目次

この話はどの話? 351話〜400話

1話〜50話 51話〜100話 101話〜150話 151話〜200話 201話〜250話 251話〜300話
301話〜350話 351話〜400話 401話〜450話 451話〜500話 501話〜526話+特番 映画

351 ミツ夫のいたずら書き 84/7/3
 楽しみにしていたプラモを作られてしまった腹いせに、油性マジックでコピー人形にいたずら書きしてしまったミツ夫。マジックは何をやっても落ちず、パーマン活動にも支障が出てしまう。しかも、つきあいが悪くなったことを怪しんだカバサブにコピーミツ夫を見られてしまう。コピーは「あざを作った」と言いつくろうが、化粧してごまかさなくてはいけなくなったミツ夫はさらに追い込まれる。ついにバードマンに泣きつくが、「自業自得だ」と取り合ってくれない。本気で反省するミツ夫を影で見ていたバードマンは、こっそり落書きを消すが、安心したミツ夫は水性マジックのつもりで油性マジックで落書きしてしまい、バードマンも匙を投げるのだった。
○アイラインで化粧するミツ夫、つい女言葉になってしまうのが不気味だ。情に負けてしまうバードマンがらしくていい。

352 たった一人の花火大会 7/4
 花火大会に行ったミツ夫たち。人混みで見えないガン子を肩車してやるコピーだが、目玉のパーマン特製花火が上がったときに倒れてしまい、花火を見逃してしまう。ガン子の怒りを収めるため、パーマンたちは協力して空の花火大会を催す。コピーガン子から記憶をコピーされたガン子は、ミツ夫と仲直りする。
○ミツ夫の作画悪すぎ。ガン子のパジャマがネグリジェになってる。警官役は安原義人。

353 パーマンは怒っているんだぞ!! 7/5
 「最近は子供を叱る大人がいなくなった」と嘆くパパたちの言葉を聞いたミツ夫は、パーマンになって子供たちを懲らしめようとするが、なめられてばかり。3号を挑発して怒り方を研究するが、3号にぶっとばされる。4号の発案で、大阪弁の啖呵を習った1号は、子供からアイスを取り上げようとしていたカバオで実践する。カバオはあまりの迫力にショックを受けて伏せってしまう。実は、アイスをあげようとしていたのだとサブから聞かされた1号は、ひたすらカバオに謝るのだった。
○三輪勝恵の関西弁啖呵が聞ける。ミツ夫の髪型が変。

354 夢にまでみたモトクロス自転車 7/6
 今日は七夕。モトクロス自転車(BMX)が欲しいミツ夫は、パーマンになって町中の笹に短冊をぶら下げて回る。当然、カバオたちにはバカにされるだけ。そこへバードマンの呼び出しが。バードマンは1号だけに七夕のプレゼントと称してBMXを渡す。1号はカバサブの前でミツ夫コピーにBMXを渡すが、早速カバオたちの餌食になる。BMXを渡したくない1号は、無理矢理事故現場にBMXで乗り付け大活躍。だが、ミツ夫の手に戻ったBMXはパーマンパワーのかかりすぎで壊れてしまう。そこにバードマンが現れ、BMXは新しいパーマンメカの実験用だったと説明するのだった。
○桜井さんの力業シリーズ。ところで、パーマン活動にBMXが必要な理由って何?大体、バードマンも1号以外のパーマンを呼ぶ必要ないでしょ。

355 パー子はお姫様 7/9
 スミレのドラマ『スペースアキ』を見ていたミツ夫は、ドラマで自分の素性を隠すスミレと、パー子が同じ立場なのではないかと推察する。バードマンを呼び出したミツ夫は、3号の声と「今は耐えてくれ」というバードマンの言葉を聞いてしまう。実は、円盤の塗料を誤って3号につけてしまったバードマンが、石鹸を取りに行くまで「耐えてくれ」と言っただけなのだが、1号はパーマンたち総動員で駆けつける。自分が誤解されてると理解した3号は、「わらわはバード星の同盟星、ハート星のパー子姫じゃ」と言う。3号がお姫様だと思いこんだパーマンたちは、3号の思うがまま。だが、石鹸を持ってきたバードマンにたしなめられて、お姫様ごっこは終わりを告げるのだった。
○「パー子」と呼ぶバードマンは珍しい。バードマンは「この円盤も古くなってきたから……」とぼやく。この辺りから円盤故障ネタの始まりか?

356 先生のラブソング 7/10
 お見合いに失敗ばかりの先生。「音楽が好きだ」と言う見合い相手、小金井のり子のために、ラブカセットを作って送ろうとする。だが、先生は極度の音痴。それを聞いていた2号が気絶してしまったのにショックを受けた先生は、学校も休んでしまう。1号に相談された3号は、スミレコピーを送り込み、誉め殺しで自信を取り戻させる。だが、自信がついた先生は、TVののど自慢番組に出ようとする。スミレから連絡を受けた1号は、クラスメートたちとともにスタジオに乗り込み、「先生がデビューしたら、僕たちはどうなるんですか」と泣きつかせる。作戦は成功し、先生は歌わなかったが、ラブカセットを贈ったのり子にはふられるのだった。
○先生の歌は「この広い野原いっぱい」。小金井のり子の住所は「東京都国分寺市本町3−?」。スネオ顔のクラスメートがいる。

357 カミナリショックにご用心 7/11
 仕事帰り、カミナリ雲に突っ込んだ1号は、雷に打たれて墜落してしまう。だが、昼寝していたものと勘違いした2号と3号は信じてくれない。それ以来、1号はカミナリに反応して硬直してしまうようになる。バードマンに相談した3号たちは、「もう一度雷に打たれて荒療治したほうがいい」と言われ、1号を山に連れていく。案の定怖くてパーマンパワーが使えない1号だが、見守っていた3号が雷に打たれて落ちてしまったのを見て、とっさに空中で受け止める。1号が抱いてくれたのに気を良くした3号は、「今度は私が雷恐怖症なの」と1号にしがみつくのだった。
○コピーのおざなりな慰め方がいい。ひったくりの被害にあったのは、『ハットリ』最新刊の入ったバック。バードマンのマスクが変。オチで雷に打たれて、「おかあちゃ〜ん」と円盤に潜り込むバードマンは、私的にはイメージが壊れるなぁ。

358 お兄ちゃんはパーマン? 7/12
 最近うそを付くと評判のガン子。ミツ夫も「お兄ちゃんはパーマンだ」といわれてあわてる。だが、ふがいない兄をクラスメートに笑われたためガン子がうそを付いたのだと知ったミツ夫は、ガン子をとがめないことにする。折しもガン子は、最近町を騒がす「水かけマン」の正体を知ってしまうが、誰も信じてくれない。ミツ夫は兄として協力するため、ミツ夫のままで張り込む。心配した2、3号の協力もあって、ミツ夫は見事犯人を捕まえる。ガン子に「私にとってお兄ちゃんはパーマンと同じくらい頼りになる」といわれて鼻高々のミツ夫だった。
○「水かけマン」とは、「ひょうきん族」の懺悔コントにヒントを得た愉快犯。行きずりの人になぞなぞを出し、答えられないと水をかける。

359 ラブカセットは危険がいっぱい 7/13
 「今はラブカセットがナウい」というミチ子の言葉に反応したミツ夫たちは、各々工夫を凝らしてBGM付きのラブカセットを作り、ミチ子の家に届ける。だが、ミツ夫のテープには3号からの呼び出しが入っていた。そのテープを、コピーが気を利かせてミチ子に渡してしまったことを知った1号は、なんとかテープを取り戻すが、持っていくときに、コピーがこっそり吹き込んだユキへのラブカセットと間違えてしまう。翌日、意気揚々と登校したミツ夫は、ミチ子とユキの二股をかけた最低男になってしまった。
○1号、猫の声まねうまいですね。ミツ夫のDJは城達也「ジェットストリーム」のパクリ。

360 パーマンは4人で1人 7/16
 バードマンからの立体映像が送られてきた。バード星の依頼で試験を行うというのだ。1号はマント、2号はマスク、3号はバッジ、4号はコピーが使用不能になってしまう。しかも、ビルのガス爆発現場に一人で向かった3号は、ガスに巻かれて大ピンチ。なんとか駆けつけた1号たちは、それぞれの不備なところを補って、見事救出に成功する。実はガス爆発現場はバードマンの立体映像だった。バードマンは、見事試験をパスしたご褒美に、パーマンセットのお手入れセットを渡すが、それも一組しかなかったので、パーマンたちは「ぼくらは四人で一人前ってこと?」と落ち込むのだった。
○冒頭で視聴者相手に見得を切るバードマン。作画が悪い中、さすがに気合入っている。ちなみに私は、夕食の席でこのシーンを見ていて、あまりの恥ずかしさにうつむいてしまった。しかし、後のシーンでマントの「斬新なカット」を間違えてちゃ世話ないぞ。バードマンの立体映像は臭いまで再現できないが、たまたまいたイタチのガスが臭ったらしい。

361 バードマン対パーマン 7/17
 パーマンたちを縛り付けるバードマンの変身銃。その脅威さえなければ正体を明かせると考えた1号は、2号の具合が悪いと嘘をついてバードマンを呼びだし、円盤を奪おうとする。円盤をかたに、変身銃を使わせないよう約束させるはずだったが、1号の計画をたまたま聞いていたバードマンは、円盤をとられたふりをして遠隔操作し、1号に白昼夢を見せる。白昼夢で自分がパーマンでも評価が上がらないことを知ったミツ夫は反省し、バードマンにひれ伏すのだった。
○バードマンは月を見ながら俳句を詠むという粋なところを見せる。バードマンのホルスターが右側。

362 パーマンの規則を守ろう!! 7/18
 クラスメートたちが規則を守らないことに困った週番のミチ子は、1号と2号に特別週番長と副番長を依頼する。肩身が狭くなったカバオは、2号を取り込んで1号につきまとう。暴走車を捕まえる時にも交通規則を守らなくてはいけない1号は、犯人を逃してしまい、反省してカバオを特別週番長に任命する。
○この話ではミツ夫のクラスは一組。カバオの文通相手は気仙沼の女の子。三回出したが返事が来ないらしい。

363 パーマンの必殺技 7/19
 皆で「ウルトラヒーロー」の映画を見た帰り、「パーマンには必殺技がない」とバカにされたミツ夫は、「四時に必殺技を見せる」とつい約束してしまう。いつもの口約束に、3号と4号は相手にしない。だが、結局パーマンたちもこっそりと必殺技を考えてきた。1号はぐるぐる回る分身の術。3号はお色気攻撃、4号は小銭を拾わせる銭投げ攻撃を披露するが一長一短。だが、事件現場で2号が放ったバナナブーメランの効き目を見せられた1号は、バカにしてた2号に頭を下げるのだった。
○バナナブーメランは、密かに「お兄ちゃんはパーマン? 」で使っている。でも、『パーマン』の必殺技は『パーマン大回転』で決まりでしょう。

364 ヒヤヒヤコピーの相撲大会 7/20
 毎年恒例の町内子供相撲大会が近づいてきた。勝てないミツ夫は逃げの一手をうとうとするが、ミチ子に励まされた手前、出ないわけにはいかない。都合良く事件が発生したため、1号はコピーに相撲大会を任せて出かけるが、3号に鼻のピンチを指摘されて大慌て。1号の心配をいいことに、コピーは鼻を庇いつつ勝ち上がってしまう。ついにカバオとの優勝決定戦を迎えるが、コピーはやる気満々。結局試合は負けてしまうが、コピーはみんなに讃えられて大喜び。1号も内心「来年は頑張ろう」と誓うのだった。
○この話のミチ子は優しい。「朝日ヶ丘」が「旭ヶ丘」になっている。コピーの方が前向きに生きてますね。

365 ミツ夫パーマンになる?! 7/23
 社六がまた動き出した。今度はカバオたちに「ミツ夫をパーマンと呼んでおだてよう」と持ちかける。正体を知られたのかとおびえるミツ夫は、他のパーマンたちに相談する。ミチ子に探りを入れ、裏に社六がいることを突き止めた4号は、ミツ夫にパーマンとして威張り倒すことを勧める。ミツ夫の横暴に嫌気が指したカバオたちは、ミツ夫がパーマンではないと確信する。そして、今度は社六が「パーマン」と呼ばれるのだった。
○社六、久々の登場。ミチ子の言うとおり、ミツ夫は二重人格なんじゃないですか。

366 ガマンだよ!パーマン 7/24
 夏の暑さに耐えてパトロールをする1号に感心したカバオの父は、急遽ガマン大会を開く。当然ミツ夫も参加させられるが、3号の呼び出しを受けたためコピーに押しつける。だが、1号はパーマンとして手本を見せることになってしまう。2号3号に地下から氷を送り込んでもらって耐える1号。その甲斐あって優勝するが、商品はガマン大会用のストーブだった。
○ガマン大会は、テントの中で毛布を巻いてストーブで温めるもの。

367 ヒーローは車で発進!! 7/25
 ハル三とのドライブに連れてってもらえない腹いせに、「僕はパーマンとドライブに行く」と言ってしまうミツ夫。当然「車を見せてくれ」とねだるハル三たち。バードマンにも見放された1号は、バナナで釣った2号とともに、廃車のリフォームを試みる。リフォームは成功するが、試運転で車を壊してしまう。カバオたちの手前引き下がれない1号と2号は、シートに隠れて「ニューパーカー」と称し、カバオとサブを乗せる。二人は騙せるが、事件に呼ばれて駆けつけた3号は騙せなかった。
○「ニューパーカー」は、やはり「パーカー」を意識してるんでしょうか。

368 ママになったコピーロボット 7/26
 留守番と引き替えに、家の手伝いを引き受けたミツ夫は、コピーをこっそりママに押させる。ミツ夫はふと、コピーママに正体をばらすことを思いつく。だが、いっこうに信じてくれない。パーマンパワーを見せたお陰で、ようやくコピーママは信じたが、今度はパーマンセットを使いたがる。パーマンになったコピーママと、本物のママが鉢合わせしてしまうが、3号がとっさに「パーマンのお母さんです」と紹介したため、事なきを得る。結局、ママを追い出したはいいが、コピーは人形に戻ってしまい、ミツ夫は一人で手伝いをすることになってしまった。
○「タベルナ」のメニューに、しっかり「パーマンランチ」があるのがいい。

369 パーマンセットを大切に 7/27
 横着して足の指でパーマンセットを広げたり、パーマンにも関わらず、道に落ちてた千円を猫ばばしようとする1号を見たバードマンは、「マントをクリーニングする」と偽って、セットのパワーをなくしてしまい、セットも外せないようにしてしまう。こんな時に限ってパーマンとしての仕事が入る。見栄もあって2号にカムフラージュしてもらうが、1号はクタクタ。バードマンにセットを治してもらおうとするが、バードマンは「何か原因があるんじゃないのか」と促す。自分の過ちに気づいた1号を見たバードマンは、黙ってセットを元に戻す。
○バードマンは、1号の呼びだしに留守番バッジで応答する。が、きっとバードマンが声まねしてるんでしょうね。カバオの文通相手は会津若松の女の子。

370 危機一髪コピーの鼻 7/30
 カバオが、ミツ夫相手に「金縛りごっこ」をして楽しむようになった。鼻をたたかれる危険をコピーに指摘され困った1号は、バードマンにスイッチの場所をへそに変えてもらう。ところが、運悪くコピーがカバオたちと銭湯に行くことに。へそを見られてはかなわないと、事件現場からとって返した1号は、カバオに追われて転びそうになったコピーを危ういところで救う。1号はミツ夫がへそをはらしたことにして、何とかごまかしたが、これに懲りてバードマンに元の場所にスイッチを戻してもらう。コピーは逆にカバオを脅かすことに成功し、「金縛りごっこ」は終わりを告げたのだった。
○カバオの文通相手は青森のアキナちゃんと秋田のセイコちゃん。ヘリの中継アナウンサーは、古館伊知郎ばりのナレーションを見せる。3号の水着姿も見られる。ミツ夫コピーのデベソをからかうカバオだが、君もデベソじゃないか。

371 バナナ嫌いのブービー 7/31
 ゲートボール大会に出る養夫婦の活躍を願って、2号はバナナ断ちの決意をする。養夫婦は順調に勝ち進むが、バナナを食べられない2号のストレスは増すばかり。何とかバナナを食べようとするが、1号と3号がことごとく邪魔をする。ついに2号は正気を失ってしまう。見かねた1号たちがバナナを差し入れるが、2号は意地で我慢する。その甲斐あって、養夫婦たちのチームは見事優勝するが、2号は養夫婦たちが優勝するまでバナナ断ちをすると偽り、バナナをもっともらおうとするが、1号たちに見抜かれてしまう。
○目がイッちゃってる2号が怖い。カバオたちが応援に来るということは、ブービーとミツ夫は同じ町内という解釈なんでしょうね。

372 パー子のコンバットスーツ 8/1
 仕事で活躍したのはいいが、服がボロボロになってしまった3号。須羽家に戻ったパーマンたちは、謎の包みを見つける。中には謎のスーツが一体。バードマンの新アイテムだと勘違いしたパーマンたちは、早速3号をおだててスーツを着せ、実験してみることにする。しかし、スーツの機能はいまいちパッとしない物ばかり。実は、このスーツはエジソンの作ったコンバットスーツだったのだ。おもちゃにされた3号は怒り心頭だった。
○犯人のいるところでバードマンの話をするパーマンたち。いいのかね。シブチン呼ばわりされるバードマンも気の毒である。田中真弓のトークも絶好調である。

373 大傑作パーマン像 8/2
 町内会の企画で、パーマンをモチーフにしたコンテストを開くことになった。商品が出ると聞いたミツ夫は大張り切り。ガラクタでパーマン像を造るが、誤って壊してしまう。仕方なく、1号を白ペンキで塗って石膏パーマン像として提出する。ところが、怪しいと見抜いたカバサブは納得しない。石膏パーマン像を商店街の入り口に飾ることを提案する。事情を知ってやってきたパーマンたちも素知らぬ振りをして協力し、石膏パーマン像は商店街のモニュメントとなった。
○朝日ヶ丘の資源ゴミ箱、モデルがあるんでしょうか。「あなた作る人、僕食べる人」ネタあり。

374 パーマンのとんだネコ騒動 8/3
 パトロール中、捨て猫を拾ったものの、預けるあてのない1号は、「パーマンのペット」と偽り、カバオに預かってもらう。ところが、それを知ったサブが「この猫はパーマン5号じゃないか」と言ったことから事態は急変する。猫に負けじと特訓を始めるカバオたち。その頃、1号は上京した4号に、あの猫の飼い主が捨てたことを後悔し、猫を探していることを聞かされる。カバオの所に行くと、猫は逃げてしまっていた。猫は拾われたガン子から4号の手に渡り、後には無邪気に特訓に励むカバオたちが残されたのだった。
○宿題に飽きていたため、「事件だ」と意気揚々と飛び出す1号がいかにも。

375 勝利の赤フン 8/6
 町内の家族対抗水泳大会が近づいてきた。出場しないとたかをくくっていたミツ夫だが、ママが商品の沖縄旅行目当てに大張り切り。パーマンたちに泳げないミツ夫のコーチを依頼する。「成功しなければ出入り禁止」と言われて頑張るパーマンたちだが、ミツ夫はいっこうに上達しない。あげくに、パーマンマントをふんどし代わりにして泳ぐことを思いつく。当日。3号がふんどしらしくカムフラージュしたマントで見事優勝したミツ夫だが、カバオにからくりを指摘されてしまう。ところが、そのふんどしはただの布で、ミツ夫は実力で優勝したことをパーマンたちに知らされ、堂々胴上げされるミツ夫だった。
○カバオの文通相手は沖縄のヒロコちゃん。ミツ夫は自力でやろうと思えばできるんですよ。

376 ドッキリ頭を見られるな! 8/7
 1号がパトロールから戻ってみると、部屋には坊主頭のコピーが。なんでも、パパに誤って丸坊主にされたという。先日来、ミチ子が坊主頭が嫌いなのではないかと思っていた1号は大慌て。何とかミチ子に頭を見られまいと、4号の知恵を借りることにする。ところが、自分も坊主頭の4号も大慌て。真相を確かめようと向かった沢田家で、「坊主にくけりゃ……」という致命的な言葉を聞いてしまう。その後、花火大会に誘いに来たミチ子を避けるため、てんやわんやの1号たち。結局、ミチ子はことわざの練習をしていただけだと分かりほっとした1号は、コピーと交代する。自分の目が信じられないパパだけは気の毒であった。
○「スポーツギャル」とミチ子を形容するミツ夫。今となっては死語ですね。

377 夢なんて見たくない! 8/8
 このところ寝不足の1号。自分の見る悪い夢が正夢になってしまうからだ。ところが、怪盗レッドアイの張り込み中に居眠りしてしまい、まんまと逃げられてしまう。3号は、レッドアイに変装してミツ夫コピーに追いかけさせ、1号にオデコタッチでイメージトレーニングさせることにする。いい夢を見たと思いこんだミツ夫は、実際に現れたレッドアイを見事捕まえた。
○怪盗レッドアイはレオタードに覆面の女盗賊。カバオの文通相手は指宿の女の子。43通も出したらしい。

378 本日開校パーマン塾 8/9
 塾通いに忙しいサブに振られてしまったカバオ。「青春を賭けられる塾が欲しい」というカバオの希望に答え、パーマンたちは「パーマン塾」を開くことにする。それを聞いたガン子は、「パーマン5号になれる」と勘違いしてカバオたちに触れ回る。しかし、3号の発声練習、2号の動物語講座、4号の省エネ講座、ときて、残ったのは九人。パーマン5号になれると勘違いしていることに気づいたパーマンたちは、コピーに激しいショックを与えてオデコタッチさせ、あきらめさせるという作戦に出る。だが、カバオだけはあきらめない。パーマンたち三人のコピーでショックを与え、ついにカバオは気絶してしまう。寂しいカバオは、自分で手紙の書き方の塾を開き、サブを入れようとするのだった。
○『タベルナ』ではないサブの家が初登場?百倍のパワーで車が持ち上げられるらしい。カバオ、久々の「ちょうちん」。カバオの文通相手はユウコちゃん、都城のヒデミちゃん、新潟の女の子。

379 ガン子の花嫁修業 8/10
 「パーマンと結婚したい」と夢見るガン子。パーマンにふさわしい女性について、ミチ子たちに尋ねて回る。コピーは、パーマンの友人という兄の立場を利用して手伝いをさせるが、グルーピーされる1号はたまったものではない。お稽古ごとや花嫁修業に精を出すガン子を見たミチ子たちはガン子をお嫁さんにするよう頼み込むが、1号は冷たくあしらう。当然、ミチ子たちは黙っていない。3号たちに相談した1号は、「古風な女の子は嫌いだ」と言ってあきらめさせようとするが、ガン子はイメチェンして1号の期待に応えようとするのだった。
○カバオの文通相手は練馬の下駄屋の女の子。

380 パーマン花火はいかが 8/13
 今夜の花火大会に備えて花火を運ぶ途中、誤って花火玉を落としてしまった1号。その際、一個を拾い忘れてしまった。探してみるが見つからない。町中を探し回って怪しい玉を取り上げてみるが、みんな別の物。現場に戻ったパーマンたちは、子供が花火を蹴ろうとしているを見る。一足違いで空に上がった花火は、開幕用の火薬抜き花火だった。一件落着したものの、お騒がせの罰として、1号は花火と一緒に空で踊らされるのだった。
○「パーマン音頭」劇中で使用。ミツ夫コピーの浴衣姿も見られる。

381 カバオついにパーマンになる!? 8/14
 最近上の空のカバオ。実は、「さゆり」という少女と、神社の賽銭箱を使って文通しているのだ。ただし、「パーマン」と偽って。「一度会いたい」と言われたカバオは、悩んだ末1号に相談する。1号に相談された3号は、カバオに1号との二人羽織をさせることにする。翌日、会いに来たさゆりは、「空の散歩がしたい」と頼む。ところが、1号がクシャミをした拍子に、さゆりを落としてしまう。カツラが外れたその正体は、サブだった。夢が潰えてサブを追いかけ回すカバオだった。
○カバオの文通相手は小田原の提灯屋。サブ、「ホタテ貝」と新語を披露。

382 おしゃべりパー子に救われた!? 8/15
 最近3号からの通信は長電話。そのほとんどが世間話で、つきあうミツ夫もうんざり。仕事の呼び出しに応じず、4号に怒られた1号は、3号のバッジを取り上げてしまう。ところが、遭難者の救助に向かった雪山で、1号と2号がクレバスに落ちてしまう。4号のTVでの呼びかけで事故を知った3号は、返してもらったバッジを使い、マントが凍って飛べなくなった1号を必死に励ます。何とか二人を捜し当てて救助した3号。1号も和解するが、長バッジの日々は相変わらず続くのだった。
○1号への呼びかけで、「1号、いえミツ夫さんのこと、前から大好きだったのよ……なーんちゃって」と不器用な告白をする3号。雪山でもうろうとしていた1号は、気を回す余裕はなかったようだ。4号の歌、今回はまとも。

383 パーマン最後の日 8/16
 バードマンの気まぐれな呼び出しに不満の声を挙げるパーマンたち。それを聞いたバードマンは、一週間後に新しいパーマングループを任命すると宣言する。一週間後に、セットの力は自動的に失われるという。バードマンの意志が硬いのを見て取ったパーマンたちは、残りのパーマン生活を悔いのないように過ごそうと決意する。そうはいっても寂しい1号は、ミチ子に別れの挨拶などしてみるが、まるで取り合ってくれない。コピーと過ごす最後の夜を越え、一週間後に集まったパーマンたちの前で、バードマンは「新グループの任命式に立ち会って欲しい」と言う。目を閉じたパーマンたちの胸に輝いたのは……取り上げられたはずのバッジ!バードマンに騙されたと分かっても、パーマンたちはバードマンを胴上げして祝福するのだった。
○普段のバードマン不信ぶりから見ると、爽やかすぎていいんかな、という気分にもなる一作。パーマンたち各々のコピーへの接し方が面白い。

384 ガン子パーマン大冒険 8/17
 夜のパトロールをコピーに任せたミツ夫。寝ぼけて戻ってきたコピーパーマンの鼻を押してしまう。残されたセットはガン子からママの手へ。パーマンになりたいガン子は、ママが隠したセットを見つけてついにパーマンになる。山火事で呼び出されたガン子パーマンは、調子に乗って大活躍。追いかけてきたミツ夫はセットを返すよう迫るが、ガン子は従わない。かたつむりに驚いて気を失った隙に、なんとかセットを取り戻したのだった。
○ママがセットを着けると、マスクにまつ毛が一本生える。あれは自分のまつ毛だという解釈なのだろうか。この話ではキャラが夏服。

385 大スターパーマン 8/20
 エゲラス国大使館のパーティーに招待された1号は、王女様にキスされてデレデレ。スーパースター気取りの1号は、カバオたちの誘いも断って、仕事に張り切る毎日。無視されたカバオたちの矛先は、コピーに向けられる。コピーに諭されて自分のおごりに気づいた1号だが、時すでに遅く、カバオたちは1号を相手にしない。しかし、不良に絡まれたところを1号に助けられ、二人は親友同士に戻ったのだった。
○安原さんが「男A」として出演。カラスの声もやっている。パーティーでの1号は、蝶ネクタイでドレスアップしている。カバオの文通相手は沖縄の女の子。この話ではキャラが冬服。

386 仲直りはケンカのもと 8/21
 ガン子にズボンが破けたところを見られたマジメくん。直そうとするガン子に悪口を言ってしまったために、二人の仲は決裂。それを聞いたミツ夫は仲直りさせようとするが、マジメはミツ夫も冷たくあしらうため、ついにパーマンとして乗り出すことに。1号と3号は二人を別々に呼びだし、引き合わせようとするが、うまくいかない。それを見た1号と3号が今度はケンカ。仕事現場でもそれを引きずる二人を見たガン子とマジメは、自分たちの鏡であることに気づき、「決闘をする」と一芝居打つ。駆けつけた3号が二人のアオリを食らって崖から落ちてしまったところを1号が助け、二人は仲直りしたのだった。
○「やっぱり」「でもな、希望は持ってるんだ」と文通会話をするカバサブ。自分とオーバーラップしてしまうパー子の気持ちが理解できないミツ夫と、岡目八目なブービーがいい取り合わせ。この話ではキャラが夏服。

387 スミレちゃんがやってきた! 8/22
 ボタン付けがうまくできないことを3号になじられたスミレコピー。ミツ夫のママに行儀作法を習おうと、須羽家を訪れる。ミツ夫は舞い上がって大喜び。「パー子さんには秘密にしてもらいたい」と頼まれたミツ夫だが、自慢しに行ったカバサブにばれてしまう。二人もスミレのトレーニングに協力するが、必殺料理の犠牲になることに。その頃、3号は行方不明のコピーを探して東奔西走。仕方なく須羽家を訪れる。「顔が分からないと探せない」とミツ夫に言われ、素顔を見せる決意をする3号だが、土壇場で踏ん切りが付かない。ぎりぎりのタイミングでボタン付けに成功したスミレコピーが現れ、3号のピンチは回避される。うやむやにされたミツ夫は不満やるかたなかった。
○カバオの文通相手は桜島の八百屋の女の子。ボタン付けのシーンで、パー子はバックボタンのブラウス姿という凝ったものを見せる。これなら嫁姑対策も万全……かな?この話ではキャラが夏服。

388 カバオの文通騒動 8/23
 文通122連敗中のカバオに、ついに返事がきてしまった。その奇特な女の子の名は「やつがしら はな」。たが、ガールフレンドの「あすか ゆう」を見せびらかすハル三にけなされる。落ち込むカバオをなんとか励まそうとするパーマンたちは、「はな」に扮したミチ子をカバオと引き合わせることにする。作戦は成功するが、そこに本物の「はな」が。彼女は手紙に「彼氏はいない」と書いたことが嘘だったということを謝りに来たのだ。「文通を続けたい」という「はな」の申し出を、カバオは彼氏のために涙を飲んで断る。カパオの男らしい決断に感激した1号とサブは協力を申し出るが、待っていたのは文通の宛名書きだった。
○ミツ夫のナレーションが味わい深い作品。カバオの住所は「東京都朝日ヶ丘3−2」。この話ではキャラが冬服。「あすか ゆう」はハル三のパパの会社が「第二の星野スミレ」として売り出そうとしているタレントだが、うまくいったのだろうか。しかし、作画がしおしおだ……。

389 合体!パーマンロボ 8/24
 懸賞のカルビビンバロボをあてようとするカバサブを後目に、財力でカルビビンバロボを手に入れたハル三。「巨大ロボットにはパーマンもかなわない」と豪語する。「巨大鋼鉄ロボットを見せてくれ」とカバオに泣きつかれた1号は、つい引き受けてしまう。引き下がれなくなった1号はバードマンに泣きつくが、「自分たちでなんとかしなさい」と振られてしまう。4号の提案で夢の島に向かったパーマンたちは、廃品で「合体パーマンロボ」を完成させる。四つのパーツにパーマンたちが入って合体するのだ。カバオたちへのウケは今ひとつだったが、漏水事故の穴をふさぐためにパーマンロボはスクラップにされ、見事役だった。
○ハル三は「カルビビンバロボ」を「オリハルコンという、アトランティスで使われた鋼鉄よりも硬い、金属でできている」と説明するが、ここは「アトランティスで使われた」と区切るのが筋ではないか。この話からキャラが夏服で固定される。パーマンパワーの素だが、ここでは「パーマロゲン」と使っている。

390 くらやみでドッキリ!? 8/27
 パトロールの途中、夜の墓場で謎の光を見た1号は、「おばけを見た」と思いこんで大騒ぎ。光の正体はカバサブの花火だったのだが、1号は「人魂だ」と言って譲らない。2・3号はお化け屋敷の肝試しを企画し、ミチ子を誘って逃がさないようにする。二人きりにしたはいいが、くっつく二人に3号は地団駄を踏む。それがもとで1号とミチ子は階段を転がり落ち、はずみでキスしてしまう。これで完全にキレた3号は、人魂に化けて二人を追い回し、ムキになった1号はとばっちりを食ったミチ子の怒りを買うのだった。
○この話ではキャラが夏服。ミチ子は結構肝が据わっている。問題のキスシーンだが、決定的瞬間はカメラが外し、ネズミが「チュッ」と鳴くという芸コマで表現している。

391 救え!地球の危機! 8/28
 キャンプに来たミツ夫たち。話をしているうちに、「パーマンは地球を救えるか」という話題になってしまう。当然「大丈夫」と断言する1号だが、ミチ子は本気で地球の危機を心配する。1号はミチ子コピーを南極に連れていき、地球温暖化を防ぐために活躍する姿を見せて、オデコタッチさせる。ミチ子はとりあえず納得するが、ミチ子を贔屓していると見たカバサブが納得しなかった。
○イメージモードでの流星雨シーンは結構リアル。シンエイパーマンではリアルモードで絶対できない展開だもんな。

392 日やけあとにはご用心 8/29
 一家で海水浴に行ったミツ夫だが、そこでも眠ってばかり。ガン子が背中に日焼け止めクリームでいたずら書きしたのも気づかない。しかも、ミツ夫とミチ子の相合い傘というご無体な内容だ。日焼けで背中を痛がる1号を見たカバサブは、コピーを問いつめ、「ひ」という単語を聞き出す。「パーマンはサイボーグで、背中にひびが入っている」と解釈したカバサブは、1号を「ウの目」「タカの目」で探し回る。だが、日焼けを逆焼きで解消した1号は、背中に中華鍋を入れて待ちかまえ、二人の目論見を粉砕した。
○1号と4号のパーマン竜巻、アップの作画がムチャクチャ怖い。1号が飛び上がるシーンを見て、チャレンジャー事故の煙を思い出すが、偶然なんだろうな。本当に「ウの目」「タカの目」になるカバサブが最高。

393 決戦!パーマン対コンピューター 8/30
 社六と江地がふたたび手を組んだ。江地の自作パソコンを使ってデータ解析をし、ミツ夫が1号である確率が80%だとはじき出したのだ。乗り気になったハル三たちは、積極的にデータ集めを始める。困った1号に4号が提案したのは、偽のデータを集めて攪乱させることだった。作戦は見事成功し、混乱したコンピューターが壊れたため、またも社六と江地は決裂した。
○1号、どさくさに紛れて女装する。入れ歯ネタも久々に見たな。江地も夏服。

394 パーマン体験してみない?
 ミツ夫のパーマン話を聞いて、自分も「パーマン体験」がしたいとうらやましがるミチ子。4号の入れ知恵で、江地の力を借りることにする。江地は1号の頭に中継カメラを取り付け、ミチ子たちを劇場に招待する。仕事に活躍するパーマンたちにみんな大満足。だが、江地の請求書を見たパーマンたちは目が覚めたのだった。
○冒頭の救出シーンは全てイメージボード処理。江地だけが冬服。

395 二人きりのエレベーター 9/3
 スミレが北西デパートにサイン会に来ると知ってミツ夫は大張り切り。出遅れたため、荷物用エレベーターに乗って屋上に向かったミツ夫は、ファンから逃れるために乗ってきたスミレと乗り合わせる。舞い上がるミツ夫だが、突然のエレベータ故障で閉じこめられてしまう。パーマンになれば脱出は簡単だが、お互い正体は明かせない。もたもたしている隙に停電になってしまう。この隙にパー着した1号だが、同じく変身した3号に「スミレは無事助けた」と言われてしまう。スミレとのランデブーをていよくカバサブに自慢する1号を見た3号は、嫉妬の一撃を1号にぶつけるのだった。
○カバサブはスミレファンクラブ会員。どさくさに紛れて2号も来ている。スミレはスーツ姿の下にいつものワンピースを着ている。暑くなかったんだろうか。

396 大事な大事なパーマン 9/4
 足をすりむいた1号に冷たい3号。そこにやってきたミチ子に、1号は看病されることにする。必要以上に痛がる1号を見たミチ子は、1号を帰そうとしない。なんとか逃げ出そうとする1号だが、声をかけられた拍子に二階から落ちてしまう。病院にかつぎ込まれた1号の病状は尾ひれをつけて広がり、パーマンは「パーマン病」で重体だという報道が広まってしまう。マスクを取って精密検査をしろと医者に迫られ、逃げ出す1号だが、心配した人々が追ってくる。訳も分からず逃げまわる1号だった。
○小ネタですが、三年ぶりのすき焼きを食べ損ねた浪人生が哀れです。

397 パー子のモーレツピアノ 9/5
 ピアノ発表会に来なかったことをミチ子に責められた1号。それを見ていた3号は、必ず明日の発表会に行かせると約束する。そのお礼に、ミチ子は3号に連弾のパートナーを申し出る。自分の株を上げるために喜んで引き受けた3号だが、やはりパー子のままだとパワーコントロールがきかない。仕方なく、コピーにオモチャのマスクを持ってきてもらう。だが、マスクを変えるところを2号が見てしまった。告白された1号はむりやりパー子をさらい、マスクを取り上げてしまう。覚悟するスミレ。絶体絶命のタイミングでパー子になったコピーが登場。替え玉を依頼したのだと説明して事なきを得る。だが、パー子の心象はますます悪くなってしまった。
○連弾の曲目はショパン『華麗なる大円舞曲』。スミレは3つの時からピアノのレッスンをしてるらしい。2号の視力は2.0だそうだ。

398 パパの自慢は何でしょう? 9/6
 磯で遭難者が出たと聞いて向かった1・2号。なんと遭難者はミツ夫のパパだった。情けなさに幻滅する1号。翌日、父親のいいところを作文に書いてくる宿題が出た。自分のパパにはいいところがないと思いながらも、ついカバオたちに虚勢を張ってしまうミツ夫。早速コピーを使ってパパを鍛えようとするが、コピーパパは乗り気ではない。それでも1号と2号の協力もあって、カバオたちはミツ夫パパの万能ぶりに感心する。その時、本物のパパが帰ってきた。ささやかな釣果を自慢するパパに、何でも控えめなコピーパパを見てきたカバオたちは素直に感心するのだった。
○サブのパパが出てくるのだが、なんか以前より太ってるような……。パーマンにしては珍しく、とめ絵続出。

399 のんびりゆかいな原始時代 9/7
 ミチ子たちとピクニック中、「原始時代はのんびりしてていいな」という話になったミツ夫。いつしか心は原始時代へ……。
(以下夢想パート)
 のんびり過ごせると思った1号だが、ママは相変わらずうるさいし、4号はバイトの手伝いを頼むし、カバオは石のラブレター配達を頼むし、相変わらず忙しい。その時、噴火に驚いた恐竜たちが町へなだれ込んできた。パーマン四人は力を合わせて恐竜たちを誘導し、町は救われた。が、1号は勢いで湖の中へ……。

 夢から覚めると、ミツ夫は傍らの池に落ちてもがいていた。
○「ムカシニワトリ」はモアの小型版。カバオはマンモス峠のさゆりちゃんにマンモスの肉を頼んだらしい。原始パートの擬音はギャートルズ風。エンディングの音楽がロングバージョン。

400 パーマン式しんきろう 9/10
 ミチ子たちに「蜃気楼を見せてあげる」と安請け合いした1号。パーマン仲間に相談すると、4号がバードマンの円盤を使うことを思いつく。もちろん、バードマンがただで使わせてくれるわけはないので、パーティーに招待して酔っぱらった隙を狙うという作戦だ。バードマンは見事作戦に引っかかり、眠り込んでしまう。まんまと円盤を持ち出したパーマンたちだが、円盤は言うことを聞いてくれず、勝手に立体映像を出してミチ子たちを怖がらせる。実はバードマンは全てお見通しで、円盤はリモコン操作されてたのだった。バードマンはパーティそのものは気に入ったらしく、またもてなして欲しいと頼むが、パーマンたちに「バードマンが言いました、『できない約束はきっぱり断ること』」と断られてしまう。
○カバオ、秋田の女の子と文通中。本作では「アゴでガツガツ飲みよる」とパーマンたちに言わしめたバードマンのウワバミっぷりだが、後の『バードマンの休日』ではからきしである。これも仕込みのうちなのだろうか。ちなみに4号、「ジャパニーズ・ワイン」と言ってるけどどう見てもビール……。安原さん、酔っぱらって与太る。

上に戻る戻る