目次

この話はどの話? 251話〜300話

1話〜50話 51話〜100話 101話〜150話 151話〜200話 201話〜250話 251話〜300話
301話〜350話 351話〜400話 401話〜450話 451話〜500話 501話〜526話+特番 映画

251 バレンタインの幻の女の子 84/2/14
 バレンタインデーになっても、もてるのはパーマンばかり。幻滅したミツ夫に、カバオとサブがバレンタインデーチョコレートプレゼント反対同盟、略称バチ反同盟設立を持ちかける。ところが、ミツ夫は学校帰りに現れた謎の女の子にチョコをもらってしまう。実は彼女はコスプレしたスミレで、チョコのキャンペーンガールだったのだが、ミツ夫は舞い上がりっぱなし。カバサブも彼女のチョコをもらい、バチ反同盟はあっけなく瓦解する。その後、3号に幻の女の子がキャンペーンガールだったことを知らされたミツ夫は熱を出すが、同情した3号とミチ子にプレゼントをもらってデレデレのミツ夫だった。
○スミレの配るチョコは、「お山の金太郎さんチョコ」。ミツ夫の妄想モードも暴走している。バチ反同盟は「バチカン同盟」のもじり?

252 パーマンミツ夫の防災標語 2/15
 「防災標語を出してないのは君一人だ」と先生に言われ、「ちょっと待て 危険はいつも 隠れてる」と速攻で標語を作ったミツ夫。しかし、3号たちがパトロールの催促に来たので、標語を手に書いてパトロールに向かうことにする。だが、故障した起震車の手伝いをしている間に、文字が消えてしまった。職員は1号を起震車で揺すって記憶を思い出させようとするが、1号はふらふらになってしまった。思い出した標語はパーマン作の標語として採用されたが、肝心のミツ夫の標語はなくなってしまったのに気づいたのは夜中のことだった。
○直前になるまで泣きわめいていても、すぐ立ち直るミツ夫は偉大だ。ちなみに、起震車はそれほど怖くないのだが、私の職場に来たのは消防士だった。麻生さんらしい台詞回しが見られる。

253 パーマンとミチ子の交換日記 2/16
 ミチ子との交換日記を頼まれた1号は、断りきれずに引き受けてしまい、たまたま遊びに来た4号に代筆バイトをさせることにする。だが、ミチ子から日記を渡すのを頼まれた3号が黙っていない。日記を見てしまい、ミチ子の書くミツ夫のドジ話に大笑い。それを知った1号は3号をあしざまに書くが、3号は改竄した日記をミチ子に渡す。3号を誉める文章に取り乱したミチ子だが、ミツ夫の取りなしで丸く収まり、今度はミツ夫との交換日記を申し出たため、弱り果てるミツ夫だった。
○4号はバイト話ぱかり書くのだが、ミチ子の目はパーマンへの愛で違和感がかき消されてしまったようだ。本屋でボンボンコミックの発売告知あり。

254 ビックリシャックリ止まらない 2/17
 毎日午前様のパパにママがついに切れた。玄関で寝るよう命じるが、そのショックからか、パパはしゃっくりが止まらなくなってしまった。何をやっても良くならない。自分に責任を感じたママは、パーマンを呼ぶようミツ夫にすがりつく。相談された3号はコピーを総動員してびっくりさせようとするが、やはり良くならない。思い詰めたママは、自分が酔っぱらってベランダからダイビングする。間一髪1号がママを助け、パパのしゃっくりは見事止まる。が、全てはママのお芝居だった。1号が来なかったらどうするかまでは考えてなかったようだが。
○実は絵コンテを見ると、ママがベランダに立つ前後でボツ原稿がある。脚本は替わっているのかもしれない。

255 パーマン西遊記 2/20【原作 コロコロ文庫3巻 「パーマン西遊記」】
 「西遊記」の絵本に触発された2号は、自分が悟空になりきってしまう。ごっこ遊びにつきあううちに、荒れ寺へ来てしまった1号と3号は、ここで一夜を過ごすことになる。「はんごろし」を出すと言われて疑心暗鬼の三人は、住職を化け物と見間違えて大騒ぎ。「はんごろし」とは、おはぎのことだったのだ。もうこりごりと思いきや、今度は2号が「さるかに合戦」にはまってしまった。
○旧原作最後のアニメ化。2号も1号に負けず劣らず影響されやすいですね。なぜ「はんごろし」かというと、堅すぎず柔らかすぎずということらしい。

256 猛烈受験生がやって来た2/21
 須羽家に親戚のゴロウさんがやってきた。しかし、四浪しているゴロウはデリケート。「おちる」「すべる」と言うと気を失ってしまう。同居することになったミツ夫は大迷惑。困ったミツ夫は4号に相談する。4号はゴロウを無人島に連れていき、勉強に専念させる。しかし、4号の本心は、静かなところで眠らせて、精神をリフレッシュさせることだったのだ。リフレッシュしたのはいいが、今度はいびきがひどくてミツ夫が眠れなくなってしまった。
○今頃入れ歯ネタ。バナナの皮で滑ってマンホールの中に落としたらしい。ミツ夫のパジャマがオレンジだ。

257 スミレの愛犬ロングの休日 2/22
 3号が、ロングを預かって欲しいと行ってきた。争奪戦の結果、ガン子が引き受けることになる。しかし、ロングはスミレが恋しくて、町でスミレに似た人形を見かけて逃げ出してしまう。道に迷ったロングは2号の家に行き、コピー人形に触って変身させてしまう。それを探しにいった1号のコピーにも変身させてしまう。二匹のコピーはカバサブと三重に拾われ、汚れてしまった本物は1号が無事見つける。しかし、コピーを取り返すには難儀しそうだ。
○ロングはグレー系の体毛をしている。ダックスフンドなのにいいのかな。入れ歯会話あり。

258 発見!パーマンの祖先 2/23
 学校の自由研究で、パーマンのルーツを探すことになったミツ夫だが、うまくいかない。他のパーマンたちとともに、バードマンに相談することにする。バードマンはパーマンたちに「歴史の扉」を開き、パーマンたちは弁慶、猿飛佐助、鼠小僧に出会う。ミツ夫は彼らがパーマンたちの祖先だという自由研究を発表するが、一笑に付される。バードマンは、いつの世にもパーマンのような精神を持った人々がいると教えたかっただけなのだが、恨まれ損であった。
○バードマン、今回は円盤に跨って話す。「過去への扉」を開く珠を取り出す時、マントで一瞬体を隠してイリュージョンのように取り出すシーン、その後の説明シーン共に思わず萌えてしまった。パーマンたちのマントが空中できちんとはためいてるのも高ポイント。
 ちなみに、作中の猿飛佐助と戦っていた忍者はハットリカラーだった。よく見えなかったが、顔もハットリ似?

259 パーマンを呼ぶ方法 2/24
 パーマンとどうやって連絡を取っているのかと問いつめられたミツ夫は、出まかせで「パピプペ・パピプペ・パピプペ・パーマン」という言葉とテレパシーで呼び出すと答えてしまった。カバオたちは必死にテレパシーの練習をするが、パトロール中に1号が通りかかったミチ子とサブは喜び、来なかったカバオはがっかり。カバオに同情した1号は芝居を打つが、それがばれたため、カバオはさらに執念を燃やすのだった。
○1号、調子に乗って「ひらっちょ」と使う。又入れ歯ネタ。

260 まるくて赤い物なーに? 2/27
 0点テストのカルテットの始末に困ったミツ夫は、ママに見られそうになってしまう。丸くて赤いものを見ると反応するママを押さえるため、先回りして危ないものを排除しようとする1号。お陰で一般人は大迷惑。しかし、事情を聞いた3号の取りなしで、ママはミツ夫を叱る代わりに、3号を家庭教師につけたのだった。
○ママが見ているポストには、「群区内」と書いてある。朝日ヶ丘は東京ではないのか?

261 パーマンのスピードアップ大作戦 2/28
 パーマンのスピード限界は119キロ。何とか早くならないかと、パーマン各自で研究して競うことになった。立会人は原田選手。2、3、4号が工夫して数キロ単位で増やす中、手ぶらで来た1号は3号を挑発し、3号に投げられる。1号はそのまま雪山に突っ込んだが、見事300キロのレコードをうち立てたのだった。
○パー子は柔道の道場に通っている。須羽家に家族公認で泊まる4号。原田選手の声優は千葉繁。

262 氷になったパーマン 2/29
 ワカサギ釣りにやってきたミツ夫たち。パパと専務も一緒だ。だが、釣れない専務は御機嫌斜め。専務をなだめるため、パーマンを呼ぶよう頼まれたミツ夫。水底の作業を嫌ったミツ夫は、コピーをパーマンにし、潜ってわかさぎを釣り糸に付けさせる。専務は大喜びだが、コピーは寒さで凍り付いてしまう。SOSでやってきた他のパーマンたちは、真相を知ってミツ夫を諫めるのだった。
○寒い所の話なので、みんな重武装である。

263 最悪パトロール 3/1
 バトロールの途中で、突然飛べなくなってしまった1号。下には何故かバードマンがいた。バードマンは故障したらしいマントとマスクの代わりに「プラセーボ」というまねごとセットを渡す。仕方なく徒歩でパトロールを続ける1号は、暴走族に絡まれているミチ子とユキに出会う。一度はネームバリューで暴走族を追い払ったものの、リーダーが逆襲にやってきた。窮地に陥った1号は、たまたま落ちていた手品セットの10円玉でデモンストレーションし、なんとか追い払う。夕方、ようやく帰ってきたセットに大喜びの1号。実は、故障の原因はバードマンが誤って落とした 「マーパロゲンF96」という液体にあったのだが、1号には知る由もなかった。
○「朝日ヶ丘小学校」の看板が縦書きになっている。手品セットの10円玉については、伏線を張ってもらいたかった。しかし、ミツ夫の力で良く二階に上れたな。「プラセーボ」って「プラシーボ(偽薬)」のもじり?「マーパロゲンF96」は、「パーマンが泣いた?」で使用されたパーマンパワーをなくす球の液体型だそうだ。この手のネタで明確に繋がっているのは珍しい。脚本家も違うし。それにしても、宇宙空間で落とした液体が1号に当たるのはほとんど奇跡。バードマン、狙ってた?

264 男の子だってひなまつり 3/2
 女性陣がミチ子の家でひなまつりパーティーを開き、「ミスターひなまつり」を選ぶことにする。カバオを始め、男性陣はなんとか取り入ろうと必死。大根を配ったのが効果あったのか、見事カバオが選ばれる。しかし、「ミスターひなまつり」とは、内裏様のコスプレで人形としての仕打ちを受けることだった。女の子は残酷なのだ。
○トシちゃんとマッチのリアルなイラストが怖い。日曜版の本放送時、関東ではオチに使われた「人形は顔が命です」の「吉徳」のCMが流れた。

265 パーマンは1号だけじゃない 3/5
 カバサブの自由研究で、パーマン1号が一番新聞に載った回数が少ないことが分かる。挽回しようと張り切る1号だが、単独行動にこだわる1号に、みんな怒っている。そんな折、カバサブが載った北海道行きのジェット機に爆弾が仕掛けられた。高度が下がると爆発するため着陸できない。仕方なく折れた1号は、四人でパータッチしてジェット機を救出し、高山に下ろして難を逃れる。カバオたちも1号を見直したのだった。
○カバオ、「ちょうちん」と使う。ハイジャックは狂言だったが、「エリア88」ばりだ。

266 犬になったパーマン 3/6
 パーマンにプレゼントしたクッキーを食べたとミチ子に言ってしまったミツ夫。ミチ子に嫌われた悲しみをぶつけるため、ミツ夫は人気のない断崖で「僕が、須羽ミツ夫がパーマンなんだよ〜っ!」と叫ぶ。ところが、気がつくと老人が立っていた。バードマンの恐怖におびえるミツ夫は、自分が犬になった夢を見る。ミツ夫犬はパーマン5号としてやり直すチャンスを与えられ、カバオに拾われる。だが、パーマンたちもコピーも、自分が元ミツ夫だとは気づいてくれない。泣いて悲しむミツ夫だが、目が覚めてもバードマンは来ていなかった。実は、老人は耳が遠かったのだ。
○ミツ夫犬は白い毛に黒い耳。ちゃんと髪型の名残があるところがかわいい。この回のバードマンのホルスターは左にある。5号の活躍シーンで、「バードマンがやってきた!!」のBGMが使われているのがはまっている。

267 パーマン人気投票 3/7
 商店街のイベントとして、パーマンの人気投票をすることをカバサブが思いついた。カバオの父ちゃんたちも乗り気で採用する。評価をあげたい四人は、それぞれのやり方でサーピス合戦を始め、人は来るし、町はきれいになるわでみんな大喜び。商店街は接戦に気をよくして期間延長を決め、それを見守るバードマンも黙認したのだった。
○ブービーは寛一お宮ごっこをするが、いいシュミしてる。バードマンはラスト、視聴者に向かって「君たちなら誰に投票するかね」と呼びかけ、「スミレちゃん!」と返されてヘコる。バードマンのマントが変。

268 消えたバスケットシューズ 3/8
 新しいバスケットシューズを買ってもらったミツ夫は上機嫌。1号になってカバサブにも見せびらかす。パーマンのパワーアップアイテムだと思いこんだ二人は、ガン子に命じてバスケットシューズの片方を奪わせる。力はないと分かったが、ガン子の発案で靴にあった人間を捜すシンデレラ作戦を試みる。1号がそれを見つけ、靴を履こうとするが、接着剤で張り付いていたため、靴底がはがれてしまう。悪く思ったガン子が貯金を出し、無理矢理片方だけ靴を買って収まったのだった。
○サブ、「ちょうちん」と。1号の「ひらっちょ」も板に付いてきましたね。入れ歯会話あり。靴屋の名前「座円堂」は製作スタジオの名前のもじり。

269 ヒョータン沼のヒョッシー!? 3/9
 謎の生き物なんていないと言い張るミツ夫に一泡吹かせたいカバサブは、ヒョータン沼にミツ夫を誘う。怪獣の看板で脅かされたミツ夫はパーマンによる逆襲を思い立つ。怪獣の絵のアドバルーンを沼に沈め、カバサブを脅かして大喜び。しかし、運悪くバードマンに見つかり、お説教を食らう。コピーにも愛想を尽かされ、飛ばされたアドバルーンを追っかける1号だった。
○カバオに脅された際の毅然としたミツ夫がいい。バードマンも暇ですな。脅しに使われる怪獣映画は「オジラ」。

270 空で野球を 3/12
 空き地が立入禁止になって、野球ができないカバオたちはパーマンに頼むようミツ夫にごり押しする。1号は、空中で野球をすることを思いつく。他のパーマンたちも協力するが、どうもうまくいかない。3号の発案で、空にキャンバスを浮かべて野球場を作ることにする。町内の人々が見守る中、町内の紅白試合が行われる。アクシデントにもめげずに試合は進むが、その時大雨が。球場は撤収され、サヨナラホームランのチャンスを失ったカバオの怒号が、むなしく響き渡るのだった。
○カバオの父ちゃんは入れ歯を新調したらしい。試合は男性陣、実況と解説が女性陣(しかもミチ子は出ない)という形態も珍しい。

271 ラブバカンスは南の島で 3/13
 南の島のトトンガ島へ行ったハル三の自慢を聞いたミツ夫たちは、ミチ子とのデートを目指して行動に出る。カバサブが地道に懸賞に励む中、ミツ夫はパーマンになってミチ子と直接バカンスへ。それを知った3号は、二人の仲を裂くため一芝居打つことにする。現地人の娘に変装し、1号が酋長の花嫁にミチ子を捧げたとうそを付く。ミチ子は1号に裏切られたと怒り、南の島アレルギーになってしまった。
○3号の嫉妬ぶりは、コピーと2号にはバレバレである。コスプレする際、スミレが意味ありげにウインクするのがいい。

272 ドッキリ腕相撲機 3/14
 ゲーセンの腕相撲機で遊んでいた1号は、機械を壊してしまった。同じくモグラたたき機を壊してしまった2号とともに、自分たちが中に入ってアルバイトすることにする。犠牲になったのはカバオとサブ。しかし、ミチ子にはあっけなく負けてあげる。飽きてきた二人は、コピーに代理を頼んで行ってしまうが、そんなときに限って強面の学生が。機械に八つ当たりする学生を見つけた3号と4号によって、からくりがばれる。1号と勝負して腕相撲に病みつきになってしまった3号は、誰彼かまわずなぎ倒して店長に怒られるのだった。
○カバオの文通ネタ初登場。埼玉の女の子。

273 パーマンの宝物はなんだ? 3/15
 ミチ子に、学校新聞に載せるためにパーマンの宝物を知りたいと頼まれたミツ夫。パーマン会議を開いて、パーマンにふさわしい宝物を探しに出発する。アリババ州に落ちた巨大隕石、ノアの箱船、バミューダ海域と行くが、何も見つからない。1号は一計を案じ、ミチ子たちに「パーマン」と彫られている月を望遠鏡で見せる。実は、望遠鏡に細工しただけなのだ。
○パータッチして竜巻を起こす「パーマン大回転」というネーミングが初登場。2号のノミが望遠鏡に飛ぶというしょうもないオチがある。

274 スミレパー子のビックサーフィン 3/16
 スミレがハワイロケに行くと聞いて、ハワイに行きたくなった1号と2号。ハワイに行くといった3号の偵察も兼ねている。早速スミレが溺れているところを助けるが、実は撮影だったのだ。謝りに行った1号は、スミレがコピーを持っていたところを見てしまう。真実をうち消すべく、3号はスミレのサーフィン映画の手伝いとして同室にいるとうそを付く。3号は、1号2号に特注ボードでスミレのスタントをさせ、帰りは自分が雲海でサーフィンして帰るのだった。
○林さんにしてはスミレは頑張っている方だと思うが、やはりうまい人で見たかった(失礼)。文通相手は八戸の女の子。

275 パーマンセットむだ使い禁止 3/19
 バードマンが恒例の偵察をしていると、相変わらずミツ夫はだらけている。思い立って統計を取ってみると、有効パー着一回に対し、しょーもないパー着八回という結果。怒ったバードマンは、1号に物に触れると電撃が走る着地妨害システムを張る。バードマンを見つけて事の次第を知る1号だが、バードマンは1号の成長に期待して懺悔させようとする。しかし、1号にはあまりにも心当たりが多すぎた。1号へのお仕置きはいつ果てるともなく続くのだった。
○バードマンはベータビデオを使っているらしい。バリヤー銃(仮称)登場。この話の1号はパジャマ姿。社六のパパがさりげなく初登場。1号にはぜひとも、「木を見て森を見ず」という成句を教えてあげたい。

276 パーマン忍法免許皆伝 3/20
 忍法を使ってみたいカバサブの前で、「パーマンにも忍法がある」と言ってしまったミツ夫。新しく忍法を作ることにする。胡麻擂りの手伝いを頼まれて思いついたのが、一人パーマン大回転忍法(仮称)。パーマンパワーで火おこしをし、遠心力で消えたように見せかけるのだ。だが、火が出過ぎて1号に燃え移り、新忍法は見事失敗したのだった。
○岸間氏の脚本を見ると、ママさん合唱に関する1エピソードが丸々カットされている。タイトルの由来の台詞もである。まさにもったいない(by.桶谷顕)脚本。

277 もしもパーマンだったなら 3/21
 学校の作文で、「もしも○○だったなら」という課題に苦しむミツ夫。カバオたちは「もしもパーマンだったなら」という題であれこれ夢想するが、実際にパーマンであるミツ夫は複雑な心境。しかし、本人だから分かるパーマンの真実 を書くことに決めたミツ夫は、コピーに作文を頼む。コピーは立派な作文を書き上げ、ミツ夫は先生に誉められる。だが、彼の幸せをうち砕いたのは、ミチ子の「パーマンはミツ夫さんじゃない方がいいと思います。私がミツ夫さんを好きなことになってしまうからです」という発言だった。
○作文を誉められたと言っても、コピーが書いたものなんだよね。パーマン−セット=ミツ夫と夢想するミツ夫だが、そこにミチ子の色眼鏡という因数を考えなかったのが敗因であろう。

278 パーマンお出入りさしとめ! 3/22
 ミツ夫にとってパーマンは迷惑な友人だと常々考えているママが、ついに実力行使に出る。ベランダにフェンスを張ったのだ。閉め出されたパーマンを巡って、コピーやミチ子たちが抗議しても聞き入れない。1号が潜入しようとしてもうまくいかない。ママの態度を軟化させたのは、パーマンのことを書いたミツ夫の作文を誉める先生からの電話だった。実はカバオたちの差し金だったのだが、そうと知らないママは金網を撤去する。喜び勇んで突入した1号は、サッシを開けるのを忘れて壊してしまい、またママに叱られる羽目になる。
○回想シーンで、パーマンたちが風呂に入っているシーンがあるが、パー子は皆と一緒に入らないでしょ。巨大化パーマンは恐ろしい。ママが鼻歌を歌っているが、本歌が分からない。脚本には「菩提樹」を推奨してあるのだが……。

279 サブ大きくなる!? 3/23
 野球の試合でホームベースに突入したサブは、背が足りないばかりにアウトになってしまった。落ち込むサブを見たカバオとミツ夫は、「背のばし作戦」を実行するが、速攻で効き目は現れない。愛想を尽かしたサブは、パーマンたちに相談を持ちかける。3号は気分だけでも大きくしようと、1号との二人羽織を提案する。サブの背が高くなったのはいいが、木にぶつかったり、バスで大人料金を請求されたりと、問題が起こる。サブは大きくなることをあきらめ、3号のもくろみは成功するのだった。
○カバオたちの野球ユニフォームは、今までで一番しゃれている。サブ「ちょうちん」使用。

280 パーマン応援旗 3/26
 ガン子たちは、パーマンに内緒でパーマンを応援する旗を作ろうとする。協力するコピーを不審に思ったミツ夫は、おでこタッチをしようとするが、その拍子にマントの布を落としてしまう。布はガン子の手に渡り、応援旗の素材にされてしまう。それを知った1号は、応援旗ごとマントにして飛ぼうとして大混乱。しかしガン子たちは大喜びだった。
○赤バックが効果的に使われている。マントの留め金と布がパーマンパワーでもないのに外れてしまうとは、ちょっと理解できない。あれからどうやって付けたか心配だ。

281 パーマンポーズ 3/27
 TVの「ヒルトラマン」を見ていたミツ夫は、パーマンにもアクションポーズが欲しいと考える。だが、折角考えたポーズも、八百政の宣伝に利用されたり、犯人があきれて逃げられたりとさんざんな有様。それでも乗り気なパーマンたちは、各々のポーズを取って楽しむ。だが、バードマンが黙っていない。「パーマンにはアクションポーズなんて必要ない」という一喝するバードマンだが、一人だけ頑張っていた2号も、バイトで名乗りの録音を頼んでいただけだと分かり、バードマンの誉め言葉は無駄になったのだった。
○「きみたちにはパー着、パワッチという決め台詞があるではないか」と言うバードマンだが、パー着は一般人の前で使えないから無理ではないだろうか。

282 普通の男の子に戻りたい 3/28
 自分には「パーマンの親友」としての価値しかないのではないか?悩むミツ夫は「真の友情を求めたい」と3号に相談し、アドバイス通り1号と絶交宣言する。カバオたちは露骨にミツ夫を軽視し、ミチ子も冷たい。思わぬ結果に落ち込むミツ夫は、パーマンになっても元気がない。ついに3号に八つ当たりする始末。カバオたちが反省したときには時遅く、ミツ夫は心を閉ざしてしまっていた。皆はパーマンとして落ち込んでいた1号に仲直りするよう持ちかけ、1号は真の友情に感激するのだった。
○現代の表層的な友達付きあいしかしてない子供たちに、ぜひ見てもらいたい話。

283 悪いクセをなおそう 3/29
 学校で、「悪いクセをなおそう」と言われたミツ夫は、パーマンになってコピーに自分の癖を直させようとする。コピーは大迷惑。カバサブもパーマンたちを呼びだして、自分の悪い癖を直させようとする。コピーの弱みもあって引き受けた1号は、二人に好き放題のアイデアを出すが、素直に従ったカバサブは先生に誉められ、いつも通り遅刻したミツ夫は、叱られたのだった。
○カバオのクセは鉛筆で鼻の穴をほじること、サブは髪の毛をいじること。

284 飛べなくたってパーマンだ 3/30
 カバサブに「パーマンなんてマントがなければただの子供だ」と言われたミツ夫は、「マントを付けずに活躍させる」と約束する。アドバルーンを取りに行くのにも飛べなくて不自由する1号は、カバオに降伏するよう言われるが、意地で降伏できない。しかし、3号からゴンドラの救出依頼が。1号は練習していた投げ縄で乗組員をキャッチし、見事救出する。完敗のカバサブは今度はマスクなしで勝負しようと言い出すのだった。
○最初の事件の舞台は高円寺。マントなしネタも定番ですが、ひと味違った展開。

285 太っちょパパなんか大嫌い 4/2
 父親参観日が近づくが、ガン子は太っているパパを見られたくなくて、参観を拒否する。仲違いしたガン子とパパを見かねたミツ夫は、3号に相談する。3号はママに協力してもらい、パパのズボンのサイズをちぢめたり、エレベーターのブザーを鳴らしたりと、自覚を促す。自覚したパパはトレーニングを始めるが、つきあわされるミツ夫たちは大迷惑。ガン子もついに音を上げるのだった。
○本編中で、166話「パーマンの授業参観日」をふまえた会話がある。

286 さらばコピー 4/3
 最近のミツ夫は、コピーにパーマン稼業を押しつけ、全然思いやりが見られない。見かねた他のパーマンたちは、一計を案じる。コピーが仕事中に大やけどをしたと言って、黒こげの身代わりを用意したのだ。コピーが死んだと思いこんだ1号は号泣し、真人間に生まれ変わる。あまりの変化に、狂言であったことを言い出しかねる他のパーマンたちだった。
○私的には、こういう時こそバードマンの出番だと思うのだが。ミツ夫の号泣シーンは全部引用したいくらいの名言なのだが、ビデオで確認して下さい。

287 心やさしき仲間たち 4/4
 サブには、お人形さん遊びが好きだという秘密があった。それを知ったカバオは、サブを男らしくしたいと1号に頼む。しかし、1号の介入は、サブを追いつめただけだった。なんとか真相を聞き出そうとする1号に、サブは捨てられていた人形を見て可哀想になり、集めていたと話す。真相を聞かされたカバオは感激し、サブと仲直りの印にお人形さんごっこをするが、乱暴なカバオにサブがまたキレてしまうのだった。
○どうやら、カバオはこれでお人形さん遊びにはまってしまったらしい。

288 ゴマすりは楽じゃない 4/5
 父兄会で日頃の素行の悪さを密告されたくないカバオは、先生の引っ越し手伝いをすることをサブとミツ夫に持ちかける。ミツ夫はコピーに先行させて、パーマンになって合流する。パーマンパワーで荷物を運ぶ1号は、張り切りすぎてリアカーを壊してしまい、2号と協力して引っ越しを完了させる。しかし、リアカーを壊した拍子に割れ物が壊れてしまったのを知った先生は怒り狂う。知らぬが花で大喜びのカバオたちだった。
○2号と荷物運びするシーンで、「お猿のかごや」が流れる。

289 バードマンの忘れ物 4/6
 1号がパーマン稼業にも出ずに落ち込んでいることを3号から聞いたバードマンは、ミツ夫を励ましに行くが、けんもほろろに追い返されてしまう。その時置き忘れた犬の首輪を、ミツ夫はバードマンのパワーアップアイテムだと思いこむ。偶然のいたずらもあって、自分はパーマンにならなくても強いと思いこんだミツ夫は、カバオと決闘の約束までしてしまう。そこに真相を告げるバードマンが……。パーマンたちもバードマンもあてにはならず、待ちぼうけのカバオとの対決を助けてくれる者は誰もいなかった。
○冒頭、スミレのマンションでお茶しているバードマンが出てくる。よく見るとマグカップぽい。やはり仲いいですね。替わりにパーマンをするコピーも板に付いている。

290 10万分の1の風船を追え 4/9
 四越デパートが企画して、「探偵少女物語」出演権の入った風船が放たれた。確率は10万分の1。当然1号も狙っているが、カバオたちの手前、おおっぴらにはできない。ラッキーカード入りの風船を見つけたのは、カバオとコピーだった。だが、1号は電柱から落ちそうになった二人を助けた拍子に、風船を逃してしまう。その風船を割ってしまったのは3号。パー子としての幸せを取った3号はカードを落とし、最終的に大山先生が拾ったのだった。
○スミレが凶悪なまでにかわいい。ミツ夫とスミレの結婚式妄想シーンセル画は、「まんだらけ」の雑誌カタログに掲載されていた。

291 船酔いパーマン 4/10
 ミチ子の実家がある七丈島にフェリーで向かうミツ夫たち。船酔いに悩むミツ夫はパーマンになって飛ぼうとするが、コピーは人形に戻ってしまう。それを押したのは船長。ミツ夫が行方不明になったと思いこんだカバオたちは、パーマンに捜索を依頼する。その頃ブリッジでは、二人の船長が指示を出して大混乱。パーマンは船酔いでダウンし、医務室に向かうが、ミツ夫に戻っているところを医者に見られてしまった。焦るミツ夫だが、その医者は再び鼻を押されたコピーロボットだった。
○船酔いはコピーにも伝染するらしい。バードマンが1カットだけ出るのだが、「ニヤッ」とするのが怪しくていいです。

292奥様はバレーボールがお好き 4/11
 クラス対抗ママさんバレーボールのV2をめざし、奥様方が須羽家に集合した。コーチを頼まれた1号は、3号にコーチを頼む。猛特訓の成果もあって、決勝戦に進んだ2組の相手は6組。ギャラリーに突っ込んだ拍子に、ママはコピーの鼻を押し、捻挫してしまった。ママになったコピーを見つけた1号は、替わりに出場させようとするが、うっかり人形に戻してしまう。しかし、ママはテーピングして出場し、見事優勝を勝ち取ったのだった。
○この話のミツ夫のクラスは2組。固定してくれないと困るなあ。

293 銭形カバオだ文句あっか! 4/12
 カバオとサブが仲違いしている。きっかけは、親分らしくないカバオにサブが失望したせいだ。だが、偶然カバオの投げ銭技を見たサブは、カバオを焚き付ける。銭形平次にひっかけて「銭形カバオ」と名乗ったカバオは上機嫌。パーマンの事件にも同行するが、4号の呼び出しで来てみれば、逃げ出したブタを救助する仕事が待っていた。ブタの集団に投げ銭代わりの野菜を取られてこりごりのカバオは、銭形ごっこをあきらめるが、サブは頼りない親分を支えようと決意したのだった。
○1号は投げ銭を全部縦で貫通させる。なかなかの才能だ。

294 パーマンは鬼コーチ 4/13
 野球部の新レギュラーを目指して、ミツ夫は自分で特訓を決意した。その意気に感動した3号がコーチを引き受けるが、猛特訓する姿にサブが危機感を感じる。サブは1号にコーチを依頼し、仕方なく1号は同意する。しかも、コーチ相手は他のレギュラー全員。ミツ夫は一計を案じ、コピーパーマンと2号にサブたちの特訓を任せる。だが、カバオだけは余裕で、訓練にも参加しない。テストの結果、落ちたのはカバオだった。カバオの父ちゃんはパーマンの特訓を受けるよう命令し、レギュラーの座を失いたくない1号は悩むのだった。
○カバオの父ちゃんは少年野球のコーチらしい。

295 サブとカバオの竹馬競争 4/16
 サブが一年に一度だけ威張れる日、竹馬大会の日がやってきた。ミツ夫にとっては屈辱の日だ。今年も絶好調のサブは威張りちらし、皆は大迷惑。カバオはサブを諫めようとパーマンの特訓を受けて竹馬勝負を挑むが、敗れてしまう。だが、カバオの特訓を見ていたサブは、パーマンの実力を知って反省したのだった。
○ガン子にまで「知らない人よ」と言われてしまうミツ夫もあんまりである。

296 江戸っこパーヤン 4/17
 関東ではいまいちの知名度に悩む4号は、関東人受けするパーソナリティーを目指し、関東弁でイメージチェンジを試みる。だが、すぐには良くならない。ガン子たちにおごらされたりして嫌気が差した4号は、イメージチェンジは止めにするのだった。
○当時のアニメ雑誌で、「パーヤンよりもパーマンの関西弁のほうがうまい」という皮肉な投稿があったことを思い出す。

297 パーマンのおたすけサービス券 4/18
 1号は、「なんでも相談」を開き、悩みを聞くことにする。ここでもらえる「おたすけサービス券」を十枚集めると、パーマンに頼み事ができるというシステムだ。ところが「おたすけサービス券」を持った客がたくさんやってきた。雑用が一気に増えて、1号は大迷惑。1号は券の山を持ったカバサブを疑うが、それはカバオの唇キッスがもらえる「カバオサービス券」だった。共同で真犯人探しをすることにした1号だが、真犯人はお菓子をもらいたかったコピーだった。
○「おたすけサービス券」は、プリントゴッコで作られている。カバオの父ちゃん、また入れ歯をなくす。

298 女の子は無口な方がいい 4/19
 6分20秒相づちなしでもしゃべり続ける3号に嫌気がさした1号は、「女は無口な方がいい」と愚痴る。翌日から、3号はいっさい無口で活動するようになった。勝手に事件を解決し、意志疎通ができないパーマンたちは大迷惑。原因が1号にあると知った4号に説得されて、渋々謝った1号に、3号の怒りも解ける。だがそれは、新たなおしゃべり地獄の幕開けであった。
○3号のトークは、新作ブランド水着の話などしているのだが、結構嫌味である。

299 ミツ夫が転校する!? 4/20
 ユキのクラスのみきおが、転校することになった。悲しがるユキの話を聞いたミツ夫は、転校すればプレゼントがもらえると期待し、パーマンとしてミツ夫が転校するという噂を流す。それを聞いたコピーは、3号に相談する。3号はやくざな方々に依頼し、パーマンの連絡係として、パーマンも連れてってほしいとミツ夫に頼む。怖くなったミツ夫は、転校を撤回したのだった。
○カバオの文通相手は埼玉。パーマンの連絡係を狙うカバオたちの醜い争いが見られる。

300 パーマン捕物帳 4/23
 老人ホームでの出し物として、ミツ夫は時代劇仕立てのパーマン劇を書き上げる。だが、主役がミツ夫ということで、皆の総すかんを食ったのだった。
(以下劇中劇パート)
 時は江戸時代。小町娘のおみっちゃんが、泥棒の疑いを掛けられた。何とか疑いを晴らしたい満夫之進(字は推定)の前に、変な乗り物に乗った男が現れた。天狗のおじさん(バードマン)は、満夫之進にパーマンセットを渡して飛び去る。「赤合羽天狗」と名乗ることにした満夫之進は、おみっちゃんの奉公先、三重屋の晴吉が犯人らしいという手がかりを得る。晴吉はからくり人形の資金欲しさに金を盗り、おみっちゃんに濡れ衣を着せたのだった。赤合羽天狗対巨大からくり人形の戦いは、赤合羽天狗に軍配が上がる。おみっちゃんは釈放され、満夫之進は赤合羽天狗であることを明かして大団円と相成った。

○話の出来はともかく、ミツ夫は誰にバードマンの役をさせるつもりだったのかが気になる。作中のバードマンの円盤は、フード付きである。

上に戻る戻る