戻る

パーマン外伝シリーズ vol,1
ピラミッド・ペンダントの秘密

著 大田 康湖



目次


P,S なお、*○と書かれてある部分は、各章の終りに説明が有ります。

まえがき

讃えよ、アルバを
彼女は、我が魂の作り主
その銀の糸は
私の心を掴んで、離さない
偉大なる神よ、
何もかもが、貴方のお心のまま
(バード星の賛美歌より)

プロローグ

 ここはバード星にある、特別警察隊本部。その廊下を一人の隊員が“動路”に乗っているにもかかわらず、足早に歩いていた。
 やがて“隊長室”というプレートが見えて来ると、彼は歩みを止めて“動路”から上手く一つのドアの前に降りた。そして、そのドアが開くと、中に入った。
 中では、紫のマスクに白のマントという出で立ちの男が一人、何かの文書を読んでいたが、人が入って来たのに気付くと顔を上げて立ち上がった。そして、彼を見つめながら左手を胸に当てて会釈した。彼も同じ動作をすると良く通る声で、
「隊長、第42星区バードマン、アルマイト=カラコルム(*1)、只今帰還致しました」
と言った。
「御苦労だった。ま、そこにかけたまえ」
 “隊長”と呼ばれた男は“アルマイト”と名乗った男に、その目の前の応接椅子を勧めた。が、アルマイトは、
「いいえ、結構です」
と断わった。そして、事務机の前までやって来た。隊長が尋ねた。
「どうだね、星区の様子は?」
「はい、特に異常有りません。パーマン達も、日々活躍しておりますし」
 そう言いながらアルマイトは、脇に抱えていたファイルを机の上に置いた。隊長はそのファイルを手に取ると、また尋ねた。
「本当に、何も不穏な動きは無いんだな?」
「はい、アルバ様に誓って」
「そうか」
 隊長はそう言うと、ファイルをめくり始めた。そして、ヒョイと顔を上げると何気ない調子で言った。
「ところでカラコルム君。君にまた、ひとっ飛びして来て貰いたいんだなぁ」
「何ですって! ご冗談でしょう。私は……」
 そのアルマイトの言葉を隊長が遮った。
「分かっている。本当は君に、5日間の休暇を与えるつもりだった。しかし、それはこの仕事の後まで延期して貰いたい」
「仕事……」
 アルマイトは、一言呟いた。
「これは、昨日の臨時会議で決まった事なんだが、第42星区のバードマン、つまり君に、しばらく地球に降りて貰って、監視をして貰いたいんだ」
「一体、何の監視ですか?」
「まぁ、そういきり立たんで。君の悪い癖だよ」
 隊長は、椅子から立ち上がると言った。
「椅子に座って落ち着いて話そうじゃないか」
 隊長にいさめられたアルマイトはシュンとなると素直に応接椅子に座った。それを見た隊長は、机を離れて自分もアルマイトの向い側に座った。そして、重い口ぶりで、ゆっくりと話し出した。
「君も、ケネス君の事は知っているだろう?」
「あの、千年に一人出るか出ないかと言われている、超エスパーですか?」
 そう言うアルマイトの顔からは、どうやら今度は別の感情に包まれているらしいという事が推し測られた。
「その彼女がつい先日見た夢の中で、巨大な黒い物体が緑の星へ向かって行くのを見たと言うのだ。そして、その中には生命が感じられたと言うのだ」
「その緑の星というのが、地球なんですね」
「そういう事だ。そこで、ケネス君が見たという物体が、宇宙のどの辺りにあるかを見て貰ってから、偵察隊を出してその予知夢を確かめに行ったのだ。そして、それは確かに有った。しかも地球から、ほんの一万光年の所に居るのだ。もしかしたら、もう先発隊を地球に送り込んでいるのかも知れない。その辺りを君に見極めて来て貰いたいのだ」
「かしこまりました」
「宜しく頼むよ」
 二人は、また、同じ仕草を繰り返した。そしてきびすを返そうとしたアルマイトは、ふと思い付いたという風に、隊長に話しかけた。
「あの。出発する前に、一つ、お願いがあるのですが……」
「何だね?」
「1日、いや、半日だけでもいいから、休暇を下さい。コピーとも、しばらく会っていないものですから……」
「よし、分かった。君に半日(*2)の特別休暇を与えよう。その代わり、帰ったらすぐ飛んで貰うぞ」
「有難うございます」
 アルマイトは、一礼した。そして、今度こそ出て行くかと思いきや、ドアの手前でまた振り返った。
「今度は、何の用だね?」
 少々じれた様に、隊長は尋ねた。
「あの、しつこいようですが、この半日の休暇は、五日間の休暇からは差し引かれませんよね?」
「当り前だ。さっさと、行って来い!」
 隊長はついに、大声を上げた。
「済みません。でも何だか、休暇を貰え無くなりそうな予感がするんです」
 アルマイトは、ちょっと不安気な顔つきをした。隊長は、皮肉っぽく言った。
「君は、自分の事には予知が働くのかい?ま、それも良かろうて」
「それでは、せいぜいその開発に努めるようにします」
 アルマイトは、こう応酬すると、部屋を出て行った。
「やれやれ、あいつにはいつもハラハラし通しだ。まぁ、一応きちんと仕事はやっているんだから、文句を言う筋合いは無いが……。だが、あいつをなくしたら我が方にとって大きな損失だしな……。ま、今更愚痴っても仕方ないか。あいつを推薦したのは私なんだからな……」
 後に取り残された隊長は、こう呟くと、立ち上がって事務机の方へ歩いて行った。

*1  本名は、私の創作による。
 なお、バード星人の姓名は、名が先、姓が後 である。
 この物語では、主要バードマンだけでも四人登場して来るので、紛らわしくなら
    ない様に名前で通す事にした。

*2  この半日の休暇は、重大な意味を持つ。もし、彼がすぐ出発していたら、この物
    語は発端から変わっていたに違いない。(1章へ)

上に戻る上へ戻る

次へ