目次

この話はどの話? 301話〜350話

1話〜50話 51話〜100話 101話〜150話 151話〜200話 201話〜250話 251話〜300話
301話〜350話 351話〜400話 401話〜450話 451話〜500話 501話〜526話+特番 映画

301 見ちゃった!パーマンの秘密 84/4/24
 パトロール中にトイレに行きたくなった1号。立ちションしているところをサブに見られてしまう。ミチ子に会うためにマスクをとったところを見られたと勘違いしたミツ夫は、サブの三つのお願いをかなえることを約束する。だがパーマンは、「カバオをやっつけろ」という願いに、カバオに悲鳴を上げさせて逃れさせる。そのからくりを知ったサブは、カバオも巻き込んで願いを叶えようとする。折悪しく、須羽家にはバードマンが訪れていた。進退窮まった1号は、真相を聞いてひっくり返ったのだった。
○ミチ子のケーキのお裾分けをもらうのなら、ミツ夫よりパーマンの方がいいと思うのだが。バードマンが宇宙空間にいるシーンで、ちゃんと球状のバリヤーを張っている。「ちょうちん」使用。

302 パーマン故障する 4/25
 野球のボールを追いかけて、クモの巣に突っ込んだ1号。セットを付けていても、何となく調子が悪い。カバオの家に帰ったり、ミチ子の言葉が悪口に聞こえたりする。事情を聞いた3号は、にわかカウンセラーになって原因を探るが、はっきりしない。結局、バードマンの検査で、クモの巣がマスクに入っていたことが分かり、一件落着する。
○バードマンが検査をするシーンで、コンピュータ画面が出るのだが、バード星の文字らしきものが流れる。

303 パーマンのなんでも相談 4/26
 ガン子とマジメのいさかいを仲裁したことから、1号は人の心が読めるという評判が広まった。それを聞きつけ、サブが難題を持ってきた。カバオがミチ子に嫌われたと落ち込んでいるというのだ。しかし、1号でもミチ子のガードは崩せない。女装してミチ子の気持ちになってみたりするが無駄。弱った1号は3号に聞き出すよう頼む。3号はミチ子の原因に思い当たるが、女性同士共闘を結ぶ。見捨てられた1号は沢田家のゴミ箱を探して、焼き芋の皮を発見する。芋を買いに来たところをカバオに見られたくなかったと1号に指摘され、図星を刺されたミチ子は恥ずかしさから1号を拒絶した。結局、ミチ子の秘密は守られ、ミチ子と3号は仲良く焼き芋を食べるのだった。
○ああ、今回のスミレの作画、最悪だ。女装1号は異様にかわいい。

304 スミレちゃんが大変だァ! 4/27
 ビルの窓拭きをしていた1号は、偶然スミレが襲われるシーンを見てしまう。だが、それはただの芝居だった。しかも外国映画のオーディションの。何とか汚名を返上しようと、スミレの気を引く1号を3号はコピーと共謀して翻弄する。結局プロヂューサーに直談判する1号だが、プロヂューサーは2号を気に入って映画出演させる事にする。浮かれる2号だが、実は1号が条件を付けすぎて破綻したのだった。
○さりげなく飛んでる飛行機を追い越す1号。すごいスピードだ。楽屋バックに「スミレアンタジー’74」のポスターが。どさくさ紛れに1号の頬にキスする3号。

305 大きくなったら何になる? 4/30
 学校の授業で、将来の夢について聞かれたコピーは、答えられずに恥をかく。宿題になった「将来の夢」を、コピーは1号に書くよう要求する。パーマンにふさわしい職業はと考える1号。カメラマン、宇宙パイロット、船長、医者、等々考えてみるが、他のパーマンたちやコピーから茶々を入れられる。家族にも聞いてみるが、返ってきたのは、「パーマンみたいな人」だった。
○大人になったカメラマンミツ夫の被写体はスミレ。ちょっと髪型に変化がある。二人とも、微妙に大人びた声を出しているのがいい。

306 パーマンのアジト 5/1
 1号はひょんな事から、カバオが裏山にアジトを作っていることを知る。その代償はミツ夫よりも親友になることだった。だが、ミツ夫でいるときに、ついアジトのことを喋ってしまう。1号に裏切られたと思ったカバオは、謝りに来た1号も追い返してしまい、ミツ夫にも八つ当たりしてしまう。1号は、捕まえた泥棒のアジトを利用し、自分のアジトを作ってカバオに見せる。誰にも秘密だと約束したカバオだが、ついサブたちに自慢してしまう。しかし、案内した倉庫はもぬけの殻。カバオは又だまされたと思い怒るのだった。
○1号のマスク、どうも変だと思ったら、正面の膨らみがない。

307 パーマン免許書き替え 5/2
 パーマン就任一周年を祝うため、おみやげを持って意気揚々と飛んできたバードマン。だが、パーマンたちのだらけぶりを見て激怒し、急遽「免許書き換えテスト」を行うと宣言する。テストの内容は、玉子をつかませたり、全速力で水上に着地させたり、空から蟻の数を数えさせたりというハード(笑)なもの。失敗続きのパーマンたちだが、テストは何とか全員パスする。バードマンのおみやげとは、饅頭が八個で「パーマン」というベタベタな駄洒落だった。
○いらつくバードマンに対して、「上役に叱られたか、奥さんとケンカでもしたんじゃないの」と邪推する3号。そうか、既婚者に見えるか。パーマン四人とバードマンしか出ないのは、もしかして最小キャスト?バードマンのホルスターの色が茶色。テスト会場は朝日湖。

308 イルカにのったパーマン 5/3
 ブルーランドの人気者、イルカのミッキーが逃げ出した。どうやら、失恋のショックらしい。イルカの着ぐるみを着た1号と2号が、おとり作戦を行うことに。スミレの歌を流してみたりするが、いっこうに効き目がない。アクシデントはあったものの、ミッキーは無事見つかり、3号のロデオで無事帰還する。だが、今度はおとりのイルカに恋をしてしまったのだった。
○スミレの歌は、魚たちにも人気があるらしい。

309 空飛ぶ鯉のぼり 5/4
 鯉のぼりが欲しいカバオとサブ。1号と2号をそそのかし、公園の鯉のぼりに入って空を飛ぶことを提案する。二人の目的は、鯉のぼりを使っての空からの宣伝で、お小遣いをアップさせることだった。3号の呼び出しも無視してバイトに励む二人。しかし、3号の呼び出しはバードマンからのものだった。万能乗り物「パーカー」をプレゼントするというのだ。1号たちにちょっかいを出す3号と4号だが、調子に乗ってパーカーを壊してしまう。しかし、パーカーのテストをしたかっただけのバードマンは、パーマンたちのバイトをおとがめなしにすることでうやむやにしてしまう。
○4号のアルバイト看板は、「人形の満月」。バードマン、いつもよりトバしてます。茶髪入ってますね。「パーカー」は、セットのようにもみだし、作者のイメージ通りの形になる。桜井さんらしい力業な話。

310 スーパーパーマンへの道 5/7
 いきなり月へ行くと言いだした1号。2号とともに、手製のロケットで飛び出す。だが、ロケットは壊れてしまう。1号の安否を祈るミチ子とは裏腹に、次の1号の座を巡って紛糾する子供たち。その頃、二人はバードマンに助けられていた。地上に戻った1号は、煙をたいて現れ、「次の1号はミッちゃんです」と言う。調子に乗る1号に業を煮やしたバードマンは、1号を消したり現したりしてお仕置きするのだった。
○バードマン、後半は明らかに遊んでます。

311 笑ってパーヤン! 5/8
 ミチ子が「ユーモアセンスがある人が好き」と言っていたとミツ夫から聞いた4号は、自分のユーモアセンスで勝負しようとする。だが、誰の耳にも駄洒落としか聞こえない。ミチ子たちにも頼まれた1号は、自分とのギャグ勝負を4号に申し出る。当然ミチ子たちは1号の言うことならなんでも笑うよう八百長しているのだが、どっちのギャグもいい勝負。4号は「東京向きの笑いを勉強しまっさ」と言って去っていくが、今度は1号が駄洒落にとりつかれてしまった。
○スミレの入浴シーンが見られる。原作通りバスタブ使用。

312 とんだUFO観測記 5/9
 星座の観察の宿題をしていたミツ夫たちは、偶然UFOを見てしまう。実はバードマンがマンガに夢中になって円盤の姿を消すのを忘れたのだ。写真を撮ろうと張り切るカバオたちは、夜更かしをしすぎて先生に叱られる。先生から頼まれたパーマンたちは、カバオたちを止めようとするが、意地になって帰らない。パーマンたちは仕方なくニセUFOを作って写真を撮らせようとするが、お見通しのカバオたちはパーマンたちをからかって遊ぶ。しかし、最初のUFOもいたずらだと解釈したため、結果的に作戦は成功したのだった。その代償として、カバオたちは外での夜更かしがクセになってしまった。
○バードマンもマンガ読むんですね。このシーン、バードマンの服がちょっと違ってます。

313 パーマンドリンクの作り方 5/10
 ママの手作り野菜ジュースに悩まされる1号。カバサブに「パーマンはなぜ強いのか」と問われたときに、「ジュースを飲んだからだ」と答えてしまう。間違ってコピーに渡された野菜ジュースを見たカバサブは、これがパワーの元だと勘違いする。だが、やはりパワーはつかない。問いつめられたコピーは、「パーマンの涙を入れる」と答えたため、二人は3号の涙を手に入れようと躍起になり、1号とコピーは3号に投げ飛ばされるのだった。
○カバオが読む本は「おしん」ならぬ「おきん」。3号、カバサブの前で「バードマン」って言っていいのか?

314 ぶりっ子パーマン 5/11
 ミチ子が政治家の息子、下田歯毛内(げたはけない)ヒデマロに夢中なのを知り、打ちひしがれるミツ夫たち。1号はミチ子の好みに沿うよう政治家ぶりっ子になりきるが、一般人からは大不評。遭難していた女子高生、小泉聖子と中森明子に、「今はかわいこぶりっ子がモテる」と言われた1号は、レクチャーを受けてかわいこぶりっ子に大変身。しかし、かわいこぶりっ子でミチ子を誘いに来たミツ夫は、聖子がヒデマロとデートしている現場に出くわす。ヒデマロ熱も冷めたミチ子は、ミツ夫を選ぶのだった。
○二人の遭難場所はハナタカ山。モデルは高尾山のようだ。
 1号、「ガールフレンドのミッちゃん」としゃべり、危うく正体に気付かれそうになる。

315 パーマンドラキュラになる 5/14
 ガン子は廃屋の洋館で、空を飛ぶドラキュラを見たが、家族は誰も信じてくれない。その正体は、廃屋で遊んでいた1号だった。翌日、ガン子の話は学校中に広まっていた。カバオたちは洋館探検に乗り出す。1号は先回りしてカバオたちを脅すが、カバオはドラキュラ退治に乗り出す。しかし、怪物コスプレで加勢した他のパーマンたちに追い出される。広がる噂に頭を悩ますパーマンたちは、「ドラキュラはいなかった」と皆に説明してごまかすが、1号が洋館で見つけたシルクハットには、「Ct.DRACULA」(ドラキュラ伯爵)のサインがあったのだ。
○カバオの文通相手は沖縄。ニンニクはカバオん家から持ってきたんだろうか。

316 正体見たり!パーマンはミツ夫 5/15
 頭のたんこぶが気になり、つい物陰でマスクを取ってしまった1号。それを『探偵少女物語』のロケをしていたスミレに見られてしまう。変身銃の恐怖におびえる1号と、正体を明かせないことに悩む3号。やけになった1号は、友人たちにも正体を明かそうとし、せっぱ詰まった3号はバードマンに相談する。バードマンは立体映像と特製コピーロボットで現場を再現し、スミレは決定的瞬間を見ていなかったことにして二人を救う。
○ この話のバードマンは、アッカンベーダ星の仕事帰りで、つい舌を出す向こうの挨拶をしてしまう。

317 敵がほしいパーマン 5/16
 TVのヒーロー番組を見ていて、自分も巨大な敵と戦いたいと思った1号。バードマンに聞いても、「そんな物はない」とあしらわれてしまう。しつこい1号に同情したバードマンは、感触立体映像のテストも兼ねて、「実は敵の本拠地に乗り込むところだ」と1号を誘う。1号はまんまと信じ込み、「本拠地」で大暴れ。だが、後をつけてきた2号が立体映像をいじったため、大混乱に陥る。事実を知って拍子抜けした1号は、「パーマンには巨大な敵なんて必要ない」と3号に励まされる。だが、今度は「宇宙に敵がいるんでしょ」とバードマンにすがりつくのだった。
○お芝居とはいえ、バードマンと1号が共闘するという、夢のような作品。安原さんが惜しげもなく渋い声を披露してくれる。パーマンのご近所ヒーロー宣言を高らかに告げる作品、というのは穿ちすぎだろうか。TVCMでハットリくんが。

318 リトルパーマンの謎 5/17
 いつも通り出動しようとしたミツ夫。ところが、コピーが2号くらいの大きさで止まってしまう。仕方なく、コピーにセットを着けて出動させることに。小回りがきくコピーは「リトルパーマン」と呼ばれて大人気。1号はリトルパーマンを誉めるカバサブに「パーマンは自由自在に大きくも小さくもなれる」と言うが、聞く耳を持たない。1号はリトルコピーにカバサブをコピーしで見下ろし、おでこタッチで誤った知識を植え付ける。作戦は大成功。
 翌日、休暇から戻ってきたバードマンは、ミツ夫を叱り、「調整光線銃(仮称)」でコピーを修理しようとするが、今度は巨大になってしまう。再調整したバードマンは、ついボタンを押してしまう。現れたのは、頭でっかちのスキンヘッド男。素顔を見たと色めき立つパーマンたちに、「パードマンはもっと二枚目」と、必死で否定するバードマンだった。
○冒頭、『ハットリくん』のマンガを読むミツ夫。パーマンセットは、着ける人によって自動的にサイズを変えるようだ。サッカーでのミツ夫の定番ポジションはゴールキーパー。これも一種のいじめらしい。
 「調整光線銃(仮称)」はボタンの色が黄色。ラストのバードマンコピーは、髪の毛もないし、アゴの形も違う。

319 カバオくんは神様です 5/18
 ドッジボールで遊んでいて、ボールが顔に命中したカバオ。すると、突然雨が降り出した。翌日、タマネギが目にしみたカバオが泣き出すと、また雨が。カバオは自分が雨を降らせる神様の生まれ変わりと思いこみ、サブを巻き込んで雨降らしのボランティアを始める。だが、うまくいくはずもない。カバオに相談された1号は、修行を勧める。翌日から、カバオは優等生に大変身。自信満々のカバオは、農村に雨を降らせると言い出す。平安を守りたいサブの頼みで、1号たちは人口の雲で雨を降らせる。あちこちから依頼が来て得意満面のカバオ。しかし、1号が口を滑らせたことで全てが発覚。いつものカバオに戻ってしまった。
○冒頭の遊びは円の内外でやるドッジボール。ガン子のレインスタイルが可愛い。

320 闇ナベパーティーへご招待 5/21
 母ちゃんが留守のため、カバオの家は野菜尽くし。逃げ出すために呼び出された1号は、昼飯を食いはぐれてしまう。事情を知った4号は、「根性を付けるため」闇鍋パーティーを企画する。ところが、パーティー中に1号のバッジが行方不明になってしまう。だが、バッジはお尻のガムにくっついていただけだった。呼びだし音で下痢と間違えられた1号は、恥をかいたのだった。
○1号はセット付けたままコピーのボタンを押したのに、セットがコピーされないのは納得できない。何かいつもと絵コンテの雰囲気が違う気がするな。

321 不良少女ガン子 5/22
 カバサブが汚したシーツの尻拭いをさせられたガン子は「積み木崩し」宣言をする。それを見かねたミツ夫は、パーマンになってガン子を助けることにする。他のパーマンと協力して、ガン子の悪事を未遂に終わらせる。真犯人がカバサブだと知ったママはガン子に謝り、ガン子は機嫌を直したのだった。
○サブ「ちょうちん」。ママとミツ夫のやりとりを見て、つい「パーマンの親子げんか!?」を思い出してしまう。警官役で安原さん出演。

322 とんだ発明少年! 5/23
 突然ミツ夫を訪ねてきた少年は、「坂町小学校四年、江地孫一郎」と名乗った。「パーマン1号というふぬけ超人」を、自分の発明でサポートしたいというのだ。話に乗った1号は、早速江地の発明を試してみるが、どんな発明もうまくいかない。唯一役に立ったのが、10本の手を持つマジックハンド。だが、TVのインタビューで自分の名が出なかったことに怒った江地は、マジックハンドを取り返してしまう。
○江地孫一郎(田中真弓)、通称エジソン初登場。初期のキャラ設定にはいないので、てこ入れキャラですな。

323 パーマンは透明人間 5/24
 仕事明けで疲れている1号は、遊びに誘うカバオたちに、「自分の力に頼らないように」と諫める。そんな折、バードマンの呼び出しが。動きたくない1号をテレポートしたところ、透明人間になってしまった。バードマンが物質転送機の修理に行ったのをいいことに、1号はいたずらのし放題。戻ってきたバードマンによって、元に戻った1号だが、カバオたちはあえて1号を無視する。透明のままだと思いこんだ1号は、女湯に突入して叩き出されるのだった。
○先生の0点を付けようとする教師パワーは、1号にも勝るものだった。

324 コピーの鼻を押せ 5/25
 今日もミツ夫の割を食って先生に叱られるコピー。しかし、ミツ夫がミチ子と「オルカ」コンサートに行くことを知り、意地でも交代されまいとする。1号はコピーの鼻を押そうと画策するが、須羽家の人々に不審者扱いされるだけ。仕方なくコンサート会場へ向かった1号は、マンホールへコピーを連れ込み元に戻す。だが、ミツ夫を待っていたのは、腹痛のミチ子の代理できた先生だった。
○「オルカ」は歌手の「イルカ」のもじりだろう。ちなみに社六も来ていた。コピーの防御用ヘルメットはフルフェイスだが、須羽家にバイクはなさそうだ。いったいどこから? 学校シーンの縄跳びを回す女の子が可愛い。パパ、お風呂場で「いい湯だな」の替え歌を披露。

325 パー子の悩みごと 5/28
 突然ミツ夫の部屋を尋ねてきた3号。だが、ミツ夫が「スミレが歯痛」という週刊誌の記事を読んでいるのを見てあわてて立ち去る。3号の不興の原因を探る1号たちだが、空振りばかり。歯医者の前で悩む3号を見た2号は、歯医者の息子に3号が惚れたのが原因だと思う。実は、歯医者に行きたくても有名すぎて行けないと悩んでいたのだが、知るよしもない。コピーを歯医者の息子にして告白させようとした1号は、怒った3号に追い掛けられる。だが、木に激突した拍子に3号の歯が抜け、訳が分からないまま仲直り。
○スミレの記事が載っているのは『週刊アイドル』180円。
 1号の励ましシーンは無駄に格好良くていい。
 脚本版ではラストが違う。以下脚本。
 仕方なく、自分で糸を結びつけて抜こうとしているところを見た1号は、『必殺お仕事人』のように殺されると思いこんでしまう。必死にケーキを持って詫びに来るが、当然3号には逆効果。だが、怒りに震えた勢いで歯が抜け、1号そっちのけで喜ぶ3号だった。
『必殺お仕事人』の妄想シーンは、BGM付きらしい。ぜひ見てみたかった。

326 このコピーは誰のもの!? 5/29
 バードマンが、コピーロボットのオーバーホールをするため、パーマンたちのコピーを集めた。代わりのコピーは一体だけ。パーマンたちに協力行動の大切さを教えるためだが、4人は自分の都合に合わせようとコピーを引っ張りだこ。だが、1・2・4号が同時にボタンを押したため、コピーの変身が不安定になってしまう。コピーをお小遣い値上げのためにこき使おうとしたミツ夫の目論見は大外れ。暴走したコピーに手を焼いているところにバードマンが。「エネルギーを充填しすぎた」と弁解するバードマンにコピーを返してもらったのはいいが、早速こき使おうとする1号を諫める3号だった。
○代わりのコピーの色は白。スミレの新曲として使われているのは堀江美都子の「サンシャイン」。パーヤン、「今回のバードマンは上出来やな」と評す。
 同じようなシチュエーションの原作に「まぜこぜコピー」があるが、こちらの方が早い。

327 パーマンはセンスが悪い!? 5/30
 星野スミレのファンの集いに招待された1号は、フランス人デザイナーの娘、カトリーヌに「はっきり言ってめちゃくちゃイモ」と言われる。ファッションセンスを磨こうと決意した1号は、ミチ子に「TPO」に気を使うよう言われる。1号はスミレの衣装さんから服を借り、事件現場に合わせたスタイルで現れるが、世間は大ブーイング。カトリーヌに直接アドバイスをもらいに行った1号は、彼女が日本語の使い方を間違えただけだと知り、脱力する。
○スミレのディナーショーの歌は「ぼくたちパーマン」。カバオは岩内の文通相手に自分の写真入り手紙を送るが、返事は来ず。火事のシーンはハーモニー処理。ロックコンサートの曲は既存曲の流用らしいが、タイトルは不明(bellasさん情報によりLOUDNESSの「蜃気楼-Shinkiro-」だと判明)。コスプレ時の1号は頭身が高い。

328 おしゃべりバッジ 5/31
 ここのところ事件続きでクタクタの1号。ゆっくり昼寝するため、ついバッジを放り出す。昼寝した1号は、バッジが意思を持っており、1号を監視していたという夢を見る。目が覚めると、バッジが突然しゃべり出した。実は3号が、放り出した拍子にマイクスイッチが入ったバッジを利用してバッジになりきったのだ。夢の影響で、バッジに監視されていると思いこむ1号。とうとう音を上げ、バードマンになんとかしてもらおうとするが、おしゃべりバッジの正体が3号だと知り空中で追いまわす。特別休暇を与えようと思っていたバードマンは、元気なパーマンたちを見て取りやめるのだった。
○カバオの文通相手は五所川原の女の子。コピー、「いいとも」と返す。夢のバッジの声は音声加工されているが、キートン山田?

329 お手本はパーマンで 6/1
 今日も居残りのミツ夫をカバサブにからかわれたママは、パーマン1号に息子の手本になって欲しいと頼みに来た。自分の手本になどなれないと困り果てた1号に、3号がある作戦を提案する。ヨガの行者のように健康的な暮らしをさせて音を上げさせようというのだ。作戦は成功し、須羽家の人々は音を上げるが、ママはあきらめない。滝行を渋るパーマンたちに代わって水に飛び込んだのを見た1号は、ミツ夫に返って謝ってしまう。真実を知らないママは不思議がった。
○1号の提出した生活表は、色鉛筆手書きの立派なもの。「ひるね」の時間があり、「いこいのひととき」と書いてあるのが彼らしい。パー子のチャイナスタイルがかわいい。

330 パーマンの別荘へご招待 6/4
 ミチ子たちにパーマンの家がどこにあるか聞かれたミツ夫は、つい口を滑らせて「一度行ったことがある」と答えてしまう。2号をおとりに使ったカバサブの策略に引っかかった1号は、自分の別荘に招待すると言ってしまう。3号・4号の手を借り、埋め立て地(夢の島?)に作られた別荘は、粗大ゴミを内装に使ったお粗末なもの。しかも、満ち潮であっけなく崩壊。しかし、本物だと信じ込んだ皆の宣伝によって、埋め立て地には毎日パーマンのファンレターが届き、ゴミの中から拾い集める1号だった。
○3号と4号の趣味は正反対。別荘の内装の中に、なぜかバードマンの肖像画が。

331 消えた円盤 6/5
 バードマンの呼び出しに遅れまいと全速力で飛んでいた1号は、バードマンの円盤に激突。円盤を弾き飛ばしてしまう。3号たちが円盤を探す傍ら、バードマンはミツ夫の部屋に転がり込む。円盤を探すと言って逃げ出した1号とコピーの留守中に、バードマンはママの手伝いをしたり、怪獣ショーに紛れ込んだりと地球生活を満喫。しかし、円盤はいっこうに見つからない。3号の提案で事故の現場を再現することに。1号が浮き輪を着けて円盤役になり、4号にはじき飛ばされる。円盤は奥多摩の山腹に埋まっているのが見つかるが、1号はダム湖の中で助けを待つばかりだった。
○円盤がないと、超能力も十分に使えないと言うバードマン。それでも短距離テレポートや湯沸かし、念力と使いたい放題。ミツ夫のおやつのイチゴケーキをいたく気に入る。しかし、後期の円盤故障ネタの遠因は絶対この回だな。

332 荒馬とパーマン 6/6
 ミチ子が乗馬クラブに通い始めた。ミツ夫はミチ子の凛々しさに当てられっぱなし。ジーンズ姿でキメて来た3号をバカにする。3号は乗馬クラブへ1号を誘い、調教していない黒馬へマントなしで乗せる。当然振り落とされるが、意地で乗りこなそうとする1号。実は、仲良しの白馬が側にいないと荒馬になるというのを知らされ、「あのじゃじゃ馬こそ調教が必要だ」とうめく1号だった。
○乗馬服姿のミチ子は凛々しい。パー子はブラウスにジーンズ姿と、乗馬服姿を見せてくれる。

333 コピーマグロの味はにがい 6/7
 ミツ夫にマグロの刺身のお使いを頼まれたコピーは、店の前でお金を落としたことに気付く。1号と2号に手伝ってもらって探すが、なかなか見つからず、カバサブには町のゴミ集めをしていると誤解される。1号たちはマグロ本体を調達する作戦に切り替える。海ではうまくいかず、結局水族館でマグロをコピーする。持ち帰ったマグロを早速下ろそうとするママ。さすがに焦ったミツ夫は、涙を流すマグロに同情させて危機を回避する。マグロは海に帰すこととなったが、ゴミ集めをしていたカバサブに追い掛けられるのだった。
○「モンゴウイカとホタルイカ、どっちが固いか」と問答するカバサブ。
 桶谷顕にその発想を感嘆させた作品。1号がマグロ持ってコピーすれば済む話だが。コピーマグロの悲しそうな目が愛おしい。

334 油断するなパーマン! 6/8
 TVの時代劇の剣豪に触発され、油断しないよう心がける1号。カバサブが一撃食らわすことができるか賭をすることにした。勝てばケーキが食べられるとあって、町の人たちを巻き込んでの大作戦に発展する。ミツ夫に戻っても心の安まる暇がない。だが、コピーミツ夫まで使っても油断しない1号を見て、とうとうカバオも降参。ケーキをもらって浮かれる1号は油断してビル壁に激突するのだった。
○冒頭のTV、剣豪の声は安原義人、敵の忍者の声は徳丸完だと思われる。置き手紙に律儀に「コピー」と書くコピー。マスクにダミー目を直描きするのはいかがなものか。

335 新コピーロボットは優等生 6/11
 ユキに待ちぼうけを食らわしたミツ夫のお陰で、コピーはユキの怒りを買う。それ以降協力を拒むコピーを扱いかねた1号は、バードマンに相談する。1号は、バードマンが持っていた本人よりも優秀になるコピーを、無理を言って譲ってもらう。新コピーは予想通り大活躍し、ミツ夫の株は上がる。だが、ミツ夫はいっこうに優秀にならないので、ギャップは開くばかり。そのころ、バード星に戻るコピーも、地球を離れたことを後悔していた。バードマンはコピーを連れて地球に戻り、二人は和解する。
○カバオの文通相手は長万部の乾物屋。バードマンは欠陥品とはいえ、何故コピーをじゃらじゃら持っているのだろう。バードマンはちゃんとオトしてくれるが、個人的には余韻を残して欲しかった。この話のバードマンのホルスターは左。指笛で円盤を呼び出すという技も見せてくれる。

336 星野スミレのイメージチェンジ 6/12
 星野スミレの新作映画「ミラクルマスク」が発表された。マスクがパーマンセットに似ているので、スミレはついパー子の雰囲気になってしまう。3号の時にも意図的におしとやかにしようとして、パーマンたちに不気味がられる始末。しかし、撮影現場が火事になってしまったのを見たスミレは、3号にモードチェンジして消火に奮闘する。駆けつけた1号が水を掛けてしまい、3号モードで怒るスミレを見た監督は、「ミラクルマスク」をアクション映画にすることを決めてしまう。
○ベランダでセットを外すな、3号。スミレのイメージより、正体がばれる事を気にする方が大事ではないか。まつ毛三倍増しの3号は恐ろしい。カバオの文通相手は会津若松。

337 魔女の正体をつかめ 6/13
 朝日ヶ丘の上空を魔女が飛んでいるのを見たミチ子たち。仲間はずれにされたミツ夫は、パーマンになって正体を突き止めようとする。掃除機にまたがって魔女のフリをしていると、魔女が現れた。1号は魔女と戦い、魔女の持っていた杖を手に入れる。杖を取り戻しにやってきた魔女を捕まえてみれば、正体は3号だった。後日、スミレの新作ドラマ『魔女っこスミレ』を見たミツ夫は、スミレがあの杖を使っているのを見て、3号がスミレではないかと考えるが、気を取り直すのだった。
○カバオは山形の女の子から漬け物を送ってもらおうとする。文通というより名産物集めだ。

338 赤鼻のパーマン 6/14
 パーマンの仕事中に、蜂に鼻を刺されてしまった1号。3号たちに笑われたくないために、「自分はコピーだ」とうそを付いてしまう。須羽家に戻ってくると、コピーが行方不明になっていた。3号たちはミツ夫が真実を告白しても、「故障している」と取り合ってくれない。4号も絡んで、行方不明になった1号を探そうとする。ミツ夫はようやくロボットに戻ったコピーを見つけるが、みんな信じてくれない。呼ばれたバードマンも、懲らしめのために素知らぬふりをするのだった。
○ミツ夫は部屋を出るのに、空から見えないようにするという頭脳派なところを見せる。

339 出るか!出ないか!パーマン5号 6/15
 とある雨の日。パトロールにも出ずだらけているパーマンたちを見たバードマンは、「人間以外からパーマンを5号を選ぶ」と宣言する。パーマンたちは、何が5号になるかで一くさり語り合うが、「チームワークがあれば大丈夫」という結論に達する。それを見たバードマンは、「パーマン5号は君たちの心の中にいるんだ」とキメるが、パーマンたちは「しょせんあの人のやることなんて思いつきなんだから」と冷たくあしらうのだった。
○バードマンの下落、ここに極まれり。でも、こうやってパーマンたちは自立していくのであった。

340 がんばれミツ夫は人気者 6/18
 日記に日頃の憂さをぶつけることしかできないミツ夫。見かねたコピーは、「善意と寛容と忍耐の人間になる」よう勧める。ミツ夫の人格改造に、友人たちは驚くばかり。ミツ夫としてのイメージアップに心血を注ぐあまり、パーマン稼業もコピーに任せてしまう。ところが、コピーがパーマンとして張り切りすぎて、ミツ夫のイメージはかすむばかり。3号たちは、ミツ夫にスターのハッちゃんの格好をさせて、人気者のつらさを体験させようとするが、ミツ夫の熱は冷めない。そこにバードマンがやってきた。「だめなミツ夫だからこそ、パーマンの正体がばれずにすんでいる」というバードマンの理屈に納得してしまったミツ夫は立ち直るのだった。
○カバオの大阪の蛍池の文通相手は、おばあちゃんだったそうだ。バードマンは、1号選定に関して何も考えてなかったことを露呈してしまう。

341 なんでも6600倍 6/19
 野球をしていた1号の打ったホームランボールが、偶然昼寝中のバードマンの口に飛び込んだ。頭に来たバードマンは、ホームインする1号の後頭部めがけてボールを投げ返す。それ以降、1号のパーマンパワーは制御不能になってしまう。家を壊したり、スミレをケガさせたりと、被害も甚大だ。原因が分からない1号を心配したパーマンたちのところにバードマンが現れた。バードマンの検査で、マスクのパワーコントロール部分が壊れていたことが分かる。だが、バードマンが1号に説教したことで、原因がバードマンだということがばれていまい、パーマンたちに叱られるのだった。
○バードマンの口振りでは、バード星には野球に当たるような物はないようですね。自分でも言ってるが、バードマンのコントロール能力も大したものだ。3号はちゃんとケガの手当をしているのだが、そこまで気を回す余裕は1号にはなかったようだ。オチで「ひょうきん族」の懺悔コントパロディあり。

342 パーマンの弱点みつけたり! 6/20
 「パーマンの弱点は何か」という話題で盛り上がるミツ夫たちのところに、社六と江地がやってきた。タッグでパーマンの正体を暴こうというのだ。途中で合流した先生も協力する。しかし、江地の発明はことごとく失敗し、先生ははずみでミチ子の入浴を見てしまう。「秘密にしてくれ」と頼まれた1号は、当然自分も見物に向かうが、3号と2号が黙っていなかった。大岩を落とされてもがく1号を見たカバサブは、1号の弱点は石だと納得する。
○社六と江地、初のタッグ作品。が、すぐにケンカ別れ。カバオ、埼玉の文通相手にネギをねだる。ミッちゃん家にきた1号のコンテが凝っている。

343 パー子のデート教室 6/21
 ミチ子たちがパーマンにめろめろなのに嫉妬したカバサブハル三は、「パーマンが美少女とデートする」と出任せを言ってしまう。嘘を本当にするため、1号を誘ったはいいが、1号はいまいち頼りない。それを聞いた3号は、手取り足取りデートの講習をすることにする。だが、遊園地では3号より頼りないことが露呈しただけだった。ようやく到着した待ち合わせ場所では、女装したカバ子が待っていたのだった。
○カバ子の登場シーン、幻想だとしても美化しすぎである。3号が1号とデートすることで一番得をしたのかも。

344 アンチパーマン一家 6/22
 コピーたちは、隣のクラスの屁素間がりおの家に招かれた。大衆食堂『屁素間亭』では、一家そろってパーマン嫌いで、パーマンがドジを踏むと半額サービスを行うほどなのだ。事情を聞いたパーマンたちは、説得にいくが、塩をまかれてしまう。他のパーマンたちがあきらめる中、1号は店の手伝いをしようとするが、やはりドジばかりで追い出されてしまう。自信喪失した1号を見かねた他のパーマンたちは、屁素間家の説得に向かうが、逆に謝られてしまう。1号が落ち込んで以降、半額サービスで店は大赤字だったのだ。そうとも知らず、屁素間家の励ましで1号は立ち直ったのだった。
○カバオの文通相手は八戸。1号の真面目さが分かる話。

345 まぼろしの龍宮城 6/25
 海釣りに行くミツ夫をうらやましがる2号。「うらしまたろう」の絵本にはまっているのだ。海に行った2号は、カメをいじめるカバサブをこらしめ、助けたカメにバッジをつけて、龍宮城をつきとめようとする。それを見ていたのがバードマン。落とした円盤のコンピューターボックスを回収するため、2号を利用することにする。バッジを回収しに来たパーマンたちは、立体映像の龍宮城を見つけ、玉手箱型のコンピューターボックスを回収する。バードマンは2号を叱って玉手箱を取り上げるが、パーマンたちにはしっかりばれてしまい、2号に円盤ごと回されるのだった。
○「パーマンたちに頼むと自分の権威が丸つぷれ」と心配するバードマンだが、もう十分下がってるから大丈夫だって。この話見てても、やはりバードマンは自分以外の物は機械を使わないとテレポートできないようだ。折角、バードマンのバッジの全体像を見るいい機会だったのに。オチで「助けて、カメさん」というバードマンだが、べつに「ジャングル」のカメさんは来ません。

346 パーマンの新体操作戦 6/26
 1号は、「パーマンがもっとカッコよくなるには」というアンケートに影響され、美しく飛ぼうとするが、カバサブに笑われる。見かねた他のパーマンたちは、スミレの新体操にヒントを得て、1号に新体操を教えるが、裏目に出るばかり。そんなとき、タンカーの事故が起こる。1号は、大勢の人を救出するために新体操を利用することを思いつき、TVを見ていたカバサブは1号を見直すのだった。
○レオタード姿のパー子、明らかに等身がいつもと違っているのはご愛敬。1号がプライドにこだわるところはバードマン譲りですな。久々本格救出ネタ。

347 パーマンでラクすると… 6/27
 最近何をするにもパーマンパワーでだらけている1号を見かねたバードマンは、「太っちゃう光線」で1号をどんどん太らせることにする。原因が分からない1号は戸惑うばかり。コピーと交代もできない。とうとう、ミッちゃんにまで4号と間違えられてしまう。どん底の1号の元に、ヘルスメーターを持った4号がやってきた。実は、バードマンの差し金で、三日がんばれば「やせっちゃう光線」で1号を元に戻すという算段だ。ところが三日目。バードマンは光線銃を忘れてしまい、哀れ1号は見殺しにされるのだった。
○コピーが見ているのは「ドラえもん」。カバオは小田原の女の子に蒲鉾を送ってもらおうとしたが、「小」の字が間違えてて戻ってきたらしい。北海道にも出してるらしい。

348コピーの日記帳 6/28
 ミツ夫の身代わりに疲れたコピーは、ミツ夫のパーマンセットを盗んでパーマンになり、家出する。しかし、行くあてのないコピーは、学校の裏山で野宿することにする。パトロールの誘いに来た3号たちは、事情を知ってコピーを探しに行く。そのころ、コピーパーマンは家出したカバオと出会っていた。お互いの事情を語り合ううちに、家出のぱかばかしさを悟った二人は家に帰ることにする。探しに来た3号たちも一安心。須羽家に戻ってきたコピーパーマンは、ミツ夫のねぎらいの手紙を見つけ、自分の日記に感謝と反省の言葉を記すのだった。
○コピーパーマンとカバオの語らいシーンのBGM、あまり使われないものですが、雰囲気に合ってて良かったです。

349 パー子はカバオの天使?! 6/29
 川で溺れたカバオを助けたのは、3号だった。3号が人工呼吸までしたことを知らされたカバオは、3号を天使と慕うようになる。しかし、迷惑な3号は、カバオを廃屋に迷い込んだ犬探しにつきあわせ、1号たち扮する幽霊に出会わせる。気を失ったカバオは、今度は助けてくれた1号にまとわりつくのだった。
○かくして、カバオのほうが1号よりも早く、3号の唇を射止めたのだった。

350 時をかけるパーマン 7/2
 居残り掃除のため、カバオたちと野球ができなくなった1号。コピーと交代したくても、カバオたちが見張っていてできない。バードマンに泣きついた1号は、「時間止めピストル」を撃ってもらい、時間の流れの外に出ることに成功する。掃除を終わらせ、皆をからかって遊ぶ1号だが、いつまでたっても元に戻らない。心細くなってきたところで、ようやく元に戻ったのだった。
○バードマンは、一応「指導者は厳格でなければ」と気取ってみるのだが、一分と持たなかった。でも、「時間止めピストル」はすごい威力だ。

上に戻る戻る