戻る

パーマン・パラレルワールド・ストーリー・シリーズ vol,1
その後のパーマン

著 大田 康湖



目次





まえがき



 藤子・F・不二雄さんは、
「パーマンとしての人間」
をお書きになられました。

 でも私は、
「人間としてのパーマン」
を書かせていただかせて貰えればと思います。

(S60,6,9 PM10:35 筆)




1, 電子ロックと夏山高原


 「ねぇ、頼むからさぁ。一緒に来てくれよ」
 コピーロボットの腕を引っ張りながら、1号が言った。
 「いやだよ、何で僕が行かなきゃならないの?」
 コピーが反論する。
 「仕方ないだろ、みんな忙しいんだよ。暇なのは君しかいないんだから」
 1号は、ベランダへ通じるサッシの戸を開けた。
 でもコピーは、まだブツクサ言っている。
 「バードマンも人のコピーなんか使わないで、自分のコピーを使えばいいんだよ。まるで、僕が実験用のモルモットになったみたいな気分だよ……」
 「さぁ、乗れよ」
 1号は、コピーの乗りやすい位置に飛び上がると、言った。
 「あーあ、怒られたら君のせいだぞ」
 背中で、コピーの声がした。
 「もう乗ったよ、さっさと出発してくれ」
 「パワッチ!」
 1号は、ベランダの外へと飛び出した。
 ミツ夫が『正義の味方』パーマンになってから、もう一年半ほど経っていた。今は9月の終わりである。
 しばらく飛んでいると、眼下に空き地が見えてくる。人影も見えてきた。
 1号は、その空き地にまっしぐらに降下して行った。

 「すみません、遅れちゃって。こいつがモタモタするから……」
 1号は、こんな事を言いながら、コピーの頭を軽く前へ下げたつもりではあったが、あまりの勢いに、コピーは前につんのめってしまった。
 「何すんだよ」
 コピーの文句も聞き流されてしまった。
 「時間がないんだよ。手早くやりたいから、よろしく頼むよ」
 バードマンがこう言ったので、コピーも前に出ざるを得なくなった。
 「今日、君達に渡す物とは、これなんだ」
 バードマンは、そう言うと手の中に持っていた物を、五人の目の前に広げて見せた。
 それは、白色がかった小さなカプセルのような形をしていた。
 「あら、それ前に使ったことあるけど、名前が思い出せないわ」
 「一体、どうやって使うんやろな?」
 「それを今から、コピーがやって見せてくれるんだよ」
 (チェッ、気楽なもんだよ)
 だが、またすぐにバードマンの説明が始まった。
 「これは『電子ロック』と言って、3号は前に一度使っているから分かるだろうが、他の三人が問題だ。だから、今から実験する。コピー、悪いけど、もう少しこっちへ来てくれないか」
 (悪いと思うんなら、やらなきゃいいんだよ。僕をモルモットなんかみたいに……)
 だが、コピーの心の中での呟きは終わるまで続かなかった。その時、バードマンがコピーの鼻に、『電子ロック』を触れたからだった。
 「1号、ここへ来て鼻を押してごらん」
 バードマンに言われるがまま、1号はコピーの鼻を押してみた。が、本当ならスイッチが入って元に戻るはずのコピーが、ビクともしない。そこでもう一度やってみたが、結果は同じ。
 (そうか『電子ロック』のせいか。だったら、あれでもう一度触れれば……)
 ところが、もう一度触れてみてもビクともしない。諦めた1号は手を離してしまった。
 それを見ていたバードマンは、近寄ると軽い手つきでロックを解除してしまった。
 「これで分かったと思うけど、つまり、この『電子ロック』は、コピーのスイッチが何かの拍子に入らないよう、保護する役目を持っているんだ。こういうのを与えるとすぐ無駄遣いしそうだが、余程の事でもない限り使うんじゃないぞ。それから、これを外せるのはロックした当人だけだし、鼻の色の違いも消えるから、長期の外出の時など、より安全になる訳だ。見ての通り、小さくて無くしやすいからケースに入れて持ち歩いていれば無難だろう」
 バードマンは、ケースに入れた『電子ロック』を四人に渡すと、
 「じゃ、これで」
 と、反対側に向き直ったとたん、忘れ去られていたコピーを見つけた。
 「あっ、そうだ。君もありがとう」
 (もう、だから実験台なんて、ろくな目にあわないんだよ)
 コピーは、心の中でため息を付いた。

 「ねぇ、ついでだからさ、これからパトロールに行こうよ」
 1号が呼びかけたが、3号は時計を見ながら言った。
 「ご免なさい。私、今、急いでいるの。だから、三人でやっててくれない」
 「何だい。じゃ、パー子は仕事より自分の方が大事なのかい?」
 「何よ、あなただって自分の都合の悪い時には休んでいるんだから、お互い様よ。その代わり、夜の分は私一人でやるから」
 「そんならいいけど……」
 「いけない。早く行かなきゃ、仕事に遅れちゃう。じゃぁね、お先に失礼」
 3号は、あわてて飛び去っていった。

 「1号はん。パー子はんのあの言動、どう思う?」
 「どう思うって……」
 パトロールの最中、いきなり4号に尋ねられた1号は、一瞬とまどう、
 「もちろん、許せないよ。自分だけパトロール、サボろうとするなんてさ」
 「いや、それもそうやけど。パー子はんが、ますます怪しゅうなってきたような気がするんや」
 「怪しいって、何がさ?」
 今では、2号までが脇で頷きながら、二人の会話に聞き入っていた。
 「『仕事、仕事』って、パー子はん、よく言うやろ? まさか、ワイみたいにバイトでもやっとるんじゃあるまいし。こうなってくると、ホンマにパー子はんの正体が、星野スミレちゃんだとしか思えんのや」
 「その事は、前にも何度も出たじゃないか。今更言い出すこともないじゃん。それに、パー子とスミレちゃんを結びつけるなんて、スミレちゃんのイメージは半分、いや、マイナス三分の一だよ。な、ブービー?」
 こう言いながら、1号は傍らにいた2号を見た。2号は「同感だ」と言うように声を上げて頷いた。
 「でも、気になるよな、パー子の正体」
 「バードマンに聞こうと思っても、あの人までパー子はんの味方やさかい、ますます難しいんやなぁ」
 「それだからこそ、僕らの熱も高まってくるんだよなぁ」
 三人は、ため息を付いた。

 「あら、お帰りなさい」
 「コピー、うまくいった?」
 「もちろん、バッチリよ。後は三時から」
 「ゴメンね、遅れちゃって」
 ここは控え室。パーマンセットを脱ぎながら、スミレはコピーに向かって話しかけていた。
 「今日はね、正式にあの『電子ロック』を貰ってきたのよ。ほら、これ」
 『電子ロック』について、ひとわたり話が終わるとスミレは言った。
 「私達にとっては、毎回使いたいような道具よね。もっと早くくれれば良かったのにと思うわ」
 「きっと、あの人のことだから、ずっと忘れたんじゃない? ついでに、もう一言言わせて貰えれば、地球まで手が回りきらなかったとか……」
 「イヤだわ。それじゃまるで、『地球なんかどうでもいい』って感じじゃない」
 「ごめんなさい」
 しばらく沈黙が続いたが、コピーが口を開いた。
 「この際、あなたに尋ねておきたい事があるの」
 「何?」
 神妙な顔つきで、スミレも問い返した。
 「あなた、いつまで自分の正体、隠す気?」
 「何度も言ったじゃない。私は、絶対に自分の正体は明かさないわ」
 (やっぱりだわ)と思いながら、スミレは答えた。だが、コピーは尚もしつこく迫ってくる。
 「でも『秘密はいつかばれる』って言うじゃない? それなら、後で苦い思いするよりも、先にバラしちゃって、サラリとしちゃった方がいいんじゃないかと、私は思うわ」
 「バラすのは、一人でたくさんよ。それに……」
 「あら、あのおじいさん、この間亡くなったって言ってたじゃない」
 コピーが途中で口を挟んだ。
 「それに、1号達の反応だって、あなた知ってるでしょ? あんなにイチャつかれたんじゃ、仕事に差し支えるじゃないの」
 「あら、本当かしら?」
 「コピー、それ、どういう意味?」
 二人の間に、険悪なムードが広がってきた。が、その時、廊下に足音がしたのでスミレは慌ててコピーのスイッチを押すと、机の下に隠した。その直後、ドアが開くと、マネージャーの顔がのぞいた。
 「そろそろ時間よ」
 「はい、今すぐ行きます」
 マネージャーは頷くと、ドアを閉めた。足音が遠ざかっていくのを聞きながら、スミレはコピーとのさっきの会話が気になってしょうがなかった。
 (やっぱり、コピーの言うとおりかも知れない……)
 コピーを取り上げながら、スミレは心の中で呟いた。

 「やっぱり、あなたは『正体をバラした方がいい』って考えなのね」
 「ええ。だって、いざとなって、パーマンでなくて調査しなきゃならない時なんか、大変じゃなくて?」
 「私も、ふと、そう思ったのよ。実は」
 もう窓には、カーテンが引いてある。自室でスミレは、コピーと話し合っていた。
 スミレの話は続く。
 「それにね、私、もう一度他人に正体がバレた時の方が心配なの。あの時は、バードマン気安く許してくれたけど、今度は余程の事がなきゃ駄目だと思うの。それに、みんなだってかばってくれるどころか一緒になって知りたがるのが関の山だと思うし。そんなの私、絶対イヤだわ」
 「あなたが正体をバラさない事について、バードマンはどう思っているのかしら?」
 「さぁ……」
 スミレは、首を傾げた。
 「そう言えば、バードマンにも随分迷惑かけたわね。あの時(*1)はもちろん、1号の正体を見てしまった時も、ごまかして貰ったし、それに……」
 「留学の時にも、ワガママ言って困らせたものね」
 コピーが後を続けた。
 「ともかく、私って、自分の正体を知られるチャンスを自分で潰してきたでしょ? みんなだってもういい加減、察しも付いていると思うわ。いつかあなたが言ってた事、ようやく私にも認められるようになったの」
 「『自分の箔が下がる』って事?」
 「ええ」
  「分かったわ。私がどうこう言ったって、結局、最後に決めるのはあなたなのだから、好きなようにして」
 「そう。それじゃ私、正体をバラすことにするわ。明日、早速」
 スミレは、満足そうに言うと、コピーと顔を見合わせて微笑んだ。

 その夜、スミレはなかなか寝付かれなかった。
 あの時、自信たっぷりだった決心が、少しずつグラついてきたのだった。
 (考えてみれば、私が正体をバラすってことは、もう今までの“パー子”じゃいられなくなるってこと。今まで、パーマン仲間といる時はリラックスできたのに、それすら出来なくなったら、私、体をおかしくしちゃうかも知れない……)
 でも、その反面、こんな考えもあった。
 (コピーにもああ言った手前、もう引き下がれないわ。それに、向こうだってもうすぐ中学生。そんなに分からず屋な訳ないわ。そうよ、ここで思い切って言わなきゃ、もう二度とチャンスは巡ってこないかも知れない……)
 二つの考えを頭の中でからませながら、スミレは眠りに落ちていった。

 次の日、やっぱり正体をバラす事に決めたスミレは、夏山高原に来ていた。
 ここにUFOが着陸したという噂を聞いたスミレは、それを利用してパーマン達を呼び寄せたのだった。
 今、三人は、ここから少し離れた所で、彼女が来るのを待っているのだ。
 深呼吸をすると、スミレはマスクをはずした。そして、三人の待つ方向に向かって飛び立った。

*1  以下の出典 「パー子の羽衣伝説(原)」「正体見たり! パーマンはミツ夫(オ)」「さようならパー子(オ)」  

上に戻る上へ戻る

次へ