と襟に青いラインが入っている。ミツ夫は五年三組だそうだ。別の回では一組だったような気もするが……。

164 パパのタイムカプセル 10/12
 子供時代は文武両道だったと胸を張るパパにおだてられて、剣道につきあわさせるミツ夫。そんな折、パパの子供時代の友人が須羽家を訪れた。昔埋めたタイムカプセルを掘り出すというのだ。パパは気乗りしないが、パーマンが同行することにする。ようやく発見したカプセルに入っていたのは、クラスのマドンナ、ちえみちゃんに出せなかったラブレターだった。パーマンに秘密にしてもらうかわりに、剣道をあきらめてもらってほくほくのミツ夫だが、ラブレターをママに見つけられたパパは、責められてさんざんだった。
○教室でハットリ君ごっこで遊ぶカバサブ。回想シーンでパパの子供時代が写る。

165 ブービー、スターへの道 10/13
 星野スミレのミュージカルの相手役の動物オーディションが行われるというという情報を知った2号。星野スミレ会いたさに協力を申し出るミツ夫は、ブービーにマントだけ付けさせてオーディションに出場する。ミツ夫が3号の正体を探っていると邪推したスミレは面白くないが、ブービーは見事受かってしまう。ところが、リハーサル中に張り切りすぎた2号は劇場を崩壊させそうになる。駆けつけた3号と1号のお陰で事なきを得るが、ブービーのスターの夢は消える。香水から3号がスミレではないかと指摘する2号に、1号は「もしそうならバック飛行で地球をこれでもかってほど回ってやるよ」と宣言し、影で聞いていた3号に、「その言葉良く覚えとくわ」と釘を刺されるのだった。
○バック宙ができるミチ子はすごいです。パーマンたちはパーマン音頭も劇中で披露してくれる。

166 パーマンの授業参観日 10/14
 美容室で会ったハル三のママに、明日が授業参観日だと知らされたママは怒り心頭。「今日のママならパーマンでもかなわないかも」(ガン子)ほどの勢いでミツ夫を責め立てる。ミツ夫はそのまま体育の跳び箱の特訓をさせられる。3号の協力もあり、見事跳び箱には成功する。だが翌日、事件の呼び出しで1号は出かけることに。事情を知らないコピーは見事失敗し、ママに責められる。やけくそになったコピーは、国語の接続詞の例題で、「彼(ミツ夫)が普段勉強してないからいけないんだ。だから、ママに怒られるんだ」と真情を吐露し、見事ママの面目は保たれたのだった。
○「苦手な体育と国語」と言うミツ夫だが、君の得意科目は何なんだね。今回のミツ夫はランニング姿。ミツ夫が体で覚えているので、コピーも跳べると思うのだが。

167 サブの恋した女の子 10/17
 不良に絡まれたサブを助けてくれたのは、ユキと友人のユキ子だった。一目惚れしたサブは、授業でも上の空。心配したカバオは、真意を探ろうとパーマンに依頼するが、サブがユキを好きだと誤解した1号は大慌て。結局サブが好きなのはユキ子の方だと判明し、ご対面させることに。だが、ユキ子は1号に惚れていたのだった。
○ジャイアニズム(お前の物は俺の物)を披露するカバオ。授業シーンで使われているのは、私の教科書にも載っていた、椋鳩十のガンの話。昨日の晩、入れ歯が見つかったらしい。「声は良くないけど」とサブを紹介する1号も1号だ。コピーとユキの仲を裂くいいチャンスなのに、コピーの気持ちを考えてしまうミツ夫はつくづくいいヤツである。

168 ステージはあけられない 10/18
 野外音楽堂でコンサートのリハーサル中、呼び出しを受けたスミレ。ところが、コピーは人形に戻ってしまい、コンサートは中止に。コンサート会場に来ていたミツ夫は、スミレを探そうと大わらわ。結局、コンサートのやり直しを翌日する事になった。が、コンサート中にまたも呼び出しが。脱出できないスミレは、歌いながらミツ夫に近づき、弁当を買ってくるよう頼む。外に出てきたところを4号に捕獲された1号は、コンサートを中座する羽目になる。1号は結局来なかった3号に怒りをぶつけるが、彼女が持ってきたスミレのサインで機嫌を直したのだった。
○今回のマネージャーは男性。「パーマンマーチ」「ぼくたちパーマン」スミレモードが聞ける。スミレのサインは「アイドルからのラブサイン」と同じ。

169 パーマン5号へのけわしい道 10/19
 パーマン5号になるために手段を選ばないカバオは、サブに狂言自殺をさせて1号を呼び、叱られる。カバオの横暴に腹を立てた1号は、ミツ夫がパーマン5号になれるよう段取りを付けたとカバオに言い、カリキュラムを渡す。 カリキュラムを盾に日頃のうっぷんを晴らすミツ夫。だが、カバオが事情を知らない2号と会ってしまったことで、全てがばれてしまう。1号は後をコピーに任せて逃げてしまう。
○ミツ夫のカバオへの説明口調は、どことなくバードマンに似ている。サブ、BGMに合わせて、「入れ歯〜の、気持ちぃは、分からな〜い」とアドリブをかます。書取の宿題の文章は元ネタがあるようだが、教科書だろうか。カバオの暴力シーンで、コピーの背景の壁に、「町より追い出せ!暴力」という張り紙があるのが利いている。

170 パーマンは女性に甘い 10/20
 ハル三のパーマン写真コレクションの解析によって、「パーマンは女好き」という評判が広まる。しかも、TV番組の企画でも、1号が女好きだということが実証されてしまう。カバオたちの嘲笑に心を痛めるミツ夫は、女性を助けないと決意する。だが、4号の呼びだしで会社のエレベーターに閉じこめられた人々を助けに来てみれば、閉じこめられたのは女性だった。4号の叱責のお陰でためらいを吹き飛ばした1号は、ビルに突入して救出する。だが、仕事をすっぽかされた3号は怒り心頭で、1号を投げ飛ばす。まさに4号の言うとおり、「女にごねられたらアウトやで」であった。
○ミツ夫が嘲笑に耐えながら見ているのは、「月刊ヒーロー」。3号がチーズケーキ好きだと覚えていた1号は偉い。

171 おかしなバードウォッチング 10/21
 ハル三の自慢のせいで、学校の裏山でバードウォッチングを始めたカバオたち。だが3号の呼びだしが。交代したコピーは、たまたま双眼鏡で明日の算数のテストの答えを見てしまう。オデコタッチができずに悩むコピーを見て、何かしでかしたと思った1号は、執拗にコピーを追い回す。ところが、コピーは人形に戻ってしまい、特別天然記念物のシラコバトが鼻を押してしまう。コピーはこれ幸いと学校に行ってテストの答えを奪い、先生は問題を作り直すこととなる。
○入れ歯会話あり。

172 パーマンとミツ夫のけんか 10/24
 また言いつけを聞かなかったコピーを叱りとばす1号。それを見ていたカバオたちは、ミツ夫と1号がケンカしたと思いこむ。カバオ、サブ、ハル三は、各々パーマンを自分の家に引き込もうとするが、やはり色々とうまが合わない。しかし、今更コピーにも頭を下げられない。所在ない1号を見かねた2号と3号は、こっそりとコピーに連絡し、二人は仲直りした。そして、又いつもの日常が始まる。
○コック姿でないサブの父親が見られる。自分がいない一家団欒の場に孤独を感じる1号の姿が印象深い。

173 空から見ないで 10/25
 空のパトロール中に声をかけられて不都合な目にあったカバオたちは、1号に「空を飛ぶな」と主張する。ママにマントを縛られて、町内の飛行禁止を言い渡された1号。ところが、行方不明になったサブを探すため、カバオたちが須羽家を訪れる。皆の前では意地でも飛ばないと誓った1号だが、下水溝に引っかかっているサブを助ける ため、マントをほどいて飛行し、見事サブを助けるのだった。
○ママの回想シーンで珍しいBGMが聞ける。タイトル通りの台詞をオチに使う珍しい例。

174 答案用紙はどこへ行った? 10/26
 35点の算数のテストをカバオに拾われてしまったミツ夫。パーマンになって取り返しに行く1号だが、それは脱獄した千面相だった。千面相の挑戦に乗った1号は、コピーの千面相を使い、千面相の自信を喪失させる。しかしテストはママの手に。だが、ハル三が10点だったことを知ったママはコピーを叱らなかった。
○ええと、πって、小5でやってましたっけ。脱獄にも余裕の態度の看守がいい。

175 ガン子がミッちゃんの妹!? 10/27
 「きょうだいについて」という作文を書くよう言われたミチ子が嘆くのを見たミツ夫は、お姉さんが欲しいと言うガン子を妹として推薦する。しかし、ガン子が自分について何と言ってるか心配になった1号は、こっそり様子をうかがう。ところが1号が見たのは、ミツ夫について批判するミチ子を非難するガン子だった。愛想を尽かしたガン子は須羽家に戻ってくる。仲むつまじいミツ夫とガン子を見たミチ子は、二人を非難する。後でパーマンとして沢田家を訪れたミツ夫は、嫉妬にかられてしまったと泣きながら告白するミチ子に、ガン子が作ったイチョウの首飾りを渡して励ます。ミチ子とガン子は仲直りし、「時々姉妹になろうね」と約束したのだった。
○これもイチョウがポイントになる話。ラストの小窓までイチョウである。

176 ツボにはまったパーマン 10/28
 古代エジプト展の警備に来た1号と2号。ところが、2号が秘宝の壺の中にバッジを落としてしまう。代わりに拾おうとした1号の手がつっかえて、抜けなくなってしまった。それを見ていた泥棒たちが、ミツ夫を誘拐して1号を呼びだし、壺を奪おうと企む。しかし、壺は手から離れない。仕方なく、列車に轢かせて切り離そうとする。だが、いざとなると1号を殺すのにしのびなく、線路から引き離す。結局、コピーの連絡で駆けつけた3号たちによって犯人は捕らえられる。コピーの提案で呼び出したバードマンのお陰で、無事壺も取れて丸く収まる。
○1号が壺を逆さにすれば、全ては丸く収まったのにね。バードマンが使う銃は、分子分解銃。

177 パーマンはエリート少年!? 10/31
 外国人の道案内をする1号を見て、感心したカバオたちは、1号にIQテストを受けさせようと提案する。窮地に陥った1号は、ミツ夫として問題をもらってきて、答えを暗記しようとする。しかし、ハル三は1号用により高度なテスト用紙を用意していた。しかし、ちょうどよく3号よりの呼びだしが。事件に行った先で1号が見つけたのは、ハル三と同じIQテストの英語版だった。答えを暗記した1号は、面目を保ったのだった。
○万能翻訳機は、人の言葉を聞くことはできても、話すことはできない、と本作では言っているが、確かに、マスクの機能説明には、外国語を話す機能の説明はない。でも、他の話ではちゃんと喋ってるよね。

178 返せよコピーロボット 11/1
 またも人形に戻ってしまったコピーロボット。それを見つけたガン子は、カツラと服を着せてマリちゃん人形にしてしまう。いつも人形と一緒のガン子から、なかなか取り返すことができずに難儀するミツ夫。ガン子の苦手なカタツムリにコピーさせることで、ようやくコピーを取り返すことに成功したのだった。
○入れ歯会話あり。「おちゃらかほい」をできる2号。おじいさんたちに教えてもらったんだろうか。500円札がまだ使われている。ガン子が苦手な物の設定が、久しぶりに使われている。

179 先生のお見合い 11/2
 今日の大山先生はなんだか変。サブが、たまたま先生がお見合いすることを聞いてしまったため、教室は大騒ぎ。見栄をはった先生は、算数の抜き打ちテストを行い、居残り勉強をさせると宣言する。最後まで残ったのはカバオとミツ夫。パーマンになって抜け出した1号は、窮地を見かねて見合い相手を学校に連れていき、先生は大喜びだった。
○コピーは95点取れる実力があるのにねえ。

180 見ちゃった先生の秘密 11/3
 突然自習にしてしまった先生の言動には裏があると見込んだ社六は、先生の後をつけることを提案する。カルチャーセンターに通ってたり、たくわんを食べたりする姿を見た社六は、パーマンに母親を連れてくることを提案する。しかし、もくろみは外れてしまう。部屋を調べた1号は、先生がダイエット中であることを見抜き、空中飛行で冷や汗をかかせてダイエットに成功させる。
○入れ歯会話あり。社六は久々の登場。先生が高所恐怖症であることが分かる。

181 パーマンテスト 11/4
 国語と算数のテストに備え、コピーと分担して勉強に励むミツ夫。だが、すぐに飽きてしまう。それを見たバードマンは、パーマンたちの実力を試そうと、呼び出してテストを行う。立体映像を駆使し、敏捷性、正義感、仲間との協力、優しさなどの項目でチェックを加えていくバードマン。アホらしいとは思いながらも、落ちたら動物にされると思うパーマンたちは必死。点数は、1号が85点、2号が91点、3号が95点、4号が92点で、80点以上は全員合格だった。そしてミツ夫の方は、コピーが勉強した算数は95点だが、国語は10点という成績に終わったのだった。
○入れ歯会話あり。コピー、物を食べた記憶をオデコタッチする頭脳派ぶりを披露する。挿入歌として「パーマンはそこにいる」が使われる。「ヘコ!」を七回使用。私の知る限り最高記録だ。

182 ミツ夫、パーマンの秘密をばらす!?11/7
  パーマンがいくら活躍しても、親友のミツ夫の評価は下がる一方。ジレンマに悩むミツ夫は、ノイローゼ気味。代理でパーマンになったコピーの相談を受けたパーマンたちは、コピーを総動員してミツ夫に正体をばらさせる作戦を取る。増長するミツ夫の前にバードマンが姿を現した。バードマンはパーマン仲間の友情に免じ、催眠銃で全てはミツ夫の夢として処理したのだった。
○パーマンが日本人だと分かってないのに、国民栄誉賞をあげるわけにはいかないでしょう。この回のバードマンのホルスターの位置は、左側である。

183 ミツ夫のウルトラマジック 11/8
 デパートのマジックショーに触発されたカバオが、マジックショーを開催すると言い出した。ミツ夫は3号のアイデアで、コピーを使って腹話術を行う。評判を聞いた先生が、老人ホームの演芸会に出演を依頼する。ミツ夫に対抗するカバオは、縄抜けをしようとして木に引っかかってしまう。演芸会を抜け出して助けに行った1号のお陰で演芸場は大混乱。人形になって逃げ出してしまったコピーをおじいさんがコピーして、タヌキと間違える。この一件で懲りたミツ夫は、腹話術をあきらめたのだった。
○マジシャン役で安原さんが出演。ミツ夫は話術もうまいですね。ミツ夫の締めていたネクタイをタヌキへの伏線に使うなど、岸間氏の冴えた脚本が見られる。

184 わかるか?パーマンの正体 11/9
 パーマンの正体はミツ夫だと疑う社六は、ハル三の望遠レンズ付きカメラに目を付けた。ミツ夫の部屋が見える位置で張り込む。だが、偶然が幸いして、決定的瞬間を撮ることはできない。サイン会中にハル三に会って事実を知ったスミレは、3号として1号に秘策を授ける。1号は社六のコピーを作り、パー着を解く写真を撮らせて恥をかかせるのだった。
○入れ歯はみつかったが、向かいの犬のタロウとジロウが持っていったらしい。

185 サブはカバオの兄貴分!? 11/10
 カバオの横暴に耐えかねたサブは、「強くなりたい」とミツ夫に漏らす。カルチャーセンターに通う姿を見たミツ夫は、カンフー道場に通っていると思い込む。だが実際は、料理教室に通っていたのだった。しかし、偶然万引き犯を倒した姿を見たカバオが信じ込む。食べ放題と引き替えに瓦割りに協力したパーマンのお陰で、カバオはサブの子分状態だが、カンフーの先生に会ったお陰で全てばれてしまう。だが、ケーキ好きなカバオは、やはりサブを兄貴と奉るのだった。
○懐かしいですね、ゲームウォッチ。

186 さんざん家族旅行 11/11
 ジジババ温泉へ家族旅行に向かう須羽家。だが、1号は運悪く仕事で入れ違いに。列車で合流したミツ夫が知ったのは、コピーは新宿駅で置いてきぼりになったということだった。迎えに行く1号だが、コピーは入れ違いに到着してしまう。ミツ夫とコピーの追いかけっこに巻き込まれた旅館の番頭は大混乱。化かされてると思われて追いかけられてさんざんのミツ夫だった。
○コピー(というかミツ夫)、やってることが「ガン子一人旅」から進化してませんね。

187 子守りはコピーロボットで11/14
 イズレ専務の坊ちゃん、ヤスヒロを預かることとなった須羽家。わがままなヤスヒロに大弱りだが、専務とあっては強く言えない。ちょうど遊びにきた3号も怒らせてしまう。しかし、事件に行った1号と交代したコピーはカバオに投げられたお陰で人形に戻ってしまう。ヤスヒロも同じ目に遭い、コピースイッチを押してしまう。カバオにのされている間に須羽家に戻ってきたコピーヤスヒロがイズレ家に帰ってしまったため、途方にくれるヤスヒロ。窮地を助けたパーマンは、二度と威張らないよう誓わせ、ヤスヒロはいい子になるのだった。だが、その評判を聞いて、今度は社長がツッパッた孫を……。
○BGMとしてミッチの「サンシャイン」が使われている。

188 ジャジャ馬とパーマン11/15
 ミチ子に、アメリカのテキサスから来たじゃじゃ馬、ジェニーをしとやかにして欲しいと頼まれたパーマンたち。3号が名乗り出るが、馬鹿にするばかりでうまくいかない。しかし、事件に同行した1号のパーマンパワーに感激したジェニーは改心し、立派な大和撫子に変身する。キスされてデレデレの1号たちにあきれかえる3号だった。
○ジェニーは関西弁を使う。が、「ばかばかしく」と言うよりも「アホらしく」のほうがいいと思いまっせ。

189 旅人(タビニン)のミツ夫くん11/16
 事件で岩手県の赤葉城に行った1号。目立ちすぎるのでミツ夫の姿になったところ、ケガをした少女、ルミ子を助けてしまう。しかし、ルミ子はミチ子の従姉妹だった。1号がミツ夫だと怪しむガン子たちのお陰で、ミツ夫は窮地に陥る。結局、ミツ夫は列車の見送りに行ったホームで偶然当時の姿で再会したように見せかけ、誤解を解いたのだった。だが、今度は桜島でミツ夫に助けられたという老人が……。
○ミツ夫は、コガラシイチロウと名乗る。

190 ドキッ!カバオの王子とこじき11/17
 ワールドサッカーの中継が見たいカバオは、「王子とこじき」の本を徹夜して読もうと大張り切り。だが、路上でぶつかったコピーのボタンを押してしまう。コピーカバオはたまたま通りかかった大金持ちの車に助けられる。しかし、それを見かけたサブの注進で、カバオは「王子とこじき」作戦を実行する。事情を知って助けに来た1号のお陰で、全ては元に戻るが、カバオは感想文を立派に仕上げるのだった。
○この頃でも、ワールド(カップ)サッカーはメジャーだったんでしょうか。

191 ミツ夫の一日一善 11/18
 学校で「一日一善をするように」と言われたミツ夫。ミツ夫としていいことをしようとするが、カバオとサブに邪魔されてしまう。結局、コピーをパーマンにして、2号ともに協力させることにする。ミツ夫はミチ子を飛ばした風船を風呂屋の煙突に上って取ろうとして落ちそうになり、大騒ぎになる。結局、2号が影で助けたため、ミツ夫の面目は保たれるが、コピーは嫌味たっぷりにミツ夫に説教するのだった。
○入れ歯は今日に限って見つかったらしい。

192 スミレの理想の男性像 11/21
 バードマンのスクランブルで呼び出された1号は、パジャマ姿に寝癖たっぷりの頭というだらけた姿。3号はいたずら心から、スミレのラジオ番組で、「理想の男性像」として「はっぴにジーンズ姿」などと正気ではできないスタイルを連発。だが、スミレマニアのミツ夫やカバサブは素直に従い、ついには似た格好の暴走族と間違われる騒ぎに。スミレは最終回で種明かしをし、「主体性のない人は大嫌い」と宣言する。しかし、そこで呼び出しが。彼女が本当にミツ夫に聞かせたかった、「スミレの理想の男性は、いつも正義のために戦うパーマンさん、あなたよ」という告白は、聞かれることはなかった。
○入れ歯会話あり。この回のバードマンは、等身が狂っていてあまり好きじゃないですね。

193 パーマンが泣いた? 11/22
 みんなが持っているヘッドホンステレオがうらやましいミツ夫。カバオのように、パチンコで取ってもらおうともくろむ。コピーをパチンコ名人にコピーし、見事ヘッドホンステレオをゲットする。だが、それを見ていたバードマンが黙っていない。パーマンパワーをなくす謎のビー玉状の球を1号のポケットにこっそり入れる。原因不明のパワー消失に頭を抱える1号。事情を知った他のパーマンたちは同情するが、そこにバードマンが。「ブタにする」と銃を構えるバードマンに、パーマンたちは体を張って1号を庇う。しかし、バードマンは最初からおもちゃの銃を使っていた。本人は「君たちの熱意に負けておもちゃになっちゃった」と弁解する。ラスト、バードマンはカプセルに球をしまおうとして失敗し、自分のパワーを封じられてしまう。
○バードマンは球を投げるときに呪文らしき物を唱えるのですが、やっぱアドリブでしょうか。ちなみに、アップシーンで顎が割れています(苦笑)。バードマンは大気圏外でもあのままで飛んでたり、円盤の足下が分かるカットがあったり、興味深い話。この謎の球の正体については、「最悪パトロール」で明かされる。

194 パー子はスミレちゃん!? 11/23
 ガン子が空き地で拾ったのは、「星野スミレ」と書いてある手帳だった。交番に届けに行ったミツ夫たちは、3号が手帳を引き取るのを見つける。ミチ子は3号がスミレではないかと疑う。疑いを晴らすため、スミレと高尾山のスタンプハイクを計画する3号。ミチ子たちの疑いは晴れるが、コピーを持ってる1号はあきらめず、鼻押し作戦を企む。しかし、スミレと組んだミツ夫は、スミレにひっぱたかれた拍子に足をくじいてしまい、コピー3号とコピー1号に助けられる。最後まであきらめないミツ夫だが、タイミング良く入れ替わった3号にひっぱたかれ、失敗に終わるのだった。
○「ぼくたちパーマン」スミレ版が聞ける。スミレ登場シーンでのBGMがいい。ミチ子は「センスがいい」と3号を誉めるのだが、恐らくこのシーンが、「ファンロード」の投稿で「どこがセンスがいい、だ」と突っ込まれていた。

195 カバオを助けろ!! 11/24
 野球の惨敗の原因がコピーミツ夫だとカバオは怒り心頭。追っかけた先の三重家で、盆栽を割った濡れ衣を着せられる。カバオはミツ夫だと思うが、実はハル三の仕業。コピーミツ夫に泣きつかれたミツ夫はパーマンになり、尋ねてきたカバオの濡れ衣を晴らそうとする。協力した2号のお陰で隠したボールがぶつかり、ハル三の嘘がばれたのだった。
○普段はこういうことは隠したがるコピーだが、今回は素直にオデコタッチする。

196 ご町内ミセスコンテスト 11/25
 「ご町内ミセスコンテスト」にママを出場させようと焚き付けるミツ夫たち。ママがその気になったのはいいが、ダイエットにつきあわされるミツ夫たちは大迷惑。カバオ、サブ、ハル三のママも出場し、様々な難問に挑戦する。影からサポートするパーマンのお陰(?)で、見事カバオのママが優勝し、ミツ夫のママはベストファッショナブル賞に入る。
○パパの自慢に釣られて、「僕もね、学校じゃ結構もてるんだよ」と見栄をはるミツ夫。ママたちのあやす赤ちゃんが、それぞれの息子たちに似てるのがご愛敬。

197 ウソ発見器で危機一髪 11/28
 パーマンの正体を狙う社六がウソ発見器を導入した。ミツ夫にパーマンの正体を告白させようというのだ。反応したミツ夫に、社六は1号にテストを受けさせるよう要求する。ミツ夫は嫌気がさして、コピーにパーマンをさせることにする。しかし、社六は引き下がらない。仕方なくガン子のおもちゃのセットをつけてウソ発見器に挑む。間一髪駆けつけたコピーのお陰で、ミツ夫は難を免れ、コピーも嘘発見器に反応しなかったため、社六は敗れ去ったのだった。
○サブはカミナリが苦手らしい。社六の父親が刑事だという設定が久々に登場。コピーは汗もかくので、オチは苦しいですな。ミツ夫、おもちゃとはいえ、ガン子の前でパー着していいのか?

198 ブービーの悩み 11/29 【原作 コロコロ文庫4巻 「2号の正体がばれた」】
 マスクを取って昼寝しているところを、隣の犬のジョンに見られてしまった2号。正体をばらすと脅された2号は、ジョンを自由にする。だが、当然バードマンが黙っていない。1号と3号の取りなしで、保健所に追われているジョンを助けることで、秘密を守らせることに成功する。2号は見返りに、ジョンを時々夜中に自由にする事にしたのだった。
○新原作初のアニメ化。ブービーのおもちゃの中にオバQ人形が。ブービーの人間語バージョンが聞ける。カータン系の声ですね。おおむね原作通りだが、「犬にする」という台詞を1号からバードマンに変更している。

199 パーマンはずるい 11/30
 トンダ博士という科学者が、パーマンマントの秘密を解明したいとパーマンたちに頼んできた。マントを世のため人のために使いたいという博士の熱意に負けて、協力する1号だが、地獄耳のバードマンが介入する。「博士が飛べたら責任をとってもらう」と1号に言い渡すバードマンだが、(地球人にパーマンマントはできっこないけどな)というつぶやき通り、博士の実験は見事失敗するのだった。
○入れ歯会話あり。マント免許証のモデルとなっているのは、製作進行の国分利孝 S36.5.24生。交付月日は58.11.20となっている。日曜版を見ていて気づいたが、トンダ博士の声、山田俊司→キートン山田になっている。

200 ブービーの人間語修行 12/1
 2号の言葉は、ミツ夫には理解できても、一般人には通じない。カバオたちに馬鹿にされた2号は、人間語を覚えたいとミツ夫に頼む。だが、しょせん猿の声帯では限界が。ミツ夫はテープに自分の声を吹き込んで、2号が喋っているように見せかける。作戦は成功したように見えたが、ガン子とミツ夫との会話まで録音されていたため、 努力は水の泡と化したのだった。
○日本語の練習テープで、「おしんのしんは辛抱のしん」とか、「友達の輪」とか教えてていいんでしょうか。2号はどさくさにまぎれて「さよなら、さよなら」と締めてくれる。

上に戻る戻る